Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hello everyone.

    みなさん、こんにちは。

  • Welcome to the Langfocus channel and my name is Paul.

    Langfocusチャンネルへようこそ、私の名前はPaulです。

  • Today we'll be answering the questionHow are British English and American English Different?”

    今日は "イギリス英語とアメリカ英語はどう違うのか?"という質問にお答えします。

  • - one of the most commonly asked questions by learners of English.

    - 英語学習者によく聞かれる質問の一つです。

  • And hopefully native speakers of English will learn a thing or two from this video as well.

    そしてうまくいけば、英語のネイティブスピーカーもこのビデオから何かを学ぶことができるでしょう。

  • The truth is that both British and American English have numerous varieties, in other

    本当のところは、イギリス英語もアメリカ英語も、他の言語では数多くの種類があるということです。

  • words various accents and dialects, so in (the main part of) this video I will try to

    言葉の様々なアクセントや方言があるので、このビデオでは(メインの部分)私はしようとします。

  • focus on the most standard, non-regional variety of each one.

    それぞれの最も標準的な、非地域的な品種に焦点を当てる。

  • Disclaimer: I'm not American, I'm Canadian.

    免責事項:私はアメリカ人ではなく、カナダ人です。

  • But I'm confident that we will someday be Americans after the invasion.

    でも、侵略されてもいつかはアメリカ人になれると確信しています。

  • Standard Canadian English is very very close to General American English, so I will say

    標準的なカナダ英語は、一般的なアメリカ英語に非常に近いので

  • the American examples myself, unless there's some specific need to distinguish American pronunciation

    アメリカ人の発音を区別する必要がある場合を除いて、アメリカの例を自分で見てみましょう。

  • from Canadian.

    カナダから

  • There are several ways in which Britain English and the American English different: vocabulary,

    イギリス英語とアメリカ英語の違いは、いくつかの方法があります:語彙。

  • accent, spelling, and grammar.

    アクセント、スペル、文法

  • Vocabulary

    語彙力

  • In the US, people generally saygarbashortrash”, while in the UK they generally

    アメリカでは一般的に「ガーバッシュ」や「ゴミ」と言いますが、イギリスでは一般的には

  • sayrubbish”.

    屑と言う

  • Both literally and figuratively.

    文字通りの意味でも、比喩的な意味でも。

  • The game was rubbish!”

    "ゲームはゴミだった!"

  • Americansgo on vacation”, while Britsgo on holidays”.

    アメリカ人は「休暇に行く」、イギリス人は「休暇に行く」。

  • And this is also possible in American English.

    そして、これはアメリカ英語でも可能です。

  • In the US people rentapartments”, while in the UK they rentflats”.

    アメリカでは「アパート」を借りますが、イギリスでは「フラット」を借ります。

  • In the US, if your apartment is at street level, then you live on the first floor, and

    アメリカでは、アパートがストリートレベルであれば、1階に住んでいて

  • the person above you lives on the second floor.

    上の人は2階に住んでいます。

  • In the UK, you live on the ground floor, and the person above you lives on the first floor.

    イギリスでは1階に住んでいて、上の人は1階に住んでいます。

  • If that person above you is unable or just too lazy to take the stairs, in the US they'd

    上の人が階段を昇ることができなかったり、怠け者だったりすると、アメリカでは

  • take the elevator.

    エレベーターに乗って

  • In the UK, they'd take the lift.

    イギリスではリフトに乗せてくれるんだよ。

  • When you're bored at home, in the US you might turn on the TV, while in the UK you would

    家で退屈していると、アメリカではテレビをつけているかもしれませんが、イギリスでは

  • turn on the telly.

    テレビをつけて

  • When you step outside of your building to go for a walk, in the US you might walk on

    建物の外に出て散歩するときは、アメリカでは

  • the sidewalk, while in the UK you walk on the pavement.

    イギリスでは歩道を歩きますが、イギリスでは舗装路を歩きます。

  • And if you're tired of walking, in the US you might take the subway.

    そして、歩き疲れたらアメリカでは地下鉄に乗るかもしれません。

  • In the UK, you take the underground.

