Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • What does it mean to be normal?

    普通とはどういうことなのか?

  • And what does it mean to be sick?

    そして、病気になるとはどういうことなのか?

  • I've asked myself this question from the time I was about seven,

    私は7歳の時からこの質問をしていました。

  • when I was diagnosed with Tourette syndrome.

    トゥレット症候群と診断された時に

  • Tourette's is a neurological disorder

    トゥレットは神経症

  • characterized by stereotyped movements I perform against my will, called tics.

    自分の意思に反して行う固定観念的な動きを特徴とし、チックと呼ばれます。

  • Now, tics are technically involuntary,

    チックは技術的には不随意のものだ

  • in the sense that they occur without any conscious attention

    意識しないで起きている

  • or intention on my part.

    意図もなく

  • But there's a funny thing about how I experience tics.

    しかし、私がチックを経験する方法には面白いことがあります。

  • They feel more unvoluntary than involuntary,

    彼らは不随意というよりも、不随意に感じている。

  • because I still feel like it's me moving my shoulder,

    なぜなら、今でも肩を動かしているのは私だからです。

  • not some external force.

    外的な力ではありません。

  • Also, I get this uncomfortable sensation, called premonitory urge,

    また、前駆性衝動と呼ばれる不快な感覚があります。

  • right before tics happen,

    チックが起こる前に

  • and particularly when I'm trying to resist them.

    と、特に私が抵抗しようとしているときに。

  • Now, I imagine most of you out there understand what I'm saying,

    今、あなた方のほとんどが私の言っていることを理解していると想像しています。

  • but unless you have Tourette's, you probably think you can't relate.

    しかし、あなたがトゥレットを持っていない限り、あなたはおそらくあなたが関連付けることができないと思っています。

  • But I bet you can.

    でも、あなたならできるはず。

  • So, let's try a little experiment here and see if I can give you

    では、ここで少し実験してみましょう。

  • a taste of what my experience feels like.

    自分の体験がどんなものかを味わう

  • Alright, ready?

    準備はいいか?

  • Don't blink.

    まばたきするな

  • No, really, don't blink.

    いや、本当に、まばたきするなよ。

  • And besides dry eyes, what do you feel?

    ドライアイの他にも、どんなことを感じますか?

  • Phantom pressure?

    幻の圧力?

  • Eyelids tingling?

    まぶたがヒリヒリする?

  • A need?

    必要なもの?

  • Are you holding your breath?

    息を止めているのか?

  • (Laughter)

    (笑)

  • Aha.

    嗚呼。

  • (Laughter)

    (笑)

  • That's approximately what my tics feels like.

    それが私のチックの感じ方です。

  • Now, tics and blinking, neurologically speaking, are not the same,

    さて、チックとまばたきは神経学的には同じではありません。

  • but my point is that you don't have to have Tourette's

    しかし、私が言いたいのは、あなたはトゥレットを持っている必要はないということです。

  • to be able to relate to my experience of my premonitory urges,

    私の前駆衝動の体験に共感できるように

  • because your brain can give you similar experiences and feelings.

    なぜなら、脳が似たような経験や感情を与えてくれるからです。

  • So, let's shift the conversation from what it means to be normal versus sick

    だから、話を普通と病気の意味からシフトさせましょう。

  • to what it means that a majority of us are both normal and sick.

    何を意味するかというと、大多数が正常でも病気でもあるということです。

  • Because in the final analysis, we're all humans

    最終的な分析では、私たちはみんな人間ですから

  • whose brains provide for a spectrum of experiences.

    その脳が経験のスペクトルを提供してくれます。

  • And everything on that spectrum of human experiences

    そして、人間の経験のスペクトル上のすべてのもの

  • is ultimately produced by brain systems

    は、最終的には脳のシステムによって生成されます。

  • that assume a spectrum of different states.

    異なった状態のスペクトルを想定しています。

  • So again, what does it mean to be normal,

    だから改めて、普通とはどういうことなのか。

  • and what does it mean to be sick,

    とか、病気とはどういうことなのかとか。

  • when sickness exists on the extreme end of a spectrum of normal?

    病気が正常のスペクトルの極端な端に存在するとき?

  • As both a researcher who studies differences in how individuals' brains

    個人の脳の違いを研究している研究者として

  • wire and rewire themselves,

    配線して、自分たちで配線し直す。

  • and as a Touretter with other related diagnoses,

    と、他の関連する診断を持つトゥレッターとして。

  • I have long been fascinated by failures of self-regulation

    自己規制の失敗に長年魅了されてきた

  • on the impulsive and compulsive behavioral spectrums.

