Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The year is 15 CE and the Roman Empire is prospering.

    年は15CEで、ローマ帝国が栄えています。

  • Most of the credit will go to the emperor,

    手柄のほとんどは天皇陛下のものになる。

  • but this success wouldn't have been possible

    然し乍ら成功はあり得ない

  • without loyal soldiers like Servius Felix.

    セルヴィウス・フェリックスのような忠実な兵士がいなければ

  • Servius enlisted as a legionary eight years ago at age 18,

    セルビウスは8年前18歳で軍人として入隊しました

  • the son of a poor farmer with few prospects.

    貧しい農夫の息子で将来の見通しが立たない。

  • Unlike the majority of legionaries, he doesn't gamble,

    大多数の軍団と違って、彼はギャンブルをしない。

  • so he's been able to save most of his wages.

    だから彼は給料のほとんどを貯めている。

  • He's even kept his viaticum,

    彼は、彼の贐まで保管しています。

  • the three gold coins he received when he enlisted.

    入隊した時にもらった三枚の金貨。

  • If he survives until retirement, he'll receive several acres of land.

    定年まで生き残れば、数エーカーの土地を貰える。

  • And he's grown rather fond of a girl back home

    そして、彼は故郷の女の子が好きになりました

  • whom he intends to marry.

    彼が結婚しようとしている人

  • But he'll have to wait until he completes his 25 years of service

    しかし、25年の勤続を終えるまでは

  • before that can happen.

    そうなる前に

  • And the life of a legionary is dangerous and grueling.

    そして、軍人の生活は危険で過酷です。

  • Today, Servius's legion, along with three others,

    今日、セルヴィウスの軍団は、他の3人と一緒に。

  • has undertaken a “great marchof 30,000 Roman paces,

    3万歩の「大行軍」を引き受けた。

  • the equivalent of nearly 36 kilometers.

    約36キロに相当する。

  • Servius's armor and weapons,

    セルヴィウスの防具と武器。

  • including his gladius,

    彼のグラディウスを含めて

  • scutum,

    スキュータム

  • and two pila,

    と2つのピラがあります。

  • weigh over 20 kilograms.

    20キロ以上の重さがあります。

  • And that's not counting his backpack, or sarcina,

    リュックもサルシナもカウントしていない

  • which contains food and all the tools he needs to help build the camp

    食料やキャンプを作るのに必要な道具がすべて入っている。

  • spade,

    落ちてしまいます。

  • saw,

    のこぎり

  • pickaxe,

    つるはし

  • and basket.

    とバスケット。

  • Although Servius is exhausted, he won't sleep much tonight.

    セルヴィウスは疲れ果てているが、今夜はあまり眠れないだろう。

  • He's been assigned the first watch,

    彼は最初の監視を任されています。

  • which means looking after the baggage animals

    お荷物動物のお世話

  • and keeping alert against a possible ambush.

    待ち伏せされる可能性があるので、警戒しています。

  • After he's done, he lies awake, dreading the day ahead,

    終わった後、彼は目を覚まし、これからの一日を恐れて横たわっている。

  • which will force him to recall his worst nightmare.

    彼に最悪の悪夢を思い出させてしまう。

  • At dawn, Servius eats breakfast with his seven tent companions.

    夜が明けると、セルヴィウスは7人のテントの仲間と朝食を食べる。

  • They're like a family, all bearing scars from the battles they've fought together.

    彼らは家族のようなもので、一緒に戦ってきた戦いの傷跡が残っています。

  • Servius is from Italia,

    セルヴィウスはイタリア出身。

  • but his fellow soldiers hail from all over the empire,

    しかし、彼の仲間の兵士は帝国中から集まってきた。

  • which stretches from Syria to Spain.

    シリアからスペインまで伸びる

  • So they're all far from home in the northern land of Germania.

    ゲルマニアの北の大地では、みんな遠く離れているんですね。

  • Servius's legion and three others with him today

    セルヴィウスの軍団と他の3人は今日彼と一緒にいた

  • are under the command of Emperor Tiberius's nephew Germanicus,

    皇帝ティベリウスの甥ゲルマニカスの指揮下にあります。

  • named for his father's military successes against the Germanic tribes.

