Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • So I would like to start by telling you about one of my greatest friends,

    翻訳: Ayako Gdula 校正: Moe Shoji

  • Okoloma Maduewesi.

    まずは私の大親友の一人について お話しします

  • Okoloma lived on my street

    オコロマ・マドエウシ

  • and looked after me like a big brother.

    オコロマは近所に住んでいて

  • If I liked a boy, I would ask Okoloma's opinion.

    兄のような存在でした

  • Okoloma died in the notorious Sosoliso plane crash

    好きな男の子ができたら 彼に相談したものです

  • in Nigeria in December of 2005.

    オコロマは2005年12月 ナイジェリアの

  • Almost exactly seven years ago.

    ソソリソ墜落事故で亡くなりました

  • Okoloma was a person I could argue with, laugh with and truly talk to.

    ちょうど7年ほど前です

  • He was also the first person to call me a feminist.

    オコロマとは口喧嘩をしたり 笑ったり 腹を割って話せる間柄でした

  • I was about fourteen, we were at his house, arguing.

    私を「フェミニスト」と呼んだ 最初の人でもあります

  • Both of us bristling with half bit knowledge

    私は14歳くらいで 彼の家で口論になったんです

  • from books that we had read.

    読んだばかりの本の

  • I don't remember what this particular argument was about,

    にわか知識をふりかざして

  • but I remember that as I argued and argued,

    なんで口論になったのか 覚えていませんが

  • Okoloma looked at me and said, "You know, you're a feminist."

    口論の末に オコロマに

  • It was not a compliment.

    「おまえ フェミニストだな」と 言われたのは覚えています

  • (Laughter)

    褒め言葉ではありませんよ

  • I could tell from his tone,

    (笑)

  • the same tone that you would use to say something like,

    口調で分かりました

  • "You're a supporter of terrorism."

    嫌みを言うときのトーンです 例えば―

  • (Laughter)

    「おまえ テロリストだな」とかね

  • I did not know exactly what this word "feminist" meant,

    (笑)

  • and I did not want Okoloma to know that I did not know.

    「フェミニスト」が何を意味するのか 知りませんでした

  • So I brushed it aside, and I continued to argue.

    知らないことを オコロマに知られるのがイヤで

  • And the first thing I planned to do when I got home

    さっと話題を変えて 口論を続けました

  • was to look up the word "feminist" in the dictionary.

    家に帰って真っ先にしたことは

  • Now fast forward to some years later,

    「フェミニスト」を 辞書で調べることでした

  • I wrote a novel about a man who among other things beats his wife

    それから何年かが過ぎて

  • and whose story doesn't end very well.

    私は妻に暴力を振るう 男の小説を書きました

  • While I was promoting the novel in Nigeria,

    あまりいい感じでは 終わらないお話です

  • a journalist, a nice, well-meaning man,

    ナイジェリアでその本の PRをしていた時

  • told me he wanted to advise me.

    紳士的なジャーナリストの男性が

  • And for the Nigerians here,

    私にアドバイスしたいと 言ってきました

  • I'm sure we're all familiar

    ここにいるナイジェリア人は

  • with how quick our people are to give unsolicited advice.

    よく知っていると思いますが

  • He told me that people were saying that my novel was feminist

    ナイジェリア人って頼まれてもいないのに すぐアドバイスしたがるんです

  • and his advice to me --

    私の小説がフェミニズム的だと 評判だと言うのです

  • and he was shaking his head sadly as he spoke --

    そして私に向かって

  • was that I should never call myself a feminist

    悲しげに首を振りながら こう続けました

  • because feminists are women who are unhappy

    「フェミニストを名乗るべきではない

  • because they cannot find husbands.

    フェミニストは 結婚もできないような

  • (Laughter)

    不幸な女がなるものだ」と

  • So I decided to call myself "a happy feminist."

    (笑)

  • Then an academic, a Nigerian woman told me

    私は「ハッピー・フェミニスト」を 名乗ることにしました

  • that feminism was not our culture

    次に学識のある ナイジェリア人の女性に

  • and that feminism wasn't African,

    フェミニズムは 私たちの文化でもないし

  • and that I was calling myself a feminist

    アフリカの文化でもない

  • because I had been corrupted by "Western books."

