Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • I remember when I first found out

    翻訳: Hiroko Kawano 校正: Chieko Tamakawa

  • I was going to speak at a TED conference.

    今でも覚えています

  • I ran across the hall to one of my classrooms

    TED登壇が決まったと知った時

  • to inform my students.

    私はホールを走って 教室へ行き

  • "Guess what, guys?

    生徒に知らせました

  • I've been asked to give a TED Talk."

    「みんな 聞いて

  • The reaction wasn't one I quite expected.

    TEDトークの依頼を受けました」

  • The whole room went silent.

    反応は予想外でした

  • "A TED Talk? You mean, like the one you made us watch on grit?

    教室中がしんとなりました

  • Or the one with the scientist that did this really awesome thing with robots?"

    「TEDって コーチがいつも見せるやつ?

  • Muhammad asked.

    科学者が ロボットで 本当にすごいことをやるやつ?」

  • "Yes, just like that."

    訊いたのはムハマッドです

  • "But Coach, those people are really important and smart."

    「そう そんな感じ」

  • (Laughter)

    「でもコーチ スピーカーは すごい偉くて賢い人だよね」

  • "I know that."

    (笑)

  • "But Coach, why are you speaking? You hate public speaking."

    「分かってる」

  • "I do," I admitted,

    「でも コーチは 人前で話すのは嫌いでしょう?」

  • "But it's important that I speak about us, that I speak about your journeys,

    「確かに嫌い」と私

  • about my journey.

    「でも 私たちのこと — みんなや 私の旅について

  • People need to know."

    話すのは大切だよ

  • The students at the all-refugee school that I founded

    知ってもらわなくては」

  • decided to end with some words of encouragement.

    私が創立した 学校は 全生徒が難民で

  • "Cool! It better be good, Coach."

    最後にはみんなで 励ましてくれました

  • (Laughter)

    「カッコいいね 頑張って」

  • There are 65.3 million people who have been forcibly displaced

    (笑)

  • from their homes because of war or persecution.

    戦争や迫害のせいで 6530万人が

  • The largest number, 11 million, are from Syria.

    強制的に故郷から追い出されました

  • 33,952 people flee their homes daily.

    そのうち 最多数の1100万人が シリア出身です

  • The vast majority remain in refugee camps,

    一日当たり3万3952人が 故郷から逃れます

  • whose conditions cannot be defined as humane under anyone's definition.

    その大部分が 難民キャンプに残り

  • We are participating in the degradation of humans.

    どう考えても人道的とは 言えない状況下に置かれています

  • Never have we had numbers this high.

    人間性を貶める行為に 私たちも加担しています

  • This is the highest number of refugees since World War II.

    これはかつてない人数です

  • Now, let me tell you why this issue is so important to me.

    第二次世界大戦以来 最多です

  • I am an Arab. I am an immigrant.

    なぜ この問題が 私にとって重要か お話しします

  • I am a Muslim.

    私は アラブ人で 移民で

  • I've also spent the last 12 years of my life working with refugees.

    イスラム教徒です

  • Oh -- and I'm also gay.

    この12年間 私は 難民たちと働いてきました

  • It makes me really popular these days.

    しかも 私はゲイです

  • (Laughter)

    なので近頃は 人気者です

  • But I am the daughter of a refugee.

    (笑)

  • My grandmother fled Syria in 1964 during the first Assad regime.

    でも 私は難民の娘です

  • She was three months pregnant when she packed up a suitcase,

    祖母は アサド政権の1964年に シリアから逃れました

  • piled in her five children and drove to neighboring Jordan,

    祖母は妊娠3ヶ月で スーツケースに荷物を詰めて

  • not knowing what the future held for her and her family.

    5人の子供を車に乗せて 隣国のヨルダンへ行きました

  • My grandfather decided to stay, not believing it was that bad.

    自分と家族を何が待ち受けるか わからないままにです

  • He followed her a month later, after his brothers were tortured

    状況はそれほど悪くはないと信じて 祖父は国に残りました

  • and his factory was taken over by the government.

    1ヶ月後 兄弟が拷問を受け 工場が政府に奪われ

  • They rebuilt their lives starting from scratch

    祖父は 祖母の後を追いました

  • and eventually became independently wealthy Jordanian citizens.

    2人は ゼロから生活を立て直し

  • I was born in Jordan 11 years later.

