Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • One day in 1965, while driving to Acapulco for a vacation with his family,

    1965年のある日、家族とバカンスでアカプルコに車を走らせている時のこと。

  • Colombian journalist Gabriel García Márquez abruptly turned his car around,

    コロンビア人ジャーナリストのガブリエル・ガルシア・マルケスが突然、車の向きを変えた。

  • asked his wife to take care of the family's finances for the coming months,

    これから数ヶ月間の家計管理を奥様にお願いしました。

  • and returned home.

    と言って帰ってきました。

  • The beginning of a new book had suddenly come to him:

    新しい本の始まりは、彼のもとに突然やってきた。

  • Many years later, as he faced the firing squad,

    "何年も後、彼は銃殺隊と向き合っていた。

  • Colonel Aureliano Buendía was to remember that distant afternoon

    アウレリアーノ・ブエンディア大佐は、その遠い午後を覚えていることだった。

  • when his father took him to discover ice.”

    "父が氷を発見するために連れて行った時"

  • Over the next eighteen months,

    次の18ヶ月の間に

  • those words would blossom into One Hundred Years of Solitude.

    その言葉は「百年の孤独」へと花開くことでしょう。

  • A novel that would go on to bring Latin American literature

    ラテンアメリカ文学を世に送り出した小説

  • to the forefront of the global imagination,

    グローバルなイマジネーションの最前線へ。

  • earning García Márquez the 1982 Nobel Prize for Literature.

    ガルシア・マルケスは1982年のノーベル文学賞を受賞しました。

  • What makes One Hundred Years of Solitude so remarkable?

    百年の孤独の何がそんなに顕著なのか?

  • The novel chronicles the fortunes and misfortunes

    禍福を描いた小説

  • of the Buendía family over seven generations.

    7世代に渡ってブエンディア家の

  • With its lush, detailed sentences,

    豊かで緻密な文章で

  • large cast of characters,

    登場人物が多い。

  • and tangled narrative,

    と絡み合った語り口。

  • One Hundred Years of Solitude is not an easy book to read.

    百年の孤独は簡単に読める本ではありません。

  • But it's a deeply rewarding one,

    しかし、それは奥が深いものです。

  • with an epic assortment of intense romances,

    壮絶なロマンスの詰め合わせで

  • civil war,

    内戦

  • political intrigue,

    政治的な陰謀

  • globe-trotting adventurers,

    世界を旅する冒険者たち。

  • and more characters named Aureliano than you'd think possible.

    そして、アウレリアーノという名前のキャラクターは想像以上に多いです。

  • Yet this is no mere historical drama.

    しかし、これは単なる時代劇ではない。

  • One Hundred Years of Solitude is one of the most famous examples

    百年の孤独は、最も有名な例の一つです。

  • of a literary genre known as magical realism.

    魔法のリアリズムとして知られる文学ジャンルの

  • Here, supernatural events or abilities

    ここでは、超自然的な出来事や能力

  • are described in a realistic and matter-of-fact tone,

    は、現実的でマターファクトな口調で説明されています。

  • while the real events of human life and history

    人間の生活や歴史の現実の出来事が

  • reveal themselves to be full of fantastical absurdity.

    不条理に満ちていることがわかる。

  • Surreal phenomena within the fictional village of Macondo

    架空の村「マコンド」内のシュールな現象

  • intertwine seamlessly with events taking place in the real country of Colombia.

    実際の国コロンビアで行われているイベントとシームレスに絡み合う。

  • The settlement begins in a mythical state of isolation,

    神話のような隔離状態での入植が始まる。

  • but is gradually exposed to the outside world,

    が、徐々に外の世界にさらされていく。

  • facing multiple calamities along the way.

    道中、複数の災難に直面しています。

  • As years pass, characters grow old and die,

    年月が経つにつれ、キャラクターは老いていき、死んでいく。

  • only to return as ghosts,

    幽霊として戻ってくるだけだ

  • or to be seemingly reincarnated in the next generation.

    または次の世代に生まれ変わったように見えること。

  • When the American fruit company comes to town,

    アメリカのフルーツ会社が来ると

  • so does a romantic mechanic who is always followed by yellow butterflies.

    黄色い蝶がいつもついてくるロマンティックなメカニックもそうです。

  • A young woman up and floats away.

    若い女性が立ち上がって浮かんでくる。

  • Although the novel moves forward through subsequent generations,

    小説はその後の世代を経て進んでいきますが

  • time moves in an almost cyclical manner.

    時間はほぼ周期的に動きます。

  • Many characters have similar names and features to their forebears,

    登場人物の中には、先祖に似た名前や特徴を持っている人も少なくありません。

  • whose mistakes they often repeat.

