Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Today you're studying the pronunciation of the 100 most common words in American English.

    今日は発音を勉強していますね。 アメリカ英語で最も一般的な100の単語のうち

  • This is video 2 in the series. If you didn't see video one, click here to watch it now.

    シリーズの動画2です。もし、あなたが ビデオを見るにはここをクリックしてください。

  • It is important to understand what we're doing here with studying reductions.

    を理解することが重要です。 勉強の削減でここで何をしているのか。

  • We're starting today with number 11, the word 'it'. This word doesn't reduce

    今日は11番からスタートしていますが、その11番は という言葉。この単語は減らない

  • in a sentence, we don't drop or change a sound, but it said very quickly. And the pronunciation

    を落としたり変えたりしません。 のような音がしますが、それは非常に早く言いました。そして、発音は

  • of the T depends on the next word. If it begins with a consonant, this T is a Stop T: it,

    のTは次の単語に依存します。で始まる場合は が子音である場合、このTはStop T: itとなります。

  • it, it. It won't be. It, it won't. Very fast, it. If the next word begins with a vowel

    それ、それ、それ。そうではないだろう。それは、それはしない。とても 速い、それ次の単語が母音で始まる場合

  • or diphthong, then this T is a Flap T, linking the two words together. It always, it always,

    またはジフォンであれば、このTはフラップTであり、リンクしています。 二つの言葉を合わせていつも、いつも、いつも。

  • it it it it, it always, it always. Said very quickly. It always. Nothing too crazy here,

    イット イット イット イット いつも イット いつもサイードは非常に 速やかに。いつものことだおかしなことは何もない

  • just say the word quickly. Not IT, but it.

    さっさと言えばいいんです。ITではなく、ITです。

  • Number 12, one of my all-time favorite reductions: For. We almost never say it this way. We say

    12番、私の大好きな還元の一つです。 のために。私たちはほとんどこのようには言わない。私たちは

  • 'fer'. Isn't that funny? I had a student once who lived in America and was married

    "フェルおかしいですよね?私には学生がいました 嫁いだアメリカ人

  • to an American. She told her husband how she was learning about this reduction. And his

    アメリカ人に彼女は夫に はこの削減について学んでいましたそして、彼の

  • response was, “that's ridiculous". We don't do that, we don't pronounce that fer.

    反応は「そんなバカな」でした私たちは やめてくれ、俺たちはファーとは発音しない。

  • Then later, he did it, as he was speaking naturally, and she pointed it out. Most Americans

    そして、後に、彼が話しているように、彼はそれをしました。 と自然に指摘してくれました。ほとんどのアメリカ人は

  • aren't even aware of these crazy reductions that we do. So, to make this reduction drop

    狂ったような削減に気づいていない ということをしています。そこで、この削減分を落とすために

  • the vowel, ff-rr, fer fer. Say the word very quickly, low in pitch. Fer fer. This is for

    母音は、ff-rr、フェルフェル。単語を非常に言ってください 速く、低い音程でファー・ファーこれは

  • work. Fer. I made a longer video with more examples on the reduction of the word 'for',

    仕事をしています。フェルです。もっと長めの動画を作ってみました。 のために」という言葉の還元に関する例文。

  • check it out if you want more detail here. I got it for my birthday. For for. What's

    詳しく知りたい方はこちらをチェックしてみてください。 誕生日にもらいましたのために。何のために?

  • for dinner? For. In conversation, fer not 'for'.

    夕食に?何のために?会話の中では 'のために'です。

  • Number 13: Not. Now, this word, in conversation, will very often be contracted n't. Didn't,

    13番:しないさて、この言葉、会話の中で は非常に頻繁に契約されます n't.していませんでした

  • doesn't, can't, shouldn't, won't, and so on. Notice I'm not releasing the

    doesn't, can't, shouldn't, won't. といった感じで。をリリースしていないことに注意してください。

  • T there, didn't, but didn't.didn't. It's an abrupt stop of air in the N to signify the T: didn't,

    T there, didn't, but didn't.don't.don't.それは突然の Tを示すためにNの空気の停止:しませんでした。

  • didn't, shouldn't, nt nt, nt, shouldn't couldn't, couldn't. If we don't use

    しなかったし、してはいけないし、してはいけないし、してはいけないし できなかった、できなかったもし、私たちが使わないなら

  • a contraction, then we're often stressing it: I do NOT want to see her right now. In

    拘縮がある場合は、ストレスを感じることが多いです。 それだよ今は彼女に会いたくない冒頭のように

  • these cases, we'll probably do a Stop T. Not. I do NOT want to see her right now. Not,

    こういった場合は ストップTをすることになるでしょう 駄目だ今は彼女には会いたくない会いたくない

  • stop the air, and then keep going. I do Not wanna. Not

    空気を止めて、そのまま進む。私はしません。 そうしたいそうじゃない

  • Number 14: on. This word doesn't reduce. We don't change any sounds like we did with

    14番:オン。この単語は減りません。 でしたように音を変えていません。

  • 'for'. But, it is unstressed. You don't want to say ON in a sentence, but rather,

    'のために'。しかし、ストレスを感じさせません。あなたは 文章の中でONと言いたいが、どちらかというと

  • 'on'. On on. “Put it on the table.” On. When it's unstressed, that gives good

    "オンオンオン。"テーブルの上に置いて" "オン緊張していないときは、それは良いことを与える

  • contrast to the longer, clearer stressed words 'put' and 'table', and this contrast

    対して 置く」と「テーブル」の対比

  • is very important in American English. It's better than each word being longer and clearer.

