Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Before empires and royalty, before pottery and writing, before metal tools and weapons, there was cheese.

    帝国や王族の前、陶器や文字の前、金属製の道具や武器の前には、チーズがありました。

  • As early as 8000 BCE, the earliest Neolithic farmers living in the Fertile Crescent began a legacy of cheese-making almost as old as civilization itself.

    紀元前8000年には、肥沃な三日月に住んでいた最も古い新石器時代の農民が、文明とほぼ同じくらい古いチーズ作りの遺産を始めました。

  • The rise of agriculture led to domesticated sheep and goats, which ancient farmers harvested for milk.

    農業の台頭により、羊や山羊が家畜化され、古代の農民は乳を得るために収穫していました。

  • But when left in warm conditions for several hours, that fresh milk began to sour.

    しかし、温かい状態で数時間放置すると、その新鮮な牛乳は酸味を帯びてきた。

  • Its lactic acids caused proteins to coagulate, binding into soft clumps.

    その乳酸がタンパク質を凝固させ、柔らかい塊に結合させた。

  • Upon discovering this strange transformation, the farmers drained the remaining liquid, later named whey, and found the yellowish globs could be eaten fresh as a soft, spreadable meal.

    この奇妙な変化を発見した農民たちは、後にホエイと名付けられた残りの液体を排出し、黄色がかった塊を生のまま柔らかく広げて食べることができることを発見しました。

  • These clumps, or curds, became the building blocks of cheese, which would eventually be aged, pressed, ripened, and whizzed into a diverse cornucopia of dairy delights.

    これらの固まり、つまりカドはチーズの構成要素となり、最終的には熟成され、プレスされ、熟成され、様々な乳製品の美味しさを生み出すことになります。

  • The discovery of cheese gave Neolithic people an enormous survival advantage.

    チーズの発見は、新石器時代の人々に圧倒的な生存率を与えた。

  • Milk was rich with essential proteins, fats, and minerals.

    牛乳には欠かせないたんぱく質、脂質、ミネラルが豊富に含まれていました。

  • But it also contained high quantities of lactose, a sugar which is difficult to process for many ancient and modern stomachs.

    しかし、古代から現代の多くの胃腸には処理が難しい糖分である乳糖も多く含まれていました。

  • Cheese, however, could provide all of milk's advantages with much less lactose.

    しかし、チーズは、乳糖を大幅に減らして牛乳の利点をすべて提供することができます。

  • And since it could be preserved and stockpiled, these essential nutrients could be eaten throughout scarce famines and long winters.

    また、保存・備蓄が可能なので、これらの必須栄養素は、希少な飢饉や長い冬の間に食べることができます。

  • Some 7th millennium BCE pottery fragments found in Turkey still contain telltale residues of the cheese and butter they held.

    トルコで発見された紀元前7千年紀の土器の破片の中には、チーズやバターの痕跡が残っているものもあります。

  • By the end of the Bronze Age, cheese was a standard commodity in maritime trade throughout the eastern Mediterranean.

    青銅器時代の終わりまでに、チーズは、東地中海全体の海上貿易の標準的な商品でした。

  • In the densely populated city-states of Mesopotamia, cheese became a staple of culinary and religious life.

    メソポタミアの人口密度の高い都市国家では、チーズは料理や宗教的な生活の主食となりました。

  • Some of the earliest known writing includes administrative records of cheese quotas, listing a variety of cheeses for different rituals and populations across Mesopotamia.

    最も古くから知られている文章の中には、メソポタミア全土のさまざまな儀式や集団のために様々なチーズをリストアップした、チーズの割り当てに関する行政記録も含まれています。

  • Records from nearby civilizations in Turkey also reference rennet.

    トルコの近隣文明の記録にもレンネットが記載されています。

  • This animal byproduct, produced in the stomachs of certain mammals, can accelerate and control coagulation.

    この動物性副産物は、特定の哺乳類の胃で生産され、凝固を促進し、制御することができます。

  • Eventually this sophisticated cheese-making tool spread around the globe, giving way to a wide variety of new, harder cheeses.

    やがて、この洗練されたチーズ作りの道具は世界中に広まり、新たに様々な種類の硬いチーズが生まれました。

  • And though some conservative food cultures rejected the dairy delicacy, many more embraced cheese, and quickly added their own local flavors.

    また、保守的な食文化の中には乳製品の珍味を拒否するものもありましたが、多くの人がチーズを受け入れ、すぐに独自の地元の味を加えました。

  • Nomadic Mongolians used yaks' milk to create hard, sundried wedges of Byaslag.