    衝動的な行動と強迫的な行動のスペクトルについて

  • Because so much of my own experience of my own body

    なぜなら、自分の身体の体験があまりにも多いので

  • and my own behavior

    と自分の行動

  • has existed all over that map.

    は、その地図の至る所に存在しています。

  • So with the spotlight on the opioid crisis,

    オピオイド危機にスポットライトを当てて

  • I've really found myself wondering lately:

    最近、本当に不思議に思っています。

  • Where on the spectrum of unvoluntary behavior

    不本意な行動のスペクトルのどこに

  • do we put something like abusing opioid painkillers or heroin?

    オピオイド鎮痛剤やヘロインを乱用しているようなものを入れるのかな?

  • By now, we all know that the opioid crisis and epidemic is out of control.

    オピオイドの危機と流行が制御不能に陥っていることは、今では周知の事実です。

  • Ninety-one people die every day in this country from overdose.

    この国では毎日91人が過剰摂取で死んでいます。

  • And between 2002 and 2015,

    そして2002年から2015年の間に

  • the number of deaths from heroin increased by a factor of six.

    ヘロインによる死亡者数が6倍に増えた。

  • And something about the way that we treat addiction isn't working,

    中毒を扱う方法については、何かが機能していません。

  • at least not for everyone.

    少なくとも誰もがそうではない

  • It is a fact that people suffering from addiction

    依存症で苦しんでいる人たちが

  • have lost free will

    箍が外れる

  • when it comes to their behavior around drugs, alcohol, food

    薬物、アルコール、食べ物の周りの彼らの行動になると

  • or other reward-system stimulating behaviors.

    または他の報酬システムを刺激する行動。

  • That addiction is a brain-based disease state

    その依存症は脳を使った病気の状態

  • is a medical, neurobiological reality.

    は医学的、神経生物学的な現実です。

  • But how we relate to that disease --

    しかし、私たちはその病気とどう関係しているのか...

  • indeed, how we relate to the concept of disease when it comes to addiction --

    確かに、中毒になると、病気という概念とどのように関係しているのでしょうか。

  • makes an enormous difference for how we treat people with addictions.

    依存症の人との接し方に大きな違いが出てきます。

  • So, we tend to think of pretty much everything we do as entirely voluntary.

    だから、私たちは、ほとんどすべてのことを完全に自発的なものと考える傾向があります。

  • But it turns out that the brain's default state

    しかし、それは脳のデフォルトの状態であることが判明した

  • is really more like a car idling in drive than a car in park.

    は、本当に公園にある車よりも、ドライブ中のアイドリングカーのようなものです。

  • Some of what we think we choose to do

    私たちが考えて選んだものの中には

  • is actually things that we have become programmed to do

    は、実は私たちがプログラムされていることなのです。

  • when the brakes are released.

    ブレーキが解除されたとき。

  • Have you ever joked that your brain was running on autopilot?

    脳が自動運転していると冗談を言ったことがあるか?

  • Guess what?

    何だと思う?

  • It probably was.

    そうだったのかもしれません。

  • OK?

    いいですか?

  • And the brain's autopilot is in a structure called the striatum.

    そして、脳の自動操縦は線条体と呼ばれる構造の中にあります。

  • So the striatum detects emotional and sensory motor conditions

    線条体は感情や感覚的な運動状態を感知しているのですね。

  • and it knows to trigger whatever behavior you have done most often

    そして、それはあなたが最も頻繁に行った行動が何であれトリガーを知っています。

  • in the past under those same conditions.

    過去に同じ条件で

  • Do you know why I became a neuroscientist?

    なぜ私が神経科学者になったか?

  • Because I wanted to learn what made me tick.

    何が自分をくすぐるのかを学びたかったからです。

  • (Laughter)

    (笑)

  • Thank you, thank you.

    ありがとうございます、ありがとうございます。

  • (Laughter)

    (笑)

  • I've been wanting to use that one in front of an audience for years.

    何年も前から観客の前で使いたいと思っていました。

  • (Applause)

    (拍手)

  • So in graduate school, I studied genetic factors

    だから大学院では遺伝的要因を研究して

  • that orchestrate wiring to the striatum during development.

    発達中の線条体への配線を整列させている。

  • And yes, that is my former license plate.

    そして、そう、それは私の元ナンバープレートです。

  • (Laughter)

    (笑)

  • And for the record, I don't recommend

    言っておくが、私はお勧めしない。

  • any PhD student get a license plate with their thesis topic printed on it,

    博士課程の学生は論文のトピックが印刷されたナンバープレートを取得します。

  • unless they're prepared for their experiments not to work

    実験がうまくいかないことを覚悟していなければ

  • for the next two years.

