Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Back in the 1980s, actually, I gave my first talk at TED,

    翻訳: Eriko T 校正: Tomoyuki Suzuki

  • and I brought some of the very, very first public demonstrations

    1980年代に私は初めて TEDで講演しましたが

  • of virtual reality ever to the TED stage.

    世界で最初のVR(仮想現実)のデモを

  • And at that time, we knew that we were facing a knife-edge future

    TEDの舞台でいくつか披露しました

  • where the technology we needed,

    当時 私たちは 未来は危うい状況にあり

  • the technology we loved,

    私たちが必要とし

  • could also be our undoing.

    愛したテクノロジーが

  • We knew that if we thought of our technology

    私たちを破滅に導くかもしれないと 気づいていました

  • as a means to ever more power,

    私たちは もしテクノロジーを

  • if it was just a power trip, we'd eventually destroy ourselves.

    権力を手にする道具だと考え 権力を握ること自体が目的化したら

  • That's what happens

    人類は自滅するだろうと わかっていました

  • when you're on a power trip and nothing else.

    権力だけを追求すると

  • So the idealism

    そうなるものです

  • of digital culture back then

    当時のデジタル・カルチャーの 理想は

  • was all about starting with that recognition of the possible darkness

    何よりもまず この闇へ陥る可能性を認識した上で

  • and trying to imagine a way to transcend it

    それを美や創造性で乗り越える方法を

  • with beauty and creativity.

    模索することだったのです

  • I always used to end my early TED Talks with a rather horrifying line, which is,

    私はいつも自分のTEDトークを やや恐怖感を煽る文句で締めくくりました

  • "We have a challenge.

    「私たちには課題があります

  • We have to create a culture around technology

    テクノロジーの周辺に

  • that is so beautiful, so meaningful,

    美しく 意義深く

  • so deep, so endlessly creative,

    深淵で 終わりなき創造性と

  • so filled with infinite potential

    無限の可能性に溢れた カルチャーを生み出し

  • that it draws us away from committing mass suicide."

    我々を自滅の道から救わなければ」

  • So we talked about extinction as being one and the same

    つまり 我々の絶滅と 魅惑的で無限の創造性に満ちた—

  • as the need to create an alluring, infinitely creative future.

    未来を創る必要性を 表裏一体のものとして語ったんです

  • And I still believe that that alternative of creativity

    今でも 人類の滅亡にとって代わるものが

  • as an alternative to death

    創造性であるという考えは

  • is very real and true,

    とても現実的であり 正しい考えだと思っています

  • maybe the most true thing there is.

    これはおそらく最も確かな真実でしょう

  • In the case of virtual reality --

    VRに関しては

  • well, the way I used to talk about it

    私はこんな風に言っていたものです

  • is that it would be something like

    「人類が言葉を発見したときのようなことが 起こるだろう」

  • what happened when people discovered language.

    言葉のお陰で 新しい冒険や 新たな深み、新しい意味

  • With language came new adventures, new depth, new meaning,

    新しい交流の方法 新しい協力の方法

  • new ways to connect, new ways to coordinate,

    想像の方法や 子供を育てる方法が生まれましたが

  • new ways to imagine, new ways to raise children,

    VRによって 会話のようなものでありつつも

  • and I imagined, with virtual reality, we'd have this new thing

    覚醒しながら意識的に夢を見るような 新たなものが生まれると想像していました

  • that would be like a conversation

    それをこう呼びました 「ポスト記号的コミュニケーション」

  • but also like waking-state intentional dreaming.

    記号を使って何かを間接的に 言い表す代わりに

  • We called it post-symbolic communication,

    VRは 体験を直接表現する ようなものだからです

  • because it would be like just directly making the thing you experienced

    それは美しいビジョンで 私は今もそれを信じています

  • instead of indirectly making symbols to refer to things.

    ですが その美しいビジョンを 脅かしたのは

  • It was a beautiful vision, and it's one I still believe in,

    そのビジョンが陥る可能性のある 暗黒面でした

  • and yet, haunting that beautiful vision

    ある先駆的コンピューター・ サイエンティストについて

  • was the dark side of how it could also turn out.

    お話ししてみようと思います

  • And I suppose I could mention

    ノーバート・ウィナーという人で

  • from one of the very earliest computer scientists,

    私が生まれる前の1950年代に

  • whose name was Norbert Wiener,

    『人間機械論』という本を 著しました

  • and he wrote a book back in the '50s, from before I was even born,

    その中で彼は

  • called "The Human Use of Human Beings."

