Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • When is seeing not believing?

    自分の目を信じられない瞬間はありますか

  • A couple years ago, my friend sent me this photo from Ürümqi,

    2年ほど前 友人がウルムチ市から この写真を送ってきました

  • which is the capital of Xinjiang province in northwest China.

    中国北西部に位置する 新疆ウイグル自治区の主都です

  • On this particular day, she couldn't believe her eyes.

    まさにこの日 友人は自分の目を信じられませんでした

  • Checking the quality of the air outside using this app on her iPad,

    iPadのアプリで大気の状態を チェックしてみると

  • the numbers were telling her the air quality was good,

    数値は良好な状態を示していました

  • one on a scale of 500.

    汚染度は500段階の中の1でした

  • But when she looked outside, she saw something much different.

    しかし 外を見ると 目に映る状況は全く違っていました

  • Yes, those are buildings in the background.

    背景に見えているのはビル群です

  • (Laughter)

    (笑)

  • But the data were simply not telling the truth

    その数値は真実 つまり 目に映り 吸っている空気の状態を

  • of what people were seeing and breathing,

    全く反映していませんでした

  • and it's because they were failing to measure PM2.5,

    この理由はPM2.5という 微小粒子状物質を

  • or fine particulate pollution.

    測定していなかったためです

  • When PM2.5 levels went off the charts in 2012,

    PM2.5の濃度が急上昇した2012年当時

  • or "crazy bad," as the US Embassy once described it in a tweet,

    米国大使館は 「常軌を逸した汚染」とツイートし

  • Chinese denizens took to social media

    中国国民はソーシャルメディアを使って

  • and they started to question why it was that they were seeing this disconnect

    なぜ 公式の大気汚染統計と

  • between official air quality statistics

    自分達の実感が

  • and what they were seeing and breathing for themselves.

    かけ離れているのか 疑問を投げかけ始めました

  • Now, this questioning has led

    今や こういった疑問を皮切りに

  • to an environmental awakening of sorts in China,

    中国国内で環境意識のようなものが高まり

  • forcing China's government to tackle its pollution problems.

    中国政府は汚染問題に 取り組まざるをえなくなりました

  • Now China has the opportunity to become a global environmental leader.

    今まさに 中国は環境問題で世界の先頭に立つ 機会を得ているのです

  • But the picture that I'll paint for you today

    しかし 今日 私が描き出す中国のイメージは

  • is one that's mixed.

    多面的なものです

  • There are some signs that are very promising,

    将来有望な兆しもありますし

  • and there are other trends that are more troubling

    不安を感じさせる傾向もあり

  • that warrant closer attention.

    注意深く見守る必要があります

  • But now let's go back to the story at hand.

    身近な話に戻しましょう

  • I started to witness the beginnings of China's green evolution

    私が中国の環境政策の進歩を 目にするようになったのは

  • when I was a PhD student conducting fieldwork in China in 2011.

    博士課程在学中に 中国でフィールドワークを していた2011年頃でした

  • I traveled all across the country seeking answers to the question

    私は ある疑問の答えを求めて 中国全土を渡り歩いていました

  • that I often got myself from the skeptical outsider:

    一人の部外者として 懐疑的な視点で抱いた疑問です

  • What, you mean China is doing something on the environment?

    えっ 中国が環境問題に対し 取り組んでるっての?

  • They have environmental policies?

    環境政策はあんの?

  • What policies?

    どんな政策よ?

  • At that time, PM2.5 data was considered too politically sensitive

    当時 PM2.5のデータは 政治的にデリケートな問題とされており

  • and so the government was keeping it secret,

    政府によって機密情報とされていました

  • but citizens were becoming aware of its harmful human health effects,

    しかし 市民の間で 健康被害に対する関心が高まり

  • and they were demanding greater transparency

    彼らは政府機関に対して

  • on the part of the government.

    さらなる透明性を要求しました

  • I actually started to see some of this growing evolution and awareness myself

    私自身も社会の進歩と意識の高まりが

  • cropping up all over China.

    中国全体に拡大するのを実感し始めました

  • Department stores, for example, started to market these air purifiers

    例えば デパートでは 有害なPM2.5を除去する

  • that could filter out harmful PM2.5.

    空気清浄機を販売し始めました

  • Citizens were also adopting PM2.5 as the title of musical festivals.

