Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • China sends 350,000 students to America every year. America sends about 9,000 to China every year.

    中国は毎年35万人の学生をアメリカに送り込んでいる。アメリカは毎年約9000人を中国に送り込んでいる。

  • That's about the same we send to Costa Rica every year.

    コスタリカに毎年送っているのと同じくらいです。

  • This is the world's second-largest market and will soon be the world's largest market.

    これは世界第2位の市場で、もうすぐ世界最大の市場になります。

  • Americans on average just do not know China.

    アメリカ人は平均的に中国を知らないだけ。

  • That's Benjamin Harburg, he's managing partner of MSA, a Beijing-based venture capital firm that's invested in Uber and Mobike.

    ベンジャミン・ハーバーグは MSAのマネージング・パートナーで 北京のベンチャーキャピタルで UberやMobikeに投資しています

  • I'm at East Tech West, the first of its kind invite-only event that examines China's increasing role in the world of technology.

    技術の世界で役割を増している中国を検証する招待制イベントの第一弾、イーストテックウエストに来ています。

  • The Chinese know up and down most of the major U.S. tech companies.

    中国人はアメリカの大手テック企業のほとんどを知っている。

  • Even folks in Silicon Valley, even a few months ago, probably wouldn't have even heard of a company like ByteDance.

    シリコンバレーの人々でさえ、数ヶ月前でさえ、ByteDance(バイトダンス)のような会社の存在を聞いたことがなかったでしょう。

  • ByteDance is the Chinese tech company behind Toutiao, a popular content sharing platform, and Tik Tok, a video platform.

    ByteDance(バイトダンス)は、人気のコンテンツ共有プラットフォームToutiao(トゥティアオ)や動画プラットフォームTik Tok(ティック・トック)を運営する中国のテック企業です。

  • It's become one of the world's most valuable startups and it has a valuation of 75 billion dollars.

    世界で最も価値のあるスタートアップの一つとなっており、その評価額は750億ドルとなっています。

  • Just take a look at the list of world's biggest unicorns, companies valued at more than a billion dollars, a number of them are in China.

    世界最大のユニコーン、10億ドル以上の価値がある企業のリストを見てみましょう、そのうちのいくつかは中国にあります。

  • The Chinese understand what's going in America and how they can adapt those business models for their local market, which we've seen obviously plenty of.

    中国人はアメリカで何が起こっているかを理解していて、どのようにして現地市場にビジネスモデルを適応させることができるかを理解しています。

  • But the Americans have to date, had this attitude that there's nothing in China I want to replicate, the Chinese market is protectionist and therefore I'm not even going to try and enter it, which I think is the wrong approach.

    しかし、アメリカ人はこれまでに、私が複製したい中国には何もないというこの態度を持っていた、中国市場は保護主義的であるため、私もそれをしようとしていないし、私は間違ったアプローチだと思います。

  • Historically China's been a hard market to tap into.

    歴史的にも中国は参入しづらい市場だったからな

  • You can't just launch an app in China and think that it will be successful, a lot of people will sign up.

    中国でアプリを立ち上げて成功すると思ったら、たくさんの人が登録してくれます。

  • You have to do a lot of local services, local customization around that for that to be successful.

    成功するためには、多くのローカルサービス、ローカルカスタマイズを行う必要があります。

  • This is Alain Lam, Managing Director at Credit Suisse.

    クレディ・スイスのマネージング・ディレクター、アラン・ラムです。

  • He says one of the reasons China's impact on global tech is growing isn't just its massive population,

    彼は、中国がグローバル・テックに影響を与えている理由の一つは、人口の多さだけではないと言います。

  • but also the amount of capital that it's been spending on research.

    でも、研究に使っていた資本金の額もそうです。

  • They have been spending a lot of capital and with the government support in terms of tax breaks, in terms of subsidies, in terms of other grants, to help advance the industries in a massive way.

    彼らは大量の資本を使い、減税、補助金、その他の補助金の面で政府の支援を受けながら、大規模な方法で産業を前進させてきました。

  • With the support from the government, with the capital that they have, I think it has enhanced their positioning in terms of innovation.

    政府の支援を受けて、その資本を持っていることで、イノベーションという意味でのポジショニングを高めたのではないかと思います。

  • For example, Xiaomi being able to grab a pretty significant market share in India, that's part of globalization.

    例えば、Xiaomiはインドでかなり大きなシェアを獲得していますが、これはグローバル化の一環です。

  • China's Xiaomi has become one of the world's top-selling smartphones and it's currently India's most popular smartphone.

    中国のXiaomiは世界で最も売れているスマートフォンの一つとなり、現在はインドで最も人気のあるスマートフォンとなっています。

  • In fact, Xiaomi now plans to have 5,000 stores in India by the end of 2019.

    実際、Xiaomiは現在、2019年末までにインドで5,000店舗を展開する予定です。

  • So how did Chinese tech companies get here?

    では、中国のハイテク企業はどうやってここまで来たのでしょうか?

  • Tencent, Alibaba, huge global portfolios.

    テンセント、アリババ、巨大なグローバルポートフォリオ。

  • Harburg says the evolution started when Chinese public tech companies went public, like Alibaba and Tencent.

    Harburg氏によると、アリババやテンセントのような中国のパブリックテック企業が株式を公開したときに進化が始まったという。

  • Then, Chinese private companies started investing abroad.

    その後、中国の民間企業が海外に投資を始めた。

  • Like Didi investing in the ride-hailing company Careem in the Middle East.

    Didiが中東のライドハイリング会社Careemに出資したように。

  • And most recently, Chinese companies are going global organically.

    そして最近では、中国企業が有機的にグローバル化しています。

  • If you can make it out of the gantlet of China, especially either as an entrepreneur or as a business model,

    中国のガントレットから脱出できれば、特に起業家としても、ビジネスモデルとしても。

  • you're so battle-tested, that when you come into a more emerging market,

    戦力になってるからもっと新興市場に入ってくると

  • one that's maybe a few years behind China in terms of its competitive landscape,

    中国の競争力という点では数年遅れているかもしれない

  • capital availability things like that, huge swaths of the market can be gobbled up relatively quickly.

    資本の利用可能性のようなものは、市場の膨大な範囲を比較的早く食い尽くすことができます。

  • And so I think we're just at the tip of the spear in terms of Chinese companies going global.

    中国企業のグローバル化という点では、私たちはまさにその一歩手前にいると思います。

China sends 350,000 students to America every year. America sends about 9,000 to China every year.

中国は毎年35万人の学生をアメリカに送り込んでいる。アメリカは毎年約9000人を中国に送り込んでいる。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 テック 企業 市場 グローバル 資本 アメリカ

中国の技術がグローバル化する|CNBCレポート

  • 12418 433
    Jessieeee に公開 2018 年 12 月 04 日
動画の中の単語