Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • ("They carried all they could bear, and then some, including a silent awe for the terrible power of the things they carried." - Tim O'Brien, "The Things They Carried" )

    (「彼らは背負えるものすべてを背負い、そしてさらに、背負ったものの恐ろしい力に対する無言の畏怖を含めて、背負った」。- ティム・オブライエン「The Things They Carried」)

  • Many of us will experience some kind of trauma during our lifetime.

    私たちの多くは、一生の間に何らかのトラウマを経験します。

  • Sometimes, we escape with no long-term effects.

    時々、長期的な効果がないまま逃げてしまうこともあります。

  • But for millions of us, those experiences linger, causing symptoms like flashbacks, nightmares, and negative thoughts that interfere with everyday life.

    しかし、何百万人もの人が、その体験が長引き、フラッシュバックや悪夢、日常生活に支障をきたすほどのマイナス思考といった症状を引き起こしているのです。

  • This phenomenon called post-traumatic stress disorder, or PTSD, isn't a personal failing.

    PTSD(心的外傷後ストレス障害)と呼ばれるこの現象は、個人の失敗ではありません。

  • Rather, it's a treatable malfunction of certain biological mechanisms that allow us to cope with dangerous experiences.

    むしろ、危険な体験に対処するためのある種の生物学的なメカニズム、治療可能な機能不全なのです。

  • To understand PTSD, we first need to understand how the brain processes a wide range of ordeals,

    PTSD を理解するためには、まず、さまざまな試練を脳がどのように処理しているかを理解する必要があります。

  • including the death of a loved one, domestic violence, injury or illness, abuse, rape, war, car accidents, and natural disasters.

    大切な人の死、家庭内暴力、ケガや病気、虐待、レイプ、戦争、交通事故、自然災害などを含みます。

  • These events can bring on feelings of danger and helplessness, which activate the brain's alarm system, known as the "fight-flight-freeze" response.

    これらの出来事は、危険や無力感をもたらし、「闘争・逃走・凍結」反応として知られる脳の警報システムを作動させます。

  • When this alarm sounds, the hypothalamic, pituitary, and adrenal systemsknown as the HPA axiswork together to send signals to the autonomic nervous system.

    この警報が鳴ると、視床下部、下垂体、副腎の各系統は、HPA軸⏤として連携し、自律神経系にシグナルを送る。

  • That's the network that communicates with adrenal glands and internal organs to help regulate functions like heart rate, digestion, and respiration.

    これらは副腎や内臓と連絡を取り合い、心拍数や消化、呼吸などの機能を調整するためのネットワークです。

  • These signals start a chemical cascade that floods the body with several different stress hormones, causing physiological changes that prepare the body to defend itself.

    この信号が化学的連鎖を起こし、体内をさまざまなストレスホルモンが溢れさせ、体を防御するための生理的な変化を引き起こします。

  • Our heart rate speeds up, breathing quickens, and muscles tense.

    心拍数が上がり、呼吸が速くなり、筋肉が緊張します。

  • Even after a crisis is over, escalated levels of stress hormones may last for days, contributing to jittery feelings, nightmares, and other symptoms.

    危機が去った後も、ストレスホルモンの増加は数日間続き、ジリジリ感や悪夢などの症状を引き起こす可能性があります。

  • For most people, these experiences disappear within a few days to two weeks as their hormone levels stabilize.

    ほとんどの人は、これらの経験はホルモンレベルが安定すると数日から2週間以内に消えてしまいます。

  • But a small percentage of those who experience trauma have persistent problems, sometimes vanishing temporarily only to resurface months later.

    しかし、トラウマを経験した人の中には、一時的に消えても数ヵ月後に再浮上するような、持続的な問題を抱える人が少なからずいます。

  • We don't completely understand what's happening in the brain.

    脳の中で何が起こっているのか、私たちは完全に理解しているわけではありません。

  • But one theory is that the stress hormone cortisol may be continuously activating the "fight-flight-freeze" response while reducing overall brain functioning, leading to a number of negative symptoms.

    しかし、一説によると、ストレスホルモンであるコルチゾールが、脳全体の機能を低下させながら「闘争・逃走・凍結」反応を継続的に活性化させ、さまざまなネガティブな症状を引き起こしている可能性があると言われています。

  • These symptoms often fall into four categories:

    これらの症状は、多くの場合、4つのカテゴリーに分類されます。

  • Intrusive thoughts like dreams and flashbacks.

    夢やフラッシュバックのような侵入的な思考:

  • Avoiding reminders of the trauma.

    トラウマを思い出さないように、

  • Negative thoughts and feelings like fear, anger, and guilt.

    恐怖や怒り、罪悪感などのネガティブな思考や感情、

  • And reactive symptoms like irritability and difficulty sleeping.