    やっとのことで 裕福なヨルダン市民として自立しました

  • It was really important to my grandmother for us to know our history

    11年後に 私が生まれました

  • and our journey.

    祖母にとって 私たちの 歴史や旅を 教えることはとても重要でした

  • I was eight years old when she took me to visit my first refugee camp.

    祖母にとって 私たちの 歴史や旅を 教えることはとても重要でした

  • I didn't understand why.

    8歳のとき 初めて祖母に 難民キャンプに連れて行かれて

  • I didn't know why it was so important to her

    戸惑いました

  • for us to go.

    そこへ行くのが なぜ それ程重要か

  • I remember walking into the camp holding her hand,

    分かりませんでした

  • and her saying, "Go play with the kids,"

    祖母に手を繋がれて キャンプに入ると

  • while she visited with the women in the camp.

    祖母は「子供たちと遊びなさい」 と言って

  • I didn't want to.

    キャンプの女性たちを訪問しに行きました

  • These kids weren't like me.

    私は 嫌でした

  • They were poor. They lived in a camp.

    そこの子供達は 私と違い

  • I refused.

    貧乏で キャンプ暮らしでした

  • She knelt down beside me and firmly said, "Go.

    私が 嫌だと言うと

  • And don't come back until you've played.

    祖母は私の傍らに膝をついて 毅然と言いました「行って

  • Don't ever think people are beneath you

    遊ぶまで戻ってきてはなりません

  • or that you have nothing to learn from others."

    人を見下してはいけません

  • I reluctantly went.

    他人から何も学べないと 考えてはいけませんよ」と

  • I never wanted to disappoint my grandmother.

    私は嫌々 行きました

  • I returned a few hours later,

    祖母をがっかり させたくなかったからです

  • having spent some time playing soccer with the kids in the camp.

    キャンプの子達と

  • We walked out of the camp,

    サッカーをして 2、3時間後に戻りました

  • and I was excitedly telling her what a great time I had

    一緒にキャンプを出ると

  • and how fantastic the kids were.

    どんなに楽しかったか どんなに素晴らしい子供達だったか

  • "Haram!" I said in Arabic. "Poor them."

    祖母に熱く語りました

  • "Haram on us," she said, using the word's different meaning,

    私がアラビア語で「許せない あの子達が可哀想」と言うと

  • that we were sinning.

    祖母は「罪深いのは私たちだよ」と ハラムの別の意味を

  • "Don't feel sorry for them; believe in them."

    口にしました

  • It wasn't until I left my country of origin for the United States

    「あの子達を憐れまないで 人として信じましょう」とも

  • that I realized the impact of her words.

    私は 生まれた祖国を離れて 合衆国にきて初めて

  • After my college graduation, I applied for and was granted political asylum,

    彼女の言葉の重みに気づきました

  • based on being a member of a social group.

    大学卒業後 私は 政治的亡命を申請し承認されました

  • Some people may not realize this,

    私の社会的立場が理由です

  • but you can still get the death penalty in some countries for being gay.

    知らない人もいますが

  • I had to give up my Jordanian citizenship.

    今でも 同性愛者だという理由で 死刑宣告を下す国があるのです

  • That was the hardest decision I've ever had to make,

    ヨルダン国籍の放棄は

  • but I had no other choice.

    人生で最も辛い決断でしたが

  • The point is,

    選択肢はありませんでした

  • when you find yourself choosing between home and survival,

    つまり

  • the question "Where are you from?" becomes very loaded.

    祖国か生命かの二者択一を経験すると

  • A Syrian woman who I recently met at a refugee camp in Greece

    「故郷はどちら?」の質問に 心張り裂ける思いがするのです

  • articulated it best,

    最近 ギリシャの難民キャンプで会った 女性がそれをみごとに

  • when she recalled the exact moment she realized she had to flee Aleppo.

    言い表しています

  • "I looked out the window and there was nothing.

    彼女が アレッポから逃げなければと 悟った時の話です

  • It was all rubble.

    「窓の外を見ても 何もありません

  • There were no stores, no streets, no schools. Everything was gone.

    全部がれきでした

  • I had been in my apartment for months,

    店もなく 道もなく 学校もなく 全てがなくなってしまっていました

  • listening to bombs drop and watching people die.

    私は アパートで何ヶ月も

  • But I always thought it would get better,

    爆弾投下の音を聞き 人々が死ぬのを見ていました

  • that no one could force me to leave,

    でも 私はいつか状況が良くなり

  • no one could take my home away from me.

