Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Ten years in the making, Avengers: Infinity War is the culmination of all of Marvel's

    10年の歳月をかけて制作された『アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー』は、マーベルの全ての作品の集大成となる作品です。インフィニティ・ウォー』は、マーベルの全ての作品の集大成とも言える作品です。

  • awesome efforts on the big screen, marking the end of many thingsand very likely

    大画面での素晴らしい努力は、多くのものの終わりを示している...そして、非常に可能性が高い

  • the beginning of even more things.

    さらに多くのことの始まりです。

  • And even though Infinity War is pretty focused on the here and now rather than the deeper

    インフィニティ・ウォーはもっと深いところではなく、今ここに焦点を当てています。

  • secrets hidden within the pages of Marvel Comics, this movie didn't disappoint True

    マーベルコミックのページの中に隠された秘密、この映画は期待を裏切らなかった。

  • Believers.

    信者だ

  • In fact, its many true-to-comics scenes and unexpected callbacks stole the show.

    実際には、その多くの真実のコミックスのシーンと予想外のコールバックがショーを盗んだ。

  • Here's a spoiler-filled look at a few of the Easter eggs you may have missed in Avengers:

    アベンジャーズ』で見逃したかもしれないイースターエッグのネタバレをご紹介します。

  • Infinity War.

    インフィニティ・ウォー

  • And one more time, in case you missed it: massive spoilers ahead.

    そしてもう一回、あなたがそれを逃した場合に備えて:先の大規模なネタバレ。

  • "Mantis! Look out!"

    "カマキリ! 気をつけろ!

  • The Mark L

    マークL

  • Tony Stark is probably a few hundred armors deep when it comes to his comics counterpart,

    トニー・スタークは、彼のコミックスの相手となると、おそらく数百の鎧の深さを持っています。

  • but in the MCU, he's just reached armor number 50: the Mark L. This time around, he's dropped

    が、MCUではアーマーナンバー50のマークLに到達したところです。

  • the complicated suit-up gantry, the fancy suitcase, and even the legion of armors that

    複雑なスーツアップガントリー、派手なスーツケース、さらには鎧の軍団までもが

  • can just fly around and protect him from his enemies.

    飛び回って敵から守ってあげればいいんだよ。

  • Tony's newest armor, which he wears in a small box on his chest, is all about portability

    胸に小さな箱に入れて身に着けているトニーの最新防具は、携帯性を重視したものばかりです。

  • and convenience, and it's pulled directly from a couple of comics sources.

    と都合のいいことを言って、いくつかの漫画のソースから直接引っ張ってきています。

  • Iron Man's S.K.I.N. armor debuted in 2001, and was mostly housed in a small, self-contained

    アイアンマンのS.K.I.N.アーマーは2001年にデビューし、ほとんどの場合、小さな、自己完結型の

  • unit that could release a simple, liquefied form of his suit around his whole body instantly.

    瞬時に全身のスーツを液状化させた単純な形態を放つことができるユニット。

  • Later, Iron Man's Bleeding Edge armor would do something similar, except it formed a complete

    その後、アイアンマンのブリーディングエッジの鎧は、それが完全に形成されていることを除いて、似たようなことをするだろう。

  • suit of armorand it was housed in the hollows of Tony's bones, rather than in an

    トニーの骨のくぼみに入っていて

  • oversized locket.

    特大ロケット

  • Kind of gross, but anything to not have to wear gaudy, glowing jewelry, right?

    気持ち悪いけど、派手な光る宝石を身につけなくていいなら何でもいいんじゃない?

  • A few extra legs

    数本の余分な足

  • We've been seeing previews of Spider-Man in his fancy new "Iron Spider" armor for months

    何ヶ月も前から新しいアイアンスパイダーを着た スパイダーマンのプレビューを見てきました。

  • now, after he'd first rejected it at the end of Spider-Man Homecoming.