    はアメリカ英語ではとても重要ですそれは 一語一語が長くてはっきりしているよりも

  • What would it sound like if 'it, on, the', were also stressed? Put it on the table. Put

    'it, on, the'だとしたら、どんな風に聞こえるでしょうか。 もストレスになっていたのでしょうか?テーブルの上に置いてテーブルの上に

  • it on the table. Put it on the table. No, that's not how we speak. Put it on the table. Put it on the table.

    テーブルの上に置いてテーブルの上に置いていいえ、それは私たちが話す方法ではありません。 テーブルの上に置いてテーブルの上に置いて

  • That's how we speak. Not ON, but on. Try that with me now. Low in volume, low in pitch,

    そうやって話すんです。オンではなく、オンで。試してみて 今の私と一緒に音量も音程も低い

  • not very clear. On, on. Put it on the table.

    あまり明確ではない。オン、オン。テーブルの上に置いて

  • Number 15, the fifteenth most common word in English: with. There are two ways you can

    十五番、一番多い言葉の十五番 を英語で: with.の2つの方法があります。

  • pronounce this word: with a voiced TH, with, with, with or an unvoiced TH, with, with.

    この単語を発音します。 with, with, or an unvoiced th, with, with.

  • I don't use the voiced TH. I think it sounds a little old-fashioned. I would stick with

    声付きのTHは使っていません。に聞こえると思います。 ちょっと古臭い私は

  • the unvoiced TH, with, with. Just like 'on', this word doesn't reduce. None of the sounds

    声にならないth、with、with。'on'と同じように この単語は減りませんどの音も

  • change. But, it is unstressed. It will usually be pronounced like this: with, rather than

    を変更します。しかし、ストレスを感じさせません。それは通常 こう発音する

  • WITH. “It's with the other onewith the, with the, with the, with the, with the. Low in pitch.

    with."それはもう一つのものと一緒にある" with ザ、ザ、ザ、ザ、ザ、ザ、ザ、ザ、ザ。ピッチが低い。

  • Notice I'm just making one TH to connect these two unstressed words, with the, with

    私は接続するために1つのTHを作っているだけであることに注意してください。 この2つの言葉には、力の入っていない言葉があります。

  • the, with the. It's the unvoiced TH. With the, with the other one. It's with the other

    the, with the.声の出ないTHですと一緒に 他の人と一緒にそれは、他のものと

  • one.

    1つ。

  • Number 16, he. Oh yes, this one reduces. Can I just say, we are already at 16, and we still

    16番、彼。ああ、そうだ、これは減る。缶詰にして 私たちはすでに16歳になっていますが、まだ

  • haven't seen one word that is stressed, that's a content word. Wow. When are we going

    強調されている言葉を一つも見たことがありません。 それは内容のある言葉ですね。うわぁー。いつになったら

  • to see it, and what is it going to be? I can't wait to find out. But, back to 16, he. Fully

    を見て、何になるのでしょうか?私にはできません 見つけるのを待つんだしかし、16に戻って、彼は完全に

  • pronounced, 'he', it's the H consonant and EE as in SHE vowel. But very often we

    彼はH子音 とEEはSHE母音のように。しかし、非常によく

  • drop the H, and have just the EE sound. What does he want? What does ee ee ee ee. We drop

    Hを落として、EE音だけにします。どのような は何を望んでいるのでしょうか?何を欲しがっているのでしょうか?私たちはドロップ

  • the H and we connect it to the word before: does he?, does he? What does he want? What

    Hの部分を前の言葉に繋げています 彼は何をしたいのか、彼は何をしたいのか?彼は何を望んでいるのか?何を

  • would that sentence sound like if every word stressed? What does he want? What does he

    一言一句 ストレスを感じているのか?彼は何を望んでいるのか?彼は何をしているのか?

  • want? What does he want? No, that's not natural English. What does he want? I have

    何がしたいの?彼は何をしたいんだ?いや、それは ナチュラルイングリッシュ。彼は何を望んでいるのでしょうか?私は

  • a video on dropping the H reductions. Click here or in the description below to see that

    をクリックすると、Hリダクションを落とす動画を見ることができます。クリックしてください。 ここでは、または以下の説明を参照してください。

  • video and to get more examples.

