Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In 1898, Morgan Robertson published a book called Futility

    1898年、モーガン・ロバートソンは『Futility』という本を出版しました。

  • It was a novel about an ocean liner called The Titan

    タイタン号という外洋定期船を題材にした小説で

  • That sinks in the North Atlantic on its maiden voyage

    処女航海で北大西洋に沈む

  • After, a collision with an iceberg.

    その後、氷山との衝突。

  • Of the many people, who read that book that would not realise that the significance of it.

    多くの人の中で、その本を読んでも、その意義に気づかない人はいないだろう。

  • Until 14 years later, when a ship called Titanic

    14年後にタイタニックという船が出てくるまでは

  • Took over 1500 souls with her when she sank in the Atlantic.

    彼女が大西洋に沈んだ時 1500人以上の魂を奪った

  • And became one of the most devastating and talked about naval disasters in history.

    そして、歴史上最も壊滅的な海難の一つとなり、語り継がれるようになりました。

  • Still very much studied and remembered to this day.

    今でもとても勉強になり、今日まで覚えています。

  • Here, we look at the event leading up to the disaster.

    ここでは、震災に至るまでの出来事を見ていきます。

  • The people involved and their incredible stories.

    関係者と彼らの信じられないような話。

  • Alongside, some of the theories that have since been published

    それと並行して、その後に発表されたいくつかの説は

  • Pointing to the failings in its design

    設計上の問題点を指摘して

  • And the greed of those involved.

    そして、関係者の強欲さ。

  • Leading many to believe the sinking of the RMS Titanic was a preventable disaster.

    多くの人は、RMSタイタニックの沈没は予防可能な災害だったと信じています。

  • And should have never happened.

    起こるべきではなかった

  • The White Star Line was originally a company making traditional sailing ships during The Great Australian Gold Rush.

    ホワイトスターラインは、元々はオーストラリアのゴールドラッシュ時代に伝統的な帆船を製造していた会社です。

  • As the Gold Rush faded, the company faced bankruptcy.

    ゴールドラッシュが衰退し、会社は倒産の危機に直面した。

  • And was taken over by Thomas Henry Ismay in 1868.

    そして、1868年にトーマス・ヘンリー・イズメイに引き継がれました。

  • It was after this take over that the company started to commission ships

    この引き継ぎの後、同社が船を依頼するようになった。

  • From Belfast, shipbuilders Harland and Wolff.

    ベルファストの造船会社、ハーランドとウルフ。

  • Two years later, in 1870

    2年後の1870年には

  • They launched their first breakthrough ship

    彼らは最初の画期的な船を進水させた

  • Oceanic I

    オーシャニックI

  • This was the first of a series of state-of-the-art super liners that the company built.

    同社が作った最新鋭のスーパーライナーの第一弾。

  • That dominated the Australian business and eventually transatlantic routes.

    それがオーストラリアのビジネスを支配し、最終的には大西洋横断ルートを支配することになった。

  • In 1899, Thomas Ismay died and left the way clear for his son Joseph.

    1899年、トーマス・イズメイは死去し、息子ジョセフに道を切り開いた。

  • It was him who introduced the comfort rather than speed policy the White Star Line would adopted.

    白星線が採用するであろうスピードよりも快適性を重視した政策を導入したのは彼でした。

  • A few years later in 1902,

    数年後の1902年。

  • The company was taken over by the International Mercantile Marine.

    国際マーカンタイルマリンに引き継がれた。

  • Headed by John Pierpont Morgan.

    ジョン・ピアポン・モーガンが代表を務める。

  • And soon after, Joseph Ismay was appointed the overall President of the company.

    そして、その後すぐにジョセフ・イズメイが総合社長に就任しました。

  • By 1907, rival company Cunard

    1907年には、ライバル会社のキュナード社が

  • Was having unrivalled success with their two quadruple funelled super fast liners

    4倍ファンネルのスーパーファストライナー2本で他に類を見ない成功を収めていました。

  • Lusitania and Mauretania.

    ルシタニアとマウレタニア。

  • And in an effort to remain competitive

    そして、競争力を維持するために

  • Ismay proposed the construction of three Olympic-class liners with opulent interiors.

    イスメイは、豪華な内装のオリンピッククラスの定期船3隻の建造を提案した。

  • Although, they couldn't rival Cunard for speed

    スピードではキュナードには敵わなかったが

  • They would make up for it in grandeur and never-before-seen luxury.