    スパイダーマンホームカミングの最後に 拒絶した後のことです

  • It's not too far into the movie before he gets his first feel for the slick new suit,

    彼が新しいスーツに初めて触れるまでには、映画の中ではそれほど時間がかかりません。

  • and immediately stows away on the trip to Titan, much to Tony's annoyance.

    とすぐに離れてタイタンへの旅行では、はるかにトニーの迷惑にストウズ。

  • But unless you caught one very specific statue design that was leaked way too early, nobody

    しかし、あなたがあまりにも早くリークされた非常に特定の像のデザインをキャッチしない限り、誰もいない。

  • really expected the suit to sprout a bunch of extra legs and save the day.

    スーツは足がたくさん出てきて 助かると思っていたのに

  • That is, unless you're familiar with the Iron Spider armor in the comics, which has that

    コミックのアイアンスパイダーの鎧に精通していない限りはね

  • exact feature.

    正確な特徴を持っています。

  • While it initially seemed too outlandish for the big screen, those extra appendages definitely

    最初は大画面のためにあまりにも奇抜に見えたが、それらの余分な付属品は間違いなく

  • came in handy.

    便利になりました。

  • And when Iron Man can combine his feet to make one giant rocket-foot, a couple of extra

    そしてアイアンマンが足を組み合わせて1つの巨大なロケットフットを作ることができると、余分なカップルの

  • spider-legs isn't really that weird anymore.

    蜘蛛の子はもう変なのはいないよ

  • Stormbreaker

    ストームブレイカー

  • Rest in pieces, Mjolnir.

    バラバラにして休め、ムジョルニア。

  • It was pretty much inevitable that the guy known for swinging a mystical weapon would

    神秘的な武器を振り回すことで知られる男が

  • end up getting his hands on another one pretty quickly after his iconic hammer was destroyed

    象徴的なハンマーを破壊された後、彼はすぐに別のものを手に入れることになる

  • in Ragnarok.

    ラグナロクで

  • "Hammer?"

    "ハンマー"?

  • It was quite unique. It was made from this special metal from the heart of a dying star and

    かなりユニークなものでした。 瀕死の星の心臓部からこの特殊な金属で作られていて

  • when I spun it around really really fast it gave me the ability to fly.

    本当に速く回転させた時には、飛ぶ能力を与えてくれました。

  • You flew a hammer?"

    "ハンマーを飛ばしたのか?"

  • Thor's new accessory goes by the name of Stormbreaker.

    トールの新アクセサリーはストームブレイカーの名を冠しています。

  • Loyal comics readers, of course, know that name's already been taken by Beta Ray Bill's

    忠誠心のあるコミック読者はもちろん、その名前がすでにベータ・レイ・ビルに取られていることを知っています。

  • weapon, marking the second time that the powerful, Thor-like space-horse has been referenced

    兵器であり、強力なソーのような宇宙馬が言及されるのは2回目です。

  • in the MCU.

    のMCUで。

  • Bill is probably out there in the galaxy somewhere, assuming he wasn't reduced to dust in Thanos'

    ビルはおそらく銀河のどこかにいるはずだサノスの攻撃で粉塵にされなかったと仮定して

  • great culling of the universe, anyway, and Stormbreaker is ready for his arrival.

    宇宙の偉大な淘汰、とにかく、ストームブレイカーは彼の到着の準備ができています。

  • Can his first full Marvel Cinematic Universe appearance be too far behind?

    マーベル・シネマティック・ユニバース初の完全出演は遠い?

  • Fear Itself

    恐怖そのもの

  • Speaking of Asgardian allies, Thor seems to have pals everywhere.

    アスガルドの味方といえば、ソーはどこにでも仲間がいるようです。

  • "Daryl is an average sorta everyday guy, so it works out well."

    "ダリルは平凡な日常的な男だからうまくやっていける"

  • Marvel is once again borrowing parts of their own previously published comics for their

    マーベルは、再び彼らのために彼ら自身の以前に出版されたコミックの一部を借りています。

  • blockbuster movies, having previously made significant tweaks to Civil War and Planet

    シビル・ウォー』と『プラネット』を大幅に調整したことで、大ヒット映画を生み出した

  • Hulk to get them to the big screen.

