Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • Knowing our own minds is difficult at the best of times.

    自分の心を知ることは、最高の時には難しい。

  • It is extraordinarily hard to secure even basic insights into our characters and motivationsof a kind that we hope

    私たちのキャラクターや動機についての基本的な洞察力さえも、私たちが望むような形で確保することは、非常に難しいことです。

  • can free us from some of the neuroses and compulsions that spoil so much of our lives.

    私たちの人生の多くを台無しにする神経症や強迫観念から私たちを解放することができます。

  • It is therefore especially humbling and at moments truly dispiriting to realise that

    そのため、特に謙虚な気持ちになりますし、気が遠くなるようなこともあります。

  • dispelling ignorance of our psyches with knowledge isn't going to be enough by itself. Or rather,

    知識を持って精神の無知を払拭するだけでは 十分ではありませんというか、むしろ

  • we stand to realise that there is going to need to be a further and yet more arduous

    さらなる困難が必要であることを認識しています。

  • distinction to observe between knowing something about ourselves intellectually and knowing about it emotionally.

    知ることと感情的に知ることの区別

  • We might, for example, come to an intellectual understanding that

    例えば、次のような知的理解に至るかもしれません。

  • we are timid around figures of authority because our father was a remote and distant figure

    おやじはおとぼけ

  • who didn't give us some of the support and love we needed to tolerate ourselves.

    私たちが自分自身を許容するために必要な支援と愛を与えてくれなかった人たちです。

  • Assembling this insight into our characters might be the work of many years and, having reached

    私たちのキャラクターについてのこの洞察を組み立てることは、何年もの歳月をかけた作業かもしれません。

  • it, we could reasonably expect that our problems with timidity and authority would then abate.

    そうすれば、私たちの臆病さや権威に対する問題が和らぐと合理的に期待できます。

  • But the mind's knots are sadly not so simple to unpick. An intellectual understanding of

    しかし、心の結び目は悲しいかな、簡単にほどけるものではありません。知的な理解は

  • the past, though not wrong, won't by itself be effective in the sense of being able to

    過去のことは、間違ってはいないが、それだけでは効果はない。

  • release us from the true intensity of our neurotic symptoms. For this, we have to edge

    神経症の症状の真の強さから 私たちを解放してくれますこのためには、私たちはエッジしなければなりません

  • our way towards a far more close-up, detailed, visceral appreciation of where we have come

    私たちがどこに来たのかを、より近くで、より詳細に、より直感的に理解することができるようになるための方法をご紹介します。

  • from and what we have suffered. We need to strive for what we can call an emotional understanding

    何から来たのか、何に苦しんできたのかを私たちは感情的な理解と呼べるものを 目指して努力する必要があります

  • of the pastas opposed to a top-down, abbreviated intellectual one. We will have

    過去の-トップダウンで略された知的なものとは対照的に私たちには

  • to re-experience at a novelistic level of detail a whole set of scenes from our early

    初期のシーンを小説的なレベルで再体験することができます。

  • life in which our problems around fathers and authority were formed. We will need to

    父親や権威をめぐる私たちの問題が形成された生活の中で私たちが必要とするのは

  • let our imaginations wonder back to certain moments that have been too unbearable to keep

    懐かしくてたまらない瞬間を思い出す

  • alive in a three-dimensional form in our active memories (our mind liking, unless actively prompted,

    私たちのアクティブな記憶の中で立体的な形で生きている(積極的に促されない限り、私たちの心の好み。

  • to reduce most of what we've been through to headings rather than the full story,

    を使用して、これまでに経験したことのほとんどを、本編ではなく見出しに減らすことができます。

  • a document which it shelves in remote locations of the inner library). We need not only to

    の離れた場所に棚上げされている文書)。必要なのは

  • know that we had a difficult relationship with our father, we need to relive the sorrow

    おやじとの関係が苦しかったことを知り、悲しみを追体験しなければならない

  • as if it were happening to us today. We need to be back in his book lined study when we

    それが今日の私たちに起こっているかのように私たちは、彼の本が並んだ書斎に戻る必要があります。

  • would have been not more than six; we need to remember the light coming in from the garden,

    私たちは庭から入ってくる光を覚えておく必要があります。

  • the corduroy trousers we were wearing, the sound of our father's voice as it reached

    私たちが履いていたコーデュロイのズボンに 届いた父の声は

  • its pitch of heightened anxiety, the rage he flew into because we had not met his expectations,

    その不安の高ぶり、期待に応えられなかったことへの怒りの声は、「私たちの期待に応えられなかったから」という理由で、彼の中に飛び込んできました。

  • the tears that ran down our cheeks, the shouting that followed us as we ran out into the corridor,

