Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • You've probably seen this video.

    この動画を見たことがある人も多いでしょう。

  • That's a plastic straw being pulled out of

    それはプラスチック製のストローを引っ張り出して

  • a sea turtle's nose.

    ウミガメの鼻

  • The video went viral in 2015 sparking a public outcry

    この動画は2015年に公開され、世間の反発を巻き起こしました。

  • to "say no to plastic straws."

    "プラスチック製のストローはダメだ "と言って

  • And over the years the campaign has gained traction.

    そして何年にもわたってキャンペーンの牽引力を得てきました。

  • Starbucks says by 2020 it will eliminate plastic straws,

    スターバックスは2020年までにプラスチック製のストローを廃止するという。

  • pivoting to biodegradable straws and a newly designed lid.

    生分解性ストローと新デザインの蓋への転換。

  • McDonald's UK, American Airlines, and Marriott Hotels

    英国マクドナルド、アメリカン航空、マリオットホテル

  • have all announced similar changes.

    はいずれも同様の変更を発表しています。

  • So why do plastic straws suck?

    では、なぜプラスチック製のストローは吸えるのか?

  • Starbucks says, "One of the major issues

    スターバックスは「大きな課題のひとつ

  • with plastic straws is that they are too small

    プラスチック製のストローは、小さすぎるということです。

  • and lightweight to be captured in modern recycling equipment."

    と軽量化し、現代のリサイクル機器に取り込まれています。"

  • We reached out to various recycling plants across North America to see if that was true.

    それが本当なのか、北米の様々なリサイクル工場に働きかけました。

  • While some facilities told us they do recycle straws,

    ストローをリサイクルしているという施設もある一方で

  • two of the largest recycling facilities in the US

    米国最大級のリサイクル施設

  • said its machines don't always catch straws.

    その機械はいつもストローを捕まえるとは限らないと言っていました。

  • So they end up in the trash and eventually in landfills.

    だから、結局はゴミになって、最終的には埋め立て地になってしまうのです。

  • So frustrating.

    悔しいわ

  • I know.

    知っています。

  • Another place straws tend to end up?

    ストローが終わりがちな別の場所?

  • Beaches.

    海水浴場。

  • Dr. George Leonard is the Chief Scientist for Ocean Conservancy.

    ジョージ・レナード博士は、オーシャン・コンサーバンシーのチーフ・サイエンティストです。

  • Dr. Leonard: The data from our 2017 international

    レナード博士:2017年の国際的な

  • coastal cleanup and there were 643,000 plastic straws

    沿岸清掃では、プラスチック製のストローが643,000本もあったそうです。

  • that were picked up around beaches and waterways all over the world.

    世界中のビーチや水路で拾われた

  • To limit the use of straws

    ストローの使用を制限するために

  • Starbucks introduced a new lid that resembles a sippy cup.

    スターバックスが、シッピーカップを模した新しい蓋を発表しました。

  • These new lids are made from polypropylene

    これらの新しい蓋はポリプロピレンで作られています。

  • which according to Starbucks can be widely recycled.

    スターバックスによると広くリサイクルすることができます。

  • But there's one major problem.

    しかし、一つ大きな問題があります。

  • Rachel Sarnoff: You know the objective really was to phase out straws

    レイチェル・サルノフ: ストローを段階的に廃止することが目的だったのはご存知の通りです。

  • because they're not recyclable.

    リサイクルできないから

  • The shift to this lid really increases the amount

    この蓋にシフトすると本当に量が増えます。

  • of plastic that Starbucks is using per cup.

    スターバックスが1杯あたりに使用しているプラスチックの

  • I think it could be a part of a solution

    解決の一端になるのではないかと思います。

  • but I don't think it's the whole picture.

    が、全体像ではないと思います。

  • Some critics have pointed out that straws only make up a fraction of our plastic waste.

    一部の評論家は、ストローは私たちのプラスチック廃棄物のほんの一部を占めるに過ぎないと指摘しています。

  • So why is everyone so worked up about them?

    なのに、なんでみんなそんなに興奮しているの?

  • Dr. Leonard: I think straws are a bit of a poster child

    レナード博士:ストローは、ちょっとしたポスターのようなものだと思います。

  • here for the bigger question of society's kind of

    ここでは、社会のある種の大きな問題のために

  • over-reliance on single-use plastics and the fact

    シングルユースのプラスチックに頼りすぎていることと

  • that a lot of the stuff is ending up in our marine environment.