    市民はPM2.5を音楽フェスの タイトルに付けたりもしました

  • (Laughter)

    (笑)

  • And then I went to a golf course in Shenzhen, which is in southern China,

    中国南部の深セン市にある ゴルフ場に行った時のことですが

  • and you can see from this banner, they're advertising a retreat from PM2.5.

    垂れ幕に PM2.5からの避難所だと 宣伝文句が書かれていました

  • Golf sub-par, but don't breathe sub-par air.

    ゴルフはパーより下でも 平均以下の空気は禁物だと

  • And then Shanghai's Environmental Protection Bureau

    上海の環境保護局は

  • decided to create a mascot named after the air quality index

    空気質指数(AQI) にちなんだ名前の マスコットを作ることにしました

  • to better communicate the air quality data to its people.

    市民に大気の状態を より広く周知させることが目的です

  • I call her AQI Girl,

    私はAQIガールと呼んでいます

  • and her expression and hair color changes depending on the quality of air outside.

    大気の状態に応じて マスコットの表情と髪の色が変わるのです

  • Five years later and she's still the mostly smiling face

    5年経過した今も 彼女は上海の大気の状態を伝える

  • of Shanghai's air quality.

    最も笑顔の存在です

  • And then in 2015,

    それから2015年に

  • former CCTV reporter Chai Jing

    CCTVのリポーター出身のチャイ・ジンは

  • created this documentary called "Under the Dome."

    『ドームの下で』という ドキュメンタリーを制作しました

  • It would be likened to Rachel Carson's "Silent Spring."

    レイチェル・カーソンの『沈黙の春』に なぞらえたもので

  • And much like Rachel Carson

    レイチェル・カールソンは

  • brought to attention the fact that pesticides were harming human health,

    農薬の人体に対する有害性に 人々の目を向けさせましたが

  • "Under the Dome" stamped into the popular consciousness

    同様に『ドームの下で』は 大気汚染によって 中国国内だけでも

  • that air pollution was leading to one million premature deaths

    毎年 百万人が早死にしている事実を

  • every year in China alone.

    大衆に印象付けたのです

  • This video garnered

    その動画は

  • more than a hundred million views in a single weekend

    1度の週末で 1億回以上 再生されました

  • before China's government,

    中国政府が

  • fearing that it might incite some type of social unrest,

    何らかの社会不安が起きるのを恐れ

  • pulled it from the internet.

    ネットから削除するまでの間にです

  • But the damage had already been done.

    しかし 時すでに遅しでした

  • Public outcry over air pollution

    大衆の大気汚染に関する抗議の声に

  • galvanized China's government,

    突き動かされた中国政府は

  • perhaps in an act of self-preservation,

    おそらくは自己保身のために

  • to think big and decisively about how it could tackle

    大局的かつ断固として

  • the root of its air pollution

    大気汚染やその他多くの環境問題の根本原因である

  • and many of its other environmental problems:

    エネルギーシステムの問題に

  • its energy system.

    対処する方法を 考え始めたのです

  • For you see, in China,

    何しろ 中国では

  • about two thirds of its electricity comes from coal.

    電力の3分の2が石炭由来です

  • China has more coal-fired power plants than any other country in the world,

    中国には世界で最も多くの 石炭火力発電所があり

  • about 40 percent of the global total,

    世界全体の40%を占めます

  • and it's because of this fact that China's government

    この事実があるため 中国政府は

  • has decided since 2014 to wage a war on coal,

    2014年に 石炭に対する 徹底的な対策を開始しました

  • shutting down small coal mines,

    小規模な炭鉱を閉鎖し

  • setting limits on coal consumption,

    石炭消費量に規制をかけ

  • even canceling an Australia's worth of coal-fired power plants.

    さらにオーストラリア一国分に相当する 石炭火力発電所の建設を中止しました

  • They've also been making enormous investments

    中国政府はまた クリーンな 再生可能エネルギーに対し

  • when it comes to clean and renewable energy,

    莫大な投資をしてきました

  • like hydropower, wind and solar,

    水力 風力 太陽光発電などです

  • and the pace and the scale of this transformation

    そのエネルギー転換の速度と規模は

  • has been absolutely mind-blowing.

    まさに驚異的でした

  • Let me give you a couple of statistics to show you what I mean.

