Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Have you ever wondered what kind of love you have?

    自分がどんな恋をするのか、考えたことがありますか? 

  • Or what kind of love other people have and how on earth do they make it work?

    あるいは他の人はどんな恋をしているのか、どうやって恋愛関係を保っているのか、と。

  • I mean some couples never really argue, which you would think is the perfect situation.

    全く口喧嘩をしないカップルは、理想的だと思いがちですが、

  • But they somehow end.

    結局そういったカップルも別れてしまうのです。

  • Whereas some couples never stop arguing and they've been together for like years...decades even.

    一方で、よく口喧嘩をするけど、何年、何十年と付き合っているカップルもいます。

  • What about the couples that spend every single waking and sleeping hour together?

    毎日朝起きる時間と夜寝る時間を一緒に共にするカップルはどうでしょう? 

  • How do they even do that?

    どうやったらそんなに一緒にいられるのでしょう?

  • And come on, we've all seen some long-distance relationships that actually work so well contrary to popular belief.

    そして、あと、一般の見解に反して、遠距離恋愛がとてもうまくいくカップルもいますね。

  • So we tried to figure out if there is a way to maybe answer some of these questions.

    そこで、以上挙げた問題には、何か答えがないか少し私たちで考えてみました。

  • But in order to do that, we have to go back in time, all the way back to your childhood.

    しかし、それをする前に、時間を遡って、あなたの幼年時代に戻りましょう。

  • The Attachment theory developed by John Bowlby, suggests one way we can look at our relationships.

    ジョン・ボウルビィの愛着理論を基に、私たちは自分の人間関係を見ることができます。

  • It says that from when we are a child, we expect love and attention from our caretakers like our parents, guardians, so on and so forth.

    彼によると、子供の頃、私たちは親や保護者など自分を世話してくれる人に対して愛と歓心を求めます。

  • The amount of love and attention we receive when we're a child determines how we will be in our future relationships.

    幼年時代どれだけ愛されて歓心を得たかによって、将来どんな人間関係を築くかが決まります。

  • Sound kinda familiar, right?

    どこかで聞いたことありますよね?

  • To explain this theory, I would like to introduce three of my good friends to you.

    この理論を説明するために、私の親友を3人紹介します。

  • They each represent the different types of attachments we can have from when they were a child.

    3人はそれぞれ幼少期にどのような愛着を経験したか異なります。

  • This is Lilly, she's the secure type.

    こちらはリリー、彼女は安定型です。

  • Lilly comes from a very warm, nurturing, loving family where she never felt like she lacked love and attention.

    彼女は、一度も愛されてないと思ったことがないような、暖かくて、愛に育む家庭で育ちました。

  • When she got older, she became a strong, confident woman because she always knew that she will somehow receive love and attention.

    彼女は大人になると、自分は必ず人に愛されると信じているので、たくましく自信に満ちた女性になりました。

  • This is Jane. Jane is the avoidant type.

    こちらはジェイン 、彼女は回避型です。

  • Jane grew up with a family that was distant, either physically, emotionally or both.

    彼女は身体的か感情的、またはその両方において疎遠な家庭で育ちました。

  • In some cases, the families of the avoidant types can also be abusive.

    一部の回避型の家庭は、虐待が見られる場合もあります。

  • When Jane got older, she closed herself off to love and relationships because deep down she's always afraid of getting hurt.

    ジェインは大人になると、心の底では常に傷つけられることを恐れているので、愛情や関係といったものに心を閉ざしてしまいました。

  • But she strongly believes that she doesn't need anyone.

    しかし、彼女は他人を必要としないと強く信じています。

  • And this is Paul. Paul is the anxious type.

    こちらはポール 、彼は不安型です。

  • Paul grew up with a family with irregular behaviors.

    彼はどちらでもない不規則な家庭で育てられました。

  • Sometimes they showered him with love, and other times they're distant and overbearing.

    時には愛情を注いで、時には疎遠になって、威圧的な時もありました。

  • When he got older, he became extremely insecure and worried constantly that he won't be loved or that he will lose the love he has.

    彼は大人になると、愛されないかもしれない、愛情を失うかもしれないと常に心配するようになりました。

  • Now let's talk about the components of their relationships.

    人間関係におけるそれぞれの要素を見てみましょう。

  • Intimacy.

    親密性

  • When it comes to intimacy, Lilly was always happy to spend as much time as she could with her significant other.

    親密性は、リリーは自分の愛する人と一緒にできるだけたくさんの時間を過ごしたいと思っていますが、

  • But when they had to be apart, she would never fret or worry.