    フェミニストと自分で名乗るなんて

  • Which amused me,

    「欧米の本」に洗脳されたのね と言われました

  • because a lot of my early readings were decidedly unfeminist.

    これは愉快でした

  • I think I must have read every single Mills & Boon romance published

    私が読んで育った本は全く フェミニズム的ではなかったからです

  • before I was sixteen.

    16歳頃まで読んでいたのは もっぱらハーレクインの

  • And each time I tried to read those books

    ロマンス小説でしたから

  • called "the feminist classics,"

    「フェミニズムの古典」と 呼ばれるような本を

  • I'd get bored, and I really struggled to finish them.

    読もうとしたこともありましたが

  • But anyway, since feminism was un-African,

    飽きてしまって 読みきれませんでした

  • I decided that I would now call myself "a happy African feminist."

    とにかく フェミニズムは アフリカ的ではないらしいので

  • At some point I was a happy African feminist who does not hate men

    「ハッピー・アフリカン・フェミニスト」を 名乗ることにしました

  • and who likes lip gloss

    ハッピー・アフリカン・フェミニストですが 男嫌いでもなければ

  • and who wears high heels for herself but not for men.

    リップグロスもつけますし

  • (Laughter)

    男性のためではなく 自分のためにヒールも履きます

  • Of course a lot of this was tongue-in-cheek,

    (笑)

  • but that word feminist is so heavy with baggage, negative baggage.

    もちろん 半ば冗談ではありますが

  • You hate men, you hate bras,

    フェミニストという言葉には マイナスイメージがついてまわります

  • you hate African culture, that sort of thing.

    男嫌いで ブラジャーが嫌いで

  • Now here's a story from my childhood.

    アフリカ文化を嫌悪している といったものです

  • When I was in primary school,

    私が子どもの頃の話ですが

  • my teacher said at the beginning of term that she would give the class a test

    小学生の時

  • and whoever got the highest score would be the class monitor.

    学期の初めに 先生が テストをすると言いました

  • Now, class monitor was a big deal.

    テストの最高得点者は 学級委員になれるというのです

  • If you were a class monitor,

    学級委員は大役でした

  • you got to write down the names of noisemakers --

    学級委員になると

  • (Laughter)

    うるさい子たちの名前を 書いたりできるんですから

  • which was having enough power of its own.

    (笑)

  • But my teacher would also give you a cane to hold in your hand

    それだけでもすごいのに

  • while you walk around and patrol the class for noisemakers.

    私の先生は 杖も持たせてくれました

  • Now, of course you were not actually allowed to use the cane.

    それを持って クラスの中を パトロールするんです

  • But it was an exciting prospect for the nine-year-old me.

    もちろん その杖を ふるうことは許されませんでしたが

  • I very much wanted to be the class monitor.

    9歳の私にとっては ワクワクすることでした

  • And I got the highest score on the test.

    どうしても 学級委員に なりたいと思いました

  • Then, to my surprise, my teacher said that the monitor had to be a boy.

    私はテストで最高得点を取ったんです

  • She had forgotten to make that clear earlier

    ところが 先生は学級委員は 男子でなければダメだと言いました

  • because she assumed it was ... obvious.

    先に言っておくのを忘れたのだと

  • (Laughter)

    まさかこうなるとは という感じですね

  • A boy had the second highest score on the test,

    (笑)

  • and he would be monitor.

    2番目に高得点だったのは 男の子で

  • Now, what was even more interesting about this

    その子が学級委員になりました

  • is that the boy was a sweet, gentle soul

    さらに興味深いのは

  • who had no interest in patrolling the class with the cane,

    その男の子は 優しく 穏やかな性格で

  • while I was full of ambition to do so.

    杖を手にパトロールなんて 全然したくなかったということです

  • But I was female and he was male,

    一方の私は やる気満々でしたけど

  • and so he became the class monitor.

    でも 私は女子で 彼は男子だったので

  • And I've never forgotten that incident.

    彼が学級委員になりました

  • I often make the mistake of thinking

    この出来事を忘れたことはありません

  • that something that is obvious to me is just as obvious to everyone else.

    私は 自分にとって当たり前なことは

  • Now, take my dear friend Louis

    他の人にとっても当たり前だと 考えてしまうことがあります

  • for example.