    ハルクが大画面に映るようにするために

  • This time, Fear Itself plays a minor role.

    今回はFear Itselfが脇役。

  • Sure, in Fear Itself, it was Tony Stark visiting the cosmic dwarves to make weapons for the

    確かに、『フィアー・イッツエルフ』では、トニー・スタークが宇宙のドワーフを訪問して

  • Avengers to fight the Serpentbut the general idea is the same: Thor visits the dwarf Eitri

    アベンジャーズがサーペントと戦うために...しかし、一般的なアイデアは同じです:ソーは小人エイトリを訪問する

  • to get a new, Thanos-smashing weapon, for better or worse.

    を手に入れて、良くも悪くもサノス撃破の新武器を手に入れましょう。

  • Mostly worse.

    大抵はもっと悪い

  • A tour of the galaxy

    銀河の旅

  • Nidavellir and Vormir aren't just really confusing crossword puzzle

    ニダベリルとヴォルミアは本当に混乱するだけのクロスワードパズルではありません。

  • answers, they're actual places in the Marvel Comics universe.

    答えは、それらはマーベルコミックの世界の実際の場所です。

  • The Asgardian arm of Marvel is pretty much just a wild riff on actual Norse mythology

    マーベルのアスガルドの腕はかなり実際の北欧神話の野生のリフです。

  • with slightly more preposterous muscles, so Nidavellir has real sources in actual historical

    で、少しだけとんでもない筋肉を持っているので、ニダベリルは実際の歴史上の本物のソースを持っています。

  • documents dating back to the year 1270, which place it as the home of the dwarves.

    1270年までさかのぼる文書によると、この地はドワーフの故郷であるとされています。

  • No big questions there; Marvel just uses it pretty much like they found it.

    そこには大きな問題はありません;マーベルはちょうど彼らがそれを見つけたようにかなりそれを使用します。

  • Vormir, on the other hand, has never been that important in Marvel continuity.

    Vormirは、一方では、マーベルの連続性の中でそれほど重要であったことはありません。

  • In the comics, it's the home of a bunch of 16-foot tall, dragon-like aliens who feed

    漫画では、それは餌を与える16フィートの背の高い、ドラゴンのようなエイリアンの束の家です。

  • on planets.

    惑星の上で。

  • When Thanos and Gamora arrive there in Infinity War looking for the Soul Stone, there aren't

    サノスとガモーラがソウルストーンを探してインフィニティウォーでそこに到着したとき、そこにはありません。

  • any dragons to be found.

    どんなドラゴンでも

  • There really isn't much of anything.

    本当に何もない。

  • The significance ends there; it's just a pearl buried deep, deep in Avengers lore.

    その意味はそこで終わりだ アベンジャーズの伝説に 深く埋もれている真珠に過ぎない

  • But what they did find on Vormir is even more surprising than what they didn't…

    しかし、ヴォルミアから見つかったものは、見つからなかったものよりもさらに驚くべきものだった...

  • Return of the Skull

    スカルの帰還

  • In a move almost nobody saw coming, First Avenger villain Red Skull re-appeared in the

    誰もが予想していなかった動きで、ファーストアベンジャーの悪役レッドスカルが再登場。

  • MCU as the cosmic guardian of the Soul Stone, having paid the ultimate price for his search

    魂の石の宇宙の守護者としてのMCUは、彼の探求のために究極の代償を払ってきた

  • for cosmic power.

    宇宙の力のために。

  • He's never actually referred to as Red Skull, but he speaks of his quest for the Stones

    彼は実際にはレッドスカルと呼ばれたことはありませんが、彼はストーンズの探求について話しています。

  • and how it led him to his imprisonment on Vormir.

    そして、それがどのようにして彼がヴォルミアに投獄されることになったのか。

  • Also, he has a red skull.

    また、彼は赤いスカルを持っています。

  • It's pretty obvious.