    家を追い出されたり 家を奪われたりすることも

  • And I don't know why it was that morning, but when I looked outside,

    無くなると思っていました

  • I realized if I didn't leave, my three young children would die.

    私は なぜかその日の朝 外を見て

  • And so we left.

    そこを去らなければ 幼い3人の子が死ぬと気づいたのです

  • We left because we had to, not because we wanted to.

    だから私は去りました

  • There was no choice," she said.

    やむを得ず去ったのであって 望んでそうしたのではありません

  • It's kind of hard to believe that you belong

    選択肢はなかった」と 彼女は言いました

  • when you don't have a home,

    故郷がなくて 恐怖や迫害のために

  • when your country of origin rejects you because of fear or persecution,

    生まれた国に拒絶されたり

  • or the city that you grew up in is completely destroyed.

    あるいは 自分が育った町が 完全に破壊されたとき

  • I didn't feel like I had a home.

    自分に居場所があると思うことは 難しいものです

  • I was no longer a Jordanian citizen,

    私には故郷があると思えませんでした

  • but I wasn't American, either.

    私はもうヨルダンの国民ではなく

  • I felt a kind of loneliness

    かといってアメリカ人でもありません

  • that is still hard to put into words today.

    孤独のようなものを感じました

  • After college, I desperately needed to find a place to call home.

    今でも言い表せない気持ちです

  • I bounced around from state to state

    大学卒業後 私は無性に 故郷と呼べる場所が欲しくなりました

  • and eventually ended up in North Carolina.

    私はアメリカ国内の州を転々とし

  • Kindhearted people who felt sorry for me

    最後に ノース・カロライナに たどり着きました

  • offered to pay rent

    親切な人たちが 私に同情してくれて

  • or buy me a meal or a suit for my new interview.

    家賃支払いを申し出たり

  • It just made me feel more isolated and incapable.

    食事や 就職の面接のスーツを 提供してくれました

  • It wasn't until I met Miss Sarah,

    でもそうされても 私は 孤独と無力感を覚えるだけでした

  • a Southern Baptist who took me in at my lowest and gave me a job,

    ミス・サラに出会って —

  • that I started to believe in myself.

    どん底の私を受け入れ 仕事をくれた 南部バプテスト派の女性でした —

  • Miss Sarah owned a diner in the mountains of North Carolina.

    やっと 自分を信じられたのです

  • I assumed, because of my privileged upbringing

    ミス・サラは ノース・カロライナ州の 山あいで食堂を営んでいました

  • and my Seven Sister education,

    てっきり私は上流階級の育ちで

  • that she would ask me to manage the restaurant.

    名門女子大学卒業だから

  • I was wrong.

    レストランのマネージャーとして 雇われたと思いました

  • I started off washing dishes,

    でもそれは違いました

  • cleaning toilets and working the grill.

    仕事は 皿洗いから始まり

  • I was humbled; I was shown the value of hard work.

    トイレ掃除や 厨房の仕事もしました

  • But most importantly, I felt valued and embraced.

    私は謙虚になり 一生懸命に働くことの 価値を知ったのです

  • I celebrated Christmas with her family,

    何よりも大事なのは 尊重され 受け入れられたと感じたことです

  • and she attempted to observe Ramadan with me.

    私はサラの家族とクリスマスを祝い

  • I remember being very nervous about coming out to her --

    サラは私とラマダンを 経験しました

  • after all, she was a Southern Baptist.

    とても緊張しながら 彼女にカミングアウトしました

  • I sat on the couch next to her

    サラは 南部のバプテスト派です

  • and I said, "Miss Sarah, you know that I'm gay."

    ソファで サラの隣に座って

  • Her response is one that I will never forget.

    「私がゲイだと知ってますよね」 と言いました

  • "That's fine, honey. Just don't be a slut."

    サラの 返事は 忘れがたいものでした

  • (Laughter)

    「それは構わないわ でも尻軽にはならないで」

  • (Applause)

    (笑)

  • I eventually moved to Atlanta, still trying to find my home.

    (拍手)

  • My journey took a strange turn three years later,

    最終的にアトランタに移ったんですが まだ故郷探しは続いていました

  • after I met a group of refugee kids playing soccer outside.

    3年後 私の人生に 不思議な展開が起きました

  • I'd made a wrong turn into this apartment complex,

    外でサッカーをする 難民の子供達に会った後のことです

  • and I saw these kids outside playing soccer.