    その過ちを繰り返している人たちがいます。

  • Strange prophecies and visits from mysterious gypsies

    奇妙な予言と謎のジプシーからの訪問

  • give way to the skirmishes and firing squads of repeated civil wars.

    繰り返される内戦の小競り合いと銃撃戦に道を譲る。

  • An American fruit company opens a plantation near the village

    アメリカのフルーツ会社が村の近くに農園を開設

  • and ends up massacring thousands of striking workers,

    そして、何千人ものストライキ労働者を虐殺することになる。

  • mirroring the real-life 'Banana Massacre' of 1928.

    1928年に実際にあった「バナナ大虐殺」を反映しています。

  • Combined with the novel's magical realism,

    小説の魔術的リアリズムと相まって

  • this produces a sense of history as a downward spiral

    螺旋状の歴史観を醸し出す

  • the characters seem powerless to escape.

    登場人物は無力そうに見えて逃げられない。

  • Beneath the magic is a story about the pattern of Colombian

    魔法の下にはコロンビアのパターンの話

  • and Latin American history from colonial times onward.

    と植民地時代以降のラテンアメリカの歴史を紹介しています。

  • This is a history that the author experienced firsthand.

    これは著者が肌で感じた歴史です。

  • Gabriel García Márquez grew up in a Colombia torn apart by civil conflict

    ガブリエル・ガルシア・マルケスは 内戦で引き裂かれた コロンビアで育ちました

  • between its Conservative and Liberal political parties.

    保守政党と自由政党の間にある。

  • He also lived in an autocratic Mexico

    また、独裁的なメキシコに住んでいた

  • and covered the 1958 Venezuelan coup d'état as a journalist.

    と1958年のベネズエラのクーデターをジャーナリストとして取材した。

  • But perhaps his biggest influences were his maternal grandparents.

    しかし、彼の最大の影響を受けたのは母方の祖父母かもしれません。

  • Nicolás Ricardorquez was a decorated veteran of the Thousand Days War

    ニコラス・リカルド・マルケスは千日戦争の退役軍人でした。

  • whose accounts of the rebellion against Colombia's conservative government

    評論家であり、コロンビアの保守的な政府に対する反乱を書いている

  • led Gabriel García Márquez to a socialist outlook.

    ガブリエル・ガルシア・マルケスを社会主義的な視点に導いた。

  • Meanwhile, Doña Tranquilina Iguarán Cotes' omnipresent superstition

    一方、ドニャ・トランキリーナ・イグァラン・コーツの遍在迷信

  • became the foundation of One Hundred Years of Solitude's style.

    百年の孤独の基礎となったのが、「百年の孤独」のスタイルです。

  • Their small house in Aracataca where the author spent his childhood

    著者が幼少期を過ごしたアラカタカの小さな家

  • formed the main inspiration for Macondo.

    Macondoの主なインスピレーションの源となった。

  • With One Hundred Years of Solitude,

    百年の孤独と。

  • Gabriel García Márquez found a unique way

    ガブリエル・ガルシア・マルケスはユニークな方法を見つけました。

  • to capture the unique history of Latin America.

    ラテンアメリカのユニークな歴史を捉えています。

  • He was able to depict the strange reality of living in a post-colonial society,

    ポストコロニアル社会に生きるという奇妙な現実を描くことができた。

  • forced to relive the tragedies of the past.

    過去の悲劇を追体験せざるを得ない。

  • In spite of all this fatalism, the novel still holds hope.

    そんな運命論にもかかわらず、この小説は希望を持っている。

  • At his Nobel Lecture,

    彼のノーベル講演で

  • García Marquez reflected on Latin America's long history

    ガルシア・マルケスがラテンアメリカの長い歴史を振り返る

  • of civil strife and rampant iniquity.

    市民の争いと不正が横行しています。

  • Yet he ended the speech by affirming the possibility of building a better world,

    しかし、彼はより良い世界を築く可能性を肯定して演説を締めくくった。

  • to quote, “where no one will be able to decide for others how they die,

    引用すると、「誰も他人のために自分の死を決めることができない場所」です。

  • where love will prove true

    恋が実を結ぶ

  • and happiness be possible,

    と幸せになることができます。

  • and where the races condemned to one hundred years of solitude

    百年の孤独を宣告された種族がいるところ

  • will have, at last and forever, a second chance on earth."

    "最後に永遠に地球上で第二のチャンスがある"

One day in 1965, while driving to Acapulco for a vacation with his family,

1965年のある日、家族とバカンスでアカプルコに車を走らせている時のこと。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 孤独 コロンビア 小説 ラテン 内戦

百年の孤独』を読むべき理由とは?- フランシスコ・ディエズ・ブゾー

  • 1810 167
    April Lu に公開 2018 年 09 月 20 日
動画の中の単語