Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Watching a Disney princess movie is a vastly different experience for kids than it is for adults.

    ディズニープリンセスの映画を見るのは、子供と大人とでは大きく異なる体験です。

  • When you're young and innocent, you don't have to worry nearly so much about logic and consistency.

    若くて無邪気なうちは、論理や整合性などほとんど気にする必要はないでしょう。

  • But for adults, these things kind of matter, which is why fans have been a little bit bugged by some of these things only adults notice in "Tangled".

    しかし、大人にとっては、こういうことが重要なのです。だから、『塔の上のラプンツェル 』では、大人しか気づかないことがあり、ファンは少し困っているかもしれません。

  • What about the baby?

    赤ちゃんはどうします?

  • You would think that the heir to an entire kingdom would be afforded some protection, especially because she's only an infant.

    王国の後継者なら保護されると思うでしょう、特に彼女はまだ乳児ですから。

  • So how was Mother Gothel able to saunter into the palace and kidnap Rapunzel?

    では、なぜマザーゴッテルは宮殿に入り、ラプンツェルを誘拐することができたのでしょうか?

  • Did she cast some sort of spell to put everyone to sleep?

    みんなを眠らせる呪文を唱えたのでしょうか?

  • Or is the palace really that lax on security?

    それとも、宮殿は本当にセキュリティが手ぬるいのでしょうか。

  • Hey, mom and dad, wake up; there's a witch singing to your baby four feet away!

    ねえ、お父さん、お母さん、起きて。4フィート離れたところで、魔女があなたの赤ちゃんに歌っているのよ!

  • All in the accent.

    アクセントのことです。

  • The difference between Rapunzel's accent and Mother Gothel's accent makes absolutely no sense.

    ラプンツェルのアクセントとマザーゴッテルのアクセントの違いは全く意味がありません。

  • Mother Gothel sounds like she's speaking with a Mid-Atlantic accent, the favored accent of old-school Hollywood stars, which The Atlantic described as a "phony-British Announcer Voice".

    マザーゴテルは、昔のハリウッドスターが好んで使ったミッドアトランティック訛りで話しているように聞こえるが、これを「アトランティック誌」は「インチキ英国アナウンサー声」と表現しています。

  • The inflection works for Mother Gothel's character, but it does raise the question of how Rapunzel, who's lived in a tower for her entire life and has never spoken to another person, has a completely different accent.

    この抑揚は、マザー・ゴセルのキャラクターには有効ですが、次の問題があります。それは塔に住んでいて、人と話したことがないラプンツェルのアクセントがまったく違うことです。

  • Since Mother Gothel taught her how to talk, Rapunzel should have the same accent, right?

    マザー・ゴセルに話し方を教わったのだから、ラプンツェルも同じアクセントであるべきでしょう?

  • Speak up, Rapunzel. You know how I hate the mumbling.

    はっきり言ってよ、ラプンツェル。ブツブツが嫌いなのは知ってるでしょ?

  • I am the lost princess, aren't I?

    私は迷子のお姫様なんでしょう?

  • Did I mumble, Mother?

    ブツブツじゃなかったですよね、オカアサン?

  • Where are her shoes?

    ラプンツェルの靴はどこ?

  • One of the most bizarre things about the movie is that Rapunzel doesn't have shoes.

    この映画で最も奇妙なことのひとつは、ラプンツェルが靴を持っていないことです。

  • It might make sense that she'd be barefoot in her tower, although you'd still think she'd have socks or something to keep her feet warm.

    塔の中で裸足になるのも納得がいきますが、やはり靴下など足を温めるものを履いていると思いますね。

  • But how does she not acquire shoes at any point in the film?

    しかし、この映画の中で、彼女がどこにでも靴を履いてないことは、どうしてなのでしょうか?

  • Even at the end of the movie, when she meets her parents in the palace, she is shown to be barefoot.

    映画の最後、宮殿で両親と対面するときも、裸足でいる姿が映し出されます。

  • Couldn't Flynn, the professional thief, have stolen her a pair?

    泥棒のプロであるフリンは、彼女の靴を盗めなかったのでしょうか?

  • Say all you want about Flynn reforming his ways, his failure to acquire a pair of shoes for the woman he loves proves that chivalry is dead.

    フリンが改心したと言っても、愛する女性のために一足の靴を手に入れられなかったことは、騎士道精神が死んだことを証明しているじゃないでしょうか。

  • Unhappy birthday.

    楽しくない誕生日です。

  • Considering it's a massive clue to her true identity, why did Mother Gothel tell Rapunzel her real birthday?

    ラプンツェルの正体を知る大きな手がかりになるのに、なぜマザーゴテルはラプンツェルに本当の誕生日を教えたのでしょうか。

  • Is Mother Gothel just overly confident, not believing that there's the slightest chance Rapunzel will ever meet another human being and learn that she and the missing princess are the exact same age, with the same birthday?

    ラプンツェルが他の人間と出会って、自分と行方不明の姫がまったく同じ年齢で、同じ誕生日であることを知る可能性が少しもないとは、マザーゴテルは自信過剰なだけなのでしょうか。

  • This seems like a huge slip-up on Mother Gothel's part.

    これは、マザー・ゴテルの大失態のように思えるでしょう。

  • The adaptation.

