Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It's the middle of the night, let's imagine, and we've been on the earth for about three months.

    想像してみましょう。今は夜中で、私たちは地球で約3ヶ月間過ごしてきました。

  • A lot is still very unclear. We are profoundly helpless, barely able to move our own head and utterly at the mercy of others.

    まだ、多くのことが不可解です。私たちは全く無力で、自分自身の頭を動かすこともままならず、他人の言うなりです。

  • The sources of our suffering and joy lie far outside our understanding.

    私たちの苦しみや喜びの源は、理解できる範疇から遠く離れています。

  • Hugely powerful needs pass through us at regular intervals and we have no way of making sense of them to ourselveslet alone of communicating them reliably to others.

    何かを必要とする気持ちが、定期的に体を駆け巡ります。それを他人に確実に伝えるのはおろか、自分で理解することもできません。

  • A minute ago, we were asleep in a dark enveloping warmth.

    1分前、私たちは、暗く、包まれるような温かさの中で眠っていました。

  • Now, we're awake, bereft, isolated and very uncomfortable.

    今、目が覚めるとそれが失われいて、孤独で非常に不快な状態です。

  • There seems to be a pain somewhere in our stomach, but the agony is more general; we are lonely and profoundly sad.

    お腹のどこかが痛むようですが、その苦痛はより広範囲にわたるものです。寂しく、深い悲しみを感じます。

  • The room is dark and there's a mysterious set of shadows on the wall that appear and vanish at random.

    部屋は暗く、ランダムに現れては消える不思議な影が、壁にうつっています。

  • In a rising panic, we start to scream out in the darkness. Nothing happens.

    恐怖が高まり、私たちは暗闇の中で叫びます。何も起こりません。

  • We pause to recover our breath and then scream even louder. Our lungs strain with the effort.

    立ち止まって呼吸を整え、もっと大きな声で叫びます。そのせいで、肺が痛みます。

  • Still nothing and the darkness and loneliness grow ever more threatening.

    まだ何も起こりません。暗闇と寂しさが、より脅威を増します。

  • Now, true desperation sets in; this feels like the end of everything good and true and we scream as if to ward off death.

    そして、心から絶望します。良いこと、本当のことが全て終わってしまうような気がして、死を避けるかのように叫びます。

  • At last, just when it seems we could not go on any further, the door opens.

    もう、これ以上行けないように思えた時、ついに扉が開きます。

  • A warm orange light is turned on. It's a familiar face.

    温かいオレンジ色の光が灯ります。見慣れた顔です。

  • They smile at us, say the name they often use around us, pick us up and put us against their shoulder.

    私たちに微笑みかけ、よく耳にする名前を言って、私たちを引っぱりあげ、肩にのせてくれます。

  • We can hear a familiar heart beating next to ours and a warm hand caressing the top of our head.

    隣で、親しみある心臓の鼓動がして、温かい手が、私たちの頭をなでてくれます。

  • They gently move us to and fro, and sing a tender, sweet song.

    私たちを前後に優しくゆり動かし、優しく、素敵な歌を歌ってくれます。

  • Our sobs start to abate, we pull a weak smile; it feels like the vicious demons and merciless goblins have been sent packing and that life could be bearable after all.

    悲しみがやわらぎ始め、私たちはかすかに笑みを浮かべます。悪意ある悪魔や、無情なゴブリンたちは追い払われ、人生は結局、耐えられるものであるような気がします。

  • Soothing is one of the kindest gestures that humans ever perform for one another.

    慰めというのは、人間が互いに行う、最も親切心ある行動の1つです。

  • It must lie close to the core of love and is what can make the difference between a desire to die and the capacity to endure.

    それは愛情の中心近くにあるもので、死にたいと思う気持ちと、忍耐力との間の違いを生み出すものです。

  • Awkwardly, it tends to be very hard to soothe ourselves, unless we have firstusually in childhoodbeen properly soothed by someone else.

    厄介なことに、通常、子どもの時に誰かにきちんと慰めてもらえていない限り、自分自身を慰めるのは、非常に難しい傾向があります。

  • A capacity for self-soothing is the legacy of a history of nurture.

    自分自身を慰める能力は、育てられ方の名残なのです。

  • If we've been picked up enough times early on, and sufficiently reassured in the midst of panic that we will make it,

    子どもの時に、十分にだっこしてもらったり、パニックのさなかに「大丈夫だよ」と安心させてもらえていれば、

  • then one part of the mind learns the art and can practice it on the otherand eventually, on people outside us, too.

    心のある部分において、自分を慰める術を身につけ、それを別の部分で実践できます―そして最終的に、自分以外の人にも実践できるようになります。

  • At moments of crisis, we find ourselves able to access a voice that calms the waves of fear and the blows of self-hatred; we can sort this out;

    危機に瀕したら、恐怖の波を落ち着かせ、自己嫌悪感を振り払ってくれる声を、聞くことができるようになります―上手くできるよ。

  • we'll have a conversation with them; people understand; and screw them if they don't; what matters is you; you are good and valuable.