    人々からデータを収集し 即時にフィードバックをする

  • And in the book, he described the potential

    コンピューター・システムを作る 可能性を述べていました

  • to create a computer system that would be gathering data from people

    これは行動主義者が考え出した装置 スキナー箱に人々を入れるようなものですが

  • and providing feedback to those people in real time

    データは統計学的に分析されます

  • in order to put them kind of partially, statistically, in a Skinner box,

    彼が言った卓越した一節に こういうものがあります

  • in a behaviorist system,

    「思考実験として こう想像できる—」

  • and he has this amazing line where he says,

    これは引用ではなく 私が言い換えていますが

  • one could imagine, as a thought experiment --

    「世界規模の コンピューター・システムを想像できる

  • and I'm paraphrasing, this isn't a quote --

    そこでは誰もが常時デバイスを身につけ

  • one could imagine a global computer system

    デバイスが彼らの行動に基づき フィードバックを与える

  • where everybody has devices on them all the time,

    そして全人類が

  • and the devices are giving them feedback based on what they did,

    ある程度の行動変容をさせられるようになる

  • and the whole population

    そして そのような社会は狂っていて

  • is subject to a degree of behavior modification.

    存続も 社会問題の解決も ままならないだろう」

  • And such a society would be insane,

    そしてこう続きます 「しかしこれは思考実験に過ぎず

  • could not survive, could not face its problems.

    そんな未来は技術的に実現不可能である」

  • And then he says, but this is only a thought experiment,

    (笑)

  • and such a future is technologically infeasible.

    でも もちろん そんな技術を 作り出してしまったのですから

  • (Laughter)

    人類の存続のために 取り消さなければならないのです

  • And yet, of course, it's what we have created,

    つまり

  • and it's what we must undo if we are to survive.

    (拍手)

  • So --

    人類は 非常に特殊な間違いを

  • (Applause)

    初期の頃に犯してしまったのだと 思います

  • I believe that we made a very particular mistake,

    そして犯してしまった間違いを 理解することで

  • and it happened early on,

    それを正すことができます

  • and by understanding the mistake we made,

    その間違いは1990年代に起こり

  • we can undo it.

    まさに世紀末に差し掛かる頃でした

  • It happened in the '90s,

    こういうことです

  • and going into the turn of the century,

    黎明期のデジタル・カルチャーには

  • and here's what happened.

    ― 実のところ 現在もそうですが ―

  • Early digital culture,

    左派的、社会主義的使命感が あったと思います

  • and indeed, digital culture to this day,

    それは本の発明などの

  • had a sense of, I would say, lefty, socialist mission about it,

    他の発明には無かったもので

  • that unlike other things that have been done,

    インターネット上の全てのものは 大衆に自由に公開され

  • like the invention of books,

    無料で提供されるべきだというものです

  • everything on the internet must be purely public,

    なぜなら 経済的な原因で アクセスできない人が一人でもいれば

  • must be available for free,

    それが甚だしい不平等を 生み出すからです

  • because if even one person cannot afford it,

    さてもちろん それを解消するには他にも方法があります

  • then that would create this terrible inequity.

    本が高価なら 図書館に行けば良い

  • Now of course, there's other ways to deal with that.

    などなどです

  • If books cost money, you can have public libraries.

    でも私たちは 「いやいや これは特別なもので

  • And so forth.

    純粋に共有空間にすべきなんだ」と 考えていました

  • But we were thinking, no, no, no, this is an exception.

    その精神は今も生きていて

  • This must be pure public commons, that's what we want.

    ウィキペディアや多くのものの仕組みに

  • And so that spirit lives on.

    それを見ることができます

  • You can experience it in designs like the Wikipedia, for instance,

    ですが同時に

  • many others.

    私たちは同じ程度の情熱で

  • But at the same time,

    これとは完全に相入れないものを もう一つ信じていました

  • we also believed, with equal fervor,

    テクノロジー起業家達です

  • in this other thing that was completely incompatible,

    私たちはスティーブ・ジョブズを崇め

  • which is we loved our tech entrepreneurs.

    技術オタクが世界に風穴を開けるという ニーチェ的神話を愛しました

  • We loved Steve Jobs; we loved this Nietzschean myth

    そうでしたね?

