Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • There are more than 60,000 7-Elevens across the planet.

    世界中にセブンイレブンは 6 万軒以上あります。

  • But there is one country where the convenience store chain flopped.

    しかし、コンビニのチェーン店であるセブンイレブンが唯一進出できなかった国があります。

  • Indonesia.

    インドネシアです。

  • In 2017, the chain of mini markets closed all of its stores there.

    2017 年、インドネシアのセブンイレブンは全店閉店しました。

  • Here's why 7-Eleven failed in Indonesia.

    このビデオでは、セブンイレブンがインドネシア進出を失敗した理由を紹介します。

  • Let's go back to 2009 when 7-Eleven got its start in the country.

    2009 年、セブンイレブンのインドネシアでの事業が始まりました。

  • 7-Eleven's Indonesian rollout was run by a local operator, PT Modern Internasional.

    当初のセブンイレブンのインドネシアにおける市場展開は PT Modern Internasional という企業が運営していました。

  • Contrary to its American counterpart that capitalized on to-go items and late night munchies, 7-Eleven in Indonesia became a trendy hangout spot for locals.

    アメリカのように持ち帰りや夜の軽食を主に売りにするのではなく、インドネシアのセブンイレブンは地元の人に人気のスポットになりました。

  • It offered traditional 7-Eleven items like slurpees and snacks, but also fresh local food and alcohol.

    セブンイレブンのスラッシー(フローズンドリンク)やお菓子などの定番商品はもちろん、インドネシアのセブンイレブンはローカルの食べ物やお酒も販売しました。

  • 7-Eleven was very popular with university students, really the 18 to 25 age range.

    大学生の間で、セブンイレブンはとても人気でした。18−25 歳あたりの年齢層です。

  • It was a place for them to hang out at all hours of the day, all hours of the night.

    セブンイレブンは昼、夜関係なく、くつろげる場所でした。

  • Before the alcohol ban that was imposed in 2015, this was a very popular spot to hang out, have a beer after class or after work, have free Wi-Fi, have a bite to eat.

    2015 年の禁酒政策が発表される前、セブンイレブンは大人気のたまり場でした。授業や仕事の後、セブンイレブンでビールを飲んだり、無料の Wi-Fi を使ったり、軽い食事をするのです。

  • As the business took off, Modern soon started to expand within the capital, Jakarta.

    ビジネスは軌道に乗り始め、Modern は首都のジャカルタで急速に拡大しました。

  • It opened its 21st store by 2010 and it hit 100 locations in 2012.

    2010 年に 21 店舗目をオープンさせ、2012 年には 100 店舗達成しました。

  • In 2014, the company hit peak sales of around 78 million with 190 stores.

    2014 年、190 軒店舗で総営業額 7800 万円に達しました。

  • The future of 7-Eleven in Indonesia seemed promising.

    インドネシアにおけるセブンイレブンの事業は将来有望に見えました。

  • The stores remained crowded, but there was one problem.

    店はいつも大勢の客で混んでいましたが、一つだけ問題がありました:

  • People weren't spending money.

    誰も商品を買わなかったのです。

  • Well actually, there are some comment that yes, there is a huge crowd in 7-Eleven, but they might just buy one drink, one friend and sit for three hours.

    確かに、セブンイレブンはいつも大勢の客がいましたが、彼らは飲み物 1 本だけ買って、友達と 2 人で 3 時間も座ることもあったのです。

  • The company also attributed its lack of sales to intense competition from existing and new competitors.

    当企業は、売上の不足は、既存もしくは新しく進出してきた同業者との激しい競争が一因にしました。

  • By 2016, the number of retail outlets in Indonesia had grown from 12,000 to 40,000 in just under a decade.

    2016 年、たったの 10 年で、インドネシアのコンビニの数量は 12000 軒から 40000 軒になりました。

  • With mini markets being the sector's fastest growing segment Two of 7-Eleven's biggest competitors were Indonesian convenience stores Indomaret and Alphamart.

    コンビニは成長率の一番高い事業です。セブンイレブンの最大の競争相手はインドネシア現地のコンビニである、 Indomaret と Alphamart でした。

  • Both chains have a long history in the country and are top players in Indonesia's convenience store market.

    この 2 つコンビニはどちらも歴史が長く、インドネシア市場のトップ企業です。

  • 7-Eleven had 190 stores in the country but its competitors store count absolutely squashed that.

    セブンイレブンは 190 店舗ありましたが、競争会社の店舗数量はそれを圧倒的に上回っていました。

  • As of 2017, there were more than 10,000 Alfamarts and roughly 15,000 Indomarets in Indonesia, giving Alfamart a 38% share of the market and Indomaret 47%.

    2017 年、インドネシアには 10,000 店舗以上の Alfamarts と、約 15,000 店舗ほどの Indomarets がありました。Alfamarts は 38%、Indomaret は 47%のマーケットシェアを占めていました。

  • That was the year 7-Eleven closed all of its shops.

