Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Five years ago, I stood on the TED stage, and I spoke about my work.

    翻訳: Noriko Yasumoto 校正: Naoko Fujii

  • But one year later,

    5年前 私はTEDのステージに立ち 自分の仕事についてお話ししました

  • I had a terrible accident as I left a pub one dark night with friends,

    しかしその1年後

  • in Scotland.

    ある夜 友達とパブを出たところで ひどい事件に見舞われました

  • As we followed the path through a forest, I suddenly felt a massive thud,

    スコットランドでのことです

  • then a second thud,

    森の小道を歩いていた時 突然強い衝撃を感じ

  • and I fell to the ground.

    2度目の衝撃を受けた時

  • I had no idea what had hit me.

    私は地面に倒れました

  • I later found out that when the gate was opened on a garden,

    何が当たったのか 全く分かりませんでした

  • a wild stag stampeded along the path and ran straight into me.

    後で分かったのは あるお宅の庭の門を開けた瞬間

  • Its antler penetrated my trachea and my esophagus

    そこにいた野生の牡鹿が 歩道に沿って 私めがけて突進してきたということです

  • and stopped at my spinal cord and fractured my neck.

    その鹿の角が 私の気管と食道を突き刺して

  • My best friend found me lying on the floor,

    脊髄に至り 頚椎を折ったのです

  • gurgling for help through a hole in my neck.

    親友が 私が倒れているのに気づきました

  • And we locked eyes, and although I couldn't speak,

    私は助けを求めて首の穿孔から 声にならない声を出していました

  • she could understand what I was thinking.

    親友と見つめ合い 私は声を出すことができなかったのですが

  • And she told me, "Just breathe."

    親友は 思いを理解してくれました

  • And so, whilst focusing on my breath, I had a strong sense of calmness,

    彼女は言いました 「息をして 」

  • but I was certain that I was going to die.

    言われたとおり 息をすることに集中しながら 私はとても冷静でしたが

  • Somehow, I was content with this,

    絶対死ぬと思っていました

  • because I've always tried to do my best in life whenever I can.

    どうも私はその状況に満足でした

  • So I just continued to enjoy each breath as one more moment --

    私はそれまでいつだってベストを尽くそうと 努力してきたのですから

  • one breath in and one breath out.

    それで落ち着いて 呼吸を1回1回続ける作業に興じ

  • An ambulance came, I was still fully conscious,

    息を吸っては 吐いていました

  • and I analyzed everything on the journey, because I'm a scientist:

    救急車が到着した時 私には はっきりと意識があり

  • the sound of the tires on the road, the frequency of the street lights

    病院までの道のりにおける全てを分析しました 私は科学者ですから

  • and eventually, the city street lights.

    道路を通るタイヤの音や 街灯の数

  • And I thought, "Maybe I will survive."

    やがて見えてきた街の灯り

  • And then I passed out.

    それらを分析して 「助かるかも」と思いました

  • I was stabilized at a local hospital and then airlifted to Glasgow,

    そして気を失いました

  • where they reconstructed my throat and put me in a coma.

    いったん近くの病院に搬送された後 ヘリコプターでグラスゴーまで運ばれました

  • And while I was in the coma, I had many alternate realities.

    そこで私の喉は治療され 私は昏睡状態に陥りました

  • It was like a crazy mix of "Westworld" and "Black Mirror."

    昏睡状態に陥ってる間は パラレルワールドにいました

  • But that's a whole other story.

    『ウエストワールド』と『ブラック・ミラー』を 滅茶苦茶に混ぜたような世界でした

  • My local TV station reported live from outside the hospital

    それはまた別の話ですが

  • of a Cambridge scientist who was in a coma,

    地元のテレビ局は病院の前から

  • and they didn't know if she would live or die or walk or talk.

    ケンブリッジの科学者が昏睡状態に陥ったと 生中継で伝えましたが

  • And a week later, I woke up from that coma.

    その科学者の生死やケガの程度についての 情報は得ていませんでした

  • And that was the first gift.

    1週間後 私は昏睡状態から目覚めました

  • Then I had the gift to think, the gift to move,

    目覚めたこと自体 奇跡でしたが

  • the gift to breathe

    さらに奇跡的なことに 思考機能や運動機能

  • and the gift to eat and to drink.

