Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • A male firefly glows above a field on a summer's night, emitting a series of enticing flashes.

    夏の夜、野原の上でオスのホタルが光を放ち、魅力的な閃光を連発しています。

  • He hopes a nearby female will respond with her own lightshow and mate with him.

    彼は近くにいるメスが自分のライトショーで反応して、彼と交尾することを期待しています。

  • Sadly for this male, it won't turn out quite the way he plans.

    このオスにとっては悲しいことに、彼の計画通りにはいかないでしょう。

  • A female from a different species mimics his pulsing patterns: by tricking the male with her promise of partnership.

    別の種から来た女性は、彼の脈打つパターンを模倣しています:彼女のパートナーシップの約束で男性をだますことによって。

  • She lures him inand turns him into an easy meal.

    彼女は<a href="#post_comment_1"><strong>誘い込み</strong><i class="icon-star"></i>彼を中に入れて、簡単な食事に変えてしまう。

  • He's been deceived.

    彼は<a href="#post_comment_2"><strong>騙された</strong><i class="icon-star"></i>。

  • Behavioral biologists have identified three defining hallmarks of deception by non-human animals:

    行動生物学者は、人間以外の動物による欺瞞の3つの特徴を特定しています。

  • it must mislead the receiver, the deceiver must benefit, and it can't simply be an accident.

    受け手を惑わせなければならないし、騙す側も利益を得なければならないし、単なる事故では済まされない。

  • In this case we know that the predatory firefly's signal isn't an accident because she flexibly adjusts her flash pattern to match males of different species.

    この場合、捕食性のホタルの信号は事故ではないことがわかります。彼女は柔軟に異なる種のオスに合わせて発光パターンを調整しているからです。

  • Based on this definition, where is animal deception seen in nature?

    この定義に基づいて、自然界のどこに動物の欺瞞が見られるのでしょうか?

  • Camouflage is a good starting pointand one of the most familiar examples of animal trickery.

    カモフラージュは良い出発点であり、動物のトリックの最も身近な例の一つです。

  • The leaf-tailed gecko and the octopus fool viewers by blending into the surfaces on which they rest.

    ヤモリとタコは、表面に溶け込んで見る者を騙します。

  • Other animals use mimicry to protect themselves.

    他の動物は自分の身を守るために擬態を使っています。

  • Harmless scarlet kingsnakes have evolved red, yellow, and black patterns resembling those of the venomous eastern coral snake to benefit from the protective warnings these markings convey.

    無害な緋色のキングスネークは、これらのマーキングが伝える保護警告から利益を得るために、毒のある東のサンゴヘビのものに似た赤、黄色、黒のパターンを進化させてきました。

  • Even some plants use mimicry:

    植物でも擬態を利用するものがあります。

  • there are orchids that look and smell like female wasps to attract hapless males, who end up pollinating the plant.

    見た目も匂いもメスのスズメバチのような蘭があり、植物を受粉させてしまう不幸なオスを誘引しています。

  • Some of these animals benefit by having fixed characteristics that are evolutionary suited to their environments.

    これらの動物の中には、進化的に環境に適した固定的な特性を持つことで利益を得ているものもあります。

  • But in other cases, the deceiver seems to anticipate the reactions of other animals and to adjust its behavior accordingly.

    しかし、他のケースでは、騙される側は他の動物の反応を先回りして、それに合わせて行動を調整しているように見えます。

  • Sensing a threat, the octopus will rapidly change its colors to match its surroundings.

    脅威を感知すると、タコは急速にその周囲と一致するように、その色を変更します。

  • Dwarf chameleons color-match their environments more closely when they see a bird predator rather than a snakebirds, after all, have better color vision.

    ドワーフカメレオンは、ヘビではなく鳥の捕食者を見たときに、自分の環境をより近くで色合わせをしています。

  • One of the more fascinating examples of animal deception comes from the fork-tailed drongo.

    動物の欺瞞のより魅力的な例の一つは、オナガオドロンゴから来ています。

  • This bird sits atop tall trees in the Kalahari Desert, surveying the landscape for predators and calling when it senses a threat.

    この鳥はカラハリ砂漠の高い木の上に座って、捕食者がいないかどうかを調べ、脅威を感じたときには呼びます。

  • That sends meerkats, pied babblers, and others dashing for cover.