    私は曲がり角を間違え アパートの建物に迷い込み

  • They were playing barefoot with a raggedy soccer ball

    子供達が外で サッカーをするのを見ました

  • and rocks set up as goals.

    裸足で ボロボロのサッカーボールで

  • I watched them for about an hour,

    石を並べてゴールにしていました

  • and after that I was smiling.

    1時間ほど 子供達を見た後

  • The boys reminded me of home.

    私は微笑んでいました

  • They reminded me of the way I grew up playing soccer

    故郷を思い出したからです

  • in the streets of Jordan, with my brothers and cousins.

    サッカーをして育った 過去を思い出しました

  • I eventually joined their game.

    ヨルダンの ストリートで 兄弟や従兄弟が一緒でした

  • They were a little skeptical about letting me join it,

    私は やがて子供達の試合に 参加しました

  • because according to them, girls don't know how to play.

    子供達は ちょっと怪訝な顔で 私を入れてくれました

  • But obviously I did.

    彼らはこう思ったそうです 女子はルールを知らない

  • I asked them if they had ever played on a team.

    でも 私は知っていそうだと

  • They said they hadn't, but that they would love to.

    子供達にチームでサッカーを したことはあるかと聞くと

  • I gradually won them over, and we formed our first team.

    ないけど やりたいと言います

  • This group of kids would give me a crash course in refugees, poverty

    彼らを口説き落として 初めてのチームを結成しました

  • and humanity.

    子供達とのやり取りは 私にとって 難民になること 貧困と そして人間性の

  • Three brothers from Afghanistan -- Roohullah, Noorullah and Zabiullah --

    特訓となりました

  • played a major role in that.

    アフガニスタンから来た3兄弟の ルーラーとヌーラーとザビラーは

  • I showed up late to practice one day to find the field completely deserted.

    チームの主戦力でした

  • I was really worried.

    ある日 遅れて練習に行くと コートには誰もいませんでした

  • My team loved to practice.

    私は心配になりました

  • It wasn't like them to miss practice.

    練習が大好きなチームです

  • I got out of my car, and two kids ran out from behind a dumpster,

    練習をすっぽかすなんて チームらしくありません

  • waving their hands frantically.

    車を降りると 2人の子が ゴミのコンテナの後ろから走り出て

  • "Coach, Rooh got beat up. He got jumped.

    必死に手を振っていました

  • There was blood everywhere."

    「コーチ 大変だ ルーが突き飛ばされた

  • "What do you mean? What do you mean he got beat up?"

    あちこちに血がついていたよ」

  • "These bad kids came and beat him up, Coach.

    「大変ってどういうこと?」

  • Everybody left. They were all scared."

    「悪い子達が ルーを殴った

  • We hopped into my car and drove over to Rooh's apartment.

    みんな怖がって 逃げてしまったんだ」

  • I knocked on the door, and Noor opened it.

    私たちは ルーのアパートへ 車を走らせました

  • "Where's Rooh? I need to talk to him, see if he's OK."

    ドアをノックすると ヌーアがドアを開けました

  • "He's in his room, Coach. He's refusing to come out."

    「ルーはどこ? 無事を確かめたいんだけど」

  • I knocked on the door.

    「部屋にいるよ 出てくるのを嫌がってる」

  • "Rooh, come on out. I need to talk to you.

    私は部屋のドアをノックし

  • I need to see if you're OK or if we need to go to the hospital."

    「ルー 出て来なさい 話があるの

  • He came out.

    病院に行かなきゃならないか 確かめなくちゃ」

  • He had a big gash on his head, a split lip,

    ルーは出て来ました

  • and he was physically shaken.

    頭に大きな擦り傷があり 唇が切れていて

  • I was looking at him,

    体が震えていました

  • and I asked the boys to call for their mom,

    私はルーを見て

  • because I needed to go to the hospital with him.

    お母さんを呼ぶように言いました

  • They called for their mom.

    彼を病院に連れて行く必要が あったからです

  • She came out.

    お母さんが呼ばれて

  • I had my back turned to her, and she started screaming in Farsi.

    出て来ました

  • The boys fell to the ground laughing.

    私が 背を向けていたので お母さんはペルシア語で叫び始めました

  • I was very confused,

    子供達は 地面で笑い転げていました

  • because there was nothing funny about this.