    かなりわかりやすいですね。

  • Fans familiar with Thanos' comic book quest to make the physical embodiment of Death fall

    死を体現するサノスの漫画の探求に精通したファンは、死を体現するために落下させる

  • in love with him probably also noticed the similarities between Red Skull's new all-black,

    彼に恋をしていると、おそらくレッドスカルの新作オールブラックとの共通点にも気がついたのでしょう。

  • ghoulish form and Marvel's personification of Death.

    グール的なフォルムとマーベルの擬人化したデス。

  • It's a great twist on Thanos' comic relationships, and seeing it play out like this here pretty

    それはサノスの漫画の関係に素晴らしいひねりを加えたもので、ここではかなりこのようにそれが再生されるのを見ています。

  • much guarantees we'll never have to see a Thanos/Death makeout scene.

    サノスと死のイチャイチャシーンを見ることはないだろう。

  • Everyone wins.

    みんなの勝ちです。

  • Cut to ribbons

    リボンに切る

  • Thanos' deal is generally much more about destruction than creation, but that doesn't

    サノスの取引は一般的に創造よりも破壊の方が多いですが、それでは

  • mean he's not one heck of a creative guy, defusing situations by turning laser blasts

    彼は創造的な男ではないということだレーザーを使って状況を和らげることで

  • into bubbles and building giant altars to girls who don't like him.

    彼を好きではない女の子のために巨大な祭壇を作っている。

  • In an effort to show off for Death during Infinity Gauntlet, Thanos turns Nebula into

    インフィニティガントレットの間に死を誇示するための努力で、サノスはネビュラを回す

  • an unraveling ribbon, and his own brother Starfox into a disjointed stack of blocks.

    解きほぐされたリボン、そして実の弟スターフォックスがバラバラに積み重なったブロックの中へ。

  • The details are a little different in the movie, but he does the same thing to Mantis

    映画では細かいことは少し違うが、マンティスにも同じことをしている

  • and Drax on Knowwhere.

    とドラックスがKnowwhereで

  • The sentiment is there, however: Thanos is powerful, weird, and ready to turn anyone

    しかし、感情はそこにあります。サノスは、強力で奇妙な、と誰を回す準備ができています。

  • into crafting materials at a moment's notice.

    瞬間的に工作材料に

  • Morgan Stark

    モーガン・スターク

  • When you're a superhero, there's a 95 percent chance that your relatives will either be

    スーパーヒーローになった場合、95%の確率で親族がどちらかの

  • other superheroes or villains that you'll one day have to face.

    あなたがいつか直面するであろう他のスーパーヒーローや悪役。

  • Even when you're apparently adopted, like Tony Stark, your secret brothers and cousins

    トニー・スタークのように 養子に出されても 秘密の兄弟やいとこは

  • will come along and derail your life.

    あなたの人生を脱線させてしまう

  • Such is the case with Morgan Stark, Tony's rarely-mentioned cousin.

    トニーのいとこのモーガン・スタークもそうだ。

  • Morgan is an occasional hassle to Tony, a guy involved in mob business who sometimes

    モーガンは、マフィアビジネスに関わるトニーにとって、時々厄介な存在である。

  • attempts to take over Stark Industries with his super-team, the Stockpile.

    彼のスーパーチーム、ストックパイルでスターク産業を引き継ごうとしています。

  • And like Iron Man, he throws on a high-tech costume, but calls himself Brass.

    そしてアイアンマンのように、彼はハイテクな衣装を着て、しかし、自分自身をブラスと呼んでいます。

  • When you name yourself after the metal that tubas are made from, you're already off to

    チューバが作られている金属にちなんで自分の名前をつけた時には、すでに

  • a pretty crappy start.

    かなりくだらないスタートだった

  • So, while it seems like Tony doesn't even really have any extended family to worry about

    トニーには心配する家族がいないように見えるが

  • in the MCU, it's just a little alarming that Tony wants to name his unborn kid Morgan.

    MCUの中で、トニーが胎児のモーガンの名前を付けたがるのはちょっと気になる。

  • It's just a little like Batman naming his kid "Joker."