    彼らはそれを壮大さと見たこともない贅沢で補うだろう。

  • The ships were to be called Olympic, Titanic and Britannic

    オリンピック号、タイタニック号、ブリタニック号と呼ばれることになっていました。

  • All three ships, were to be equipped with the ultimate in-turn of the century design and technology.

    3隻の船はすべて、世紀の変わり目の究極のデザインと技術を装備することになっていた。

  • Including sixteen watertighted compartments in their lower sections.

    その下の部分に16のウォーターライト付きのコンパートメントを含む。

  • That could easily be sealed off in the event of a punctured hole.

    それだと穴が開いても簡単に封印できてしまいますね。

  • First of the superliners to be launched is Olympic.

    スーパーライナーの第一弾はオリンピック。

  • And she officially becomes the world's largest man-made moving object.

    そして、彼女は正式に世界最大の人工移動体となる。

  • However, this title was short lived when on May the 31st, 1911.

    しかし、このタイトルは1911年5月31日の時点では短命だった。

  • Titanic is launched in Belfast.

    タイタニックはベルファストで打ち上げられる。

  • In front of a crowd of over 100,000 people.

    10万人以上の人だかりの前で。

  • After the launch, Titanic's interior was fitted out.

    打ち上げ後、タイタニックの内部は艤装されていました。

  • And she turned into a floating palace.

    そして、彼女は浮いている宮殿になった。

  • Her lavish rooms were expertly created by highly skilled craftsman.

    彼女の豪華な部屋は、高度な技術を持った職人の手によって作られました。

  • To produce cabins fit for some of the richest people in the world.

    世界で最も裕福な人々にふさわしいキャビンを作るために。

  • She was also equipped with 20 lifeboats

    また、20隻の救命ボートを装備していました。

  • And surprisingly, this was more than the number required by the Broad of Trade Regulations at the time.

    そして驚くべきことに、これは当時の取引規制のブロードで求められていた数字以上のものだったのです。

  • Meaning that were well within the law.

    法律の範囲内であったことを意味します。

  • However, this law did not take in consideration the fact

    しかし、この法律は、その事実を考慮したものではありませんでした。

  • That Titanic was 46,000 tons.

    あのタイタニックは46,000トンだった。

  • And 20 lifeboats, packed to capacity, would only be enough for 52% of the passengers.

    そして、定員いっぱいに詰め込んだ20隻の救命艇では、乗客の52%しか乗れません。

  • But lifeboats, were considered as ferries

    しかし、救命ボートは、フェリーとして考えられていました。

  • That would take multiple trips to and from a sinking ship to a rescue vessel.

    そうなると、沈没船から救助船まで何度も往復することになる。

  • And not as a sole means of escaping.

    そして、唯一の逃避手段としてではない。

  • So as long as a ship is in close proximity of a sinking vessel

    沈没船が近くにある限り

  • The number of lifeboats would have been sufficient.

    救命艇の数は十分だったでしょう。

  • A date for her maiden voyage to New York is announced as the 20th of March, 1912.

    ニューヨークへの処女航海の日付は、1912年3月20日と発表されています。

  • However, after Olympic is damaged during her maiden trip

    しかし、オリンピックは彼女の処女旅行中に破損した後

  • Titanic is given a revised sale date of the 10th of April, 1912.

    タイタニックには1912年4月10日という改訂販売日が与えられています。

  • One must wonder if the Olympic had not had a collision

    一つは、オリンピックが衝突を持っていなかった場合は疑問に思う必要があります。

  • altering Titanic's sale date

    タイタニック発売日変更

  • what would the fate of the Titanic had been?

    タイタニック号の運命はどうなっていただろうか?

  • On April the 3rd, 1912

    1912年4月3日に

  • Titanic arrives in Southampton from Belfast

    タイタニック、ベルファストからサウサンプトンに到着

  • in preparation for her much anticipated maiden voyage.

    待望の処女航海に備えて

  • The ship has her signal flags and pennants, and the final crew members are recruited.

    船には彼女の信号旗とペナントがあり、最後の乗組員が募集されています。

  • She is loaded up with cargo and coal,

    貨物と石炭を積んでいます。

  • and on the 8th of April, all the fresh food is stored in preparation for the many mouths

    4月8日には、多くの口に合うように、生鮮食品はすべて保管されています。

  • she is to feed during the 7 day trip.

