Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • All big movie genres have life cycles:

    すべての大作映画ジャンルにはライフサイクルがあります。

  • they're born, they become popular, they exhaust themselves,

    生まれて人気者になる 彼らは自分自身を消耗します。

  • and then, if they're important enough, they transform.

    そして、重要なものであれば変身します。

  • Hugh Jackman's 17-year tenure as Wolverine,

    ヒュー・ジャックマンの17年間のウルヴァリンとしての在職期間。

  • I think, bookends two important milestones in the superhero film genre.

    私が思うに、2つの重要なマイルストーンをブックエンドします。 スーパーヒーロー映画というジャンルで

  • 2000's "X-Men", directed by Bryan Singer, was effectively the start of the superhero craze

    2000年の『X-MEN』ブライアン・シンガー監督作品。 がスーパーヒーローブームの始まりだった

  • that's come to dominate Hollywood for nearly two decades.

    ハリウッドを席巻する 20年近くも

  • And now, 2017's "Logan", directed by James Mangold, represents a response

    そして今、2017年の『ローガン』の監督は ジェームス・マンゴールドは、応答を表しています。

  • to the public's exhaustion with that dominance.

    その優位性で国民を疲弊させるために

  • If you want to understand how genres change,

    ジャンルがどのように変わるのかを理解したいのであれば

  • the writer to look at is definitely John Cawelti,

    見るべき作家は間違いなくジョン・カヴェルティです。

  • whose famous essay on generic transformation is, I think, a good rubric for what's happening in "Logan."

    一般的な変容についての有名なエッセイは「ローガン」で起きていることの良い基準になると思います。

  • Cawelti is basically interested in what occurs when genre conventions become so well-known

    カヲルティは基本的にジャンルの慣習があまりにも有名になったときに何が起こるかに興味を持っています。

  • that the audience demands something new.

    観客が新しいものを求めていることを

  • What forms does that change take?

    その変化はどのような形で起こるのでしょうか?

  • Well, Cawelti identifies four: burlesque, nostalgia, demythologization, and reaffirmation.

    さて、カヴェルティは、バーレスク、ノスタルジア、デミソログ化、再確認の4つを特定しています。

  • Burlesque is essentially a ridiculous exaggeration, or a parody of genre conventions.

    バーレスクは基本的に馬鹿げた大げさなものです。 またはジャンルの慣習のパロディ。

  • To finish Leo Braudy's quote from the start of this video,

    この動画の冒頭のレオ・ブラウディの名言を終わらせるために

  • "Genres turn to self-parody to say, 'Well, at least if we make fun of it for being infantile, it will show how far we've come.'"

    "ジャンルがセルフパロディをするのは" "少なくとも幼児性を揶揄すれば" "自分たちがどれだけ進歩してきたかが分かる"

  • Mel Brooks is, of course, a master at this kind of thing, and not just for westerns.

    メル・ブルックスは、もちろんこの手の達人であり、西部劇に限らず。

  • Moments of burlesque can be found in serious movies too

    バーレスクの瞬間を見つけることができます。 シリアス映画でも

  • when a trope is made to suddenly look ridiculous, undercutting the fantasy with reality.

    トランプが急に馬鹿にされてファンタジーと現実を貶める時に

  • In the superhero genre, "Deadpool", a film that helped pave the way for "Logan", is a burlesque through and through.

    スーパーヒーローというジャンルでは、映画「デッドプール ローガンへの道を開いてくれた バーレスクだ

  • "Superhero landing. She's gonna do a superhero landing, wait for it!"

    "スーパーヒーロー着地彼女はスーパーヒーローの着地をするつもりだ 待ってろ!"

  • "Whoooo! Superhero landing! You know, that's really hard on your knees... totally impractical, they all do it."

    "うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

  • Nostalgic films, the ones that are good, anyway, do more than evoke a romanticized past:

    懐かしい映画、とにかくいい映画。 ロマンチックな過去を想起させる以上のことをします。

  • they update tried-and-true story lines with contemporary elements;

    話題のストーリーラインを更新してくれる 現代的な要素を取り入れています。

  • they make the audience aware of the relationship between past and present.

    観客に過去と現在の関係性を意識させる。

  • Cawelti cites "True Grit," but Shane Black's "Kiss Kiss Bang Bang" fits the bill as well,

    カウルティは「トゥルー・グリット」を挙げていますが、シェーン・ブラックの「キス・キス・バンバン」もピッタリです。

  • a hard-boiled detective story in which many of the tropes are deromanticized,

    ハードボイルド探偵小説 多くのトロフィーが脱ロマンティック化しています。

  • but the story ultimately follows the same beats of discovery and heroism.

    が、最終的には 発見と英雄の鼓動が同じ

  • "All done." [sighs]

    "すべて完了"[sighs]

  • Demythologized films are the most complex of the bunch.

    デミソログ化されたフィルムは 束の中で最も複雑な

  • They subject popular myths and conventions to a reality that undercuts and exposes them as inadequate, or even harmful.