    父がゲルマン民族との戦いで成功したことにちなんで命名されました。

  • Each legion has close to 5,000 men,

    各軍団には5,000人近くの兵士がいます。

  • divided into cohorts of about 500,

    約500人のコホートに分かれています。

  • further subdivided into centuries of around 80-100 men.

    さらに細分化されて、約80~100人の男性の数百年にも及ぶ。

  • Each century is commanded by a centurion.

    各世紀は百人隊長が指揮を執っています。

  • An aquilifer, or eagle-bearer, marches at the head of each legion

    鷲の子は軍団の先頭を行進する

  • carrying its eagle standard.

    その鷲の標準を持っています。

  • The centurions march beside the legionaries belting out orders,

    百人隊長は軍人の横を行進しています命令を言いながら

  • Dex, sin, dex, sin,"

    "Dex,sin,dex,sin,dex,sin"

  • Right, left, right, left,"

    "右、左、右、左"

  • starting with the right foot as the left is considered unlucky or sinister.

    右足から始めて、左は不吉、不吉とされています。

  • Despite the strict discipline, there's tension in the air.

    厳しい規律とは裏腹に、緊張感があります。

  • Last year, some legions in the area revolted,

    昨年、一部の軍団が反乱を起こした。

  • demanding better pay and a cut in the length of service.

    給料の改善と勤続年数の短縮を要求する。

  • Only their general's charisma and negotiating skills

    彼らの将軍のカリスマ性と交渉力だけは

  • prevented wholesale mutiny.

    は大規模な反乱を防ぐことができました。

  • Today is a “just march,” only 30 kilometers.

    今日はわずか30キロの「ただの行軍」です。

  • As the marshes and forests of Germania lie beyond the empire's road system

    ゲルマニアの湿地と森が帝国の道路網を越えて横たわっているように

  • the men must build causeways and bridges to make headway

    兵は道や橋を架けなければならない

  • something they've recently spent more time doing than fighting.

    最近、戦闘よりも時間をかけていること

  • Finally, they arrive at their destination, a place Servius knows too well.

    ついに目的地に到着したセルヴィアスがよく知っている場所。

  • It's a clearing on the outskirts of the Teutoburg Forest,

    テュートブルクの森の郊外にある更地です。

  • where six years ago, during the reign of the Emperor Augustus,

    6年前のアウグストゥス皇帝の時代に

  • Germanic tribes under their chieftain Arminius

    アルミニウスぞく

  • ambushed and destroyed three legions.

    待ち伏せして3つの軍団を破壊した

  • Proceeding along a narrow path,

    細い道を進む。

  • the legions were attacked from forest cover under torrential rain

    陣中見舞い

  • with their escape blocked.

    逃走を阻止された

  • It was one of the worst defeats the Romans ever suffered

    それはローマ人がこれまでに受けた中で最悪の敗北の一つだった

  • and Augustus never lived it down.

    アウグストゥスはそれに耐えられなかった

  • Servius was one of the few survivors.

    セルビウスは数少ない生存者の一人だった。

  • Servius still has nightmares of his comrades lying where they fell.

    セルヴィアスはまだ悪夢を見ている仲間が倒れた場所に横たわっているのを

  • But now the army is back to bury the dead with full military honors.

    しかし今、軍は死者を埋葬するために戻ってきています。

  • As he helps in the task,

    彼が仕事を手伝うように

  • he can't help wondering whether the bones he handles belonged to someone he knew.

    扱う骨が知り合いのものかどうか気になって仕方がないのよ

  • Several times he wants to weep aloud, but he pushes on with the task.

    何度か声を出して泣きたくなることがあるが、彼はその課題を押し進める。

  • The glory of the Empire can go to the crows.

    帝国の栄光はカラスに行くことができます。

  • All he craves is to retire on a small farm with his wife-to-be,

    彼が切望しているのは、妻と一緒に小さな農場で引退すること。

  • if the gods should spare his life for 17 more years.

    もし神々が彼の命をあと17年も惜しむならば

The year is 15 CE and the Roman Empire is prospering.

年は15CEで、ローマ帝国が栄えています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 軍団 軍人 横たわっ 兵士 キロ

ローマの兵士の一日 - ロバート・ガーランド

  • 1068 89
    定翰 に公開 2018 年 03 月 30 日
動画の中の単語