    今後2年間は

  • (Laughter)

    (笑)

  • I eventually did figure it out.

    最終的には理解できました。

  • So, my experiments were exploring how miswiring in the striatum

    私の実験では、線条体の誤配線がどのようにして

  • relates to compulsive behaviors.

    は強迫行為に関連しています。

  • Meaning, behaviors that are coerced

    意味:強要される行動

  • by uncomfortable urges you can't consciously resist.

    あなたが意識的に抵抗することはできません不快な衝動によって。

  • So I was really excited when my mice developed

    だから、私のマウスが開発したときは本当に興奮しました。

  • this compulsive behavior,

    この強迫行為。

  • where they were rubbing their faces and they couldn't seem to stop,

    彼らは顔をこすっていたところで、彼らは止まることができなかったようです。

  • even when they were wounding themselves.

    自分たちが怪我をしていても

  • OK, excited is the wrong word,

    OK、興奮するというのは間違った言葉です。

  • I actually felt terrible for them.

    実際、私は彼らに申し訳ないと思っていました。

  • I thought that they had tics, evidence of striatal miswiring.

    チックがあるのは 線条体の誤配線の証拠だと思ってた

  • And they were compulsive,

    そして彼らは強迫観念を持っていた。

  • but it turned out, on further testing,

    しかし、それはさらにテストして判明しました。

  • that these mice showed an aversion to interacting

    これらのマウスが相互作用に対する嫌悪感を示したことから

  • and getting to know other unfamiliar mice.

    と、他の知らないネズミと知り合うことができました。

  • Which was unusual, it was unexpected.

    どちらが珍しいかというと、それは予想外だった。

  • The results implied that the striatum,

    この結果は、線条体の存在を示唆していた。

  • which, for sure, is involved in compulsive-spectrum disorders,

    それは確かに、強迫性スペクトラム障害に関与しています。

  • is also involved in human social connection and our ability to --

    は人間の社会的なつながりにも関わっていて、私たちの能力は...

  • not human social connection, but our ability to connect.

    人間の社会的なつながりではなく、つながる能力。

  • So I delved deeper,

    だから、もっと深く掘り下げてみました。

  • into a field called social neuroscience.

    社会神経科学と呼ばれる分野に

  • And that is a newer, interdisciplinary field,

    そして、それはより新しい、学際的な分野です。

  • and there I found reports that linked the striatum

    線条体との関連性の報告を見つけました

  • not just to social anomalies in mice,

    マウスの社会的異常に限らず

  • but also in people.

    しかし、人の中にも。

  • As it turns out, the social neurochemistry in the striatum

    判明したように、線条体の社会的神経化学反応は

  • is linked to things you've probably already heard of.

    は、あなたがおそらくすでに聞いたことがあるようなものにリンクしています。

  • Like oxytocin,

    オキシトシンのように

  • which is that hormone that makes cuddling feel all warm and fuzzy.

    抱きしめていると暖かくてふわふわした気分になるホルモンです。

  • But it also implicates signaling at opioid receptors.

    しかし、オピオイド受容体でのシグナル伝達も示唆している。

  • There are naturally occurring opioids in your brain

    脳内には自然に発生するオピオイドがあります

  • that are deeply linked to social processes.

    社会的プロセスと深く結びついている。

  • Experiments with naloxone, which blocks opioid receptors,

    オピオイド受容体をブロックするナロキソンの実験。

  • show us just how essential this opioid-receptor signaling is

    このオピオイド受容体シグナリングがいかに重要かを示してくれます。

  • to social interaction.

    を使って社会的な交流をしています。

  • When people are given naloxone -- it's an ingredient in Narcan,

    ナロキソンを投与された時は...ナルカンの成分です。

  • that reverses opioid overdoses to save lives.

    オピオイドの過剰摂取を逆転させて命を救う

  • But when it's given to healthy people,

    しかし、それが健康な人に与えられると

  • it actually interfered with their ability to feel connected

    それは実際に彼らの能力を妨害した

  • to people they already knew and cared about.

    すでに知っている人や大切にしている人に

  • So, something about not having opioid-receptor binding

    オピオイド受容体に結合していないことについての何かが

  • makes it difficult for us to feel the rewards of social interaction.

    社交のやりがいを感じることが難しくなります。

  • Now, for the interest of time,

    さて、時間の都合上

  • I've necessarily gotten rid of some of the scientific details,

    私は必ずしも科学的な詳細のいくつかを取り除くことができました。

  • but briefly, here's where we're at.