    それと、イライラや寝つきの悪さなどの反応性の高い症状が出てきます。

  • Not everyone has all these symptoms or experiences them to the same extent and intensity.

    全ての人がこのような症状を持っているわけではありません、あるいは同じ程度と強度でそれらを経験するわけでもありません。

  • When problems last more than a month, PTSD is often diagnosed.

    問題が1ヶ月以上続くと、PTSDと診断されることが多いです。

  • Genetics, ongoing overwhelming stress, and many risk factors, like pre-existing mental illnesses or lack of emotional support, likely play a role in determining who will experience PTSD.

    PTSDの発症には、遺伝、継続的な強いストレス、精神疾患の既往や精神的なサポートの欠如など、多くの危険因子が関わっているようです。

  • But the underlying cause is still a medical mystery.

    しかし、根本的な原因はやはり医学的に謎のままです。

  • A major challenge of coping with PTSD is sensitivity to triggersphysical and emotional stimuli that the brain associates with the original trauma.

    PTSD に対処するための大きな課題は、脳がトラウマと関連付けるトリガー⏤物理的・感情的刺激に過敏になることです。

  • These can be everyday sensations that aren't inherently dangerous but prompt powerful physical and emotional reactions.

    これらは、本来危険なものではないが、強力な身体的、感情的反応を引き起こす日常的な感覚である。

  • For example, the smell of a campfire could evoke the memory of being trapped in a burning house.

    例えば、焚き火の匂いを嗅ぐと、燃えている家の中に閉じ込められた記憶がよみがえるかもしれません。

  • For someone with PTSD, that memory activates the same neurochemical cascade as the original event.

    PTSD の人にとって、その記憶は元の出来事と同じ神経化学的連鎖を活性化させるのです。

  • That then stirs up the same feelings of panic and helplessness as if they're experiencing the trauma all over again.

    そうすると、まるでトラウマをもう一度体験しているかのように、パニックや無力感をかき立てられるのです。

  • Trying to avoid these triggers which are sometimes unpredictable can lead to isolation.

    時に予測不可能なこれらのきっかけを避けようとすると、孤立してしまうことがあります。

  • That can leave people feeling invalidated, ignored, or misunderstood, like a pause button has been pushed on their lives while the rest of the world continues around them.

    そのため、人々は、自分たちが無価値である、無視されている、誤解されていると感じ、まるで自分の周りで他の世界が続いているのに、自分の人生に一時停止ボタンが押されたような気分になることがあります。

  • But there are options.

    でも、それらに選択肢はあります。

  • If you think you might be suffering from PTSD, the first step is an evaluation with a mental health professional who can direct you towards the many resources available.

    PTSD の可能性がある場合、まず、精神衛生の専門家による診断を受け、利用可能な多くの対策を紹介してもらうことが必要です。

  • Psychotherapy can be very effective for PTSD, helping patients better understand their triggers.

    PTSD には心理療法が非常に有効で、患者さんが自分のきっかけについてよりよく理解できるようになります。

  • And certain medications can make symptoms more manageable, as can self-care practices like mindfulness and regular exercise.

    また、特定の薬は症状をより管理しやすくしますし、心がけることや定期的な運動といったセルフケアの実践も可能です。

  • What if you notice signs of PTSD in a friend or family member?

    友人や家族のPTSDの兆候に気づいたら?

  • Social support, acceptance, and empathy are key to helping in recovery.

    社会的支援、受容、共感が回復の鍵となります。

  • Let them know you believe their account of what they're experiencing and that you don't blame them for their reactions.

    彼らが経験していることを信じること、そして相手の反応を責めないことです。

  • If they're open to it, encourage them to seek evaluation and treatment.

    彼らが受け入れてくれるなら診断や治療を受けるように促す。

  • PTSD has been called "the hidden wound" because it comes without outward physical signs.

    PTSD は、外見的な症状がないため、「隠れた傷」とも呼ばれています。

  • But even if it's an invisible disorder, it doesn't have to be a silent one.

    しかし、たとえ目に見えない障害であっても、黙っている必要はないのです。

  • Mental health conditions impact millions of people around the world, yet are often misunderstood.

    精神疾患は、世界中で何百万人もの人々に影響を及ぼしていますが、しばしば誤解されているのが現状です。

  • Check out this playlist to get informed.

    このプレイリストをチェックして、情報を得てください。

("They carried all they could bear, and then some, including a silent awe for the terrible power of the things they carried." - Tim O'Brien, "The Things They Carried" )

(「彼らは背負えるものすべてを背負い、そしてさらに、背負ったものの恐ろしい力に対する無言の畏怖を含めて、背負った」。- ティム・オブライエン「The Things They Carried」)

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 症状 トラウマ 経験 ホルモン ストレス

【TED-Ed】心的外傷後ストレス障害(PTSD)とは?

  • 7646 967
    April Lu に公開 2022 年 05 月 17 日
動画の中の単語