    例えば 友人のルイです

  • Louis is a brilliant, progressive man,

    ルイは 素晴らしい 進歩的な男性で

  • and we would have conversations and he would tell me,

    一緒に話をしていると こう私に言ったものでした

  • "I don't know what you mean by things being different or harder for women.

    「男と女では色々なことが違うし 女は不利だと言うけど

  • Maybe in the past, but not now."

    それは過去のことではないか」と

  • And I didn't understand how Louis could not see what seems so self-evident.

    こんな明白なことが なぜルイには 分からないのか 理解できませんでした

  • Then one evening, in Lagos, Louis and I went out with friends.

    ある晩 ラゴスで ルイと私は友人達と出かけました

  • And for people here who are not familiar with Lagos,

    ここで ラゴスのことを あまり知らない方に一言

  • there's that wonderful Lagos' fixture,

    ラゴスでよく目にする光景なのですが

  • the sprinkling of energetic men who hang around outside establishments

    レストランの外でうろついている 元気のいい男性たちが

  • and very dramatically "help" you park your car.

    仰々しく あなたが駐車するのを 「手伝って」くれるのです

  • I was impressed with the particular theatrics

    その晩 私たちの駐車スペースを 見つけてくれた男性の

  • of the man who found us a parking spot that evening.

    大げさな仕草が気に入ったので

  • And so as we were leaving, I decided to leave him a tip.

    彼にチップをあげることにしました

  • I opened my bag,

    私は自分のバッグを開けて

  • put my hand inside my bag,

    手を入れて

  • brought out my money that I had earned from doing my work,

    自分で稼いだ 自分のお金を取り出して

  • and I gave it to the man.

    その男性にあげました

  • And he, this man who was very grateful and very happy,

    その男性は とても喜んで

  • took the money from me,

    私からお金を受け取り

  • looked across at Louis

    ルイの方を見て

  • and said, "Thank you, sir!"

    「ありがとよ 旦那!」と言いました

  • (Laughter)

    (笑)

  • Louis looked at me, surprised,

    ルイは驚いた様子で私を見て こう言いました

  • and asked, "Why is he thanking me? I didn't give him the money."

    「何で僕に礼を言うんだ? お金を出したのは僕じゃないのに」

  • Then I saw realization dawn on Louis' face.

    その時 ルイはやっと気付いたようでした

  • The man believed that whatever money I had

    その男性は 私が持っていたお金は

  • had ultimately come from Louis.

    ルイが稼いだものだろうと 思ったのです

  • Because Louis is a man.

    ルイが男性だからです

  • Men and women are different.

    男と女は違います

  • We have different hormones, we have different sexual organs,

    ホルモンも違えば 性器も違います

  • we have different biological abilities.

    生物学的な機能も違うのです

  • Women can have babies, men can't.

    女は出産できますが 男はできません

  • At least not yet.

    とりあえず 今のところは

  • (Laughter)

    (笑)

  • Men have testosterone and are in general physically stronger than women.

    男性にはテストステロンがあり 一般的には 肉体的に女性よりも強いです

  • There's slightly more women than men in the world,

    女性の方が男性よりも ほんの少し人口が多く

  • about 52 percent of the world's population is female.

    世界の人口の約52%は女性です

  • But most of the positions of power and prestige are occupied by men.

    しかし 地位の高い役職のほとんどは 男性で占められています

  • The late Kenyan Nobel Peace laureate,

    今は亡き ケニアのノーベル平和受賞者

  • Wangari Maathai,

    ワンガリ・マータイが

  • put it simply and well when she said:

    これを 上手く表現しています

  • "The higher you go, the fewer women there are."

    「上へ登りつめるほどに 女性は少なくなる」

  • In the recent US elections we kept hearing of the Lilly Ledbetter law,

    最近のアメリカ大統領選で リリー・レッドベター法をよく耳にしました

  • and if we go beyond the nicely alliterative name of that law,

    この響きの良い名前の法律を 掘り下げていくと

  • it was really about a man and a woman

    結局のところ 男女間の問題で

  • doing the same job, being equally qualified,

    同じ仕事をして 同等の能力であっても

  • and the man being paid more because he's a man.

    男性の方が高い給与を 得ていたというものです

  • So in the literal way, men rule the world,

    文字通り 男が世界を 牛耳っているのです

  • and this made sense a thousand years ago

    千年前なら これで良かったかもしれません

  • because human beings lived then in a world

    その時代の人間にとっては

  • in which physical strength was the most important attribute for survival.