    彼らは人気のある神話や慣習を題材にしています。 彼らを貶め、暴く現実に 不十分なものとして、あるいは有害なものとして。

  • Cawelti's archetypal example of this is Roman Polanski's "Chinatown,"

    カヴェルティの原型的な例としては ローマン・ポランスキーの「チャイナタウン」です。

  • a film that follows the hard-boiled detective genre of classic films like "The Maltese Falcon" or "The Big Sleep,"

    マルタの鷹』や『ビッグスリープ』などの名作映画のハードボイルドな探偵ジャンルを踏襲した作品。

  • until events become so dark and twisted and devoid of moral content,

    紆余曲折を経て と道徳的な内容を欠いています。

  • that justice is never served, and the detective is left severely traumatized.

    正義は決して果たされない と刑事は重度のトラウマを残したままです。

  • Another movie like this would be the Coen Brother's "No Country for Old Men",

    他にもこんな映画があったら コーエン兄弟の「老人には国がない」。

  • in which the lawman of the New West, Tommy Lee Jones, not only fails to capture the villain,

    ニューウェストの法の番人、トミー・リー・ジョーンズが悪役の捕獲に失敗しただけではない。

  • but fails to understand him.

    しかし、彼を理解することができません。

  • ''But I don't wanna push my chips forward

    ''でも私はチップを前に押し出したくない

  • and go out and meet something I don't understand"

    腑に落ちないものに会いに行ってしまう

  • The final transformation is the reaffirmation of myth:

    最終的な変容は神話の再確認である。

  • the kind of film that subverts genre

    ジャンルを覆す映画

  • like the demythologized film, but, in the end, choses to reafirm the myth

    けれども、最終的には、神話を再確認することを選択します。

  • not as something that's real,

    現実のものとしてではなく

  • but as something that we need to believe.

    でも、信じなければならないものとして

  • I wonder if you can think of a superhero film that might fall into that category...

    それに該当しそうなスーパーヒーロー映画が思い浮かばないかな...。

  • So, what is "Logan"?

    では、「ローガン」とは何か?

  • Clearly, it represents some shift in this extraordinarly popular genre.

    明らかに、それはこの非常に人気のあるジャンルの何らかのシフトを表しています。

  • If "Deadpool" signals a self-awareness that

    デッドプール」が自己認識を信号化しているとすれば

  • the myth of the superhero movie is losing a bit of its power, then

    スーパーヒーロー映画の神話は、その後、その力を少し失っています。

  • I think "Logan" is an attempt to interrogate the contours of that myth

    ローガン』はその神話の輪郭を問う試みだと思う。

  • in order to see if there are any interesting directions left for it to go.

    その先に面白い方向性が残っているかどうかを確認するために。

  • Director James Mangold is a movie buff,

    ジェームズ・マンゴールド監督は映画好き。

  • and something that's really interesting about "Logan"

    "ローガン "の面白いところは

  • is how he uses one genre to understand another:

    は、あるジャンルをどうやって別のジャンルを理解するかということです。

  • Mangold states "Logan"s key theme via a scene from "Shane", one of the most popular

    マンゴールドは、「ローガン」のキーテーマを、最も人気のある「シェーン」のワンシーンで表現しています。

  • and acclaimed westerns of all time.

    と絶賛されているウエスタン。

  • "A man has to be what he is, Joey.

    "男はありのままの自分でなければならない、ジョーイ

  • Can't break the mold.

    型を破ることはできない

  • I tried it and it didn't work for me.

    試してみましたが、私には効果がありませんでした。

  • We want you, Shane.

    あなたが必要なのよ、シェーン

  • Joey, there's no living with...

    ジョーイ 一緒に暮らすのは...

  • with a killing.

    殺意を持って。

  • There's no going back from one"

    "後戻りはできない"

  • Westerns are really the perfect genre to mesure the superhero movie.

    西部劇は、スーパーヒーロー映画をメチャクチャにするには、本当に最適なジャンルだと思います。

  • The myth of the superhero is, in many ways, a reincarnation of the myth of the gunslinger.

    スーパーヒーローの神話は、多くの点で、銃使いの神話の生まれ変わりです。

  • Both are heroes who act outside the law to protect the community at large.

    どちらも地域社会を広く守るために法の外で行動するヒーローです。

  • Mangold makes these parallels explicit in a sequence mid-way through the movie,

    マンゴールドは、映画の中盤のシークエンスの中で、これらの類似性を明確にしている。

  • when Logan, Charles and Laura are taken in by a kindly family, the same way that Shane is taken in.

    ローガン、チャールズ、ローラがシェーンと同じように親切な家族に引き取られるとき。

  • Both Logan and Shane help the family with work and protect them from greedy bussiness interests,

    ローガンもシェーンも仕事で家族を助け、貪欲な大企業の利益から家族を守る。

  • but, though Shane is somewhat haunted by his life as a gunslinger,

    しかし、シェーンはやや銃使いとしての彼の人生に取り憑かれていますが。

  • his purpose and the code of laws he lives by

    己の目的と法の掟

  • is still necessary to protect the community in the end.

