Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • What I'd like to do today is talk about one

    翻訳: Yuko Yoshida 校正: Mari Arimitsu

  • of my favorite subjects,

    今日 お話しするのは

  • and that is the neuroscience of sleep.

    私の好きなトピックの一つ

  • Now, there is a sound --

    眠りの神経科学についてです

  • (Alarm clock) --

    さて ある音があります

  • aah, it worked --

    (ジリジリジリ・・・)

  • a sound that is desperately, desperately familiar to most of us,

    うまく行きました―

  • and of course it's the sound of the alarm clock.

    皆さんがよくご存知の音

  • And what that truly ghastly, awful sound does

    そう 目覚まし時計の音です

  • is stop the single most important behavioral experience

    この本当に忌まわしく ひどい音は

  • that we have, and that's sleep.

    私たちの行動の中で 唯一 最も重要なことである―

  • If you're an average sort of person,

    「眠り」を遮ります

  • 36 percent of your life will be spent asleep,

    平均して 人は

  • which means that if you live to 90,

    人生の36%を寝て過ごします

  • then 32 years will have been spent entirely asleep.

    つまり 90歳まで生きるとして

  • Now what that 32 years is telling us

    まるまる32年間を 眠りに費やすわけです

  • is that sleep at some level is important.

    この32年という時間からも

  • And yet, for most of us, we don't give sleep a second thought.

    眠りが ある程度 重要だと分かります

  • We throw it away.

    しかし ほとんどの人は 眠りについて あまり考えず

  • We really just don't think about sleep.

    ただ寝て終わりです

  • And so what I'd like to do today

    眠りについて 本当に考えることがありません

  • is change your views,

    ですから 今日は

  • change your ideas and your thoughts about sleep.

    皆さんの眠りに対する

  • And the journey that I want to take you on,

    見方や考え方を 変えていただきたいのです

  • we need to start by going back in time.

    このお話を始めるにあたり

  • "Enjoy the honey-heavy dew of slumber."

    時代をさかのぼってみましょう

  • Any ideas who said that?

    「蜜のように甘い眠りを存分に楽しめ」

  • Shakespeare's Julius Caesar.

    誰の言葉か分かりますか?

  • Yes, let me give you a few more quotes.

    シェークスピアの ジュリアス・シーザーです

  • "O sleep, O gentle sleep, nature's soft nurse,

    もう少し引用を続けます

  • how have I frighted thee?"

    「おお眠りよ やすらかな眠りよ 自然の乳母であるお前を

  • Shakespeare again, from -- I won't say it --

    なぜ驚かせたりしようか」

  • the Scottish play. [Correction: Henry IV, Part 2]

    再び シェークスピアです これは―

  • (Laughter)

    スコットランドが舞台です 〔訂正: 『ヘンリー四世』第2部〕

  • From the same time:

    (笑)

  • "Sleep is the golden chain

    同じ時代に言われたのが

  • that ties health and our bodies together."

    「眠りは 黄金の鎖であり

  • Extremely prophetic, by Thomas Dekker,

    健康と 我々の身体を結びつけるもの」

  • another Elizabethan dramatist.

    非常に予言的ですね トーマス・デッカー

  • But if we jump forward 400 years,

    同じエリザベス朝時代の 劇作家の言葉です

  • the tone about sleep changes somewhat.

    そこから400年早送りすると

  • This is from Thomas Edison, from the beginning of the 20th century.

    眠りに関するトーンは 何やら変わってきます

  • "Sleep is a criminal waste of time

    20世紀初頭の トーマス・エジソンはこう言います

  • and a heritage from our cave days." Bang.

    「眠りは 時間浪費の罪であり

  • (Laughter)

    原始時代からの負の遺産である」 バーン

  • And if we also jump into the 1980s, some of you

    (笑)

  • may remember that Margaret Thatcher

    記憶にある方もいるでしょうが さらに1980年代になると

  • was reported to have said, "Sleep is for wimps."

    マーガレット・サッチャーは

  • And of course the infamous -- what was his name? --

    こう言ったとされます 「眠りは弱虫のもの」

  • the infamous Gordon Gekko from "Wall Street" said,

    そして かの悪名高き ―名前は何だったか―

  • "Money never sleeps."

    『ウォール街』の ゴードン・ゲッコーは

  • What do we do in the 20th century about sleep?

    「金は眠らない」と言います

  • Well, of course, we use Thomas Edison's light bulb

    20世紀 私たちは 眠りにどう対応したでしょう?

  • to invade the night, and we occupied the dark,

    もちろん エジソンの電球を使い

  • and in the process of this occupation,

    夜を侵略し 闇を占領して

  • we've treated sleep as an illness, almost.

    その占領下で

  • We've treated it as an enemy.