    動画を見て、より多くの例を知ることができます。

  • Seventeen. As. Yep, this word reduces. It's not pronounced AS in a sentence. That's

    17だそうだなそう、この言葉は減るそれは 文章の中でASと発音しないそれは

  • stressed. This word is usually not stressed. The vowel changes to the schwa and it becomes

    強調されています。この単語は通常は強調されていません。 母音がシュワに変化して

  • 'uhz'. AS, uhz. He's as tall as me. Uhzuhztalluhz. Uhztalluhz. Not AS, uhz,

    'hz'.AS、hz。彼は私と同じくらい背が高い。 Uhz-uhztalluhz.Uhz-uhztalluhz。AS、hzじゃない。

  • uhz. He's as tall as me. I have a video that goes over this reduction too. Click here or

    Uhz.彼は私と同じくらいの身長です私はビデオを持っています は、この削減量も超えています。ここをクリックするか

  • in the description below to see that and more examples.

    を参照してください。 の例を紹介します。

  • Eighteen. You. Another word that reduces. This word can be reduced to 'yuh'. What

    18歳君だよ軽減する別の言葉。 この言葉は 'yuh' に還元されます仝何のこと?

  • are you doing? What are you. Yuh, yuh, yuh. You never have to do reductions, and you could

    何をしているの?何をしているの?ゆ、ゆ、ゆ、ゆ。 還元をする必要はないし、あなたは

  • definitely sayWhat are you doing?”, you, you, you. I'm not reducing that, I'm

    絶対に「何やってんだよ!」と言います。 あなた、あなた、あなた。それを減らしているのではなく、私は

  • not changing the vowel, but I am still making it unstressed. 'you' instead of YOU. This

    母音を変えずに作っていますが それをストレスなく'you'ではなく'you'ですこれは

  • word will usually be unstressed. That means, don't pronounce it 'you', which is stressed.

    という言葉は、通常はストレスを感じさせません。ということを意味しています。 強調されている「あなた」と発音してはいけません。

  • Pronounce it you. Or reduced you.

    "あなた "と発音してまたは、あなたを減らしました。

  • Nineteen. Do. Our first content word. Content words are nouns, verbs, adjectives, and adverbs.

    19だドゥー私たちの最初のコンテンツワードコンテンツ 単語は名詞、動詞、形容詞、副詞です。

  • They're usually stressed in a sentence. Our first stressed word! Sort of. Actually, this

    文章の中では普通に強調されています。私たちの 最初に強調された言葉!なんとなくですが実はこの

  • word can reduce. It depends on how it's being used in a sentence. In a question, where

    言葉は減らすことができます。それは、それがどのように が文中で使われています。質問では、どこで

  • there's another verb, we often reduce it. For example, what do you think? 'Think'

    別の動詞がある場合は、それを減らすことが多いです。 例えば どう思う?"考える

  • is another verb. Did you notice how I pronounced 'do'? What do you? What to, what to, what

    は別の動詞です。私がどのように発音したか気付きましたか? どうする?何をするの?何を、何を、何を

  • to do do. D plus schwa. Reducing DO like this is nice, natural English. I do have a video,

    を実行します。Dプラスシュワ。このようにdoを減らす は自然な英語でいいですね。動画があるのですが

  • there I'm stressing it, I do have a video because it's a statement, not a question,

    そこに私はそれを強調している、私はビデオを持っています。 なぜなら、それは発言であって質問ではないからです。

  • I do have a video on the DO reduction. Click here or in the description below to see that

    DO削減の動画があるんですがクリックしてください。 ここでは、または以下の説明を参照してください。

  • video.

    ビデオを見ることができます。

  • Twenty. The word At. Preposition, function word, and yes, it reduces. In conversation,

    20歳アットという言葉前置詞、機能 という言葉がありますが、そうですね、減ります。会話の中で

  • we often pronounce this word 'ut', with a schwa, instead of AT, with the AA as in

    この単語を「ユット」と発音することが多いです。 のようにAAでATの代わりにシュワを

  • BAT vowel. The T is a Flap T if the next word begins with a vowel or diphthong, and a Stop

    BAT母音。Tは、次の単語の は母音またはジフォンで始まり、ストップ

  • T if the next word begins with a consonant. If you're not sure what a Stop or Flap T

    次の単語が子音で始まる場合はT。 ストップやフラップTが何かわからない場合は

  • is, I do have a video on that, click here or in the comments below. Sample sentence:

    は、私はそれについてのビデオを持っている、ここをクリックしてください。 または下のコメント欄にご記入ください。サンプル文です。

  • She's at school. Ut. AT becomes 'ut'. She's at school.

    彼女は学校にいる。ウトです。atは'ut'になります。 彼女は学校にいる。

  • So now we're twenty words in, and still all our words are usually unstressed or might

    だから今は20語になりましたが、まだ 口先だけ

  • reduce. We'll have to keep looking for our first stressed all the time word.

    減らす。を探し続けなければなりません。 最初に強調されたすべての時間の単語。

  • That's it, and thanks so much for using Rachel's English.

    以上、ご利用ありがとうございました。 レイチェルの英語

Today you're studying the pronunciation of the 100 most common words in American English.

今日は発音を勉強していますね。 アメリカ英語で最も一般的な100の単語のうち

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 単語 言葉 発音 テーブル 母音 強調

英語学習 - よくある英単語の発音を話す

  • 613 93
    Samuel に公開 2018 年 04 月 10 日
動画の中の単語