    イギリスでは地下を利用します。

  • In the US, it's perfectly to wear pants when you're riding the subway, but in the UK you'd

    アメリカでは地下鉄に乗るときにパンツを履くのは完璧ですが、イギリスでは

  • better wear some TROUSERS too because pants means underpants.

    パンツはパンツを意味するので、TROUSERSも履いた方がいいですね。

  • And specifically women's underpants are sometimes called knickers in the UK.

    そして、具体的には女性用のパンツは、イギリスではニッカーズと呼ばれることがあります。

  • So when someone overreacts, in the US you might sayDon't get your panties in a bunch!”

    アメリカでは大袈裟に反応する人がいたら、「パンティを束にするな!」と言うかもしれません。

  • In the UK you'd sayDon't get your knickers in a twist!”.

    イギリスでは "Don't get your knickers in the twist!

  • Paul how dare you be so crude.

    ポール......よくもそんな下品なことを

  • Now I can't show this video to my 6 year old students!

    今では6歳の生徒にこの動画を見せることはできません!

  • Don't worry, they'll watch it on their phones during recess.

    心配しなくても、休み時間にスマホで見てくれます。

  • Going back to the wordpantsfor a moment, it can also be used in British English as

    ちょっと「パンツ」という言葉に戻りますが、イギリス英語では次のようにも使えます。

  • an adjective, meaning something iscrappyorit sucks”.

    形容詞

  • For exampleThat album is pants”.

    例えば「あのアルバムはパンツだ」とか。

  • In American English, you might sayThat album sucks”.

    アメリカ英語では「That album sucks」と言うかもしれません。

  • Accent

    アクセント

  • So I'll try to focus on General American English, and for the UK - Received Pronunciation.

    ということで、一般的なアメリカ英語と、イギリスでは-Received Pronunciationに焦点を当ててみたいと思います。

  • These are the accents you're likely to hear on CNN and the BBC, respectively.

    これらはそれぞれCNNとBBCで聞かれるであろうアクセントです。

  • R-sounds

    R音

  • American English is rhotic, meaning that “r” sounds are always clearly pronounced.

    アメリカ英語はrhoticで、「r」の音が常にはっきりと発音されることを意味します。

  • British English is non-rhotic, meaning that the “r” sound is not pronounced unless

    イギリス英語はノンロティックで、"r "の音が発音されない限り、"r "は発音されません。

  • it is followed by a vowel sound.

    の後に母音が続きます。

  • Listen to the difference.

    違いを聞いてください。

  • US: “My father's in the car”.

    米「親父が車に乗っている」。

  • UK: “My father's in the car”.

    イギリスの"父が車に乗っている"

  • Now let's focus on two words.

    では、2つの言葉に注目してみましょう。

  • US: father UK: father.

    アメリカ:父 イギリス:父

  • US: car UK: car.

    米国:車 英国:車

  • Notice that the final r sound is not pronounced in British English.

    最後のrの音がイギリス英語では発音されないことに注意してください。

  • Fatherends in a simple schwa vowel /ˈfɑː.ðə/.

    "Father" の語尾は単純なシュワ母音 /ˈfɑː.ðə/ で終わっています。

  • And incarthe a vowel sound is lengthened in place of the “r” sound.

    また、"car "では母音が "r "の代わりに長くなっています。

  • /kɑː/

    /kɑː/

  • Now, the thing about British non-rhotic dialects that I find pretty wild is something called

    さて、イギリスの非ロート方言についてですが、私がかなりワイルドだと思うのは

  • the intrusive r.

    押し付けがましいR.

  • That means that people sometimes add an r-sound to a word that doesn't actually have one,

    つまり、実際にはない単語にR音をつけることがあるということです。

  • if it's followed by a vowel in the next word.

    次の単語に母音が続く場合は

  • For example, in the sentence “I saw a film”.

    例えば、「映画を見た」という文章の中では

  • In British English it sometimes sounds like this: “I saw'r a film”.

    イギリス英語ではこんな風に聞こえることがあります。"I saw'r a film"

  • So you can hear that there's an “r” sound connectingsawand “a”.

