Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Once, we were all dressed by someone else.

    私たちは誰もが、誰かに服を選んでもらったことがあります。

  • Parents picked out a T-shirt, the school dictated what colour our trousers should be.

    親がTシャツを選び、学校がズボンの色を決めてくれたでしょう。

  • But at some point, we were granted the opportunity to discover who we might be in the world of clothes.

    しかし、ある時、私たちは服の世界で自分を発見する機会を与えられました。

  • We had to decide for ourselves about collars and necklines, fit, colours, patterns, textures, and what goes (or doesn't) with what.

    襟やネックライン、フィット感、色、パターン、テクスチャー、何に合うか(合わないか)など、自分で決めなければなりませんでした。

  • We learnt to speak about ourselves in the language of garments.

    私たちは、自分たちのことを衣服の言葉で語ることを学びました。

  • Despite the potential silliness and exaggeration of sections of the fashion industry, assembling a wardrobe is a serious and meaningful exercise.

    ファッション業界の一部では馬鹿げた誇張が行われていますが、ワードローブの中身を揃えることは重要で意味のある作業です。

  • Based on our looks or background, others are always liable to come to quick and not very rounded decisions about who we are.

    私たちの外見や経歴に基づいて、他人は常に私たちが誰であるかについて早く、そしてあまりバランスのよくない判断を下しがちです。

  • Too often, their judgment doesn't quite get us right.

    しばしば、彼らの判断は、私たちをあまり正しく理解していません。

  • They might assume that because of where we come from, we must be quite snobbish or rather resentful; based on our work we might get typecast as dour or superficial;

    私たちの出身地から、私たちがかなりお高く止まっている、もしくはどちらかと言うと怒りっぽいタイプに違いないと思われるかもしれませんし、私たちの仕事から、気難しいとか、表面的だとかいうタイプ分けをされるかもしれません。

  • the fact that we're very sporty might lead people to see us as not terribly intelligent; or an attachment to a particular political outlook might be associated with being unnervingly earnest.

    スポーティであるがゆえに、あまり知的ではないと思われたり、特定の政治的見解に傾倒しているがゆえに、不安になるほど真面目だと思われたり。

  • Clothes provide us with a major opportunity to correct some of these assumptions.

    洋服は、これらの思い込みを修正する大きな機会を与えてくれます。

  • When we get dressed, we are, in effect, operating as a tour guide, offering to show people around ourselves.

    服を着るということは、いわばツアーガイドのようなもので、自分の周りを人に案内することです。

  • We're highlighting interesting or attractive things about who we are and, in the process, we're clearing up misconceptions.

    私たちは、自分自身の興味深い点や魅力的な点を強調し、その過程で誤解を解くのです。

  • We're acting like artists painting a self-portrait, deliberately guiding the viewer's perception of who they might be.

    私たちは、まるで自画像を描く画家のように、見る人のイメージを意図的に誘導しているのです。

  • In 1961, the English painter Peter Blake portrayed himself wearing a denim jacket, jeans, and trainers.

    1961年、イギリスの画家ピーター・ブレイクは、デニムジャケット、ジーンズ、トレーナーを身につけた自分の姿を表現しました。

  • He was deliberately nuancing the view most of his contemporaries would have had of him, based on knowing that he was a successful and rather intellectual painter.

    彼は、同時代の多くの人々が自分に関して抱いていたであろう、成功した、どちらかといえば知的な画家であるという見方に、意図的にニュアンスを与えていたのです。

  • He might have been thought of as slightly aloof and highly refined, detached fromand censorious ofordinary life.

    彼は飄々として洗練されていて、普通の生活から切り離され、批判的であると思われていたかもしれません。

  • But his clothes speak about very different aspects of his personality: They go out of their way to tell us that he's quite modest, he's interested in talking about pop music, he sees his art largely as a kind of manual labour.

    しかし、彼の服は、彼の性格のまったく異なる側面を物語っています。つまり、彼が非常に控えめで、ポップミュージックについて話すことに興味があり、自分の芸術を主に肉体労働として捉えていることをわざわざ伝えているのです。

  • His clothes, like ours, give us a crucial introduction to the self.