    私たちは眠りを ほぼ病気のごとく扱いました

  • At most now, I suppose, we tolerate the need for sleep,

    眠りを敵としたのです

  • and at worst perhaps many of us think of sleep

    今でも せいぜい 睡眠欲を満たすのがいいところで

  • as an illness that needs some sort of a cure.

    最悪の場合 たぶん 多くの人は眠りを

  • And our ignorance about sleep is really quite profound.

    ある種の治療が必要な病気と 捉えています

  • Why is it? Why do we abandon sleep in our thoughts?

    眠りに関する無知は 本当に根深いのです

  • Well, it's because you don't do anything much

    なぜでしょう? なぜ眠りを頭から追い払ったのでしょう?

  • while you're asleep, it seems.

    それは 寝ている間には

  • You don't eat. You don't drink.

    何もしていないように見えるからです

  • And you don't have sex.

    食べなければ 飲みもしません

  • Well, most of us anyway.

    セックスもしません

  • And so therefore it's --

    まあ 大抵は しませんよね

  • Sorry. It's a complete waste of time, right? Wrong.

    ですから それは―

  • Actually, sleep is an incredibly important part of our biology,

    眠りは時間の無駄なのでしょうか? 違います

  • and neuroscientists are beginning to explain why

    眠ることは 私たちの生態上も 本当に重要なことです

  • it's so very important.

    神経科学では なぜそれが重要なのか

  • So let's move to the brain.

    解明し始めています

  • Now, here we have a brain.

    次に 脳について話しましょう

  • This is donated by a social scientist,

    ここに脳がありますね

  • and they said they didn't know what it was,

    これは ある社会科学者から 譲り受けたものです

  • or indeed how to use it, so --

    彼らが言っていたのですが これが何なのか

  • (Laughter)

    どうやって使うのか 分からないそうです

  • Sorry.

    (笑)

  • So I borrowed it. I don't think they noticed. Okay.

    失礼

  • (Laughter)

    なので 私がお借りしました まあ 彼らは気付いてないでしょうけど

  • The point I'm trying to make is that when you're asleep,

    (笑)

  • this thing doesn't shut down.

    私が言いたいのは 人が眠っているときも

  • In fact, some areas of the brain are actually more active

    この脳は 眠らないということです

  • during the sleep state than during the wake state.

    むしろ 場所によっては 脳の活動は

  • The other thing that's really important about sleep

    睡眠状態にあるときの方が より活発になります

  • is that it doesn't arise from a single structure within the brain,

    もう一つ 眠りについて重要なことは

  • but is to some extent a network property,

    眠りは 脳内の 一つの組織から起こるのではなく

  • and if we flip the brain on its back --

    ある程度は ネットワークによるものなのです

  • I love this little bit of spinal cord here --

    脳をひっくり返してみると―

  • this bit here is the hypothalamus,

    ここに出ている脊髄は好きですね―

  • and right under there is a whole raft of interesting structures,

    ここが視床下部で

  • not least the biological clock.

    ちょうど その下に たくさんの おもしろい組織があります

  • The biological clock tells us when it's good to be up,

    特に体内時計です

  • when it's good to be asleep,

    体内時計によって 私たちは いつ起きたらいいか

  • and what that structure does is interact

    いつ寝たらいいか分かります

  • with a whole raft of other areas within the hypothalamus,

    この組織の役割は

  • the lateral hypothalamus, the ventrolateral preoptic nuclei.

    視床下部 外側視床下部や 腹外側視索前野の

  • All of those combine, and they send projections

    全ての部分と連携を取ることです

  • down to the brain stem here.

    これらが一緒になって

  • The brain stem then projects forward

    ここの脳幹まで投射を送るのです

  • and bathes the cortex, this wonderfully wrinkly bit over here,

    脳幹は 前方位に指令を送り

  • with neurotransmitters that keep us awake

    大脳皮質― 素晴らしくシワシワの ここを

  • and essentially provide us with our consciousness.

    神経伝達物質で満たし 私たちを起きた状態にします

  • So sleep arises from a whole raft

    つまりは 意識を与えてくれます

  • of different interactions within the brain,

    眠りが起こるのは

  • and essentially, sleep is turned on and off

    脳内で様々な 相互作用がされた結果で

  • as a result of a range of interactions in here.

    つまり 眠りが オン・オフされるのは

  • Okay. So where have we got to?

    ここでの相互作用の結果なのです

  • We've said that sleep is complicated

    さて ちょっと振り返ってみましょう

  • and it takes 32 years of our life.

    さきほど 眠りは複雑で

  • But what I haven't explained is what sleep is about.

    人生の32年間を使うとお話ししました

  • So why do we sleep?

    でも まだ何のために眠るのか お話しませんでした

  • And it won't surprise any of you that, of course,

    私たちは なぜ眠るのでしょう?

  • the scientists, we don't have a consensus.

    もちろん 驚くことではありませんが

  • There are dozens of different ideas about why we sleep,

    科学者の間で 意見は一致していません

  • and I'm going to outline three of those.