    なので、「ソー」と「ア」をつなぐ「ル」という音があることがわかります。

  • I once had British on-the-job trainer, and she saidHello my name is Paula and I'll

    イギリス人のOJTトレーナーがいたことがあるのですが、彼女は「こんにちは、私の名前はポーラです。

  • be your trainer today”.

    今日からあなたのトレーナーになる」。

  • I remember thinkingPauler?

    と思ったのを覚えています。

  • What, you can't say your own name?”

    "自分の名前を言えないのか?"

  • But, it wasn't just her.

    しかし、それは彼女だけではありませんでした。

  • That was theintrusive r”.

    それが「押し付けr」でした。

  • T-sounds

    T音

  • In British English (and again, I must emphasize that I'm talking about the accent referred

    イギリス英語では(もう一度言いますが、私はアクセントについて話していることを強調しなければなりません。

  • to as Received Pronunciation), t sounds are pronounced as hard Ts, in other words voiceless

    を受信発音として)、t音は硬いTsとして発音されます。

  • /t/ sounds.

    /t/音を鳴らす。

  • In the US, they sometimes sound like /ɾ/ (an alveolar tap) instead of /t/ (an alveolar

    アメリカでは、/t/の代わりに/ɾ/(歯槽膿漏タップ)のように聞こえることがあります。

  • stop).

    (停止)。

  • This normally occurs in an unstressed syllable, between 2 vowel sounds, or between a vowel

    これは通常、ストレスのかかっていない音節、2つの母音の間、または母音の間に発生します。

  • and a rhotic sound (like an “r” sound).

    と発情的な音(「R」の音のようなもの)がします。

  • So in the US people say butter.

    アメリカではバターと言うんですね。

  • [ˈbʌɾɚ].

    ˈbʌɾɚ]。

  • And in the UK, they say butter.

    そして、イギリスではバターと言われています。

  • /ˈbʌ.tə/.

    /bʌ.ˈbʌ/.

  • In the US: Stop fighting! /stɑp ˈfʌɪɾɪŋ/.

    アメリカでは喧嘩をやめろ!/stɑp ˈfʌɪɾɪŋ/.

  • In the UK: Stop fighting! /stɒp ˈfʌɪtɪŋ/.

    イギリスでは戦うのをやめろ!/stɒp ˈfʌɪtɪŋ/。

  • You may have also noticed the “o” sound in the wordstopwas a little different,

    また、「止まる」という言葉の「お」の音が少し違っていたことに気がついたかもしれません。

  • which brings me to...

    それを考えると...

  • O sounds

    おんおん

  • In the wordstop”, the American “o” sound is an unrounded vowel /ɑ/ while the

    ストップ」という言葉では、アメリカの「o」の音は丸みのない母音/ɑ/であるのに対し

  • British “o” sound is rounded /ɒ/.

    イギリスの "o "の音は丸みを帯びた/ɒ/です。

  • Another example: US hot /hɑt/ UK: /hɒt/.

    もう一つの例。米国ホット/hɑt/英国。/hɒt/。

  • There is also the “o” diphthong in the wordknowUS /noʊ/ (US).

    また、「知っている」US /noʊ/ (US)という言葉の中にも「オ」のジフォンがあります。

  • In the UK: /nəʊ/ . In the UK the sound is a schwa followed by /ʊ/ as input”.

    イギリスでは/nəʊ/ 。英国では音は "置く "のように/ʊ/が続くシュワです。

  • US: show /ʃoʊ/ UK: show /ʃəʊ/

    アメリカ:ショー /ʃoʊ/ イギリス:ショー /ʃəʊ/

  • A sounds.

    音が鳴る。

  • In other words, sounds represented by the letter “a”)

    言い換えれば、"a "の文字で表される音)

  • /ɑː/ in UK normally becomes an /æ/ sound in American English.

    イギリスの/ɑː/は通常、アメリカ英語では/æ/の音になります。

  • For example, in the UK: half /hɑːf/.

    例えば、イギリスでは: half /hɑːf/.

  • And in the US: half /hæf/.

    そしてアメリカでは半分が/hæf/です。

  • Words that are /æ/ in UK remain pretty similar in US.

    イギリスで/æ/となっている単語は、アメリカでもかなり似たような感じで残っています。

  • For example, in the UK: cat /kæt/.