    翻案することです。

  • Disney is notorious for taking liberties with their source material, but "Tangled" isn't even close to the Brothers Grimm fairy tale.

    ディズニーは原作を自由に扱うことで有名ですが、『塔の上のラプンツェル 』はグリム童話に近いものではありません。

  • In the original story, Rapunzel isn't a princess.

    原作では、ラプンツェルはお姫様ではありません。

  • She's born to a woman whose husband steals food from a neighboring garden to appease his wife's pregnancy cravings.

    夫が妻の妊娠中の欲求を満たすために、近所の庭から食べ物を盗み食いしている女性から生まれた子です。

  • When he is caught by the enchantress who owns the garden, she lets him go but demands that she be given the child to raise as her own.

    彼は庭の持ち主である魔法使いに捕まり、彼を逃がすが、自分の子供として育てるよう要求されます。

  • It's not quite so clear who the bad guy really is in the original, now, is it?

    原作では誰が本当の悪者なのか、今ひとつはっきりしませんよね?

  • Everything I did was to protect you.

    全てはあなたを守るためだんた。

  • Where's Mother Gothel?

    マザー・ゴテルはどこにありますか。

  • Does Rapunzel live by herself?

    ラプンツェルは一人暮らしているのですか?

  • If so, how long has that been going on?

    もしそうだったら、それはいつからですか?

  • She wouldn't have been able to live by herself as a defenseless baby, but she's clearly on her own by the time the movie takes place.

    無防備な赤ん坊の頃は一人では生きていけなかっただろうが、映画の舞台となる頃には明らかに一人前になっています。

  • In the original fairy tale, Rapunzel isn't locked into the tower until she's 12, which makes sense since even magical hair would take time to grow long enough to pull someone into the tower.

    原作では、ラプンツェルは12歳になるまで塔に閉じ込められないんです。魔法の髪でも塔に引っ張られるほど長く伸びるには時間がかかるので、これは理にかなっています。

  • Even if Mother Gothel did actually live with Rapunzel throughout her childhood, Rapunzel has been alone for a while.

    仮にマザー・ゴテルがラプンツェルの幼少期を一緒に暮らしていたとしても、ラプンツェルはずっと一人だったのです。

  • It's clear from Rapunzel's opening song that she spends most of her time in solitary confinement, which is pretty depressing.

    ラプンツェルのオープニング曲を聴くと、彼女がほとんどの時間を独房で過ごしていることがわかり、かなり憂鬱な気分になります。

  • The missing tower.

    消えた塔です。

  • People have been searching for the missing princess for the better part of two decades, but never find her.

    20年もの間、人々は行方不明のお姫様を探し続けているが、どうしても見つかりません。

  • It seems pretty odd, then, that Flynn stumbles upon her tower so easily.

    それなら、フリンが彼女の塔を簡単に見つけてしまうのは、とてもおかしく思わないですか。

  • Given that he found it while fleeing from the castle, it can't be that far away from the city; so how has no one else in the kingdom ever found this tower before and reported it?

    城から逃げてきたときに見つけたのだから、それほど遠くにはないはずです。では、なぜ今まで王国の誰もこの塔を見つけて報告しなかったのでしょう?

  • Stockholm Syndrome.

    ストックホルム症候群です。

  • It's one thing for Rapunzel to obey Mother Gothel when she thinks the woman is actually her mother, but even after the truth about her history is revealed, she still seems to be under Mother Gothel's spell.

    ラプンツェルがゴセルに従うのは、ゴセルが自分の母親だと思い込んでいるからですけど、身の上の真実が明らかになった後も、ゴセルの魔法にかかっているように見えます。

  • This seems to indicate that she's suffering from Stockholm Syndrome, which, according to the dictionary definition, is...

    これは、彼女がストックホルム症候群に苦しんでいることを示しているようです。辞書の定義によると、それは...

  • "... a psychological response wherein a captive begins to identify closely with his or her captors, as well as with their agenda and demands."

    「捕虜が捕獲者と密接に同調し、彼らの意図や要求に同調し始める心理的反応。」

  • In the film, Rapunzel happily reunites with her parents and presumably lives happily ever after, but in real life, Rapunzel's time in captivity would have had long-term psychological effects.

    映画の中では、ラプンツェルは両親と再会し、幸せに暮らしていると思われるが、現実の世界では、ラプンツェルの監禁生活は長期に渡って精神的な影響を及ぼしたでしょう。

  • Here's hoping Maximus doubles as a great psychiatrist!

    マキシマスが優秀な精神科医になることを期待しています。

  • Thanks for watching!

    ご視聴ありがとうございました。

  • Click the List icon to subscribe to our YouTube channel.

    リストアイコンをクリックすると、YouTubeチャンネルに登録されます。

  • Plus, check out all this cool stuff we know you'll love, too!

    さらに、私たちが大好きなクールなアイテムもチェックしてみてくださいね。

Watching a Disney princess movie is a vastly different experience for kids than it is for adults.

ディズニープリンセスの映画を見るのは、子供と大人とでは大きく異なる体験です。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 アクセント 映画 宮殿 大人 暮らし ストックホルム

【ディズニー映画豆知識】『塔の上のラプンツェル 』で大人だけが気づけることとは?!

  • 1369 54
    陳玟寧 に公開 2022 年 02 月 19 日
動画の中の単語