    いくつかの統計を使って このことを説明させてください

  • China leads the world when it comes to hydropower,

    水力発電量に関して 中国は世界最大です

  • with a third of total capacity.

    世界全体の3分の1を占めています

  • There's enough for every Chinese citizen

    水力発電だけで 全ての中国人民が

  • to power two homes in a single year from hydropower alone.

    家2軒ずつ使えるほどの 電力を賄えます

  • You may have heard of the Three Gorges Dam,

    三峡ダムの名前を 聞いたことがあるかもしれません

  • pictured here,

    この写真です

  • which is the largest power station in the world,

    世界最大の発電所で

  • and it's powered by water.

    水力で発電しています

  • In terms of wind power,

    風力発電に関して

  • China has a third of the global capacity.

    中国は全世界の3分の1の発電量を占め

  • This makes it the number one leader by far.

    群を抜いて世界一の規模です

  • When we look at solar, China's also leading.

    太陽光発電に目を向けると 中国はここでもトップです

  • In fact, they crushed their 2020 target

    実際 105ギガワット相当の 太陽光発電設備の設置という

  • of installing 105 gigawatts of solar power.

    2020年に向けた目標を あっという間に達成してしまいました

  • This is after the government already revised upwards

    しかもこれは 政府が

  • several times its solar energy target

    2009年から2015年にかけて

  • between 2009 and 2015.

    何度も引き上げた後の目標値でした

  • Last year, in seven months alone,

    昨年 わずか7か月間で

  • China was able to install a whopping 35 gigawatts of solar power.

    中国は35ギガワットという 途方もない太陽光発電設備を設置できました

  • This is more than half of what the US has combined in total

    これは 米国の太陽光発電総量の 半分以上に相当します

  • and China did this in just seven months alone.

    中国はこれを わずか7か月間で 達成したのです

  • We can verify this remarkable growth in solar power from space,

    太陽光発電の驚異的な拡大は 宇宙からも確認できます

  • like the startup SpaceKnow has done in this slide.

    スライドは スタートアップ企業 SpaceKnow が可視化したものです

  • By 2020, China is on track to generate Germany's entire electricity consumption

    2020年までに中国は 風力と太陽光の発電量だけで

  • from just wind and solar power alone.

    ドイツ全体の電力消費量に匹敵する見通しです

  • It's pretty darn remarkable.

    全くもって 驚異的です

  • And we see some evidence now

    中国のクリーンエネルギーに 対する取り組みが

  • that China's efforts on clean energy

    実際に効果をもたらしているという証拠が

  • is actually having an effect,

    現在 確認できます

  • not just on air pollution reduction,

    大気汚染の減少だけではなく

  • but also on global climate change,

    世界の気候変動に関してもです

  • where China has the world's largest carbon footprint.

    中国は世界最大の カーボンフットプリントを持つ国です

  • If we look at some of the data, we can see that China's coal consumption

    データを見てみると 中国の石炭の消費量は

  • may have already reached a peak as early as 2013.

    2013年にすでにピークを迎えていた 可能性があります

  • This is a major reason why China's government announced

    これを主な根拠として 中国政府は主張しています

  • that actually they've already achieved their 2020 carbon reduction pledge

    2020年までに達成すると宣言した CO2削減目標を

  • ahead of schedule.

    既に前倒しで達成したと

  • This reduction in coal consumption

    このような石炭消費量の削減は

  • is also directly driving improvements in air quality

    中国全土の大気汚染の改善にも

  • across the country,

    直接繋がっています

  • as I've shown here in blue.

    青で示した部分がそうです

  • In most major Chinese cities,

    中国の大部分の主要都市において

  • air pollution has fallen by as much as 30 percent.

    大気汚染が30%も改善されました

  • And this reduction in air pollution is actually leading people

    大気汚染の減少は中国に住む人々の

  • to live longer lives in China,

    寿命を伸ばしています

  • on average two and a half years more than they would have in 2013.

    2013年と比較して 平均寿命が2年半伸びました

  • In yellow, we can see the cities that have experienced

    黄色い点が示すのは

  • the greatest improvements in air quality.

    大気汚染が最も改善された都市です

  • But of course, as I mentioned at the beginning of this talk,

    もちろん 冒頭で話した通り

  • we have to temper some of this optimism

    過度な楽観視は控えて

  • with a healthy dose of caution,

    十分に注意を払うべきでしょう

  • and that's largely because the data are still being determined.