  • of the techie who could dent the universe.

    その神秘的な力は 未だに影響を及ぼし続けています

  • Right?

    そう これらの2つの異なるものへの 情熱があるのです

  • And that mythical power still has a hold on us, as well.

    「あらゆるものを無料に」

  • So you have these two different passions,

    「まるで超自然的な力を持つテック起業家」

  • for making everything free

    全てが無料だとしたら 起業家精神は どのような報酬で報いられるのでしょう?

  • and for the almost supernatural power of the tech entrepreneur.

    その当時は広告モデルしか その方法が無かったんです

  • How do you celebrate entrepreneurship when everything's free?

    それでGoogleが無料サービスとして 広告モデルを携えて誕生しました

  • Well, there was only one solution back then,

    Facebookも然り

  • which was the advertising model.

    初めは— それはごく初期のGoogleのように

  • And so therefore, Google was born free, with ads,

    カワイイものでした

  • Facebook was born free, with ads.

    (笑)

  • Now in the beginning, it was cute,

    それはごく当たり前の広告で

  • like with the very earliest Google.

    地域の歯医者さんの宣伝なんかでした

  • (Laughter)

    しかし「ムーアの法則」 というものに従い

  • The ads really were kind of ads.

    コンピューターの性能がどんどん上がり 価格は下がっていきます

  • They would be, like, your local dentist or something.

    アルゴリズムも向上していきます

  • But there's thing called Moore's law

    大学の研究者によって

  • that makes the computers more and more efficient and cheaper.

    アルゴリズムはどんどん進化します

  • Their algorithms get better.

    システムを使う顧客や企業などは

  • We actually have universities where people study them,

    経験値を高め 知恵をつけていきました

  • and they get better and better.

    そうして単なるネットの広告だったものは

  • And the customers and other entities who use these systems

    もはやそう呼べないものに進化し

  • just got more and more experienced and got cleverer and cleverer.

    行動変容装置へと進化しました

  • And what started out as advertising

    ノーバート・ウィーナーが 憂慮したとおりのことが起きたのです

  • really can't be called advertising anymore.

    もはや これは 「ソーシャル・ネットワーク」と呼べず

  • It turned into behavior modification,

    私は「行動変容帝国」と呼んでいます

  • just as Norbert Wiener had worried it might.

    (拍手)

  • And so I can't call these things social networks anymore.

    特定の個人を非難する気はありません

  • I call them behavior modification empires.

    テック企業には大事な友人がいるんです

  • (Applause)

    Googleに会社を売却したりして— それも帝国の一つですが

  • And I refuse to vilify the individuals.

    これは「悪人たちが悪事を働いた」 といったようなことではなく

  • I have dear friends at these companies,

    世界的規模で起きた 悲劇的で

  • sold a company to Google, even though I think it's one of these empires.

    驚くほど馬鹿げた 間違いだと思っています

  • I don't think this is a matter of bad people who've done a bad thing.

    悪の波が押し寄せた なんてものではありません

  • I think this is a matter of a globally tragic,

    この特殊な間違いの仕組みを

  • astoundingly ridiculous mistake,

    もう一段 詳しく説明しましょう

  • rather than a wave of evil.

    行動主義の考えに従い

  • Let me give you just another layer of detail

    ネズミであれ 犬であれ 人であれ 生き物に対し

  • into how this particular mistake functions.

    ちょっとしたご褒美や 時には罰を

  • So with behaviorism,

    行動へのフィードバックとして与えます

  • you give the creature, whether it's a rat or a dog or a person,

    檻に入った動物だったら キャンディーや電気ショックを与えますが

  • little treats and sometimes little punishments

    スマートフォンをもった人に対しては

  • as feedback to what they do.

    そういうものの代わりに 罰や報酬を象徴で与えます

  • So if you have an animal in a cage, it might be candy and electric shocks.

    初期の行動主義者だったパブロフは

  • But if you have a smartphone,

    有名な原理を証明しました

  • it's not those things, it's symbolic punishment and reward.

    ベルを鳴らすだけで犬に涎を 垂らさせたのです 象徴への反応です

  • Pavlov, one of the early behaviorists,

    ソーシャル・ネットワークでは

  • demonstrated the famous principle.

    社会的賞罰が 報酬や罰として機能します

  • You could train a dog to salivate just with the bell, just with the symbol.