    呼吸機能や

  • That took three and a half months.

    摂⾷嚥下機能にも 障害が残りませんでした

  • But there was one thing that I never got back, though,

    3ヶ月半でそれらの機能は 回復したのです

  • and that was my privacy.

    ですが元に戻せないものが 1つありました

  • The tabloid press made the story about gender.

    プライバシーです

  • Look -- I'm transgender, it's not that big a deal.

    ジェンダーにまつわる記事を タブロイド紙は掲載しました

  • Like, my hair color or my shoe size is way more interesting.

    私はトランスジェンダーなんです 大した事実ではありません

  • When I last spoke here --

    まあ この髪の色や靴のサイズには 関心を持たれるでしょうが

  • (Applause)

    前回ここでお話をした時―

  • When I last spoke here --

    (拍手)

  • (Applause)

    その時は―

  • at TED, I didn't talk about it, because it's boring.

    (拍手)

  • And one Scottish newspaper ran with the headline:

    ジェンダーの話など面白くないので その話はしませんでした

  • "Sex Swap Scientist Gored by Stag."

    しかしあるスコットランドの新聞には こんな見出しの記事が載りました

  • And five others did similar things.

    「オスの鹿に突き刺されたおネエの科学者」

  • And for a minute, I was angry.

    他にも5紙が同じような見出しを 付けていました

  • But then I found my calm place.

    一瞬 憤りを覚えましたが

  • And what ran through my head was, "They've crossed the wrong woman,

    すぐに落ち着き

  • and they're not going to know what's hit them."

    そして頭によぎったのは 「敵に回してはいけない女に歯向い

  • (Laughter)

    いずれ寝首をかかれる者たち」 という文言です

  • I'm a kindness ninja.

    (笑)

  • I don't really know what a ninja does,

    私は 親切な忍者です

  • but to me, they slip through the shadows, crawl through the sewers,

    忍者がすることを ちゃんとは知りませんが

  • skip across the rooftops,

    勝手なイメージでは 暗がりの中を こっそり通り抜け 下水道管を這い

  • and before you know it, they're behind you.

    屋根伝いに走り

  • They don't turn up with an army or complain,

    知らぬ間に人の背後に迫る存在です

  • and they're laser-focused on a plan.

    忍者は敵の前に現れませんし 抗議活動もせず

  • So when I lay in my hospital bed,

    1つのプランに とことん集中します

  • I thought of my plan to help reduce the chances

    私も病院のベッドの上で

  • of them doing this to somebody else,

    他の人の身に こんなことが 起きることを減らすための

  • by using the system as is, and paying the price of sacrificing my privacy.

    計画を考えました

  • What they told one million people, I will tell 10 million people.

    やり方としては 現行の仕組みを利用し 自分のプライバシーを犠牲にします

  • Because when you're angry, people defend themselves.

    新聞社が百万人に伝えたことを 1千万人に伝える計画です

  • So I didn't attack them,

    怒っている人間に対しては 人は守りを固めると考え

  • and they were defenseless.

    新聞社を攻撃はしなかったので

  • I wrote kind and calm letters to these newspapers.

    彼らは防衛的ではありませんでした

  • And The Sun newspaper, the kind of "Fox News" of the UK,

    私は親切で冷静な内容の手紙をしたため 新聞社に送りました

  • thanked me for my "reasoned approach."

    米国で言えば『FOXニュース』のような 英国の The Sun紙は

  • I asked for no apology, no retraction, no money,

    私の「穏当な要求」に対して お礼を言ってきました

  • just an acknowledgment that they broke their own rules,

    私が求めたのは 謝罪や 記事の撤回や 損害賠償金ではなく

  • and what they did was just wrong.

    自分たちが報道倫理違反を 犯したことを認め

  • And on this journey, I started to learn who they are,

    あんな書き方は間違っていたと 認めることでした

  • and they began to learn who I am.

    一連のやりとりの中で 私は記者たちについて知り

  • And we actually became friends.

    記者たちは私のことを知り始めました

  • I've even had a few glasses of wine with Philippa from The Sun since then.

    私たちは奇妙にも友達になりました

  • And after three months, they all agreed,

    以来 The Sun紙のフィリッパと ワインを酌み交わすことさえしています

  • and the statements were published on a Friday,

    3ヶ月後 その新聞社は 要求を全て受け入れ

  • and that was the end of that.