    彼の服は、私たちの服と同じように、私たちに自己の重要な部分を紹介をしてくれます。

  • This explains the curious phenomenon whereby, if we're staying with good friends, we can spend a lot less time thinking about our clothes, compared with the anxiety about what to wear that can grip us with strangers.

    これは、仲の良い友人の家に泊まると服のことを考える時間が少なくて済み、それに比べて、知らない人の家に泊まると、何を着ようかと不安になるという不思議な現象を説明しています。

  • With good friends, we might sit around in a dressing gown or just hastily slip on any old jumper.

    仲の良い友人とは、ドレッシングガウンを着て座ったり、急いで古いジャンパーを着たりすることもあります。

  • They know who we are already, and they're not relying on our clothes for clues.

    彼らは私たちが誰であるかをすでに知っていますから、服に頼ることはありません。

  • It's a strange but profound fact that certain items of clothing can excite us.

    不思議ですが核心をつく事実に、服の種類によっては私たちは興奮することもあるというのがあります。

  • When we put them on or see others wearing them, we're turned on⏤a particular style of jacket, the right kind of shoes, or the perfect shirt might prove so erotic we could almost do without a person wearing them.

    それを着たり、他の人が着ているのを見たりすると、私たちは興奮するのです。特定のスタイルのジャケット、ある種の靴、完璧なシャツなどは、それを着ている人物がいなくても興奮するほどエロティックなものです。

  • It's tempting to see this kind of fetishism as simply deluded, but it is alerting us in an exaggerated way to a much more general and very normal idea that certain clothes make us very happy.

    このようなフェティシズムを単なる妄想と捉えたいところですが、「ある服を着るととても幸せな気分になれる」という、もっと一般的でごく普通の考え方を強調して私たちに伝えているのです。

  • They capture values that we're drawn and want to get closer to.

    私たちが惹かれ、近づきたいと思う価値観を捉えています。

  • The erotic component is just an extension of a more general and understandable sympathy.

    エロティックな要素は、より一般的で理解しやすい共感の延長線上にあります。

  • The French novelist Stendhal wrote: "Beauty is the promise of happiness."

    フランスの小説家スタンダールは、"美は幸福の約束である "と書いています。

  • And every item of clothing we're drawn to contains an allusion to a different sort of happiness.

    そして、私たちが惹かれる服には、それぞれ異なる種類の幸せがほのめかされています。

  • We might see a very desirable kind of competence and confidence in a particular pair of boots.

    あるブーツを履くことで、そのブーツを履いている人の能力や自信が高まるかもしれません。

  • We might meet generosity in a woollen coat or a touching kind of innocence in a hemline.

    毛糸のコートで寛大さを見て、ヘムラインで感動的な種類の無邪気さを見るかもしれません。

  • A particular watchstrap may sum up dignity.

    ある時計のストラップには尊厳が込められているでしょう。

  • The way a specific collar encases the neck could strike us as commanding and authoritative.

    首を包む特殊なカラーは、私たちに威厳と権威を感じさせてくれます。

  • The classic fetishist might be pushing their particular attachments to a maximum and be rather restricted in the choice of items they favour, but they are latching on to a general theme: Clothes embody values that enchant and beguile us.

    古典的なフェティシストは、自分のこだわりを最大限に押し出すので、好むアイテムの選択にはかなり制限があるかもしれませんが、「服は私たちを魅了する価値を体現している」という一般的なテーマを掴んでいます。

  • By choosing particular sorts of clothes, we are shoring up our more fragile or tentative characteristics.

    特定の種類の服を選ぶことで、私たちはよりもろい、またはより暫定的な特徴を支えているのです。

  • We're both communicating to others about who we are and strategically reminding ourselves:

    私たちは自分が何者であるかを他人に伝えることと、自分自身に戦略的に言い聞かせることの両方を行っています。

  • Our wardrobes contain some of our most carefully-written lines of autobiography.

    私たちのワードローブには、最も丁寧に書かれた自叙伝のようなものを含んでいるのです。

Once, we were all dressed by someone else.

私たちは誰もが、誰かに服を選んでもらったことがあります。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 画家 ワードローブ 種類 興奮 しれ ブーツ

服装が大事な理由とは?見た目が与える印象は大きい!

  • 42090 1984
    Evangeline に公開 2020 年 08 月 06 日
動画の中の単語