    例えば、イギリスでは:cat /kæt/。

  • And in the US: /kæt/.

    アメリカでは"/kæt/

  • An exception is a small set of words in which the “a” is followed byrr”, in which

    例外として、"a "の後に "rr "が続く単語があります。

  • case the vowel is pronounced as /e/.

    の場合、母音は/e/と発音されます。

  • In the UK: marry /ˈmæɹɪ/ . In the US: marry /ˈmɛɹi/.

    イギリスでは: 結婚する /ˈmæɹɪ/ .アメリカでは: /mɛɹi/と結婚する。

  • Because of the difference, in the USmarryandMerrysound the same.

    その違いから、アメリカでは「marry」と「Merry」は同じように聞こえます。

  • CarryandKerrysound the same.

    "Carry "と "Kerry "は同じように聞こえる。

  • Spelling: American and British spellings are largely the same, but there are a few notable

    スペリング。アメリカとイギリスのスペルは大体同じですが、いくつか注目すべき点があります。

  • differences.

    の違い。

  • This is in large part because Noah Webster (whom the Webster dictionary is named after)

    これは、ノア・ウェブスター(ウェブスター辞書の名前にちなんで命名された)によるところが大きいです。

  • made an effort to reform English spelling in the 1700s, in order to make the words spelled

    は1700年代に英語の綴りを改革するために努力しました。

  • the way they sounded.

    鳴っていました。

  • This resulted in some spelling changes in American English.

    その結果、アメリカ英語のスペルがいくつか変更されました。

  • Most (but not all) words that end in ~re in the UK end in ~er in the US.

    英国の ~re で終わる単語のほとんど(すべてではありませんが)は、米国では ~er で終わります。

  • For example: centre/center, theatre/theater, metre/meter, sombre/somber.

    例:センター/センター、シアター/劇場、メートル/メートル、ソンブレ/ソンバー。

  • Some words that end in ~nce in the UK are spelled with ~nse in the US.

    イギリスでは ~nce で終わる単語の中には、アメリカでは ~nse で綴られているものもあります。

  • licence/license.

    ライセンス/ライセンス。

  • Defence/defense, offence/offense.

    防御/防御、攻撃/防御。

  • Some words withouin the UK are spelled with “o” in the US.

    イギリスでは「ou」が付いている単語の中には、アメリカでは「o」で綴られているものもあります。

  • Colour/color, favour/favor, honour/honor, labour/labor, etc.

    色/色、好意/好意、名誉/栄誉、労働/労働など

  • The ending ~ise became ~ize in the US.

    語尾の~iseがアメリカでは~izeになった。

  • organise/organize.

    を整理します。

  • apologise/apologize.

    謝罪/謝罪します。

  • A similar change also occurs in other contexts where the “s” is voiced (in other words

    同様の変化は、「s」が声になっている他の文脈でも起こります。

  • it makes a /z/ sound).

    と言うと/z/のような音がします)。

  • Analyse/analyze.

    分析/分析する。

  • Cosy/cozy.

    居心地がいい/居心地がいい

  • There are verbs ending with “l” that take a doubled “l” in British English when

    英国英語では、"l "で終わる動詞があります。

  • a suffix is added.

    という接尾辞が付加されています。

  • In American English there is no double “l”.

    アメリカ英語ではダブルの「l」はありません。

  • travelled/traveled, cancelled/canceled, marvellous / marvelous.

    travelled/旅をした、キャンセルされた/キャンセルされた、marvellous/素晴らしい

  • If you're wondering how the last one fits in with the others, remember thatmarvel

    最後の方が気になる方は "マーベル "を思い出してみてください

  • is a verb, and then an adjectival suffix is added to it).

    が動詞で、そこに形容詞の接尾辞が付加されます)。

  • Grammar: There are only very minor differences in grammar between British English and American

    文法:イギリス英語とアメリカ英語の文法の違いは非常に小さいです。

  • English.

    英語で。

  • Auxiliary verbs.

    助動詞。

  • Brits useshallfor the future much more than Americans, as well as to ask for

    イギリス人はアメリカ人に比べて、将来のことを考えるときに「shall」を使います。

  • advice or an opinion.

