Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • A portly miller, barely sober enough to sit on his horse,

    馬の上に座るのもやっとのことだ

  • rambles on about the flighty wife of a crotchety old carpenter

    股間大工の女房を語る

  • and the scholar she takes as her lover.

    そして、彼女が恋人としている学者。

  • To get some time alone together,

    二人きりの時間を得るために

  • the scholar and the wife play various tricks

    学者と妻の策略

  • that involve feigning madness,

    狂気を装うことを伴う

  • staging a biblical flood,

    聖書の洪水を演出する

  • and exposing themselves in public.

    と公の場で暴露しています。

  • But the parish clerk is also lusting after the wife,

    しかし、教区書記官も妻に欲情している。

  • and comes by every night to sing outside her house.

    と毎晩家の外で歌いに来ています。

  • This becomes so tiresome that she tries to scare him away

    これは、彼女は彼を追い払おうとするので、非常に面倒になります。

  • by hanging her rear end out the window for him to kiss.

    彼女の尻を窓から吊るして 彼にキスさせたのよ

  • When this appears not to work,

    これがうまくいかないと思われる場合

  • her scholar decides to try farting in the same position,

    彼女の学者は、同じ姿勢でおならをしてみることにしました。

  • but this time, the clerk is waiting with a red-hot poker.

    が、今度は店員さんが赤熱のポーカーを持って待っています。

  • This might all sound like a bawdy joke,

    これは全部、下品なジョークのように聞こえるかもしれない。

  • but it's part of one of the most esteemed works of English literature ever created:

    しかし、それはこれまでに作られた英文学の中で最も尊敬されている作品の一つです。

  • The Canterbury Tales,

    カンタベリー物語

  • which seamlessly blends the lofty and the lowly.

    高尚なものと卑しいものをシームレスに融合させている。

  • The work consists of 24 stories,

    作品は24話で構成されています。

  • each told by one of Chaucer's spirited characters.

    ショーサーの気鋭の登場人物の一人がそれぞれ語っています。

  • Narrators include familiar Medieval figures

    語り手には中世のおなじみの人物も含まれています。

  • such as a Knight,

    ナイトのような

  • a Clerk,

    事務員。

  • and a Nun,

    と尼僧。

  • and the less recognizable reeve,

    そして、あまり知られていないリーヴ。

  • and Manciple,

    とマンシプル。

  • and others.

    などと言っていました。

  • The Tales are written in Middle English,

    物語は中英語で書かれています。

  • which often looks entirely different from the language spoken today.

    は、現在使われている言語とは全く違うように見えることが多いです。

  • It was used between the 12th and 15th centuries, and evolved from Old English

    12世紀から15世紀の間に使われていたもので、オールドイングリッシュから進化したものです。

  • due to increased contact with European romantic languages after the Norman Conquest of 1066.

    1066年のノルマン征服後、ヨーロッパのロマン派言語との接触が増えたことによる。

  • Most of the Middle English alphabet is still familiar today,

    中世英語のアルファベットのほとんどは、現在でも馴染みのあるものです。

  • with the inclusion of a few archaic symbols,

    いくつかの古風なシンボルを含めて。

  • such as "yogh", which denotes the "y",

    を表す「yogh」など。

  • j,

    j,

  • or gh sound.

    またはgh音。

  • The loquacious cast of the Tales first meet at the Tabard Inn in Southwark.

    テイルズ』の饒舌なキャストが初めて出会うのは、サザークのタバード・イン。

  • They have a journey in common:

    彼らには共通の旅があります。

  • a pilgrimage to Canterbury to visit the shrine of St. Thomas Beckett,

    聖トーマス・ベケットの祠を訪ねるカンタベリー巡礼。

  • a martyred archbishop who was murdered in his own Cathedral.

    自身の大聖堂で殺害された殉教大司教。

  • Eager and nosy for some personal details, the host of the Inn proposes a competition:

    個人的な詳細を知りたがり、おせっかいな宿の主人は競争を提案します。

  • whoever tells the best tale will be treated to dinner.

