Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Mm, donuts.

    んーードーナツ。

  • The guiltiest of guilty pleasures.

    罪深き愉しみの極み。

  • But where did the donut get its shape, and more specifically, who put the hole in the donut?

    でもドーナツの形はどうやって決まったのか。特に、ドーナツの穴は誰が考えたのか?

  • Two competing theories set the stage for what would become known as the Great Donut Debate.

    素晴らしいドーナツとはの議論で2つの議論がある。

  • If you think of the quintessential American sweet snack, it is in fact the donut.

    典型的なアメリカの甘いスナックといえば、ドーナツが思い浮かぶ。

  • That's Michel Krondl.

    それはマイケル・クロンドル。

  • He wrote this book.

    この本の著者

  • The Donut, History, Recipes, and Lore from Boston to Berlin.

    ドーナツ、歴史、レシピ、知識などボストンからベルリンまで。

  • Suffice to say Krondl is what you call a donut expert.

    クロンドルはドーナツ専門家と呼ぶには十分足りるだろう。

  • When you have something so central to a culture as the donut is to American culture, you wanna tell stories around it.

    それほどまでに文化に深く根差している何かがあれば、ドーナツがアメリカ文化にそうであるように、それについて話をしたくなる。

  • We here at Great Big Story are no exception.

    Great Big Storyの私たちも例外ではありません。

  • First part of our story takes us to 1916, where a Boston Post reporter interviewed Hanson Crockett Gregory.

    ストーリーの始めは1916年に遡ります。ボストン紙の記者がハンソン・クロケット・グレゴリーにインタビューした年です。

  • Gregory gives this long interview, where he explains how he invented it, which was that he was on board ship when he had the clever idea of poking out the middle so that the whole thing would cook evenly.

    グレゴリーはその長いインタビューのなかでどのようにドーナツを開発したのかを説明しました。それは彼が船上にいた時です。真ん中をくり抜けば、全体がまんべんなく調理されるという賢いアイディアを思いつきました。

  • This, he claims, made him the Columbus of the donut hole.

    これで彼はドーナツの穴のコロンブスとなりました。

  • Gregory's story spread like wildfire.

    グレゴリーのストーリーは山火事のように広がりました。

  • The story was picked up by newspapers all over the country.

    物語は全国の新聞紙に取り上げられました。

  • This made him a star.

    そして彼はスターになりました。

  • It was little unclear why they believed the story of an 85-year-old sailor, given the reputations sailors have.

    船乗りの評判を考えると。なぜ85歳の船乗りの話を信じたのかは少し不明です。

  • Skepticism aside, donuts grew more and more popular over the years, due in large part to a donut dunking fad.

    懐疑的な面は置いておいて、ドーナツは年月を重ねるにつれ、どんどんと人気になりました。大部分はドーナツを浸して食べるブームによるものです。

  • Donut dunking becomes a national obsession.

    ドーナツを浸すことに、国民は夢中になりました。

  • In 1941, the National Dunking Association, yes, a real thing, hosted the Great Donut Debate, where the question was "Who put the hole in the donut?" And one side of the debate was the proposal that Captain Gregory had in fact invented the donut hole as he had explained, which is as a use on the ship.

    1941年、実在するものですがthe National Dunking Associationが偉大なるドーナツ議論を開催しました。質問は、「ドーナツの穴は誰が開けたのか?」議論の一方は、グレゴリー船長が説明したように、若い頃に船の上で彼がドーナツの穴を開発したというもの。

  • And on the other side, Chief High Eagle of Wampanoag Tribe.

    一方、それに対して、ワンパノアグ族のハイ・イーグルチーフの説が書かれています。

  • Chief High Eagle had a completely different story.

    ハイ・イーグルチーフは全く異なる話をしました。

  • Many generations ago, a member of his tribe was pursuing a settler.

    何世代も前に、彼の部族のメンバーが入植者を追及していました。

  • And this settler apparently had a donut in her hand, and this young Indian brave shot an arrow, which created a hole right in the middle of the donut.

    この入植者がドーナツを持っていたらしく、若いワンパノアグ族の勇者が矢を放ったとき、ドーナツの真ん中に穴を開けたという。

  • In the end, the celebrity panel awarded Gregory with the innovation.

    結局、有名人たちはグレゴリーに革命の賞を与えた。

  • And though nobody can never prove that Hanson Crockett Gregory put the first hole in the donut, the tale lives on.

    ハンソン・クロケット・グレゴリーがドーナツに穴を開けたことを証明できませんが、物語は続いています。

Mm, donuts.

んーードーナツ。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 GreatBigStory ドーナツ グレゴリー 船乗り 入植 開け

ドーナッツに穴を開けたのは誰? (Who Put the Hole in the Donut?)

  • 26705 1054
    Evangeline に公開 2019 年 03 月 11 日
動画の中の単語