    なぜなら まだデータが確定しているとは 言えないからです

  • At the end of last year,

    昨年末のことです

  • after roughly three years of pretty steady global carbon emissions,

    世界のCO2排出量が一定であった 約3年間を経て

  • scientific projections suggest

    CO2排出量が 再び増加しているとの

  • that global emissions may be on the rise again

    科学的な予測が提出されました

  • and that could be due to increases in China's fossil fuel consumptions,

    これは 中国で消費される化石燃料の増加に 起因するとされました

  • so they may not have reached that peak that I showed earlier.

    ですから 前述したピークは まだ迎えてないかもしれません

  • But of course, the statistics and the data are still murky

    しかし 統計情報とデータは 未だに不確かです

  • and that's because China regularly revises its coal statistics after the fact.

    なぜなら 中国はよく石炭の統計データを 後から改定しているからです

  • Actually, it's funny,

    おかしな話ですよね

  • since I've been here I've been having a debate on Twitter

    この分野の研究を始めてからずっと 私はTwitterで

  • with other climate modelers,

    他の気候モデル研究者と

  • trying to figure out whether China's carbon emissions

    中国の二酸化炭素排出量は 増加中なのか減少中なのか

  • have gone up, gone down or whether they're staying relatively stable.

    それとも変化していないのか突き止めようと 論争を続けているんですから

  • And of course, China is still a rapidly developing country.

    言うまでもなく 中国はまだ急速に発展中の国であり

  • It's still experimenting with a range of policies,

    様々な政策を試しているところです

  • like dockless bike sharing,

    ドックレス型の自転車シェアリングのような—

  • which has been hailed as a possible sustainable transport solution.

    これは環境負荷の低い 交通手段として もてはやされましたが

  • But then we have images of this bicycle graveyard

    一方で このような 自転車廃棄所の写真からは

  • that tell a more cautionary tale.

    負の側面が見えてきます

  • Sometimes, solutions can move too fast

    時に 問題解決策を急速に進めすぎて

  • and outpace demand.

    需要を越えてしまうこともあります

  • And of course, coal is still king in China,

    それに 中国では未だ石炭が主役です

  • at least for now.

    少なくとも現時点では

  • So why should we care about what China is doing on the environment?

    では なぜ中国の環境政策に 注目する必要があるのでしょう

  • Well, what China does at home on the environment

    それは 中国国内の環境政策が

  • can have global implications for the rest of us.

    他の国々にも 影響を与えるからです

  • To borrow a line from Chai Jing,

    チャイ・ジンの言葉を借りると

  • we're all under the same dome,

    私達は皆 同じ「ドームの下」にいるのです

  • and air pollution that originates in China

    中国で発生した大気汚染は

  • can travel beyond its borders

    国境を越えて広がっていき

  • and affect populations as far away as those in North America.

    遠く離れた北アメリカの人々にも 影響を与えるのです

  • China's not only exporting air pollution,

    中国が「輸出」しているのは 大気汚染だけではありません

  • but they're also exporting aid, infrastructure, technology abroad.

    援助やインフラや技術もそうです

  • President Xi Jinping in 2013 announced the One Belt, One Road Initiative,

    習近平主席は2013年に 「一帯一路」構想を提唱しました

  • a massive, one-trillion-US-dollar infrastructure investment project

    これは 1兆ドルに及ぶ大規模な インフラ投資プロジェクトであり

  • in more than 60 other countries.

    対象は60ヵ国以上に及びます

  • And historically, when we've seen

    過去を振り返ってみると

  • that China has made these infrastructure investments abroad,

    中国が国外に対して行うインフラ投資は

  • they haven't always been clean.

    「クリーン」とは限りませんでした

  • The Global Environment Institute, a Chinese civil society group,

    中国の市民団体である GEI(地球環境研究所)が調べたところ

  • found that in the last 15 years,

    中国は 過去15年間にわたり

  • China has invested in more than 240 coal-fired power plants

    68ヵ国以上で240基以上の 石炭火力発電所に

  • in more than 68 countries

    投資を行ってきました

  • affiliated with the One Belt, One Road Initiative.

    「一帯一路」の一環です

  • That's more than a quarter of China's own domestic coal-fired capacity

    国内の石炭火力発電量の 4分の1以上に相当する量を

  • that is exported abroad.