    しかし、簡単に言えば、ここにいるのはどこかということです。

  • The effects of social disconnection through opioid receptors,

    オピオイド受容体を介した社会的断絶の影響。

  • the effects of addictive drugs

    中毒性薬物の影響

  • and the effects of abnormal neurotransmission

    と異常な神経伝達の影響

  • on involuntary movements and compulsive behaviors

    不随意運動と強迫行為について

  • all converge in the striatum.

    すべて線条体に収束する。

  • And the striatum and opioid signaling in it

    線条体とその中のオピオイドシグナル伝達

  • has been deeply linked with loneliness.

    は孤独と深く結びついています。

  • When we don't have enough signaling at opioid receptors,

    オピオイド受容体でのシグナル伝達が不十分な時に

  • we can feel alone in a room full of people we care about and love, who love us.

    気になる人や愛している人でいっぱいの部屋で一人になった気分になれる

  • Social neuroscientists, like Dr. Cacioppo at the University of Chicago,

    シカゴ大学のカチオッポ博士のような社会神経科学者。

  • have discovered that loneliness is very dangerous.

    孤独が非常に危険であることを発見しました。

  • And it predisposes people

    そして、それは人々に

  • to entire spectrums of physical and mental illnesses.

    身体的、精神的な病気のスペクトル全体に。

  • Think of it like this: when you're at your hungriest,

    このように考えてみてください:あなたが最も飢えているとき。

  • pretty much any food tastes amazing, right?

    どんな料理でも大抵のものは美味しくなるんだよな

  • So similarly, loneliness creates a hunger in the brain

    同じように、孤独は脳に空腹感を生み出します。

  • which neurochemically hypersensitizes our reward system.

    神経化学的に報酬システムを過敏にする

  • And social isolation acts through receptors

    社会的孤立は受容体を介して作用する

  • for these naturally occurring opioids and other social neurotransmitters

    これらの天然に存在するオピオイドや他の社会的神経伝達物質のために

  • to leave the striatum in a state

    線条体の状態を残すために

  • where its response to things that signal reward and pleasure

    報酬や快楽を知らせるものへの反応が

  • is completely, completely over the top.

    は完全に、完全に大げさです。

  • And in this state of hypersensitivity,

    そして、この過敏症の状態では

  • our brains signal deep dissatisfaction.

    私たちの脳は深い不満を信号にしています。

  • We become restless, irritable and impulsive.

    私たちは、落ち着きがなく、イライラしやすく、衝動的になります。

  • And that's pretty much when I want you to keep the bowl of Halloween chocolate

    ハロウィンチョコのボウルを持っていて欲しい時には、かなりの確率で

  • entirely across the room for me, because I will eat it all.

    私のために部屋を横切って全部食べてしまうから。

  • I will.

    そうします。

  • And that brings up another thing that makes social disconnection

    そして、それは、社会的な切断を引き起こす別の問題をもたらします。

  • so dangerous.

    危なすぎて

  • If we don't have the ability to connect socially,

    社会的につながる力がなければ

  • we are so ravenous for our social neurochemistry to be rebalanced,

    私たちは、社会的神経化学のバランスを取り戻すことに貪欲なのです。

  • we're likely to seek relief from anywhere.

    どこにでも救済を求めることになりそうです。

  • And if that anywhere is opioid painkillers or heroin,

    それがオピオイド鎮痛剤やヘロインならば

  • it is going to be a heat-seeking missile for our social reward system.

    私たちの社会的報酬制度のための熱視線のミサイルになりそうです。

  • Is it any wonder people in today's world are becoming addicted so easily?

    それは今日の世界の人々がそう簡単に中毒になっているのは不思議ではありませんか?

  • Social isolation --

    社会的孤立

  • excuse me --

    済みません

  • contributes to relapse.

    再発に寄与する。

  • Studies have shown that people who tend to avoid relapse

    研究によると、再発を避ける傾向のある人は

  • tend to be people who have broad, reciprocal social relationships

    互恵的な関係を持つ人が多い

  • where they can be of service to each other,

    互いの役に立てるような場所で。

  • where they can be helpful.

    助けることができるところに。

  • Being of service lets people connect.

    サービスを受けることで、人と人とがつながることができます。

  • So --

    だから...

  • if we don't have the ability to authentically connect,

    もし私たちが真の意味で接続する能力を持っていなければ

  • our society increasingly lacks this ability to authentically connect

    私たちの社会は、ますますこの真のつながりの能力を欠いています。

  • and experience things that are transcendent and beyond ourselves.

    と、自分自身を超えた超越的なものを体験することができます。

  • We used to get this transcendence

    私たちはこの超越を手に入れた

  • from a feeling of belonging to our families and our communities.