    彼女は7日間の旅行中に餌を与えることになっています。

  • Finally, the day arrives to set sail

    いよいよ出航の日がやってきました

  • the Captain, Edward John Smith, is a much respected and well-liked employee of the White Star Line.

    キャプテンのエドワード・ジョン・スミスは、ホワイトスターラインの従業員として尊敬され、愛されています。

  • And at 62, was coming to the end of his career at sea

    そして62歳で海でのキャリアの終わりを迎えようとしていた

  • It was reported in fact, although disputed that Titanic was to be his last voyage before retirement.

    タイタニックが引退前の最後の航海となることは異論があるものの、実際には報道されていました。

  • But, despite his experience, he has encountered many mishaps while in command.

    しかし、その経験とは裏腹に、指揮を執っている間に数々の災難に遭遇してきた。

  • Especially with the introduction of much larger vessels than he was used to.

    特に、彼が慣れていたよりもはるかに大きな船が導入されたことで。

  • White Star, however, considered him competent enough to be at the helm of the world's greatest ship.

    しかし、ホワイトスターは彼が世界最大の船の舵取りをするには十分な能力があると考えていた。

  • And he was given a handsome salary

    そして、彼は高額の給料を貰っていた

  • around 6,250 dollars per year

    年6,250ドル前後

  • plus a yearly bonus of a 1000 dollars if he returned his ships undamaged.

    破損していない船を返せば1000ドルの年間ボーナスが出る

  • Smith would be accompanied by Chief Officer, Henry Wilde and First Officer William Murdoch.

    スミスは副官のヘンリー・ワイルドと副官のウィリアム・マードックを伴っていた。

  • Along with a total of 885 crew members.

    総勢885名の乗組員と一緒に。

  • With the crew now in place, the Titanic passengers begin the pleasure of boarding.

    乗組員が揃ったことで、タイタニックの乗客は乗船の喜びを味わうことができます。

  • These included, 325 first class passengers

    その中には、325人のファーストクラスの乗客が含まれています。

  • Where no expense was spared in their cabins

    キャビンの中で費用を惜しまなかったところ

  • Two of which were called "The Millionaire Suites"

    そのうちの2つは "ミリオネア・スイート "と呼ばれていた

  • and were considered to be the most luxurious accommodations of the day.

    と、その日一番の豪華な宿泊施設とされていました。

  • One of these suites was booked by J.P Morgan

    J.P.モーガンが予約したスイートルームの一つです。

  • but since he did not travel, it was taken up by Joseph Bruce Ismay.

    が、旅をしなかったため、ジョセフ・ブルース・イスメイが取り上げた。

  • As a first class guest, he and the others could also enjoy Jacobean style dining room

    ファーストクラスのゲストとして、彼や他の人たちもジャコビアンスタイルのダイニングルームを楽しむことができました。

  • a sumptuous reception room which could be entered using one of Titanic's most priced features.

    タイタニックの最も高価な機能の一つを使用して入ることができた豪華な応接室。

  • The Magnificent Grand Staircase.

    壮大な大階段。

  • Gentlemen had the options to retiring to the smoking room for port and cigars

    紳士は、ポートと葉巻のための喫煙室に引退するオプションを持っていた

  • and in the day, they could relax in Verandah Café or Café Parisien.

    そして、昼間はベランダカフェやカフェパリジャンでくつろいでいました。

  • Or make use of the fully-equipped state-of-the-art gymnasium.

    あるいは、設備の整った最先端のジムを利用することもできます。

  • As for the 285 second class passengers,

    285人の2等席の乗客については

  • they too enjoyed a luxury that rivalled first class on any other liner of the day

    一等船にも劣らない贅沢をしていた

  • and they were first to enjoy electric elevators.

    と、彼らは最初に電動エレベータを楽しんでいました。

  • In comparison, the 706 third class or steerage passengers did not enjoy such luxuries.

    それに比べて、706の3等車や操舵席の乗客にはそのような贅沢はありませんでした。

  • Although they did have more comfort than you may think.

    彼らはあなたが思っている以上に快適さを持っていましたが。

  • Most of them had a one-way ticket in search for a better life in America

    彼らのほとんどは、アメリカでのより良い生活を求めて片道切符を持っていました。

  • and would have all of their worldly belongings in just a few bags.