    ミーアキャットやパイドベビーブラーなどが 飛び出してきます

  • But the drongo will also sound a false alarm when those other species have captured prey.

    しかし、ドロンゴはまた、それらの他の種が獲物を捕獲したときに誤った警報を鳴らすでしょう。

  • As the meerkats and babblers flee, the drongo swoops down to steal their catches.

    ミーアキャットとヒヨドリが逃げると、ドロンゴ<a href="#post_comment_3"><strong>が急降下してきて</strong><i class="icon-star"></i>、獲物を奪いにいきます。

  • This tactic works about half the timeand it provides drongos with much of their food.

    この戦術は約半分の時間で効果を発揮し、彼らの食事の多くをドロンゴに提供してくれます。

  • There are fewer solid cases of animals using signals to trick members of their own species, but that happens too.

    シグナルを使って動物が自分の種族のメンバーを騙すという固体のケースは少なくなってきていますが、それもあります。

  • Consider the mantis shrimp.

    カマキリエビを考えてみましょう。

  • Like other crustaceans, it molts as it grows, which leaves its soft body vulnerable to attack.

    他の甲殻類と同じように、成長すると脱皮してしまうので、柔らかい体は攻撃を受けやすくなります。

  • But it's still driven to protect its home against rivals.

    それでもライバルからホームを守りたいという気持ちに駆られている。

  • So it has become a masterful bluffer.

    ということで、名人<a href="#post_comment_4"><strong>bluffer</strong><i class="icon-star"></i>になりました。

  • Despite being fragile, a newly molted shrimp is actually more likely to threaten intruders, spreading the large limbs it usually uses to strike or stab its opponents.

    壊れやすいにもかかわらず、新しく脱皮したエビは、実際には<a href="#post_comment_5"><strong>侵入者</strong><i class="icon-star"></i>を脅かす可能性が高いです</a>、それは通常、その対戦相手を攻撃したり、刺したりするために使用する大きな手足を広げています。

  • And that works!

    そして、それが功を奏した!

  • Bluffers are more likely to keep their homes than non-bluffers.

    ブラフはブラフではない人よりも家を維持している人の方が多いです。

  • In its softened condition, a mantis shrimp couldn't withstand a fightwhich is why we can be confident that its behavior is a bluff.

    柔らかくなった状態ではケンカに耐えられなかったカマキリエビの行動はハッタリだと確信できる。

  • Biologists have even noticed that its bluffs are tactical:

    生物学者は、そのはったりが戦術的であることにさえ気づいています。

  • newly molted mantis shrimp are more likely to bluff against smaller rivals, who are especially likely to be driven away.

    脱皮したばかりのカマキリエビは、特に追い払われる可能性の高い小型のライバルに対してハッタリをかける傾向があります。

  • It would seem that instead of just threatening reflexively, the mantis shrimp is swiftly gauging the situation and predicting others' behavior, to get the best result.

    反射的に威嚇するのではなく、素早く状況を把握して相手の行動を予測し、最良の結果を得ようとしているようです。

  • So we know that animals can deceive, but do they do so with intent?

    動物が人を欺くことができるということはわかっていますが、動物は意図して人を欺くのでしょうか?

  • That's a difficult question, and many scientists think we'll never be able to answer it.

    それは難しい問題で、多くの科学者は、私たちがそれに答えることができないと考えています。

  • We can't observe animals' internal thoughts.

    動物の内面の思考を観察することはできません。

  • But we don't need to know what an animal is thinking in order to detect deception.

    しかし、動物が何を考えているかを知る必要はない。

  • By watching behavior and its outcomes, we learn that animals manipulate predators, prey, and rivals.

    行動とその結果を見ることで、動物が捕食者や獲物、ライバルを操ることを学びます。

  • And that their capacity for deception can be surprisingly complex.

    そして、彼らの欺瞞の能力は驚くほど複雑なものになる。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 動物 オス 脱皮 捕食 獲物

動物は人を欺くことができるのか?- エルドリッジ・アダムス

  • 8977 578
    陳叔華 に公開 2019 年 01 月 01 日
動画の中の単語