    頬を伝う涙、廊下に飛び出した時の叫び声。

  • the feeling that we wanted to die and that everything good was destroyed. We need the

    死にたいという気持ちと すべての良いものが破壊されたという気持ちです私たちに必要なのは

  • novel, not the essay. Psychotherapy has long recognised this distinction. It knows that

    小説ではなく小説心理療法は長い間 この区別を認識してきましたそれは次のことを知っています。

  • thinking is hugely importantbut on its own, within the therapeutic process itself,

    考えることは非常に重要です - しかし、それ自体で、治療プロセス自体の中で。

  • it is not the key to fixing our psychological problems. Psychotherapy insists on a crucial difference

    それは私たちの心理的な問題を解決するための鍵ではありません。心理療法は次のような決定的な違いを主張しています

  • between broadly recognising that we were shy as a child and re-experiencing, in its full

    子供の頃は内気だったことを広く認識していたことと、再体験することの間で、完全に

  • intensity, what it was like to feel cowed, ignored and in constant danger of being rebuffed or mocked;

    強度は、それが臆病に感じ、無視され、拒否されたり、嘲笑されることの一定の危険にさらされているようなものでした。

  • the difference between knowing, in an abstract way, that our mother wasn't

    抽象的に知っているのと、母がそうでないことを知っているのとの違いは

  • much focused on us when we were little and reconnecting with the desolate feelings we

    幼い頃の私たちに焦点を当て、寂寥感に浸っていた頃の私たちとの再会を果たしてくれました。

  • had when we tried to share certain of our needs with her. Therapy builds on the idea

    私たちのニーズを彼女と共有しようとしたときに、私たちが持っていたものがありました。セラピーはこの考えの上に成り立っています

  • of a return to live feelings. It's only when we're properly in touch with feelings

    生きた感情に戻ることのきちんと感情に触れてこそ

  • that we can correct them with the help of our more mature facultiesand thereby

    私たちは、より成熟した能力の助けを借りて、それらを修正することができます。

  • address the real troubles of our adult lives. Oddly (and interestingly) this means intellectual

    大人になってからの本当の悩みに対処するために奇妙なことに(そして興味深いことに) これは知的な

  • people can have a particularly tricky time in therapy. They get interested in the ideas.

    人はセラピーの中でも特に厄介な時間を 過ごすことがあります彼らはアイデアに興味を持ちます

  • But they don't so easily recreate and exhibit the pains and distresses of their earlier,

    しかし、彼らはそう簡単には以前の苦しみや苦悩を再現して表に出すことはしない。

  • less sophisticated selves, though it's actually these parts of who we all are that need to

    洗練されていない自分のことですが、実際には、私たちが誰であるかのこれらの部分にこそ

  • be encountered, listened to andperhaps for the first timecomforted and reassured.

    遭遇し、耳を傾け、そして-おそらく初めて-慰められ、安心させられる。

  • We need, to get fully better, to go back in time, perhaps every week or so for a few years,

    私たちは、完全に良くなるために、時間をさかのぼって、おそらく数年間、毎週かそこらに行く必要があります。

  • and deeply relive what it was like to be us at five and nine and fifteen

    5歳、9歳、15歳の頃の私たちの姿を思い出してください。

  • and allow ourselves to weep and be terrified and furious in accordance with the reality of the situation.

    と、現実に即して泣き、恐怖と激しさに身を委ねることを許す。

  • And it is on the basis of this kind of hard-won emotional knowledge, not its more painless

    そして、それは、このような苦労して得た感情的な知識の上に成り立っているのであって、より痛みのないものではありません。

  • intellectual kind, that we may one day, with a fair wind, discover a measure of relief from some of the troubles within us.

    知的な種類のものは、いつの日か晴れた風に吹かれて、私たちの心の中にある悩みから解放されることを発見できるかもしれません。

  • Our dictionary features the language of emotional intelligence.

    私たちの辞書は、感情的な知性の言語を備えています。

  • Too often, we struggle to find the right words to explain what we mean; this dictionary is

    あまりにも多くの場合、私たちは意味を説明するための適切な言葉を見つけるのに苦労します。

  • a tool to help us convey our true emotions and intentions with economy and precision.

    本音や意図を経済的かつ正確に伝えるためのツールです。

Knowing our own minds is difficult at the best of times.

自分の心を知ることは、最高の時には難しい。

字幕と単語
AI 自動生成字幕

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B1 中級 日本語 知的 感情 小説 必要 解放 おやじ

知的に自分を知ること vs 感情的に自分を知ること

  • 504 40
    Samuel に公開 2018 年 06 月 20 日
動画の中の単語