    と、わずか数個のバッグの中に彼らの世界のすべての持ち物を持っているであろう。

  • These passengers, were mainly immigrants and consisted of a diverse group of nationalities.

    これらの乗客は、主に移民であり、多様な国籍のグループで構成されていました。

  • Ranging from Finland to Hong Kong.

    フィンランドから香港まで。

  • Although the bulk of them were British, Irish or Scandinavian.

    それらの大部分はイギリス、アイルランド、スカンジナビア人でしたが。

  • Some were travelling alone while others with their families.

    一人旅の人もいれば、家族連れの人もいました。

  • Meals were basic but regular,

    食事は基本的なものでしたが、規則的なものでした。

  • although nothing in comparison to that enjoyed by first and second class.

    一流、二流の人たちが楽しんでいることとは比べ物になりませんが。

  • But it wasn't all bad, they did have a smoking and general room

    でも、悪いことばかりではなく、喫煙室と一般の部屋がありました。

  • where they would meet and make their own entertainment with the children playing

    子供たちが集まって、子供たちと一緒に自分たちの余興を作ります。

  • and dancing on the deck.

    とデッキで踊っていました。

  • A little fact about third class

    三流についてのちょっとした事実

  • they enjoyed automatically flushing toilets

    糞便り

  • although rather for necessity than luxury.

    贅沢というよりも、むしろ必要に迫られてのことですが。

  • As it was thought, third class passengers would not be familiar with indoor plumbing

    さすがに3等車の乗客は室内の配管に慣れていないだろう。

  • and would not understand the need to flush the toilets themselves.

    と、トイレ自体を流す必要性を理解していないだろう。

  • Before boarding, third class passengers were checked for lice and other infectious diseases.

    3等車の乗客は搭乗前にシラミなどの感染症のチェックを受けていた。

  • Just before noon, on the 10th of April, 1912

    1912年4月10日の正午前に

  • Titanic's triple valve whistle could be heard across Southampton.

    タイタニックの三重弁ホイッスルがサウサンプトン全体に聞こえてきました。

  • The ropes were cast and the five tugs started to slowing nudge the massive liner out into deeper water.

    ロープがキャストされ、5つの綱引きがゆっくりとしたナッジを始め、巨大なライナーをより深い水の中へと導き出した。

  • When she was out in the River Test, the tugs dropped their lines and Titanic's

    彼女がリバーテストに出ていた時、タグがラインを落とし、タイタニックの

  • triple expansion 30,000 horsepower engines started to turn the propellers.

    3倍に拡大した3万馬力のエンジンがプロペラを回し始めた。

  • Titanic's maiden voyage had begun and she had already made history.

    タイタニックの処女航海が始まり、彼女はすでに歴史に名を刻んでいました。

  • As she powered down the river, the turbulence she created was causing some alarm.

    彼女が川を下るとき、彼女が作った乱流はいくつかの警報を引き起こしていました。

  • As the large volume of water, displaced by Titanic caused two moored liners to cut adrift

    タイタニック号によって流された大量の水は、係留されている2隻のライナーが漂流する原因となった。

  • and they collision were narrowly avoided when Captain Smith ordered full astern

    衝突はスミス船長が完全な後進を命じたときに、わずかに回避されました。

  • and a tug intervened to prevent an early disaster.

    とタグが介入し、早期の災害を防ぐことができました。

  • Titanic arrived at her first port of call in Cherbourg, France at around 6 p.m.

    タイタニックは午後6時頃、フランスのシェルブールに最初の寄港地に到着しました。

  • Where a further 274 passengers boarded.

    274人の乗客が搭乗しました。

  • However, she was far too big to fit into the tiny port.

    しかし、彼女はあまりにも大きすぎて、小さな港には収まりませんでした。

  • So passengers and luggage had be frayed by specially tended boats provided by the White Star Line.

    だから乗客や荷物は、ホワイトスターラインが提供する特別に手入れされたボートで擦り切れていた。

  • This included the Titanic's richest passenger,

    これにはタイタニックの富裕層の乗客も含まれていた。

  • John Jacob Aster IV

    ジョン・ジェイコブ・アスター四世

  • with an equivalent 2017 net worth of 2.1 billion dollars.