    バットマンが子供に "ジョーカー "と名付けるのと同じだ

  • Don't do it.

    やらないでください。

  • Cauldron of the Cosmos

    コスモスの大釜

  • Doctor Strange introduced audiences to an array of what the mystical side of the MCU

    ドクター・ストレンジは、MCUの神秘的な側面とは何かの配列に観客を導入した

  • might have to offer: living capes, the Eye of Agamotto, and the Wand of Watoomb are among

    リビングケープ、アガモットの目、ワトゥームの杖などがあります。

  • the treasures housed in the New York Sanctum.

    ニューヨークの聖域にある宝物。

  • Infinity War also confirms the presence of the Cauldron of the Cosmos:

    インフィニティ・ウォーでは、コスモスのコルドロンの存在も確認されています。

  • "He can destroy life on a scale hitherto undreamt of?"

    "彼は想像を絶する規模で生命を破壊することができるのか?"

  • "Did you seriously just say 'hitherto undreamt of?'"

    "今までにないって本気で言ったの?"

  • "Are you seriously leaning on the Cauldron of the Cosmos?"

    "本気でコスモスのコルドロンをもてあそんでいるのか?"

  • "Is that what that is?"

    "それがそうなのか?"

  • The cauldron is basically Dr. Strange's time TV, allowing him to see into whatever era

    大釜は基本的には博士の時間テレビであり、彼はどのような時代に見ることができます。

  • he wants to muck around in.

    彼は、中でゴロゴロしたいと思っています。

  • In Marvel Team-Up #112, he uses it to check out a scene 20,000 years in the past, so it

    マーベルチームアップ#112では、彼は過去の20,000年のシーンをチェックアウトするためにそれを使用していますので

  • doesn't really seem to have any limits.

    限界があるようには見えません。

  • Why he keeps it as a decoration in his stairwell is anyone's guess, but he's obviously not

    なぜ階段の吹き抜けに飾っているのかは 誰にもわからないが 彼は明らかに違う

  • happy when Tony Stark uses it to lean on.

    トニー・スタークがそれを使って寄りかかってくると嬉しい。

  • And while it's not 100 percent confirmed, those bright red magical ropes that Dr. Strange

    100%とは言えませんが、ストレンジ博士が持っていた 真っ赤な魔法のロープは...

  • was using to restrain Thanos on Titan sure looked like the Crimson Bands of Cyttorak,

    タイタンのサノスを拘束するのに使っていたのは、確かにサイトラックのクリムゾンバンドのように見えました。

  • one of Strange's most iconic incantations.

    ストレンジの代表的な呪文の一つ。

  • Nevernude

    ネバーヌード

  • Infinity War was directed by the Russo brothers, whose previous credits include directing multiple

    インフィニティ・ウォー』は、ルッソ兄弟が監督を務めています。

  • episodes of the cult hit comedy show Arrested Development.

    カルト・ヒット・コメディ番組「アレステッド・デベロップメント」のエピソードを紹介します。

  • The bros hid one of Arrested Development's iconic vehicles, the stair car, in the airport

    兄弟は空港にアレステッド・ディベロップメントの象徴的な車の一つである階段の車を隠しました。

  • battle scene in Civil War.

    南北戦争の戦闘シーン

  • They're back again with the Easter eggs, this time dropping one of the show's actual characters

    彼らはイースターエッグで再び戻ってきている、この時間はショーの実際の文字のいずれかを落として

  • into the Collector's assemblage of treasures.

    コレクターズコレクションの宝物の中へ。

  • It's a weirdly complicated reference, but if you check out the Collector's cases just

    妙にややこしい参考文献ですが、コレクターズケースだけでも調べてみると

  • as the scene begins, you'll spot a bald, blue man in cutoff shorts lounging in the background.

    シーンが始まると、背景にはカットオフショーツを着た禿げた青い男が寝そべっているのが見えます。

  • Look familiar?

    見覚えがある?

  • "You haven't auditioned yet?"

    "まだオーディション受けてないの?"