    皆さんがご存知の あの気持ちです

  • So on social networks,

    皆さんはこんなスリルを感じます

  • social punishment and social reward function as the punishment and reward.

    「誰かが私の投稿をいいねした いいねが伸びてる!」

  • And we all know the feeling of these things.

    あるいは罰の方 「ああ 私は人気が無い

  • You get this little thrill --

    もっと人気のある人がいるんだな」

  • "Somebody liked my stuff and it's being repeated."

    皆に共通する このような2つの感情が

  • Or the punishment: "Oh my God, they don't like me,

    少しずつ与えられ 皆さんはループに囚われてしまいます

  • maybe somebody else is more popular, oh my God."

    これはシステムの創始者たちの多くが 公に認めていることです

  • So you have those two very common feelings,

    誰もがこの事態を理解しています

  • and they're doled out in such a way that you get caught in this loop.

    しかし

  • As has been publicly acknowledged by many of the founders of the system,

    行動主義の学術研究においては 伝統的に

  • everybody knew this is what was going on.

    ネガティブとポジティブ刺激を 比較してきました

  • But here's the thing:

    ところが この商業的環境では

  • traditionally, in the academic study of the methods of behaviorism,

    学問の世界では しばらく注目されてこなかった

  • there have been comparisons of positive and negative stimuli.

    2種の刺激についての 新たな見方が生まれています

  • In this setting, a commercial setting,

    学問的な見方と違う点は ポジティブな刺激が

  • there's a new kind of difference

    状況によっては ネガティブな刺激よりも効果があるにせよ

  • that has kind of evaded the academic world for a while,

    ネガティブな刺激は 安上がりだということです

  • and that difference is that whether positive stimuli

    ネガティブな刺激は お手頃なんです

  • are more effective than negative ones in different circumstances,

    つまり 信頼を築くよりも

  • the negative ones are cheaper.

    信頼失う方が 簡単に起きるということです

  • They're the bargain stimuli.

    愛を築くには長い時間がかかりますが

  • So what I mean by that is it's much easier

    壊れるのはあっという間です

  • to lose trust than to build trust.

    この行動変容帝国の顧客たちは

  • It takes a long time to build love.

    超高速のループにいます

  • It takes a short time to ruin love.

    まるで高頻度取引トレーダーのようです

  • Now the customers of these behavior modification empires

    購入者からフィードバックを受けたり

  • are on a very fast loop.

    購入でなければ ユーザーの行動から フィードバックを受けたりすることで

  • They're almost like high-frequency traders.

    企業側は何が効果があるか理解し それを更に提供します

  • They're getting feedbacks from their spends

    つまり フィードバックを 即座に受けることとは

  • or whatever their activities are if they're not spending,

    より頻繁にネガティブな感情に 反応しています

  • and they see what's working, and then they do more of that.

    何故ならそれらがより素早く 生じる感情だからです そうでしょう?

  • And so they're getting the quick feedback,

    ですから 善意の企業が

  • which means they're responding more to the negative emotions,

    自分たちは ただ歯磨き粉を 宣伝しているだけと思っていたとしても

  • because those are the ones that rise faster, right?

    ネガティブな人々

  • And so therefore, even well-intentioned players

    ネガティブな気持ちの人 気分屋

  • who think all they're doing is advertising toothpaste

    偏執症患者

  • end up advancing the cause of the negative people,

    皮肉屋やニヒリストの主張を 宣伝する羽目に陥ってしまいます

  • the negative emotions, the cranks,

    そういう人々が このシステムによって増長するのです

  • the paranoids,

    このような企業にお金を払って 急に世界を良い場所に変えたり

  • the cynics, the nihilists.

    民主主義を改善したりするのは

  • Those are the ones who get amplified by the system.

    お金を払って こうしたものを 壊すほどには簡単にできません

  • And you can't pay one of these companies to make the world suddenly nice

    つまりこれが私たちが自らを追い込んだ ジレンマというわけです

  • and improve democracy

    別の手段は 骨を折って時間を巻き戻し

  • nearly as easily as you can pay to ruin those things.

    選択をやり直すことです

  • And so this is the dilemma we've gotten ourselves into.

    それは2つの事を意味します

  • The alternative is to turn back the clock, with great difficulty,

    まず経済的に余裕のある多くの人々が

  • and remake that decision.

