Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • It was the dawn of 1863, and London's not-yet-opened subway system, the first of its kind in the world, had the city in an uproar.

    1863 年の初めでした。まだ開通していなかった、ロンドン地下鉄。それは世界初のものであり、ロンドンを混乱に巻き込みました。

  • Digging a hole under the city and putting a railroad in it seemed the stuff of dreams.

    市の下に穴を掘って線路を敷くなど夢の中の話のようだったのです。

  • Pub drinkers scoffed at the idea and a local minister accused the railway company of trying to break into hell.

    パブに集まった人たちはこの考えを嘲笑い、地元の聖職者たちは、地獄へ行くのかと、鉄道会社を非難しました。

  • Most people simply thought the project, which cost more than 100 million dollars in today's money, would never work.

    大半の人々は単に、今日で言えば 1 億ドル以上をかけたこのプロジェクトなど成功しないだろうと考えていました。

  • But it did.

    でも成功したのです。

  • On January 10, 1863, 30,000 people ventured underground to travel on the world's first subway on a four-mile stretch of line in London.

    1863 年 1 月 10 日、3 万人が地下へ下りて世界初の地下鉄に乗り、4 マイルの線路上を旅しました。

  • After three years of construction and a few setbacks, the Metropolitan Railway was ready for business.

    施工には 3 年と少しの挫折を要しましたがメトロポリタン鉄道は始動の準備が整いました。

  • The city's officials were much relieved.

    市の担当者は心から安堵しました。

  • They'd been desperate to find a way to reduce the terrible congestion on the roads.

    彼らは必死になって道路のひどい渋滞を軽減しようとしていたのです。

  • London, at the time the world's largest and most prosperous city, was in a permanent state of gridlock, with carts, costermongers, cows, and commuters jamming the roads.

    ロンドンは当時、世界最大かつ最も裕福な都市であり、慢性的に渋滞状態でした。カートや行商人、牛、通勤者らで道はごった返しでした。

  • It'd been a Victorian visionary, Charles Pearson, who first thought of putting railways under the ground.

    ヴィクトリア朝時代の先見者、チャールズ・ピアソンが地下に鉄道を敷くことを初めに思いつきました。当時、鉄道のトンネルといえば山の下の短いものだけだったからです。

  • He'd lobbied for underground trains throughout the 1840s, but opponents thought the idea was impractical since the railroads at the time only had short tunnels under hills.

    彼は 1840 年代の間、地下鉄賛成運動を行いましたが反対派は彼の意見が実現困難だと考えました。

  • How could you get a railway through the center of a city?

    市の真ん中に、どうやって鉄道を通すのでしょう?

  • The answer was a simple system called "cut and cover."

    その答えは「開削式工法」という単純なものでした。

  • Workers had to dig a huge trench, construct a tunnel out of brick archways, and then refill the hole over the newly built tunnel.

    巨大な溝を掘りレンガのアーチ道でトンネルを作り作りたてのトンネルの上の空洞を埋めたのです。

  • Because this was disruptive and required the demolition of buildings above the tunnels, most of the line went under existing roads.

    トンネルの上にある建物を取り壊さねばならなかったため線路の大半は、既存の道の下に作られました。

  • Of course, there were accidents.

    当然ながら、事故も起きました。

  • On one occasion, a heavy rainstorm flooded the nearby sewers and burst through the excavation, delaying the project by several months.

    ある時、激しい暴風雨によって近くの下水が溢れ掘削部分を破裂させてしまったため工事は数か月遅れました。

  • But as soon as the Metropolitan Railway opened, Londoners rushed in to ride the new trains.

    しかし、開通するやいなやロンドンの人々は我先にと、新しい電車に乗りました。

  • The Metropolitan quickly became a vital part of London's transport system.

    メトロポリタンは瞬く間に、ロンドンの交通網の要の一部となりました。

  • Additional lines were soon built, and new suburbs grew around the stations.

    まもなく追加路線が建設され駅の周囲には新たな郊外が発展しました。

  • Big department stores opened next to the railroad, and the railway company even created attractions, like a 30-story Ferris wheel in Earls Court to bring in tourists by train.

    線路の隣には大きなデパートが開店し鉄道会社はアトラクションも作りました。30 階の高さの観覧車をアールズコートに作り、電車で観光客誘致を試みました。

  • Within 30 years, London's subway system covered 80 kilometers, with lines in the center of town running in tunnels, and suburban trains operating on the surface, often on embankments.

    30 年経たぬ内にロンドンの地下鉄は 80km の距離をカバーし町の中心を通る列車はトンネルを走り郊外の列車は地上、時に土手沿いを走りました。

  • But London was still growing, and everyone wanted to be connected to the system.

    ロンドンの発展はとどまらず人々は皆、地下鉄システムと密接でいたいと思っていました。

  • By the late 1880s, the city had become too dense with buildings, sewers, and electric cables for the "cut and cover" technique, so a new system had to be devised.

    1880 年代後半までにはロンドンは建物、下水管、電線が混み入りすぎて開削式工法ができなくなり新たな工法を生み出さねばなりませんでした。

  • Using a machine called the Greathead Shield, a team of just 12 workers could bore through the earth, carving deep underground tunnels through the London clay.

    グレートヘッド・シールドという機械を使うことで 12 人の作業員だけで地面に穴を開けてロンドンの土の中深い、地下トンネルを掘ることができました。

  • These new lines, called tubes, were at varying depths, but usually about 25 meters deeper than the "cut and cover" lines.

    これら新しい線は「チューブ」と呼ばれ、地面から様々な深さにありますが通常は、「開削式」による線より約 25m 深いものです。

  • This meant their construction didn't disturb the surface, and it was possible to dig under buildings.

    チューブの工事は地上に影響を及ぼさず、建物の下を掘ることも可能でした。

  • The first tube line, the City and South London, opened in 1890 and proved so successful that half a dozen more lines were built in the next 20 years.

    最初のチューブ線であるシティ・アンド・サウスロンドンは 1890 年に開通し、大きな成功を収めたためその後 20 年の間に、追加で 6 線分が作られました。

  • This clever new technology was even used to burrow several lines under London's river, the Thames.

    この素晴らしい新技術により、何線かはロンドンのテムズ川の下に掘られました。

  • By the early 20th century, Budapest, Berlin, Paris, and New York had all built subways of their own.

    20 世紀初めまでにはブダペスト、ベルリン、パリ、ニューヨークで地下鉄が作られました。

  • And today, with more than 160 cities in 55 countries using underground rails to combat congestion.

    今日、55 カ国における 160 都市以上で地下鉄が使われ、渋滞に立ち向かっています。

  • We can thank Charles Pearson and the Metropolitan Railway for getting us started on the right track.

    チャールズ・ピアソンとメトロポリタン鉄道のおかげで私たちは正しいスタートを切れたのですね。

It was the dawn of 1863, and London's not-yet-opened subway system, the first of its kind in the world, had the city in an uproar.

1863 年の初めでした。まだ開通していなかった、ロンドン地下鉄。それは世界初のものであり、ロンドンを混乱に巻き込みました。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed ロンドン トンネル 地下鉄 鉄道 チューブ

世界初の地下鉄-ロンドン地下鉄の物語(How the world's first subway system was built - Christian Wolmar)

  • 23602 1531
    Jenny に公開 2018 年 04 月 19 日
動画の中の単語