    多くの物質が海の環境で 終わっていることを

  • All plastics ultimately sort of break down

    すべてのプラスチックは最終的に分解される

  • and fracture into smaller and smaller bits of plastic

    と、どんどん小さく砕けていくプラスチックの欠片に

  • as a result of being tossed around by the waves

    波に翻弄されて

  • and then by the fact that sunlight basically

    そして、太陽光は基本的に

  • makes the plastic brittle.

    プラスチックを脆くします。

  • And so they create what we call microplastics.

    そして、マイクロプラスチックと呼ばれるものを作るのです。

  • We're finding these flecks of plastic in everything from the forage fish

    私たちは、採餌魚からすべてのものにプラスチックのこれらの斑点を見つけています。

  • that are at the base of the food web

    食物網の底辺にある

  • up through the kinds of fish that we end up putting on our dinner plate.

    晩御飯のお皿に載せる魚の種類を見ていく。

  • If we get the kind of global plastic users

    世界のプラスチックユーザーのようなものを手に入れれば

  • and the major brands like Starbucks

    と、スターバックスなどの大手ブランドの

  • and some of these other companies like Coca-Cola

    とコカコーラのような他の企業のいくつかは

  • that everybody knows about to really take ownership of

    誰もが知っていることだが、実際に自分のものにするには

  • their contribution to this problem

    この問題への貢献

  • and alter their business practices

    と商習慣を変える。

  • you know they can be real leaders here

    彼らはここで真のリーダーになることができることを知っている

  • and they can bring the rest of the plastic supply chain along with them.

    そして、彼らはプラスチックサプライチェーンの残りの部分を一緒に持ってくることができます。

  • So how do we start?

    では、何から始めればいいのでしょうか?

  • Sarnoff: We need to be more thoughtful about how we use plastic.

    サルノフ:私たちは、プラスチックの使用方法について、もっと思慮深く考える必要があります。

  • Dr. Leonard: We do know that there's about eight million metric tons of plastic overall

    レナード:全体で約800万トンのプラスチックがあることがわかっています。

  • that ends up in the world's oceans every year

    尽きる

  • and that's kind of thought to be one garbage truck worth per mile of beach per day.

    1日に1マイルのビーチに1台のゴミ収集車の価値があると考えられています。

  • About half of that plastic comes from

    そのプラスチックの約半分は

  • countries in Southeast Asia that don't have formal

    むしゅうとうアジアの国々

  • waste management systems.

    廃棄物管理システム。

  • Dr. Leonard: Much of their local waste

    レナード博士:彼らの地元の廃棄物の多くは

  • is disposed in sort of informal ways

    揉め事になる

  • whether it's behind the house or at a community dump

    家の裏でも、地域のゴミ捨て場でも

  • which is essentially sort of an open pit

    露天掘りのようなもの

  • or in some cases directly dumped into the ocean itself.

    場合によっては直接海に捨てられることもあります。

  • In countries like the US

    アメリカのような国では

  • plastic can also be swept down drains,

    プラスチックは、排水溝に流し込むこともできます。

  • into rivers leading to the sea.

    海に通じる川に

  • It can be flushed down the toilet

    トイレに流すことができます

  • or left behind by beachgoers.

    または海水浴客が残していったもの。

  • So what should we be doing differently?

    では、他に何をすればいいのか?

  • For starters pay closer attention to your personal habits.

    手始めに、あなたの個人的な習慣に細心の注意を払ってください。

  • Sarnoff: Get into the habit of bringing our own cup,

    サルノフ:自分のカップを持ってくる習慣をつけよう。

  • fork, bag, straw.

    フォーク、バッグ、ストロー

  • That's what I have in my bag at all times.

    それが私のバッグの中に常に入っているものです。

  • Stop flushing things other than human waste and toilet paper down the toilet.

    生ゴミやトイレットペーパー以外のものをトイレに流すのはやめろ。

  • And remember, anything that goes down the toilet, drain,

    そして、覚えておいてください、トイレに行くものは何でも排水してください。

  • or into sewers goes to the ocean.

    下水道に入っても海に行ってしまう。

  • All drains lead to the ocean, kid.

    排水溝はすべて海につながっている。

You've probably seen this video.

この動画を見たことがある人も多いでしょう。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 プラスチック ストロー レナード スターバックス リサイクル 博士

プラスチック製のストローが吸える理由

  • 18378 867
    HsiangLanLee に公開 2020 年 08 月 06 日
動画の中の単語