    こうしたサービスに代金を支払うことです

  • Remaking it would mean two things.

    サーチ・エンジンやSNSの 利用料金を支払うんです

  • It would mean first that many people, those who could afford to,

    支払いの方法は 購読料や

  • would actually pay for these things.

    利用しただけ支払う マイクロ・ペイメントが考えられます

  • You'd pay for search, you'd pay for social networking.

    他にも色々な選択肢が考えられます

  • How would you pay? Maybe with a subscription fee,

    もし皆さんの中には ひるんでしまい

  • maybe with micro-payments as you use them.

    「まさか こんなものに金を出すなんて考えられない

  • There's a lot of options.

    支払う人なんているだろうか?」 と考える方がいたら

  • If some of you are recoiling, and you're thinking,

    最近起こった事を思い出して欲しいのですが

  • "Oh my God, I would never pay for these things.

    Google や Facebookといった会社が

  • How could you ever get anyone to pay?"

    無料サービスに基づくビジネス構想を 練り上げていた同じ頃

  • I want to remind you of something that just happened.

    サイバー・カルチャー界隈の人々の多くは

  • Around this same time

    将来テレビや映画が ウィキペディアと同じような仕組みで

  • that companies like Google and Facebook were formulating their free idea,

    作られるようになると信じていました

  • a lot of cyber culture also believed that in the future,

    ところが Netflix、Amazon、HBOなどが

  • televisions and movies would be created in the same way,

    「購読すれば 素晴らしい番組を 提供しますよ」と言ったんです

  • kind of like the Wikipedia.

    そして成功しました!

  • But then, companies like Netflix, Amazon, HBO,

    私たちは現在この「テレビの黄金時代」に 生きていますよね?

  • said, "Actually, you know, subscribe. We'll give you give you great TV."

    だから 代金を払ったら 良いこともあるんですよ

  • And it worked!

    仮に「ソーシャルメディア黄金時代」を

  • We now are in this period called "peak TV," right?

    (拍手)

  • So sometimes when you pay for stuff, things get better.

    仮に「ソーシャルメディア黄金時代」を 想像してみましょう

  • We can imagine a hypothetical --

    それはどんなものになるでしょうか?

  • (Applause)

    ログインすると ゴミのような情報ではなく

  • We can imagine a hypothetical world of "peak social media."

    信頼できる情報源からの とても有益な医療アドバイスが得られ

  • What would that be like?

    事実に基づいた情報を探す時

  • It would mean when you get on, you can get really useful,

    そこには奇妙で偏執的な 陰謀論は存在しません

  • authoritative medical advice instead of cranks.

    この素晴らしいもう一つの世界も 想像することができます

  • It could mean when you want to get factual information,

    ああ!

  • there's not a bunch of weird, paranoid conspiracy theories.

    私はそれを夢見て それが実現可能だと信じています

  • We can imagine this wonderful other possibility.

    実現できると確信しています

  • Ah.

    そして GoogleやFacebookなどの企業は

  • I dream of it. I believe it's possible.

    そのような世界で もっと成功するだろうと信じています

  • I'm certain it's possible.

    私はシリコン・バレーが 罰を受けるべきだとは思いません

  • And I'm certain that the companies, the Googles and the Facebooks,

    私たちは単に選択し直せばいいんです

  • would actually do better in this world.

    大テクノロジー企業の中で

  • I don't believe we need to punish Silicon Valley.

    ビジネスプランが 行動変容とスパイ行為に依存しているのは

  • We just need to remake the decision.

    実は2社しかありません

  • Of the big tech companies,

    Google と Facebookです

  • it's really only two that depend on behavior modification and spying

    (笑)

  • as their business plan.

    私は彼らが好きですよ

  • It's Google and Facebook.

    本当です 社員は素晴らしい人ばかりです

  • (Laughter)

    ただ 言わせてもらえば

  • And I love you guys.

    例えばGoogleでは

  • Really, I do. Like, the people are fantastic.

    コストセンターをこれらの会社と共に 際限無く増やしていくことができますが

  • I want to point out, if I may,

    プロフィットセンターは 増やせません

  • if you look at Google,

    彼らは病みつきになっていて ビジネスモデルの多様化ができません

  • they can propagate cost centers endlessly with all of these companies,

    ユーザー達と共に このビジネスモデルに夢中になっているのです