    2017年相当の純資産21億ドルで

  • As the Titanic turned out, final port of call was Queenstown, Ireland.

    タイタニックが判明したように、最後の寄港地はアイルランドのクイーンズタウンでした。

  • She here early on the 11th of April

    彼女は4月11日に早くここに来た

  • and it was here that one lucky crew member decided to disembark by hiding in the mail bags.

    ここで一人の幸運な乗組員が郵便袋に隠れて下船することにしました。

  • He was later named as John Coffey, one of Titanic's fireman.

    後にタイタニック号の消防士の一人であるジョン・コフィーと名づけられた。

  • He had only signed up to the crew to get a lift to Queenstown.

    クルーにサインしてクイーンズタウンまで送ってもらっただけだった。

  • Leaving Ireland, Titanic heads out into the open waters of the Atlantic Ocean.

    アイルランドを離れ、タイタニックは大西洋の大海原へと向かいます。

  • The next stop is New York City.

    次はニューヨークです。

  • The crew settled into their routines and the passengers began to explore

    乗務員たちは日常生活に慣れ、乗客たちは、次のことを探り始めました。

  • and familiarize themselves with the maze of corridors and rooms on the beautiful ship.

    と、美しい船内の迷路のような廊下や部屋に慣れる。

  • In particular, the first class passengers enjoy meeting up with their wealthy and famous friends.

    特にファーストクラスの乗客は、富裕層や有名な友人との待ち合わせを楽しんでいます。

  • And attending the lavish parties organized for them in the splendour of their extravagant surroundings.

    そして、彼らのために企画された豪華なパーティーに参加して、その豪華な周囲の素晴らしさに圧倒されています。

  • All while, Titanic moves steadily westward towards New York.

    その間、タイタニックは着実にニューヨークに向かって西へと進んでいく。

  • Throughout this part of the journey, the crew continuously receive warning from other vessels

    この旅を通して、乗組員は他の船からの警告を継続的に受けます。

  • that there is a serious threats of icebergs.

    氷山の深刻な脅威があること。

  • Despite, Titanic being the most sophisticated liner of it's era

    タイタニックはその時代で最も洗練された定期船であるにもかかわらず

  • it's radio room, by comparison, was tiny.

    それに比べてラジオの部屋は小さかった

  • No bigger than a broom cupboard and it relied on Morse Code for communication.

    ほうきの食器棚よりも大きくなく、モールス信号に頼って通信していました。

  • It's operators, John George Phillips and his junior Harold Sydney Bride

    オペレーターのジョン・ジョージ・フィリップスと後輩のハロルド・シドニー・ブライド

  • worked a shift system to ensure the radio was covered at all times.

    シフト制の仕事をしていたので、常にラジオがカバーされていました。

  • From the time, Titanic left Queenstown the majority of these messages were from and for passengers.

    タイタニック号がクイーンズタウンを出発した時から、これらのメッセージの大部分は乗客からのものと乗客へのものでした。

  • In total, between the 11th and 14th of April,

    合計すると、4月11日から14日までの間に

  • the pair received 21 ice warnings, that would have been passed on to officers and ultimately Captain Smith.

    ペアは 21 の氷の警告を受けた、それは役員と最終的にスミス船長に渡されているであろう。

  • They were fully aware of the dangers that lay ahead

    彼らはその先にある危険を十分に認識していました。

  • and steered 20 miles off course to try and avoid the ice fields but ultimately this wasn't enough.

    そして、氷原を避けようとコースから20マイルも離れたところに舵を切ったのですが、結局これでは不十分でした。

  • On Sunday the 14th,

    14日の日曜日に

  • another iceberg warning comes in early at 9 a.m. from the RMS Caronia.

    別の氷山警報が午前9時に RMSカロニアから出ています

  • Meanwhile, passengers were attending divine services in the first-class dining room.

    その間、乗客はファーストクラスのダイニングルームで神前式の礼拝に参加していた。

  • The morning service was also attended by Captain Smith.

    朝の礼拝にはスミス大尉も参加していました。

  • At 13:42 p.m., Smith was handed an ice warning message from follower White Star Liner, the Baltic.

    13時42分、スミスはフォロワーのホワイトスターライナー、バルチック号から氷の警告メッセージを手渡された。

  • He handed it to Joseph Ismay, who placed the message in his pocket.