    アドバイスや意見

  • Some difference in preposition use:

    前置詞の使い方に若干の違いがある

  • In the US, people sayon the weekend”, but in the UK they sayat the weekend”.

    アメリカでは「週末に」と言いますが、イギリスでは「週末に」と言います。

  • And in the US, people saydifferent fromordifferent than”, but in the UK they

    また、アメリカでは「違う」とか「違う」と言われますが、イギリスでは

  • saydifferent fromordifferent to”.

    違った」「違った」と言う

  • There are some different past tense forms.

    過去形がいくつかあります。

  • For example, in American English the past tense of the worldlearnislearned”,

    例えば、アメリカ英語では、世界の「学ぶ」の過去形は「学んだ」です。

  • while in British English it's more common to saylearnt”.

    イギリス英語では「学んだ」と言うのが一般的です。

  • Actually, both forms are used in either country, but there is more of tendency towards one

    実際には、どちらの国でもどちらの形も使われていますが、どちらか一方の形の方が多い傾向があります。

  • form.

    の形をしています。

  • This is true for other words like dreamed vs. dreamt, burned vs. burnt, leaned vs. leant.

    これは、dreamed vs. dreamt、burned vs. burnt、leaned vs. leantのような他の言葉にも当てはまります。

  • Another example.

    別の例です。

  • In the US, the past tense of dive is usuallydove”.

    アメリカでは、diveの過去形は通常「dove」です。

  • In the UK it's “dived”.

    イギリスでは "dived "です。

  • Maybe the American form developed by analogy withdriveanddrove”.

    ドライブ」と「ドライブ」を類推して発展したのがアメリカの形なのかもしれません。

  • Anyways, differences like these are not consistent, but you'll notice some different past tense

    とにかく、これらのような違いは一貫していませんが、過去形の違いに気づくことができます。

  • forms here and there.

    フォームがあちこちに

  • Past participles: Sometimes past participles have a different form.

    過去分詞。過去分詞が違う形になっていることもあります。

  • The most well-known example is for the verbget”.

    最もよく知られている例は、「得る」という動詞です。

  • In the US, there's get / got / gotten.

    アメリカではget / got / gottenがあります。

  • But in the UK, it's get / got / got/.

    でもイギリスではget / got / got/です。

  • ** Both forms have existed since the Middle English period, butgottenhas fallen

    ** どちらも中英時代から存在していた形ですが、「gotten」は落ちてしまいました。

  • out of use in the UK.

    英国では使われていない

  • Gotcan be used in American English in the formhave got”, but with the meaning

    "Got "はアメリカ英語では "have got "という形で使われますが、意味は

  • ofhave”, nothas received/become”.

    has received/become」ではなく、「have」の「have」。

  • US: I haven't gotten the eviction notice yet.

    米国:まだ立ち退きの通知が来ていません。

  • UK: I haven't got the eviction notice yet.

    イギリスです。まだ立ち退きの通知が来ていません。

  • SentencesAlright, let's check a couple of sentences and see what we find.

    文 - さてさて、いくつかの文章をチェックして、私たちが見つけるものを見てみましょう。

  • In the US: I think we need a lawyer.

    アメリカでは弁護士が必要だと思います。

  • In the UK: I reckon we need a solicitor.

    イギリスでは勧誘員が必要だな

  • You'll notice that a couple of words are different.

    いくつかの言葉が違っていることに気づくでしょう。

  • British people often use the wordreckonwhich meansthinkorsuppose”.

    イギリス人は「考える」「推測する」という意味の「reckon」という言葉をよく使います。

  • Americans know this word, but rarely use it.

    アメリカ人はこの言葉を知っていますが、滅多に使うことはありません。

  • And while Americans would typically refer to a professional legal consultant as a lawyer,

    そして、アメリカ人は通常、弁護士としてのプロの法律コンサルタントを参照してください。

  • in the UK they often saysolicitorwhich is a type of lawyer that does consultation.

    英国では、彼らはしばしば相談を行う弁護士の一種である "Solicitor "と言います。

  • The type of lawyer who represents you in court in the UK in usually a barrister, while in

    英国では通常、法廷であなたを表す弁護士の種類は、通常のバリスターで、中

  • the US they are usually referred to as attorneys.

