Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • On July 4, 2015, a NASA spacecraft called New Horizons was 5 billion kilometers away from Earth.

    2015年7月4日にニュー・ホライズンズと呼ばれるNASAの宇宙船は、地球から50億キロ離れていた。

  • It was only 10 days away from Pluto, after flying for 9.5 years when it suddenly dropped out of contact.

    冥王星からは9年半もの間飛行して、わずか10日しか離れていなかった。急に連絡が取れなくなった時に

  • But let's back up a little.

    でも、少し話を戻しましょう。

  • As of 1989, mankind had successfully sent craft to every known planet in the solar system except onePluto.

    1989年の時点では人類は太陽系全惑星への探査機派遣に成功していた ワン・プルートを除く

  • You may have heard that astronomers don't consider Pluto or its brethren to be planets.

    天文学者は冥王星を考慮していないと聞いたことがあるかもしれませんがまたはその兄弟が惑星であること。

  • However, most planetary scientists still do, which is why we're using that terminology here.

    しかし、ほとんどの惑星科学者は今でもそうしています。だからこそ、ここではその用語を使っているのです。

  • There's a limited amount we can learn about Pluto from Earth because it's so far from us.

    地球から冥王星について学べることは限られている私たちから離れているからです。

  • Pluto, however, is a scientific goldmine.

    しかし、冥王星は科学的な金鉱です。

  • It's located in a region called the Kuiper Belt, home to many small planets, hundreds of thousands of ancient icy objects, and trillions of comets.

    カイパーベルトと呼ばれる地域にあります。多くの小さな惑星があります。 何十万個もの古代の氷の物体 と何兆個もの彗星。

  • This mysterious region holds clues to the formation of our solar system, and it was long, tantalizingly beyond our reach.

    この神秘的な領域は、太陽系の形成の手がかりを与えてくれます。私たちの手の届かないところまで来ていた

  • Until New Horizons.

    新しい地平線まで。

  • Its objectives: explore Pluto, collect as much scientific data as possible, transmit it back to Earth, then explore farther out in the Kuiper Belt.

    その目的は、冥王星を探索することです。できるだけ多くの科学的データを収集してください。 それを地球に送り返します。 その後、カイパーベルトの奥へと進んでいきます。

  • To achieve this, the New Horizons team outfitted their craft with seven state-of-the-art scientific instruments.

    これを実現するために、ニューホライズンズのチームはクラフトを装備しました。7つの最先端の科学機器を備えています。

  • Those included Ralph, a set of cameras powerful enough to capture features the size of city blocks in Manhattan from tens of thousands of kilometers away.

    その中にはラルフも含まれていました。迫力満点 を使って、何万キロも離れたマンハッタンの街のブロックの大きさの特徴をキャプチャします。

  • And REX, designed to use radio waves to measure Pluto's atmospheric pressure and temperature.

    そして、電波を利用して設計されたREX冥王星の気圧や温度を測定するために

  • All of the onboard equipment had to be built to be both reliable and lightweight because New Horizons had an additional challenge; it had to reach its target as fast as possible.

    すべての車載機器は、信頼性と軽量性を両立させるために作られなければなりませんでした。なぜなら、ニューホライズンズには追加の課題があったからです。 それは、できるだけ早く目標に到達する必要がありました。

  • Why?

    なぜ?

  • Around 2020, Pluto will reach a point in its orbit where its atmosphere could freeze.

    2020年頃、冥王星は軌道上のある地点に到達する大気が凍結する可能性がある

  • And due to the tilt of its axis, more and more of Pluto's surface is shrouded in darkness every year.

    そして、その軸が傾いているために冥王星の地表は年々闇に包まれている。

  • Pluto completes a full orbit once every 248 Earth years, so it would be a long wait for the next prime opportunity to visit.

    冥王星は248年に一度、地球年に一度の完全軌道を周回します。なので、次の絶好の機会を待つことになります。

  • To see how New Horizons got to Pluto in time, let's jump to its launch.

    ニューホライズンズがどのようにして冥王星に間に合ったのかを見るために。その発売に飛びついてみましょう。

  • Its three rocket stages accelerated New Horizons to such great speeds that it crossed the 400,000 kilometers to the moon in just nine hours.

    その3つのロケットステージは、ニュー・ホライズンズをこれほどのスピードに加速させた。それはわずか9時間で月までの40万キロを横断しました。

  • About a year later, the craft reached Jupiter and got what's called a gravity assist.

    約1年後、木星に到達そして、重力アシストと呼ばれるものを手に入れた。

  • That's where it flies close enough to the gas giant to receive a gravitational slingshot effect.

    そこはガスの巨人の近くを飛ぶところだ重力のあるパチンコ効果を受けることができます。

  • New Horizons was then flying at around 50,000 kilometers per hour, as it would for the next eight years to cross the remaining gulf to Pluto.