    会話をするんだ。理解してもらえるよ。理解してもらえないなら、放っておけば良い。大事なのはあなた。あなたは素晴らしいし、価値がある。

  • We have available an unflustered, resolute response as much to the most awful events as to routine panics.

    通常起きるようなパニックにも、最もひどい出来事にも、落ち着いた、断固とした反応ができるのです。

  • We have a faith that we can endure, that something will show up and that we don't deserve the worst.

    信念を持てるのです―自分は耐えられる、何かが出てきてくれる、自分は、最悪の状態に苦しむには値しない。

  • Reflecting on the art of soothing may bring into focus just how much we are missing.

    慰める術について考えると、私たちがどれだけのことを見逃しているか、浮き彫りになるかもしれません。

  • We're not mysteriously deficient, we were brought up by adults who were themselves not soothed.

    私たちが、変に不足しているのではありません。私たちは、慰められなかった大人に育てられたのです。

  • We need to grow attentive and deeply sympathetic to the missing bits of our psyche.

    私たちの精神の中で、欠けている部分に注意し、深く思いやれるようになる必要があるのです。

  • It's because we didn't benefit from soothing that life is so much harder than it should be;

    慰めの恩恵を受けなかったせいで、本来よりも、人生がずっと難しいものになっています。

  • that nowadays rejection is so bitter, social media is so frightening, disapproval feels so fatal, ambiguity is so unbearable,

    昨今では、拒絶というのが非常に辛いものになっています。SNS は恐ろしいもので、認められなければ致命的な気がして、曖昧さにとても耐えられなくて、

  • sleep feels so unearnt, holidays are so worrying, the caresses of others feel so alienand so many of our days and nights are rocked by what feel like near-death experiences.

    十分に寝た気がしなくて、休日がすごく不安で、他人になでてもらっても親しみが感じられません。そして、私たちの一日や夜の多くは、臨死体験のようなもので揺り動かされます。

  • There areone must believesubstitutes and opportunities for catching up.

    こう信じるしかありません―それに代わるもの、追いつくチャンスがあるのだと。

  • We can have recourse to music, diaries, beds, baths but, most importantly, other people.

    頼ることができるのは、音楽、日記、ベッド、お風呂、そして、最も重要なのが、他の人たちです。

  • However, seeking out the sort of people who can soothe us may be the hardest step.

    でも、自分を慰めてくれるような人を探すのが、一番難しいステップかもしれません。

  • We may mistake a capacity to soothe for weakness or naivety.

    慰められる能力を、弱みやナイーブさと履き違えてしまうかもしれません。

  • We may take the soother for a fool. We may need soothing so much, we find ourselves unable to ask for it nicely,

    慰める人を、ばかにしてしまうかもしれません。何かが必要なあまり、それを丁寧にお願いすることができず、

  • shouting counter-productively insteador else we withdraw into defensive independence because help feels like it hasn't come soon enough.

    逆に、叫んでしまうかもしれません。もしくは、すぐに助けてもらえなかった気がして、独立して守りの姿勢に入ってしまうかもしれません。

  • Those in the greatest need of soothing often have no idea of what is missing, no sensible way of articulating their needand a dogged suspicion of kindness were it to be offered to them.

    慰めを最も必要としている人たちは、大抵の場合、自分に何が欠けているか分かっておらず、自分が必要としていることを、はっきりと説明する賢明な方法もありません。そして慰めてもらっても、頑なに、その親切さを疑います。

  • We should strive not to make things constantly scarier in our own minds than they are in reality.

    心の中で、常に、物事を実際より怖いものとしないよう、私たちは努力すべきです。

  • We should offer soothing continuously to othersand insist to the more skeptical and parched parts of our own minds that they too deserve one day to be the beneficiaries of kindness and reassurance.

    他人を継続的に、慰めてあげるべきです。そして、自分自身の心の中の、より疑り深くてドライな部分に向かって、「君たちも、いつか、優しさや安心感の恩恵を受けるべきなんだよ」と言い聞かせるのです。

  • Thank you for watching, remember to like the video and subscribe to our channel for more.

    ご覧いただき、ありがとうございました。ビデオに「いいね」とチャンネル登録をして、もっと見てくださいね。

  • Our calm prompt cards can help us find serenity despite daily anxieties and frustrations. To find out more, click on the link now.

    私たちの「落ち着き促進カード」を使えば、日々の不安やイライラの中で、安らぎを見つけられますよ。リンクをクリックして、詳しい情報を見てください。

It's the middle of the night, let's imagine, and we've been on the earth for about three months.

想像してみましょう。今は夜中で、私たちは地球で約3ヶ月間過ごしてきました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 癒し 孤独 パニック 自身 覚め 癒す

心を健康に保つ!自分を癒してあげる方法

  • 12179 895
    Evangeline に公開 2021 年 05 月 18 日
動画の中の単語