    肉体的な強さが 生き抜くうえで 最も大切なことだったのですから

  • The physically stronger person was more likely to lead,

    肉体的に強い人が主導権を 握ることが多かったのです

  • and men, in general, are physically stronger.

    そして 男性は 一般的に 肉体的に強いのです

  • Of course there are many exceptions.

    例外もたくさんいますけどね

  • (Laughter)

    (笑)

  • But today we live in a vastly different world.

    でも 今の社会は全く違います

  • The person more likely to lead is not the physically stronger person;

    肉体的に強い人が必ずしも 主導権を握るわけではありません

  • it is the more creative person, the more intelligent person,

    創造力が豊かだったり 知性的だったり

  • the more innovative person,

    革新的だったり

  • and there are no hormones for those attributes.

    ホルモンは関係ありません

  • A man is as likely as a woman to be intelligent,

    男性も女性も同じように 知性的で

  • to be creative, to be innovative.

    創造力に富み 革新的でありえるのです

  • We have evolved;

    社会は変わったのに

  • but it seems to me that our ideas of gender had not evolved.

    ジェンダーに対する考え方は 変わっていないのではないでしょうか

  • Some weeks ago, I walked into a lobby of one of the best Nigerian hotels.

    数週間前 私はナイジェリアの 最高級ホテルのロビーに行きました

  • I thought about naming the hotel, but I thought I probably shouldn't.

    ホテルの名前は あえて伏せておきます

  • And a guard at the entrance stopped me and asked me annoying questions,

    入口にいたドアマンが私を呼び止めて 失礼な質問をしてきました

  • because their automatic assumption is

    高級ホテルに1人で来る

  • that a Nigerian female walking into a hotel alone is a sex worker.

    ナイジェリア人の女性は 売春婦だと思われるのです

  • And by the way,

    不思議なのは

  • why do these hotels focus on the ostensible supply

    なぜ そのようなホテルは 売春婦を呼ぶ客よりも

  • rather than the demand for sex workers?

    見せかけのイメージを気にするのでしょう?

  • In Lagos I cannot go alone into many "reputable" bars and clubs.

    ラゴスでは 「評判の高い」お店に 私1人では行けません

  • They just don't let you in if you're a woman alone,

    女性1人では 入れてもらえないのです

  • you have to be accompanied by a man.

    男性の同伴が必要です

  • Each time I walk into a Nigerian restaurant with a man,

    ナイジェリアのレストランに 男性と一緒に行くといつも

  • the waiter greets the man and ignores me.

    ウェイターは男性にだけ 挨拶をします

  • The waiters are products --

    こうしたウェイターは―

  • (Laughter)

    (笑)

  • At this some women felt like, "Yes! I thought that!"

    「私もそう思ってた!」という 女性が他にもいますよね

  • The waiters are products of a society

    こうしたウェイターは

  • that has taught them that men are more important than women.

    女性よりも男性の方が重要だと 見なす社会の産物なのです

  • And I know that waiters don't intend any harm.

    ウェイターに悪気がないことは 分かっています

  • But it's one thing to know intellectually and quite another to feel it emotionally.

    頭では分かっていても 気持ちとなると別の話です

  • Each time they ignore me, I feel invisible.

    無視されるたびに 否定されたような気がして

  • I feel upset.

    悲しくなります

  • I want to tell them that I am just as human as the man,

    私だって同じ人間なのだと 言いたくなります

  • that I'm just as worthy of acknowledgment.

    存在を無視しないでくれ と

  • These are little things,

    これは些細なことです

  • but sometimes it's the little things that sting the most.

    でも こういう些細なことが 一番辛い時もあるのです

  • And not long ago, I wrote an article

    つい最近 ある記事に

  • about what it means to be young and female in Lagos,

    ラゴスで 若い女性が どのように扱われているかを書きました

  • and the printers told me,

    そうしたら 出版社に言われました

  • "It was so angry."

    「怒りに満ちた記事だ」と

  • Of course it was angry!

    怒りに満ちていて当然です!

  • (Laughter)

    (笑)

  • I am angry.

    私は怒りを感じているのです

  • Gender as it functions today is a grave injustice.

    ジェンダーが 深刻な不平等を 生み出しているのですから

  • We should all be angry.