    は最終的には地域社会を守るためにはやはり必要です。

  • In Magold's version, the violence that follows the heroe can't be contained.

    マゴルド版では主人公についてくる暴力は抑えられない。

  • Far from the valley being saved, Logan's kindly family is mercilessly and utterly destroyed.

    救われた谷間から遠く離れ、ローガンの優しい家族は容赦なく完全に破壊されてしまう。

  • And, if the point wasn't clear, it's by none other than a clone of Logan himself.

    ポイントがはっきりしていなければローガンのクローンに他ならない

  • This is the closest that "Logan" comes to demythologization

    これは「ローガン」が最も脱神話化に近いものです。

  • The whole movie is a meditation on the violence that all superhero films implie.

    映画全体は、すべてのスーパーヒーロー映画が暗示する暴力についての瞑想です。

  • By earning a R-rating, Magold and Jackman get to show a type of visceral brutality that complicates the

    R評価を得ることで、MagoldとJackmanは、この映画を複雑にしている内臓の残虐性のタイプを示すことができます。

  • heroics of Logan's past, as well as those of the X-Men , and all superheroe's.

    ローガンの過去の英雄譚だけでなく、X-Men、そしてすべてのスーパーヒーローのもの。

  • Like it does Shane, Logan holds up the romanticized past of previous superhero movies

    シェーンのように、ローガンは過去のスーパーヒーロー映画のロマンティックな過去を支えています。

  • in the form of comic books.

    漫画の形で。

  • " You do know that they're all bullshit, right?

    "全部デタラメだと知ってますよね?

  • Maybe a quarter of it happened,

    たぶん4分の1は起きたんじゃないかな

  • and not like this."

    "こんな風にはならない"

  • Logan is attempting to expose the inadequacy of these fantasies,

    ローガンはこれらの妄想の不備を暴こうとしている。

  • trying to show that no personal moral code can wield power without risking devastation.

    個人的な道徳的なコードは壊滅的な危険を冒すことなく権力を振るうことができないことを示そうとしているのです。

  • This is made painfully clear in the character of Xavier, whose aging mind, it's implied,

    これは、心が老化しているザビエルのキャラクターで痛快に明らかにされています。

  • may have unintentionally killed a number of inocent mutants.

    意図せずに多くのイノセントミュータントを殺してしまったのかもしれません。

  • But, for Logan himself, the past exploits of heroism from the other movies

    しかし、ローガン自身にとっては、他の映画に出てくる過去の英雄的な活躍は

  • reamerges as trauma and nightmares.

    トラウマや悪夢として再認識します。

  • "[grunting]"

    "[うなり声]

  • In the touching with Laura near the end, he even admits to contemplating suicide.

    最後近くのローラとの触れ合いでは、自殺を考えていたことまで認めている。

  • "Actually, I... hum

    "実は...

  • ... I was thinking of shooting myself with it...

    ...これで自分を撃とうと思っていた...

  • ... like Charles said."

    ...チャールズが言ったように

  • In the end, Logan makes the final turn into reaffirmation:

    最後はローガンが再確認のために最後のターンを行う。

  • one last act of sacrificial heroics that reaffirms the myth, even after

    ばんごうの最後の一手

  • exposing it as inadequate.

    不十分であることを露呈している。

  • You know, it makes me wonder if this is the limit of superhero movies.

    これがスーパーヒーロー映画の限界なのかと思ってしまうわ

  • It's unclear whether a film that's sought to fully demythologize this myth could ever really get made

    それは完全にこの神話をdemythologizeするために求められた映画が今まで本当に作られた得ることができるかどうかは不明である

  • or if the genre itself is even mature enough to handle such a thing.

    というか、ジャンル自体がそんなことに対応できるほど成熟しているかどうか。

  • In fact, I think "Logan" leaves us with these exact questions.

    実際、「ローガン」はこのような疑問を私たちに残していると思います。

  • The movie itself is a conversation between nostalgia for the genre

    映画自体がジャンルへの懐かしさとの対談になっている

  • and our increasing frustration with its limits.

    そして、その限界への不満を募らせています。

  • More than anything, I'm just excited for what's to come.

    何よりも、これからのことが楽しみで仕方がない。

  • Because, it's transition periods like this, as Cowelti might say,

    だって、カウエルティが言うように、こういう過渡期だからね。

  • when the really interesting things begin to happen.

    本当に面白いことが起こり始めると

  • Hey everybody thank you so much for watching.

    どもども ご覧いただきありがとうございます。

  • Subscribe to this channel for more videos;

    このチャンネルを購読して、より多くの動画を見ることができます。

All big movie genres have life cycles:

すべての大作映画ジャンルにはライフサイクルがあります。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ローガン ジャンル 映画 ヒーロー スーパー シェーン

ローガン:スーパーヒーロー映画は古くなる

  • 94 4
    timemachine に公開 2018 年 06 月 25 日
動画の中の単語