    その後、ニューホライズンズは時速5万キロ前後で飛行していました。冥王星への残りの湾を横断するために、それは次の8年間のように。

  • Going at such an astonishing speed meant that slowing down to get into orbit or land would've been impossible.

    驚くべきスピードで進む軌道に乗るために速度を落としても、着陸するためには不可能だったということです。

  • That's why New Horizons was on a flyby mission, where it would get just one chance to scream by Pluto and make its observations.

    だからニューホライズンズはフライバイ作戦をしていたのです。冥王星のそばで悲鳴を上げ、観測を行う一度きりのチャンスを得ることができます。

  • The flyby would have to be fully automated, since at that distance, any signals to guide it from Earth would take 4.5 hours to reach it.

    フライバイは完全に自動化されていなければならないだろう。その距離では、地球からそれを導くためのどんな信号も それに到達するのに4時間半かかる。

  • So the team loaded the ship's computer with a series of thousands of commands, called the core load, that would begin to execute when the craft was 6.5 days from Pluto.

    そこでチームは船のコンピューターに何千ものコマンドを読み込ませた。コアロードと呼ばれる 冥王星から6.5日後に実行を開始します

  • But when New Horizons was just ten days out, disaster almost struck.

    しかし、ニュー・ホライズンズが出たのは10日後だった。災難に見舞われそうになった。

  • Ground control lost contact with the spacecraft.

    地上管制官が宇宙船との接触を失った。

  • After two nerve-wracking hours, New Horizons came back online,

    神経をすり減らした2時間後、ニューホライズンズがオンラインに戻ってきた。

  • but mission control discovered that its main computer had rebooted,

    しかし、ミッション・コントロールはメイン・コンピュータが再起動したことを発見しました。

  • losing the entire core load and other critical data.

    コア負荷やその他の重要なデータをすべて失うことになります。

  • Without that, it would soon whizz by Pluto with virtually nothing to show for the mission.

    それがなければ、それはすぐに冥王星のそばを通過するだろう任務のために何も見せてくれない

  • Alice Bowman, the mission's Operations Manager,

    オペレーション・マネージャーのアリス・ボウマンです。

  • led a team for 72 sleepless hours to get the instructions loaded back into New Horizons in time.

    陣を率いて七十二夜の指示を仰ぐ時間内にニューホライズンズに戻ってきました。

  • Without room for a single error, she and her team pulled it off, and New Horizons began taking and broadcasting breathtaking images.

    1つのミスも許されず、彼女とチームはそれを見事に引き出した。とニューホライズンズは、息を呑むような映像の撮影と放送を開始しました。

  • Those observations have revealed a delightfully varied world,

    これらの観察は、楽しく変化に富んだ世界を明らかにしてくれました。

  • with ground fogs,

    グラウンドフォグで。

  • high altitude hazes,

    高高度ハザード

  • possible clouds,

    可能性のある雲。

  • canyons,

    峡谷

  • towering mountains,

    聳え立つ山々。

  • faults,

    欠点があります。

  • craters,

    クレーター。

  • polar caps,

    ポーラーキャップ。

  • glaciers,

    氷河があることを示しています。

  • apparent dune fields,

    見かけの砂丘畑。

  • suspected ice volcanoes,

    氷の火山が疑われる

  • evidence for past flowing liquids, and more.

    過去に流れていた液体の証拠などと言っていました。

  • One of the most exciting discoveries is the 1000-kilometer-wide Sputnik Planitia glacier.

    最もエキサイティングな発見の一つは、幅1000キロのスプートニク・プラニシア氷河です。

  • Sputnik Planitia is mainly composed of slowly churning frozen nitrogen, and we've never seen anything like it in our solar system.

    スプートニク・プラニシアは、主にゆっくりと凍った窒素を攪拌することで構成されています。太陽系では見たことがありません

  • The exploration of Pluto was a great success, but New Horizons isn't done yet.

    冥王星の探査は大成功だった。しかし、ニューホライズンズはまだ終わっていません。

  • On January 1, 2019,

    2019年1月1日に

  • it'll break its own record for furthest explored object when it visits a Kuiper Belt Object called 2014 MU69,

    2014年MU69と呼ばれるカイパーベルト天体を訪問した際には、最も遠くまで探査された天体の記録を更新することになります。

  • which is orbiting the sun another billion kilometers farther away than Pluto.

    冥王星よりもさらに10億キロも離れたところにある太陽を周回している。

  • The world is holding its breath to see what it'll find there.

    世界はそこに何があるのかと息巻いている。

On July 4, 2015, a NASA spacecraft called New Horizons was 5 billion kilometers away from Earth.

2015年7月4日にニュー・ホライズンズと呼ばれるNASAの宇宙船は、地球から50億キロ離れていた。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed キロ 惑星 探査 到達 地球

史上最も遠い世界、冥王星への旅 - アラン・スターン

  • 7128 470
    Evangeline に公開 2018 年 05 月 28 日
動画の中の単語