    だからといって愛する人と離れている時は不安を感じません。

  • "Baby, I trust in our relationship, I know that we will always have each other."

    「あなた、私たちの付き合いには何の疑いもないわ、何があっても私たちは一緒よ」

  • Jane on the other hand would panic when she felt her personal space was being invaded.

    一方、ジェインはプライベートが侵害されたと感じると、パニックになります。

  • She always had to let it be known that she didn't need anyone.

    彼女は、誰も必要としないことを他人に知ってもらう必要があります。

  • "Stop trying to control me! I need my space!"

    「私の自由にさせて!プライバシーが欲しい!」

  • Truth is, she's just too afraid to trust anyone.

    実際は、彼女は人を信じることを恐れいているだけなのです。

  • As for Paul, well Paul ALWAYS wants to be with his girlfriend.

    そしてポールは、いつも彼女と一緒にいたがります。

  • He's always scared and insecure that she will leave him.

    彼はいつも彼女を失う恐怖を感じています。

  • "Baby, why haven't you texted me? Don't leave me please, are you mad?"

    「どうしてメール返信してくれないの?僕を捨てないで、お願い、怒ってるの?」

  • Even when he should spend some time with his friends, he wouldn't dare say anything because he's always afraid that he would lose her.

    友達ともっと時間を過ごすべきなのに、彼女を失うことを気にしすぎて、何も喋れないのです。

  • Control.

    コントロール

  • Lilly would be super chill.

    リリーはとても冷静です。

  • "It's all about working together through trust and understanding."

    「何よりも信頼と理解をもとに関係を築くことが大事よ。」

  • Jane would freak out.

    ジェインは、パニックになるでしょう。

  • "Just try to control me!"

    「私の生活を管理しようとしないで!」

  • "I will run away faster than Usain Bolt and you will NEVER see me again"

    「ウサイン・ボルトより速い足で、あなたが見つかれない場所に逃げるわ!」

  • Paul would just give in.

    ポールは妥協するでしょう。

  • "It's completely up to you, I would rather not voice my opinions because you might not love me anymore and find someone better."

    「君次第だね。あなたの愛を失って、もっといい人を見つけられるのが怖いから、僕は何も言わないことにしとく。」

  • When something goes wrong.

    何か問題にぶち当たった時

  • Lilly would just shrug it off, "Don't worry baby, we can fix it together."

    リリーは全然慌てず、「大丈夫よ、二人で一緒に頑張ろうよ。」

  • Jane (would be) already halfway out the door.

    ジェインはもうすでに別れる準備をしているのでしょう。

  • "I knew I couldn't trust anyone."

    「やっぱり誰も信じれないわ。」

  • "I knew that I am alone and had I just listened to myself before I wouldn't have gotten hurt."

    「私は一人ぼっちだし、付き合う前に落ち着いて考えてさえすれば、誰かに傷つけられることもなかったのに」

  • Paul would start to question himself and drown in his own negative thoughts about himself.

    ポールは自分のせいにし、消極的な感情に飲み込まれます。

  • "What did I do wrong?"

    「僕はどんな間違いを犯したんだ?」

  • "I have to fix myself and change so that I can be better for her."

    「彼女に合うように、自分のいけない所を直さないといけない。」

  • Firstly, let's talk about the secure types like Lilly.

    まず、リリーのような安定型から話しましょう。

  • If you are the secure type, depending on your preferences, it's mostly easy for you to be with any other attachment types.

    もしあなたが安定型なら、あなたは自分の好み次第で、他のどの型の人とも大体うまくやっていけます。

  • Of course, being with another secure type will generally be the easiest.

    もちろん、同じ安定型の人と付き合うのが最も簡単でしょう。

  • But if you value your own space and time with your own friends and family, then the avoidant type may be the best type for you.

    しかし、もしあなたがマイスペースと、友達や家族との時間を重視する場合、回避型の方がおすすめかもしれません。

  • Because you'll both get to easily have time for yourselves and the Jane's of the Attachment Theory will not feel like they're suffocating or being controlled.

    ジェインのような人と付き合うと、お互いに自分の時間を取りやすいし、回避型の相手も自分が管理されていると感じないでしょう。

  • But if you prefer to spend most of your time with your significant other, then a relationship with the Anxious type will be great for you both.

    しかし、もし愛する人とほとんどの時間を過ごしたい場合、不安定型はお互いにとって非常に良いでしょう。

  • The fact that you prefer to be with them for most of your time will give them a sense of security and build confidence in the relationship.