    ある金曜日に謝罪声明が 発表されて

  • Or so they thought.

    この件は結末を迎えました

  • On the Saturday, I went on the evening news,

    新聞社にとっては 結末でした

  • with the headline "Six National Newspapers Admit They Were Wrong."

    次の日 私は夕方のニュースに 出演しました

  • And the anchor said to me,

    「英国紙6社が報道倫理違反を認める」 と銘打ったコーナーでした

  • "But don't you think it's our job as journalists

    司会者に

  • to sensationalize a story?"

    「事実をショッキングに表現することが 記者の仕事だとは思いませんか」と聞かれ

  • And I said, "I was laying on a forest floor, gored by a stag.

    こう答えました「鹿に角を刺されて 森の地べたに倒れたんです

  • Is that not sensational enough?"

    それで十分ショッキングでは?」

  • (Laughter)

    (笑)

  • And I was now writing the headlines.

    そこで今度は自ら見出しを考えました

  • My favorite one was,

    気に入ったのはこうです

  • "The stag trampled on my throat, and the press trampled on my privacy."

    「鹿は私の喉を踏みつけ 新聞が私のプライバシーを踏みにじった」

  • It was the most read piece of BBC News online that day.

    その日のBBCニュース・オンラインでは アクセス数ナンバーワン記事でした

  • And I was kind of having fun.

    とても愉快でした

  • And by the end of my week of media,

    意見をメディアで 表明したその週が終わり

  • I started to use my newfound voice and platform

    新しい声と意見を言う機会を 得た私は

  • to spread a message of love and kindness.

    愛と思いやりのメッセージを 広め始めました

  • And when I had the minute of anger and hatred

    新聞社や記者に

  • towards those press and journalists,

    怒りや憎悪を抱いた瞬間に

  • I had to identify my inner bigotry towards them.

    私は自分の中に その人たちに対する 偏狭な考えがあるのに気づかされました

  • And I had to meet and speak with these people

    批判に走ることなく その人たちと対話をする必要がありました

  • without judgment.

    私はその人たちを理解しようと努め

  • I had to let myself understand them,

    そうすることにより 自分のことも理解されるようになりました

  • and in return, they began to understand me.

    半年後 報道を規制する委員会に入るよう 要請がありました

  • Well, six months later, they asked me to join the committee

    それから年に何回か Daily Mail紙の編集者 ポール・デイカーたちと

  • that regulates the press.

    お茶とお菓子を囲み

  • And a few times a year, I sip tea and dip biscuits

    「ところでケイト 最近どう?」 なんて聞かれています

  • with the likes of Daily Mail editor Paul Dacre, who says to me,

    私は彼らを尊敬しています

  • "So, Kate, how have your last few months been?"

    そして今 私は 議決権を持つ3人の 市民代表委員のうちの1人です

  • And I respect them.

    私が他の人と違うからではなく

  • And I'm now one of three members of the public

    私の意見が他の人の意見と同様に 重要だからです

  • who has a seat at the table --

    皮肉なことに

  • not because I'm different,

    時々 斜陽業界である印刷業界の方から

  • but because my voice counts, just like anybody else.

    会いたいと言われます

  • And the irony is,

    TEDで話した インタラクティブ印刷

  • every now and again, I'm asked to visit those printing presses

    その技術が業界の起死回生に つながると

  • of this declining industry,

    考える人がいるのです

  • because some people think

    自分の中の偏狭な考えに用心して

  • that the technology I spoke about here, last time at TED, my interactive print,

    敵の中から友達を作りましょう

  • might actually help save them.

    ありがとうございました

  • So beware of your inner bigot,

    (拍手)

  • and make friends from your enemies.

  • Thank you.

  • (Applause)

Five years ago, I stood on the TED stage, and I spoke about my work.

翻訳: Noriko Yasumoto 校正: Naoko Fujii

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED 新聞 忍者 記者 プライバシー 記事

TED】ケイト・ストーン。マスコミが私のプライバシーを踏みにじった。Here's how I took back my story (The press tramppled on my privacy.Here's how I took back my story|ケイト・ストーン) (【TED】Kate Stone: The press trampled on my privacy. Here's how I took back my story (The press trampled on my pr

  • 512 13
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語