    最高の話をする者は 夕食をごちそうになる

  • If not for their pilgrimage,

    巡礼のためでなければ

  • many of these figures would never have had the chance to interact.

    これらの人物の多くは、交流する機会がなかったであろう。

  • This is because Medieval society followed a feudal system

    これは、中世社会が封建制度を踏襲していたからである。

  • that divided the clergy and nobility from the working classes,

    聖職者や貴族と労働者階級を分けていた

  • made up of peasants and serfs.

    農民と農奴で構成されています。

  • By Chaucer's time,

    ショーサーの時代には

  • a professional class of merchants and intellectuals had also emerged.

    また、商人や知識人の職業階級も出現していました。

  • Chaucer spent most of his life as a government official during the Hundred Years' War,

    チョーサーは百年戦争の間、その生涯のほとんどを政府の役人として過ごしました。

  • traveling throughout Italy and France, as well as his native England.

    故郷のイギリスだけでなく、イタリアやフランスを旅していました。

  • This may have influenced the panoramic vision of his work,

    このことが、彼の作品のパノラマビジョンに影響を与えたのかもしれません。

  • and in the Tales, no level of society is above mockery.

    と、テイルズでは嘲笑を超えるレベルの社会はない。

  • Chaucer uses the quirks of the characters' language

    チョーサーは登場人物の言葉の癖を利用しています。

  • the ribald humor of the cook,

    料理人の下品なユーモア

  • the solemn prose of the parson,

    牧師の厳粛な散文。

  • and the lofty notions of the squire

    従者の高尚な観念

  • to satirize their worldviews.

    自分たちの世界観を風刺するために

  • The varied dialects, genres, and literary tropes

    変化に富んだ方言、ジャンル、文学的トロフィー

  • also make the work a vivid record of the different ways Medieval audiences entertained themselves.

    また、中世の観客のさまざまな楽しみ方を鮮やかに記録しています。

  • For instance, the Knight's tale of courtly love,

    例えば、騎士の宮廷愛の物語。

  • chivalry,

    騎士道

  • and destiny

    因縁

  • riffs on romance,

    ロマンスのリフ。

  • while the tales of working-class narrators are generally comedies filled with scatological language,

    一方、労働者階級の語り手の物語は、一般的にスキャトロジカルな言葉で埋め尽くされたコメディである。

  • sexual deviance,

    性的逸脱

  • and slapstick.

    とドタバタ。

  • This variation includes something for everyone,

    このバリエーションには、誰もが楽しめるものが含まれています。

  • and that's one reason why readers continue to delight in the work in both Middle English and translation.

    それが、読者が中英語と翻訳の両方でこの作品を喜び続けている理由の一つでもあります。

  • While the narrative runs to over 17,000 lines,

    物語は17,000行以上に及ぶ。

  • it's apparently unfinished,

    どうやら未完成のようです。

  • as the prologue ambitiously introduces 29 pilgrims

    プロローグでは29人の巡礼者を野心的に紹介しています。

  • and promises four stories apiece,

    と4つの物語を約束します。

  • and the innkeeper never crowns a victor.

    宿屋は勝者に冠をつけることはありません。

  • It's possible that Chaucer was so caught up in his sumptuous creations

    ショーサーは豪華な作品に夢中になっていたのかもしれません。

  • that he delayed picking a winner -

    彼は勝者を選ぶのを遅らせた

  • or perhaps he was so fond of each character

    一人一人のキャラクターに愛着があったのか

  • that he just couldn't choose.

    選ぶことができなかった

  • Whatever the reason,

    理由はどうあれ

  • this means that every reader is free to judge;

    これは、すべての読者が自由に判断できることを意味します。

  • the question of who wins is up to you.

    誰が勝つかはあなた次第です。

A portly miller, barely sober enough to sit on his horse,

馬の上に座るのもやっとのことだ

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 中世 巡礼 作品 学者 人物

カンタベリー物語」を読むために知っておくべきことのすべて - イゼルト・ガレスピー

  • 1029 85
    April Lu に公開 2018 年 10 月 18 日
動画の中の単語