    皆 怒るべきなんです

  • Anger has a long history of bringing about positive change;

    怒りは長い間ポジティブな変化を 生み出してきました

  • but, in addition to being angry, I'm also hopeful.

    でも 私は怒りだけでなく 希望も抱いています

  • Because I believe deeply in the ability of human beings

    私は 人間には

  • to make and remake themselves for the better.

    自らを良くしていくことができると 強く信じているからです

  • Gender matters everywhere in the world,

    ジェンダーは世界的に 重要な問題です

  • but I want to focus on Nigeria

    でも 私はナイジェリアやアフリカを

  • and on Africa in general,

    主に考えたいと思います

  • because it is where I know, and because it is where my heart is.

    よく知っていて 思い入れのある場所だからです

  • And I would like today to ask

    今日 お願いしたいのは

  • that we begin to dream about and plan for a different world,

    新しい世界を作るために 考え始めようということです

  • a fairer world,

    もっと平等な世界―

  • a world of happier men and happier women who are truer to themselves.

    男性も女性も自分らしさを持って 幸せに生きることのできる世界です

  • And this is how to start:

    まず 手始めに

  • we must raise our daughters differently.

    娘の育て方を変えなければいけません

  • We must also raise our sons differently.

    息子の育て方も変えなければいけません

  • We do a great disservice to boys on how we raise them;

    間違った育て方のせいで 男の子たちに害を与えています

  • we stifle the humanity of boys.

    彼らの人間性を抑圧しているのです

  • We define masculinity in a very narrow way,

    「男らしさ」を とても狭く定義して

  • masculinity becomes this hard, small cage

    その硬くて小さいおりの中に

  • and we put boys inside the cage.

    男の子たちを押し込めているのです

  • We teach boys to be afraid of fear.

    「男は恐れてはならない」

  • We teach boys to be afraid of weakness, of vulnerability.

    「弱さを見せてはだめだ」と 教えます

  • We teach them to mask their true selves,

    「本当の自分に蓋をしろ」と

  • because they have to be, in Nigerian speak, "hard man!"

    ナイジェリア風に言えば 「強い男」であれ と

  • In secondary school, a boy and a girl, both of them teenagers,

    中学生になると 男の子も女の子も十代で

  • both of them with the same amount of pocket money, would go out

    同じくらいのお小遣いをもらいますが 一緒に出かけると

  • and then the boy would be expected always to pay,

    いつも男の子が払うべきという 空気になります

  • to prove his masculinity.

    男らしさを見せるためです

  • And yet we wonder why boys are more likely to steal money from their parents.

    なのに 男の子の方が 親から お金を盗むことが多いのを不思議がります

  • What if both boys and girls were raised

    でも もし 男らしさとお金は 関係がないと

  • not to link masculinity with money?

    教えられていたらどうでしょう?

  • What if the attitude was not "the boy has to pay"

    「お金は男が払うもの」 という考えではなく

  • but rather "whoever has more should pay?"

    「持ってる人が払う」で いいじゃないかと

  • Now, of course because of that historical advantage,

    もちろん 長年続いてきた 男性優位社会では

  • it is mostly men who will have more today,

    男性の方が多く持っている場合が 多いですが

  • but if we start raising children differently,

    今から 子どもの育て方を変えれば

  • then in fifty years, in a hundred years,

    50年後 100年後には

  • boys will no longer have the pressure of having to prove this masculinity.

    そんな男らしさを証明してみせる 必要はなくなるのです

  • But by far the worst thing we do to males,

    でも 一番悪いのは

  • by making them feel that they have to be hard,

    男は強くあれと 思わせていることです

  • is that we leave them with very fragile egos.

    それは男性の自我を 非常に脆いものにします

  • The more "hard man" the man feels compelled to be,

    「強い男」になるしかないと 思えば思うほど

  • the weaker his ego is.

    自我が弱くなってしまうのです

  • And then we do a much greater disservice to girls

    でも女の子にしていることは もっとひどいことです

  • because we raise them to cater to the fragile egos of men.

    そんな脆い男性の自我に 応えるように育てるのですから

  • We teach girls to shrink themselves, to make themselves smaller,

    自分を抑え込み 小さい存在であれと教えるのです

  • we say to girls,

    女の子にはこう言います