  • "Oh no, no, no I'm not in the group yet.

    "彡(゚)(゚)「あ、いやいや......まだグループには入ってないよ

  • I'm afraid I just blue myself."

    "自分がブルーになっただけだと思う"

  • It's absolutely ridiculous, but we can see why the Collector would want him for his collection.

    絶対に馬鹿げているが、コレクターが彼のコレクションのために彼を欲しがる理由がわかる。

  • He's one of a kind.

    彼は一人前だ

  • Stan the Man

    スタン・ザ・マン

  • We're still not completely sure if Marvel Comics mastermind Stan Lee is the MCU's mailman,

    マーベル・コミックの黒幕スタン・リーがMCUの郵便配達人かどうかはまだ完全にはわからない。

  • security guard, cosmic watcher, or whatbut we do know that in the case of Infinity

    警備員か宇宙の番人か何か...でもインフィニティの場合は

  • War, he's a bus driver for a bunch of punk kids.

    戦争、彼はパンクキッズのバス運転手をしています。

  • The film gets Stan's cameo out of the way super early, just as Peter Parker's senses

    この映画は、ピーター・パーカーの感覚と同じように、スタンのカメオ出演を超早送りにしています。

  • get all tingly about the approaching donut of doom.

    迫り来る運命のドーナツに胸が高鳴る

  • A Marvel-ous ending

    マーベル的なエンディング

  • Infinity War skips the mid-credits scene, pretty much because there's nothing left to

    インフィニティ・ウォーは、何も残っていないので、クレジットの途中のシーンをスキップしています。

  • say after Thanos does his Thanos thing and turns half of the universe's living creatures

    サノスがサノスの事をして宇宙の生き物の半分を回してから言う

  • into frosted flakes.

    霜の降りたフレークに。

  • But in the film's post-credits scene, Nick Fury puts out a last-second SOS to a mysterious

    しかし、映画のクレジット後のシーンで、ニック・フューリーは謎の人物に最後の瞬間にSOSを出します。

  • person who'll definitely have a huge role in the Avengers sequel.

    アベンジャーズ続編で間違いなく大活躍する人

  • It may not be obvious to anyone who isn't up on their superhero iconography, but it's

    スーパーヒーローの図像を知らない人にはわからないかもしれませんが、それは

  • a teaser for the upcoming Captain Marvel movie, scheduled for a 2019 release date.

    2019年公開予定の次期キャプテン・マーベル映画のティザーが公開されました。

  • Captain Marvel stars Brie Larson as Carol Danvers, a pilot who gets incredible abilities.

    キャプテン・マーベル主演のブリー・ラーソンが、驚異的な能力を手に入れるパイロット、キャロル・ダンバースを演じる。

  • We're talking Thor levels of power, or maybe more.

    ソーレベルのパワーか、それ以上のパワーがあるかもしれない。

  • No wonder MODOK develops a massive crush on her.

    MODOKが彼女に夢中になるのも頷ける。

  • Also, can we finally get MODOK in the MCU, please?

    あと、ついにMODOKをMCUで出してくれないかな?

  • "Tis some kind of that is a very big head!"

    "それはとても大きな頭だ!"

  • Thanks for watching!

    ご覧いただきありがとうございます!

  • Click the Looper icon to subscribe to our YouTube channel.

    ルーパーのアイコンをクリックしてYouTubeチャンネルを購読してください。

  • Plus check out all this cool stuff we know you'll love, too!

    さらに、あなたが大好きなこのクールなアイテムもチェックしてみてくださいね。

Ten years in the making, Avengers: Infinity War is the culmination of all of Marvel's

10年の歳月をかけて制作された『アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー』は、マーベルの全ての作品の集大成となる作品です。インフィニティ・ウォー』は、マーベルの全ての作品の集大成とも言える作品です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 サノス マーベル トニー インフィニティ スターク コミック

アベンジャーズ・インフィニティ・ウォーで見逃したイースターエッグ

  • 2275 62
    Evangeline に公開 2018 年 05 月 02 日
動画の中の単語