    できるだけ時間を共に過ごしたいということが、彼らに安心感を与えます。

  • And who knows? Maybe even in themselves.

    二人の関係さらには彼ら自身に対しての自信をつけさせるのです。

  • Alright, so what happens when Paul meet's someone who's also an Anxious type?

    では、ポールのような不安型、

  • Or Jane meets someone who's also an Avoidant type?

    あるいはジェインのような回避型が、自分と同じタイプの人と付き合ったら、どうなるのでしょうか?

  • Well, for Paul meeting someone who's also the Anxious type can lead to them both becoming extremely codependent and having to spend every single waking hour together.

    ポールの場合、同じタイプの人と付き合ったら、お互いに極めて依存し合い常に一緒に過ごさなければなりません。

  • On top of that, they both might also start acting out even more to get more attention from each other.

    その上、彼らはお互いにさらにかまってもらおうとするでしょう。

  • Because they need to find other ways to be shown that they're loved.

    なぜなら、彼らは常に愛されていることを知る必要があるからです。

  • As for Jane, well meeting another Avoidant type will be as if two people built a new great wall of China just between them and never spending time together.

    ジェインの場合、同じ型の人と付き合うと、二人の間には新たな万里の長城が建てられたかのように一緒に時間を過ごすことは極めて少ないでしょう。

  • They end up doing what they want by themselves or with their own group of friends, and are completely separate from each other.

    彼らは最終的に一人でまたは友達と一緒にやりたいことをやるので、完全にお互い離れています。

  • They'd rather not get close just in case they would fall in love and just in case they would get hurt.

    恋に落ちることもなく、傷つけられることもないように、お互いに近づかないのです。

  • And lastly, and probably the most difficult of all the Attachment types to put together would be the the Jane's and the Pauls, or the Anxious and Avoidant types.

    最後に、全ての組み合わせの中で、最も難しいのは、ジェインとポール、回避型と不安型との付き合いかもしれません。

  • One would need so much space and easily feels suffocated while the other needs so much love and a thunderstorm of attention.

    片方はプライバシーが必要で、プライバシーを侵害されるとすぐに息が詰まる一方、もう片方はとてつもない量の愛情と歓心を欲するのです。

  • That could be a pretty difficult case.

    相性がとても悪い組み合わせです。

  • Of course these could also be the extreme cases of the attachment styles.

    もちろん、今挙げた例は極端なものにすぎないかもしれません、

  • And it's not to say that everyone who's a Jane is a constant flight risk, or everyone who's a Paul is going to be so clingy.

    一概に、ジェインのような回避型が関係を離脱するリスクが高いとかポールのような不安型が付き合う相手に依存するとは必ずしも言えないでしょう。

  • It's more of a guideline of one way our childhood can affect our relationships.

    これはただ幼少期が将来持つ人間関係にどのように影響を与えるかを知るための一つの基準にすぎません。

  • And when it comes the the different attachment styles there is no right or wrong.

    どの型の人が良いとか悪いとかはありません。

  • The point is, this isn't something you can choose.

    大事なのは、あなたには選択権がないです。

  • Your childhood and experiences brought you down this path.

    あなたの幼少期と経験が今の自分を築いたのです。

  • It's much bigger than just little personality quirks, it's a big effect on how you were raised.

    単なる自分の癖より、あなたの生い立ちがあなた自身に与える影響は大きいです。

  • But on the bright side, it's not something that you have to be stuck with forever.

    しかし、楽観的に考えると、これは一生つきまとうものでもありません。

  • It's really just important to recognize who you are and who your significant other is and try to understand both of your feelings and where those feelings come from.

    本当に重要なのは、自分自身と恋人が一体どんな人なのか認識し、そして、双方の感情とそれらの感情がどこから来るのか理解しようとすることです。

  • As we mentioned before, every relationship is work.

    以前にも述べましたが、どの関係も簡単ではありません。

  • Some more than others, but if you are both working on yourselves for yourselves and for each other, it really doesn't matter what attachment type you are.

    人によって苦労する度合いは違いますが、双方が自分と相手に尽くせば、どの型だろうが関係はありません。

  • Happy Valentine's Day Everyone!

    皆さん、バレンタインデーおめでとう!

Have you ever wondered what kind of love you have?

自分がどんな恋をするのか、考えたことがありますか? 

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 ジェイン ポール リリー 関係 愛さ カップル

あなたに最適な恋人はどんなタイプ?(Which relationship type are you?)

  • 25044 1749
    Rachel Kung に公開 2019 年 07 月 17 日
動画の中の単語