    家族や地域社会への帰属意識から。

  • But everywhere, communities are changing.

    しかし、どこもかしこも、コミュニティは変化しています。

  • And social and economic disintegration is making this harder and harder.

    そして、社会的・経済的な崩壊がこれを難しくしている。

  • I'm not the only person to point out

    指摘するのは私だけではありません。

  • that the areas in the country most economically hard hit,

    国の中で最も経済的に打撃を受けた地域であること。

  • where people feel most desolate about their life's meaning,

    人は自分の人生の意味について最も荒涼とした気分になる場所である。

  • are also the places

    の場所でもあります。

  • where there have been communities most ravaged by opioids.

    オピオイドによって最も荒廃した地域社会があった場所です。

  • Social isolation acts through the brain's reward system

    社会的孤立は、脳の報酬システムを介して作用する

  • to make this state of affairs literally painful.

    この状態を文字通り苦痛にするために

  • So perhaps it's this pain, this loneliness,

    だから、この痛みや孤独感が原因なのかもしれません。

  • this despondence

    寂寥感

  • that's driving so many of us to connect with whatever we can.

    それが、私たちの多くを可能な限りのことにつなげようとする原動力になっています。

  • Like food.

    食べ物のように。

  • Like handheld electronics.

    ハンドヘルドエレクトロニクスみたいな。

  • And for too many people, to drugs like heroin and fentanyl.

    ヘロインやフェンタニルのような麻薬を多くの人が使ってる

  • I know someone who overdosed, who was revived by Narcan,

    過剰摂取してナルカンで蘇生した人を知っています。

  • and she was mostly angry that she wasn't simply allowed to die.

    と、彼女はほとんどの場合、彼女は単純に死ぬことを許されていないことに怒っていました。

  • Imagine for a second how that feels, that state of hopelessness, OK?

    どんな感じか想像してみてくれ絶望的な状態だ、いいか?

  • But the striatum is also a source of hope.

    しかし、線条体は希望の源でもあります。

  • Because the striatum gives us a clue of how to bring people back.

    線条体が人を戻す手掛かりを与えてくれるからだ。

  • So, remember that the striatum is our autopilot,

    だから、線条体は我々の自動操縦装置であることを覚えておいてください。

  • running our behaviors on habit,

    私たちの行動を習慣に走らせています。

  • and it's possible to rewire, to reprogram that autopilot,

    自動操縦を再プログラムすることは可能です

  • but it involves neuroplasticity.

    しかし、それは神経可塑性を含んでいます。

  • So, neuroplasticity is the ability of brains

    つまり、神経可塑性というのは、脳の能力を

  • to reprogram themselves,

    自分自身を再プログラムするために。

  • and rewire themselves, so we can learn new things.

    と自分自身を再配線することで、新しいことを学べるようになります。

  • And maybe you've heard the classic adage of plasticity:

    そして、「可塑性」という古典的な格言を聞いたことがあるかもしれません。

  • neurons that fire together, wire together.

    神経細胞は一緒に発火して、一緒に配線します。

  • Right?

    だろ?

  • So we need to practice social connective behaviors

    だから、社会的な結合行動を実践する必要がある

  • instead of compulsive behaviors, when we're lonely,

    強迫的な行動の代わりに、私たちは寂しいとき。

  • when we are cued to remember our drug.

    薬物を覚えるように指示されると

  • We need neuronally firing repeated experiences

    神経細胞での繰り返しの経験が必要

  • in order for the striatum to undergo that necessary neuroplasticity

    線条体が必要な神経可塑性を受けるためには

  • that allows it to take that "go find heroin" autopilot offline.

    "ヘロインを探しに行く "自動操縦をオフラインにすることができます。

  • And what the convergence of social neuroscience, addiction

    そして、社会神経科学、依存症の収束とは?

  • and compulsive-spectrum disorders in the striatum suggests

    線条体における強迫性スペクトラム障害を示唆する

  • is that it's not simply enough

    というのは、単純に十分ではないということです。

  • to teach the striatum healthier responses to compulsive urges.

    強迫的な衝動に対する線条体の健康的な反応を教えるために。

  • We need social impulses to replace drug-cued compulsive behaviors,

    薬物による強迫的な行動に代わる社会的衝動が必要なのです。

  • because we need to rebalance, neurochemically, our social reward system.

    神経化学的にバランスを取る必要があるからです。社会的報酬システムを。

  • And unless that happens,

    そうならない限り

  • we're going to be left in a state of craving.

    渇望したままの状態になってしまいます。