    遊牧民のモンゴル人は、ヤクのミルクを使って、ビャスラグの硬くて乾燥したくさびを作っていました。

  • Egyptians enjoyed goats' milk cottage cheese, straining the whey with reed mats.

    エジプト人は、ヤギのミルクのカッテージチーズを、葦のマットでホエーを漉して楽しんでいました。

  • In South Asia, milk was coagulated with a variety of food acids, such as lemon juice, vinegar, or yogurt and then hung to dry into loafs of paneer.

    南アジアでは、牛乳をレモン汁、酢、ヨーグルトなどの様々な食用酸で凝固させ、乾燥させてパニールのローフに吊るしていました。

  • This soft mild cheese could be added to curries and sauces, or simply fried as a quick vegetarian dish.

    このソフトでマイルドなチーズは、カレーやソースに加えたり、簡単なベジタリアン料理として揚げたりすることができます。

  • The Greeks produced bricks of salty, brined feta cheese, alongside a harder variety similar to today's pecorino romano.

    ギリシャ人は、塩辛く煮詰めたフェタチーズの塊を、今日のペコリーノ・ロマーノに似た硬いチーズと一緒に生産していました。

  • This grating cheese was produced in Sicily and used in dishes all across the Mediterranean.

    シチリア島で生産され、地中海全域の料理に使用されていたおろしチーズです。

  • Under Roman rule, "dry cheese" or "caseus aridus," became an essential ration for the nearly 500,000 soldiers guarding the vast borders of the Roman Empire.

    ローマ帝国の支配下では、「ドライチーズ」または「カゼウス・アリドゥス」は、ローマ帝国の広大な国境を守る約50万人の兵士の必須の配給品となった。

  • And when the Western Roman Empire collapsed, cheese-making continued to evolve in the manors that dotted the medieval European countryside.

    そして、西ローマ帝国が崩壊しても、中世ヨーロッパの田園地帯に点在する荘園でチーズ作りは進化を続けていました。

  • In the hundreds of Benedictine monasteries scattered across Europe, medieval monks experimented endlessly with different types of milk, cheesemaking practices, and aging processes that led to many of today's popular cheeses.

    ヨーロッパに点在する何百ものベネディクト会修道院では、中世の修道士たちが様々な種類の牛乳やチーズ作りの方法、熟成方法などを無限に実験し、今日の人気チーズの多くにつながっています。

  • Parmesan, Roquefort, Munster and several Swiss types were all refined and perfected by these cheese-making clergymen.

    パルメザン、ロックフォール、ミュンスター、そしていくつかのスイスのタイプは、これらのチーズ製造の聖職者によって洗練され、完璧なものになりました。

  • In the Alps, Swiss cheesemaking was particularly successful, producing a myriad of cow's milk cheeses.

    アルプス地方では、スイスのチーズ作りは特に成功しており、牛のミルクを使ったチーズが数多く生産されている。

  • By the end of the 14th century, Alpine cheese from the Gruyere region of Switzerland had become so profitable that a neighboring state invaded the Gruyere highlands to take control of the growing cheese trade.

    14世紀末には、スイスのグリュイエール地方で生産されるアルパインチーズの生産量が急増し、隣国がグリュイエール高原に侵攻してチーズ貿易を支配するようになった。

  • Cheese remained popular through the Renaissance, and the Industrial Revolution took production out of the monastery and into machinery.

    ルネサンス期を通じてチーズの人気は衰えず、産業革命によって修道院から機械へと生産が移っていきました。

  • Today, the world produces roughly 22 billion kilograms of cheese a year, shipped and consumed around the globe.

    現在、世界では年間約220億キログラムのチーズが生産され、世界中に出荷され、消費されています。

  • But 10,000 years after its invention, local farms are still following in the footsteps of their Neolithic ancestors, hand crafting one of humanity's oldest and favorite foods.

    しかし、発明から1万年後の今でも、地元の農場は新石器時代の先祖の足跡を辿り、人類最古で最も好きな食べ物の1つを手作りで作っています。

Before empires and royalty, before pottery and writing, before metal tools and weapons, there was cheese.

帝国や王族の前、陶器や文字の前、金属製の道具や武器の前には、チーズがありました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed チーズ 修道 農民 様々 スイス

ブリー(f)チーズの歴史 - ポール・カインドシュテット

  • 14981 869
    詹士緯 に公開 2018 年 12 月 14 日
動画の中の単語