    まさにこの年、セブンイレブンはインドネシアの全店を閉店させました。

  • But before that, it held just 0.7% of the market.

    それ以前、セブンイレブンのマーケットシェアはたった 0.7%でした。

  • Regulatory issues also posed a major problem for 7-Eleven.

    インドネシア国内の規制もセブンイレブンに大きな問題を持ち出しました。

  • In 2015, Indonesia banned the sale of alcoholic beverages in convenience stores and mini markets.

    2015 年、インドネシアの政府がコンビニとミニマーケットにおけるお酒の販売を禁止しました。

  • After the alcohol ban took effect, 7-Eleven's net sales dropped by nearly 24% over the next year.

    禁酒政策が実行された後の翌年にかけて、セブンイレブンの純売上は 24% 近く減少しました。

  • Unlike 7-Eleven, its rivals Indomaret and Alfamart actually reported revenue gains that year.

    セブンイレブンとは反対に、その年度、ライバルの Indomaret と Alfamart の収益は増えました。

  • Alfamart and Indomaret were able to withstand the ban because they offered a wider range of products and services.

    Alfamart と Indomaret は禁酒政策が実行された後も耐え抜くことができたのは、彼らはより広い範囲の商品とサービスを提供していたからです。

  • 7-Eleven's geographic reach posed another big problem.

    セブンイレブンが進出した地理的範囲も大きな問題でした。

  • The convenience store chain never managed to expand beyond Jakarta and its surrounding cities, but its rivals did.

    セブンイレブンはジャカルタとその周辺地域以外の地域に進出できませんでしたが、ライバル企業は進出していたのです。

  • They are located in Jakarta whereas other mini markets can expand outside of Jakarta.

    セブンイレブンはジャカルタのみで出店していた一方で、他のミニマーケットははジャカルタ以外の地域まで拡大していました。

  • One is, I think, the regulations for foreign ownership of or foreign franchise of convenience stores.

    理由の一つには、外国資本の、もしくは外資系フランチャイズのコンビニに対する規制でした。

  • Because Indomaret and Alfamart, Alfamart and Indomaret are basically local brands.

    Indomaret と Alfamart はローカル・ブランドなので、

  • So they have less restriction in terms of expansion to other citizen regions.

    国内における他の地域に出店する制限が緩いのです。

  • Modern also cited Indonesia's economic slowdown is a reason for its diminishing revenue.

    Modern は、インドネシアの景気停滞もセブンイレブンの売上減少の理由の一つだとしています。

  • The chain closed down 25 underperforming stores in 2016, to cut down operation losses, and Modern closed the remainder of its 7-Eleven stores in 2017.

    セブンイレブンは 2016 年、運転損耗を削減するため、25 軒運営評価がよくなかった支店を閉店させ、その後、2017年、残った店舗を全店閉店させました。

  • However, a spokesperson from 7-Eleven said Indonesia is an important country for us.

    しかしながら、セブンイレブン代表者はインドネシアは当企業にとって大事な国であると示しています。

  • This is not the end for 7-Eleven's business.

    これはセブンイレブンの終わりではありません。

  • The company is hoping to find a new partner to renew its efforts and it has good reason to believe the right international partner will make all the difference.

    セブンイレブンは再度進出を試みるための新しい共同経営者を探しています。ふさわしい国際協同経営者が見つかることで大きな違いが生まれる、と企業が信じるにはわけがあります。

  • Take Japan.

    例えば、日本の場合

  • 7-Eleven entered the country in 1974.

    1974 年にセブンイレブンはこの国に進出しました。

  • They partnered with Japanese chain Ito Yokado, forming York Seven Co. to operate its stores.

    日本のチェーン店イトーヨーカ堂とパートナーを組み、ヨークセブンを設立し、店舗の運営を行いました。

  • It was so successful that in 2005, it bought out the company.

    2005 年には大成功を納め、セブンイレブンを買収。

  • Seven and i Holdings became the global owner of the American chain.

    セブン&アイ・ホールディングスはアメリカチェーンの世界的なオーナーになりました。

  • Today there are more than 20,000 7-Elevens in Japan.

    今日、日本には 20,000 ものセブンイレブンが展開しています。

  • The US has less than 9,000.

    一方で、アメリカは 9,000 以下です。

  • So seeking a new international partner may be the key to its success.

    なので国際的パートナーを探し出すことが、成功の鍵となるかもしれません。

  • Indonesian consumers will just have to wait and see.

    インドネシアの消費者は、まだ成り行きを待つ必要がありそうです。

There are more than 60,000 7-Elevens across the planet.

世界中にセブンイレブンは 6 万軒以上あります。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 インドネシア 店舗 コンビニ ジャカルタ 閉店 経営

【リスニング対策】 セブンイレブンがインドネシアで成功しなかった理由 (Why 7-Eleven Failed In Indonesia)

  • 39301 1127
    Liang Chen に公開 2019 年 02 月 20 日
動画の中の単語