    国外に輸出したことになります

  • So we can see that even though China is cleaning up at home,

    これから分かるのは 中国は国内をきれいにしながら

  • it's exporting some of that pollution

    汚染を他国に 輸出しているという事実です

  • to other countries,

    汚染を他国に 輸出しているという事実です

  • and greenhouse gas emissions simply don't have a passport.

    温室効果ガスにはパスポートなどありません

  • So when we're trying to evaluate this question

    中国は実際に世界をリードしているのか という問いに答えるには

  • of whether or not China is actually leading,

    中国は実際に世界をリードしているのか という問いに答えるには

  • we can see it's still very much an open debate.

    まだ議論の余地があるということです

  • But time is running out.

    しかし 時間は残されていません

  • I've studied the climate models, and the outlook is not good.

    私は気候モデルの研究をしてきましたが 将来の見通しは明るくありません

  • We still have a gap between current policies

    危険な気候変動を回避したいと思うならば

  • and what needs to happen if we want to avoid dangerous climate change.

    現状の政策では不十分です

  • Leadership is what we desperately need,

    リーダシップが何としてでも必要なのです

  • but it's not coming from the US, for example.

    ですが 例えば米国には期待できません

  • The US administration last June announced its intent

    米政府は昨年の6月に

  • to withdraw from the Paris Climate Agreement,

    気候変動に関するパリ協定から 離脱する意思を表明しました

  • so now people are looking towards China to fill that leadership void.

    結果として 人々は中国にリーダーシップの 不在を埋めることを期待しています

  • So China is very much in the driver's seat

    中国はまさに地球環境の命運を握る

  • determining our global environmental future.

    舵取りのポジションにいると言えます

  • What they do on carbon trading,

    排出量取引やクリーンエネルギー

  • on clean energy, on air pollution,

    大気汚染に対する彼らの施策から

  • we can learn many lessons.

    多くの教訓を得られます

  • One of those lessons is that clean energy is not just good for the environment,

    例えば クリーンエネルギーは 環境に良いだけではありません

  • it can save lives by reducing air pollution.

    大気汚染を減らし 命を救うことができるし

  • It's also good for the economy.

    経済にとってもプラスです

  • We can see that last year,

    昨年 中国は

  • China was responsible for 30 percent of the global growth

    世界のグリーン関連の雇用増加の 30%に貢献しています

  • in green jobs.

    米国はどうでしょう

  • The US? Only six.

    たったの6%です

  • So the picture that I just painted for you

    ですから 今日私が描いた中国のイメージが

  • hopefully seems much different

    あの大気汚染のデータのように

  • from those murky, foggy air quality statistics

    霞んだ見通しの悪いものではなく

  • to a much clearer picture of China's clean energy.

    中国が推進するクリーンエネルギーのように すっきり晴れ渡ったものになることを願います

  • And even though China is headed in the right direction,

    中国が正しい方向に進んでいたとしても

  • we know that there's still a very long road ahead.

    まだ道のりは長いことは みんな知っています

  • So let me ask you once more: Is seeing believing?

    もう一度質問させてください 自分の目を信じられますか

  • Can we trust the data and the statistics

    データや統計情報は信用できますか

  • that show that China's air quality is coming down

    中国の大気汚染は改善しており

  • and that its war on coal is actually having an effect?

    石炭に対する徹底的な対策が功を奏している といったデータのことです

  • Well, let's take a look at some of the latest satellite images

    では 中国の太陽光発電の設置状況が分かる

  • of China's solar power installations.

    最新の衛星写真を見てみましょう

  • I want you to look very closely at this image.

    写真をよく見てください

  • Can you see?

    見えますか

  • The proof may just be in the pandas.

    真相はパンダに聞くしかなさそうですね

  • Thank you so much.

    ありがとうございました

  • (Applause)

    (拍手)

When is seeing not believing?

自分の目を信じられない瞬間はありますか

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED 発電 大気 石炭 pm 環境

TED】Angel Hsu: How China is (and isn't) fighting pollution and climate change (How China is (and isn't) fighting pollution and climate change | Angel Hsu) (【TED】Angel Hsu: How China is (and isn't) fighting pollution and climate change (How China is (and i

  • 1356 90
    Vivian Chen に公開 2021 年 01 月 14 日