    彼はそれをジョセフ・イズメイに手渡し、メッセージをポケットに入れた。

  • Ismay, allegedly shows the warning to several passengers

    イスメイ、複数の乗客に警告を示したとされる

  • before Captain Smith asked for it back at around 19:15 p.m.

    スミス船長が19時15分頃に 返却を求める前に

  • and posts it in the chart room before dining in the ala carte restaurant.

    とアラカルトレストランで食事をする前にチャートルームに投稿しています。

  • After dining, Captain Smith returns to the bridge

    食事の後、スミス船長はブリッジに戻ります。

  • and chats briefly with the Second Officer Charles Lightoller.

    とチャールズ・ライトラー副官と簡単に話をしています。

  • Smith then retired to his cabin, giving instructions to wake him if anything becomes at all doubtful.

    スミスはその後、自分の小屋に引きこもり、何か疑わしいことがあれば起こすように指示を出した。

  • Officer Lightoller, advised his lookouts in the Crow's nest for icebergs.

    ライトラー巡査は、カラスの巣で氷山を探すように指示した。

  • Then at 21:40 p.m., a message comes through from the Mesaba, once again warning of heavy ice pack,

    そして21時40分、メサバからメッセージが届きました。またしても大規模な氷山を警告しています。

  • large icebergs, and field ice.

    大きな氷山、野氷。

  • At 22:00 p.m., second officer Lightoller is replaced by first officer William Murdoch.

    22時、二等航海士のライトラーが一等航海士のウィリアム・マードックに交代。

  • At around the same time, just 15 miles north of the Titanic

    同じ頃、タイタニック号の北15マイルのところで

  • the British Leyland Line steamship, SS Californian

    カリフォニアン号

  • had stopped for the night after spotting three icebergs and thick ice-beds.

    3つの氷山と厚い氷床を発見した後、一晩停車していました。

  • As her captain, Stanley Lord made his way back to his cabin, he spotted a light on the horizon.

    船長のスタンレー・ロードがキャビンに戻る途中、彼は地平線に光を見つけた。

  • He asked his third officer, if they were any ships in vicinity, to which he replied "Only Titanic."

    彼は三等航海士に近くに船はないかと尋ねましたが、彼は "タイタニックだけ "と答えました。

  • Captain Lord replied "That's not the Titanic, she's closer in size to us."

    ロード船長は「それはタイタニックではなく、我々に近いサイズだ」と答えた。

  • Despite this, Lord asked for the Titanic to be contacted to let her know that they were stuck in ice.

    にもかかわらず、ロードはタイタニック号が氷の中で立ち往生していることを知らせるために連絡を求めた。

  • Third officer Evans, duly dispatched a message

    エバンス三等兵がメッセージを送ってきました

  • and reportedly received a curt reply from Titanic's operator, Jack Phillips

    と、タイタニックのオペレーターのジャック・フィリップスから無愛想な返事をもらったという。

  • "Shut up! I'm busy. I'm working Cape Race."

    "うるさい!忙しいんだケープレースの仕事をしている"

  • Evans listened for a while longer, and at 35 minutes past 23:00 p.m., turned off the wireless system.

    エバンスはしばらく耳を傾け、23時35分過ぎに無線システムの電源を切った。

  • At the same time, after various reports of unusually calm ocean.

    同時に、異常に穏やかな海の様々な報告の後。

  • Now known to be a sign of ice pack, which was causing a mirage and making lookout duties almost impossible.

    今では、蜃気楼を引き起こし、見張りの任務をほとんど不可能にしていたアイスパックの兆候であることが知られています。

  • Just 10 minutes later, they realized they are on a collision coarse with a giant iceberg.

    ちょうど10分後、彼らは巨大な氷山との粗い衝突の上にいることに気づいた。

  • Immediately, they sound the warning bell and telephone the bridge with the message: "Iceberg, right ahead!"

    すぐに警鐘を鳴らし、メッセージと共に橋に電話をかける。"氷山だ!"

  • Officer Murdoch, orders hard-a-starboard to the helmsman

    マードック巡査は、舵取りに硬い鉄板を命令した。

  • and calls for the engine room to stop engines.