    米国では、彼らは通常、弁護士と呼ばれています。

  • Another sentence.

    もう一文。

  • In the US: I'm going for a beer with my friends.

    アメリカでは友達とビールを飲みに行きます。

  • In the UK: I'm going for a pint with my mates.

    イギリスでは仲間と一緒に飲みに行きます。

  • Notice that British people oftenpintwhere Americans would saybeer”.

    アメリカ人が「ビール」と言うのに対し、イギリス人は「パイント」と言うことが多いことに注目してください。

  • Brits also say beer as a countable noun like this, but pint is used frequently.

    イギリス人はこのように数えられる名詞としてビールも言いますが、pintはよく使われます。

  • And notice that Brits often saymatewhere Americans would sayfriend”.

    そして、イギリス人はよく「メイト」と言いますが、アメリカ人は「友達」と言います。

  • The differences between British English and American English might seem surprising or

    イギリス英語とアメリカ英語の違いは、意外と知られていなかったり

  • amusing, but remember: in this video I'm zooming in on the differences and focusing on them.

    このビデオでは、違いを拡大して、その違いに焦点を当てています。

  • For the most part they are actually the same.

    ほとんどの場合、彼らは実際には同じです。

  • There are some minor differences in vocabulary, in pronunciation, in grammar, and in spelling,

    語彙、発音、文法、スペルに若干の違いがあります。

  • but any native speaker with a little bit of exposure to the other will quickly adapt to

    しかし、ネイティブスピーカーであれば、他の言語に少しでも触れることができれば、すぐに適応します。

  • these differences and be able to understand the other variety without any problem.

    これらの違いを理解し、問題なく他の品種を理解することができるようになります。

  • The differences are sometimes greater if we focus on regional dialects and sociolects

    地域の方言やソシオレクトに注目すると、違いが大きくなることがあります。

  • of British English and American English.

    イギリス英語とアメリカ英語の

  • While most Americans probably have no trouble understanding Received Pronunciation, they

    ほとんどのアメリカ人はReceived Pronunciationを理解するのに苦労しないだろうが、彼らは

  • mayhave some trouble understanding Cockney English, or the Georgie English of Northeastern

    コックニー英語や北東部のジョージー英語を理解するのに苦労している人もいるかもしれません。

  • England, or other varieties.

    イングランド、または他の品種。

  • But as far as standard, non-regional speech goes, I'd say that the differences are minimal.

    しかし、標準的な非地域的な言論に関しては、その差はごくわずかと言っていいでしょう。

  • However, learners of English who focus on one of the two varieties, will likely have

    しかし、2つの品種のどちらかに焦点を当てた英語学習者は、おそらく

  • a bit of trouble understanding the other until they gain significant more exposure to it.

    相手のことを理解するのに少し苦労するのは、相手がそれに触れる機会を大幅に増やすまで。

  • The QOD: What other differences between American and British English are you aware of?

    QOD:他にもアメリカ英語とイギリス英語の違いを意識していることはありますか?

  • In this video I was only able to give a limited number of examples, so add yours in the comments!

    この動画では、限られた数の例しか挙げられませんでしたので、コメントであなたの例を追加してください。

  • Be sure to follow Langfocus on Facebook, Twitter, and Instagram.

    ラングフォーカスのFacebook、Twitter、Instagramを必ずフォローしてください。

  • And once again, thank you to all of my wonderful Patreon supporters.

    そして改めて、素晴らしいPatreonの支援者の皆様に感謝します。

  • And these ones right here on the screen are my top tier Patreon supporters, so many extra

    そして、この画面に写っているのは、私のトップレベルのPatreonサポーターの方々です。

  • special thanks to them.

    彼らに特別な感謝の意を表します。

  • And to everyone out there, thank you for watching and have a nice day.

    そして、そこにいるみんなに、見てくれてありがとう、そして良い一日を過ごしてください。

Hello everyone.

みなさん、こんにちは。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 イギリス アメリカ 英語 違い 母音 発音

イギリス英語とアメリカ英語はどう違うのか?

  • 8145 694
    Samuel に公開 2018 年 09 月 17 日
動画の中の単語