    眠る理由について 何十もの学説があります

  • The first is sort of the restoration idea,

    そのうち 3つについてご紹介します

  • and it's somewhat intuitive.

    まずは 眠りは 疲労回復と見る考え方

  • Essentially, all the stuff we've burned up during the day,

    本能的なものです

  • we restore, we replace, we rebuild during the night.

    要するに 日中の活動で使い尽くしたものを

  • And indeed, as an explanation,

    私たちは 夜に回復し 置き換え 再建します

  • it goes back to Aristotle,

    実際 こうした考え方は

  • so that's, what, 2,300 years ago.

    アリストテレスにまで遡ります

  • It's gone in and out of fashion.

    2,300年ほど前です

  • It's fashionable at the moment because what's been shown

    流行り廃りはありました

  • is that within the brain, a whole raft of genes

    今は 有力になっています というのも

  • have been shown to be turned on only during sleep,

    脳の中にある 多くの遺伝子は

  • and those genes are associated with restoration

    睡眠中だけ オンの状態になり

  • and metabolic pathways.

    それらは回復と代謝経路に 結びついているとされるからです

  • So there's good evidence for the whole restoration hypothesis.

    それらは回復と代謝経路に 結びついているとされるからです

  • What about energy conservation?

    ですから この回復説には 十分な証拠があります

  • Again, perhaps intuitive.

    では エネルギー温存説はどうでしょう?

  • You essentially sleep to save calories.

    これもまた 直感的なもので

  • Now, when you do the sums, though,

    つまりは 消費カロリーを減らすために 眠るというのです

  • it doesn't really pan out.

    でも 計算をしてみると

  • If you compare an individual who has

    そうは うまく行きません

  • slept at night, or stayed awake and hasn't moved very much,

    例えば 夜に眠った場合と

  • the energy saving of sleeping is about 110 calories a night.

    夜起きて あまり活動しなかった場合とを 比較してみましょう

  • Now, that's the equivalent of a hot dog bun.

    眠ることで節約できたエネルギー消費は 一晩で110カロリーです

  • Now, I would say that a hot dog bun

    ホットドッグのパンと同じカロリーです

  • is kind of a meager return for such a complicated

    つまり 例えるなら そのホットドックのパンが

  • and demanding behavior as sleep.

    睡眠という 複雑で要求の多い活動の

  • So I'm less convinced by the energy conservation idea.

    わずかばかりの見返りというわけです

  • But the third idea I'm quite attracted to,

    ですから エネルギー温存説は あまり説得力がないと思います

  • which is brain processing and memory consolidation.

    でも 3番目の説には かなり惹きつけられています

  • What we know is that, if after you've tried to learn a task,

    睡眠は 脳の情報処理と 記憶定着のためというものです

  • and you sleep-deprive individuals,

    つまり 何かを覚えようとした後

  • the ability to learn that task is smashed.

    眠らないでいれば

  • It's really hugely attenuated.

    学習能力は 壊滅的になるというのです

  • So sleep and memory consolidation is also very important.

    学習能力が かなり弱められてしまいます

  • However, it's not just the laying down of memory

    ですから 睡眠と記憶定着も とても重要なのです

  • and recalling it.

    でも ただ単に 記憶を並べて

  • What's turned out to be really exciting

    思い出すだけではありません

  • is that our ability to come up with novel solutions

    大変面白いことに

  • to complex problems is hugely enhanced by a night of sleep.

    複雑な問題への新しい解決策を 見つける能力は

  • In fact, it's been estimated to give us a threefold advantage.

    一晩寝ることで 大きく高まるのです

  • Sleeping at night enhances our creativity.

    事実 3倍も違うと言われています

  • And what seems to be going on is that, in the brain,

    夜に眠ることで 創造性が高まるのです

  • those neural connections that are important,

    そして どうも脳の中では

  • those synaptic connections that are important,

    神経結合のうち重要なもの

  • are linked and strengthened,

    つまり 重要なシナプス結合は

  • while those that are less important

    増強されますが

  • tend to fade away and be less important.

    一方で 重要度が低いものは

  • Okay. So we've had three explanations for why we might sleep,

    徐々に結合が弱まり さらに重要性を失っていきます

  • and I think the important thing to realize is that

    さて なぜ眠るのか 3つの説明を紹介しました

  • the details will vary, and it's probable we sleep for multiple different reasons.

    ぜひ認識していただきたいのは

  • But sleep is not an indulgence.

    細かいことはさておき おそらく眠る理由は複数あるのです

  • It's not some sort of thing that we can take on board rather casually.

    でも 眠るのは怠慢ではありません

  • I think that sleep was once likened to an upgrade

    簡単に理解できるような 類のものでもありません

  • from economy to business class, you know, the equiavlent of.

    眠りは かつて エコノミークラスから

  • It's not even an upgrade from economy to first class.

    ビジネスクラスへのアップグレードに 例えられていました