    とエンジンルームにエンジンを止めるように呼びかける。

  • He also activates the water-tight doors below that were essentially subdivisions in the hull

    彼はまた、船体の細分化された下の防水ドアを作動させた。

  • in order to seal off any given 16 compartments.

    任意の16のコンパートメントを封印するために。

  • It had been calculated that the Titanic could stay afloat with four of these compartments fully flooded.

    タイタニックは、この4つの区画が完全に浸水していても浮いたままでいられると計算されていました。

  • Titanic slowly veers to port and for a few tantalizing seconds, it looks like she's averted a disaster.

    タイタニックはゆっくりと左舷に曲がり、数秒の間、災難を回避したかのように見えます。

  • But it's too little too late, and it's starboard side makes contact with the iceberg.

    しかし、それはあまりにも遅すぎて、右舷側が氷山に接触してしまいました。

  • Damaging nearly 300 foot of the right side of the hull, both below and above the water.

    船体の右側の300フィート近くを水の下と上の両方で損傷。

  • A grinding sound could be heard throughout the ship, mainly on the lower levels closer to the impact zone.

    艦内の至る所で、主にインパクトゾーンに近い低層階で粉砕音が聞こえました。

  • Which caused alarm to the passengers on board.

    それが乗客を不安にさせた

  • Some began to ask questions and were told that everything was under control.

    質問を始めた人もいて、すべてがコントロールされていると言われました。

  • As it was, at least everywhere but down in fore-peak tank, the three forward holes and boiler room no.5 and 6.

    それがそうであったように、少なくともフォアピークタンクの下以外のどこでも、前方の3つの穴と5号室と6号室のボイラー室であった。

  • All of which were taking in icy water and fast.

    どれもこれも氷水と速攻で摂取していました。

  • Despite the workers confused effects to prevent any further water breach

    作業員がこれ以上の水漏れを防ぐために混乱しているにもかかわらず

  • Boiler room no.5 was the only area they were able to keep somewhat under control.

    ボイラー室5号室は、彼らがある程度コントロールできる唯一のエリアでした。

  • Less then 10 minutes after impact, the water had risen 14 feet above the keel

    衝突から10分も経たないうちに、水はキールから14フィート上昇していました。

  • and almost 4 million litres of sea water had entered the ship.

    と、400万リットル近い海水が船内に入ってきていた。

  • By midnight, the mail room was flooded and mail bags could be seen floating to the surface.

    夜中には郵便室が水浸しになり、郵便物の袋が水面に浮いているのが見えた。

  • As water rushes into the starboard sides, the ship begins to tilt downwards listing sightly to the right

    右舷側に水が押し寄せてくると、船は下向きに傾き始めます。

  • And water begins to spill over into the other watertight compartments.

    そして、他の防水コンパートメントに水がこぼれ始めます。

  • Captain Smith is joined on the bridge by Titanic's architect, Thomas Andrews

    スミス船長はタイタニックの建築家トーマス・アンドリュースとブリッジ上で合流します。

  • And the pair go below the deck to assess the damage.

    そして二人はデッキの下に潜って被害状況を確認する。

  • It's at this point, that Andrews reveals to Captain Smith that she would sink.

    この時点で、アンドリュースはスミス船長に彼女が沈むことを明かします。

  • He estimated she would stay afloat for a maximum of one and a half hours.

    最大で1時間半は浮いているだろうと推測していた。

  • Orders are given to uncover the lifeboats and most of the crew and passengers.

    救命艇と乗組員と乗客の大半を暴くように命令が下される。

  • It's at this point, Captain Smith must have realized, that even full to capacity

    この時点でスミス船長は気付いていたに違いありません

  • The lifeboats would only hold 1,178 of the 2,227 passengers and crew on board.

    救命艇には、2,227人の乗客と乗務員のうち、1,178人しか乗れないことになる。

  • Titanic's frantic distress calls are heard by several ships in the vicinity

    タイタニックの必死の遭難信号は、周辺の数隻の船から聞こえてきます。

  • But they are all too far away and the closest being SS Californian had their radios off.

    しかし、彼らはあまりにも遠く離れていて、最も近いのはSSカリフォニアンが無線を切っていたことです。

  • But the Carpathia, 58 miles away, immediately changes coarse and started the journey towards Titanic.

    しかし、58マイル離れたカルパシア号はすぐに粗を変え、タイタニックに向かって旅を始めました。

  • At around 00:25 a.m., the