    私は混乱しました

  • They explained to me that she said,

    笑えるようなことは 何もなかったからです

  • "You told me your coach was a Muslim and a woman."

    子供達によると お母さんが言ったのは

  • From behind, I didn't appear to be either to her.

    「コーチはイスラム教徒の 女の人じゃないの?」

  • (Laughter)

    後ろ姿は ムスリムにも女性にも 見えなかったのです

  • "I am Muslim," I said, turning to her.

    (笑)

  • "Ašhadu ʾan lā ʾilāha ʾilla (A)llāh,"

    私は振り返り 「イスラム教徒です」と言い

  • reciting the Muslim declaration of faith.

    「(ペルシア語)アッラーの他に神はなし」

  • Confused,

    と イスラム教の 信仰告白の言葉を唱えました

  • and perhaps maybe a little bit reassured,

    戸惑いながらも

  • she realized that yes,

    そして多分 幾分かは確かに

  • I, this American-acting, shorts-wearing, non-veiled woman,

    お母さんは気づきました

  • was indeed a Muslim.

    アメリカ人の物腰の 短パン姿で ベールを被っていない私は

  • Their family had fled the Taliban.

    確かにイスラム教徒だと

  • Hundreds of people in their village

    この一家は タリバンから逃れて来ました

  • were murdered.

    何百人もの村人が

  • Their father was taken in by the Taliban,

    殺されました

  • only to return a few months later, a shell of the man he once was.

    父親は タリバンに連れて行かれて

  • The family escaped to Pakistan,

    数ヶ月後に戻った時は 抜け殻のようになっていました

  • and the two older boys, age eight and 10 at the time,

    一家はパキスタンへと逃れ

  • wove rugs for 10 hours a day to provide for their family.

    当時 8歳と10歳だった 上の男の子達は

  • They were so excited when they found out that they had been approved

    毎日10時間 絨毯を織って 家計を支えました

  • to resettle in the United States,

    合衆国への移住が承認されたと 分かった時には

  • making them the lucky 0.1 percent who get to do that.

    みんな興奮しました

  • They had hit the jackpot.

    確率千分の一の幸運は

  • Their story is not unique.

    宝くじに当たるようなものです

  • Every refugee family I have worked with has had some version of this.

    珍しい話ではありません

  • I work with kids

    私が関わった 難民の家族はみな これと似たような過去があります

  • who have seen their mothers raped, their fathers' fingers sliced off.

    私が関わった子達は

  • One kid saw a bullet put in his grandmother's head,

    母親がレイプされ 父親が指を 切り落とされるのを目の当たりにしました

  • because she refused to let the rebels take him to be a child soldier.

    ある子は 自分の祖母の頭に 弾丸が撃ち込まれるのを見ました

  • Their journeys are haunting.

    反乱軍に 孫が 少年兵として 連れて行かれるのを拒んだからです

  • But what I get to see every day is hope, resilience, determination,

    彼らの道のりは悲痛なものです

  • a love of life

    でも 私が毎日出会うのは 希望であり 打たれ強さであり 決意であり

  • and appreciation for being able to rebuild their lives.

    人生への愛であり

  • I was at the boys' apartment one night,

    人生を立て直すことができることへの 感謝の気持ちです

  • when the mom came home after cleaning 18 hotel rooms in one day.

    ある晩 少年たちのアパートにいたとき

  • She sat down, and Noor rubbed her feet,

    ホテルの部屋18室の清掃を終えて 母親が 帰宅しました

  • saying that he was going to take care of her once he graduated.

    彼女が座ると ヌアーが足をさすって

  • She smiled from exhaustion.

    卒業したら お母さんの面倒を 見るからね と言いました

  • "God is good. Life is good. We are lucky to be here."

    彼女は 疲れた笑みを浮かべました

  • In the last two years, we have seen an escalating anti-refugee sentiment.

    「神は善なり 人生は善なり 幸いなるかな 我らはここにあり」

  • It's global.

    この2年の間に 難民に対する反感が 激しくなるのを見てきました

  • The numbers continue to grow because we do nothing to prevent it

    今や世界的な傾向です

  • and nothing to stop it.

    難民が 増え続けるのは 私たちが それを防ぎ止めるために

  • The issue shouldn't be stopping refugees from coming into our countries.

    何もしていないからです

  • The issue should be not forcing them to leave their own.

    難民が この国に移住するのを 止めるべきではありません

  • (Applause)

    難民を強制的に祖国から 追い出すべきではありません