Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Where does the end begin?

    翻訳: Kiyomi Reinhart 校正: Masaki Yanagishita

  • Well, for me, it all began with this little fellow.

    終わりは何処から始まるのでしょうか

  • This adorable organism --

    私にとって 全ては この小さな生き物から始まりました

  • well, I think it's adorable --

    このかわいらしい生物

  • is called Tetrahymena and it's a single-celled creature.

    かわいいと私は思うんですけど

  • It's also been known as pond scum.

    これはテトラヒメナと呼ばれる 単細胞生物です

  • So that's right, my career started with pond scum.

    「緑藻」として知られていますね

  • Now, it was no surprise I became a scientist.

    そうです 私のキャリアは 緑藻によって始まりました

  • Growing up far away from here,

    科学者になったのは 至極当然のことでした

  • as a little girl I was deadly curious

    私は ここからはるか遠い所で育ち

  • about everything alive.

    生きている物になら何にでも 強い関心をもつ

  • I used to pick up lethally poisonous stinging jellyfish and sing to them.

    そんな女の子でした

  • And so starting my career,

    猛毒のクラゲをつかみあげ 歌を歌ってあげたものです

  • I was deadly curious about fundamental mysteries

    生物学者としてのキャリアを 始めるにあたって

  • of the most basic building blocks of life,

    私は 生命を形作る 最も基本となる構成物の謎に

  • and I was fortunate to live in a society where that curiosity was valued.

    強い好奇心を持ちました

  • Now, for me, this little pond scum critter Tetrahymena

    そして幸いなことにその好奇心が 尊重される環境にありました

  • was a great way to study the fundamental mystery

    この小さな緑藻 テトラヒメナを研究することは

  • I was most curious about:

    その謎に迫ることができる 素晴らしい手段でした

  • those bundles of DNA in our cells called chromosomes.

    私が最も関心を持ったのは

  • And it was because I was curious about the very ends of chromosomes,

    染色体と呼ばれる 細胞内に存在するDNAの束です

  • known as telomeres.

    というのも 私は特に 染色体の末端部分

  • Now, when I started my quest,

    テロメアに関心があったからです

  • all we knew was that they helped protect the ends of chromosomes.

    私がテロメア研究を始めた頃は

  • It was important when cells divide.

    染色体末端の保護に関与する構造であると わかっているだけでした

  • It was really important,

    細胞分裂時に重要なものだ と

  • but I wanted to find out what telomeres consisted of,

    とても重要でしたが

  • and for that, I needed a lot of them.

    私は それよりもテロメアが 何から構成されているか調べたかったのです

  • And it so happens that cute little Tetrahymena

    それには沢山のテロメアが必要でした

  • has a lot of short linear chromosomes,

    実は このかわいい小さなテトラヒメナは

  • around 20,000,

    沢山の短い直線状の染色体を持っています

  • so lots of telomeres.

    だいたい2万

  • And I discovered that telomeres consisted of special segments

    つまり沢山のテロメアです

  • of noncoding DNA right at the very ends of chromosomes.

    そして 私は テロメアが 染色体の最先端にある非翻訳性DNAの

  • But here's a problem.

    特別な部分から構成されていることを 発見しました

  • Now, we all start life as a single cell.

    しかし ここで問題にぶつかりました

  • It multiples to two. Two becomes four. Four becomes eight,

    全ての生き物は 1つの細胞から始まります

  • and on and on to form the 200 million billion cells

    それが2つになり 2つが4つになり 4つが8つになり

  • that make up our adult body.

    そのように分裂を繰り返しながら [約40兆(スピーカー訂正)]もの細胞を形成し

  • And some of those cells have to divide thousands of times.

    成体を形作ります

  • In fact, even as I stand here before you,

    細胞によっては何千回も分裂する 必要があるものもあります

  • all throughout my body, cells are furiously replenishing

    実際 今この瞬間でさえ 私の体内では

  • to, well, keep me standing here before you.

    細胞の補充が盛んに行われています

  • So every time a cell divides, all of its DNA has to be copied,

    だから私はこうして 立っていられるとも言えます

  • all of the coding DNA inside of those chromosomes,

    細胞が分裂するたびに全てのDNAが 複製されなければいけません

  • because that carries the vital operating instructions

    全ての染色体の中の翻訳性DNAがです

  • that keep our cells in good working order,

    なぜならば 細胞が正常に活動するために

  • so my heart cells can keep a steady beat,

    不可欠な情報が翻訳性DNAに 含まれているからです

  • which I assure you they're not doing right now,

    だからこそ私の心臓は きちんと脈打つのです

  • and my immune cells

    今は緊張しているので そうでもありませんが

  • can fight off bacteria and viruses,

    私の免疫細胞は

  • and our brain cells can save the memory of our first kiss

    細菌やウィルスの感染から 私を守っています

  • and keep on learning throughout life.

    また 脳細胞は初めてのキスを 忘れず覚えていますし

  • But there is a glitch in the way DNA is copied.

    生涯 学習し続けます

  • It is just one of those facts of life.

    しかし DNAの複製過程に ちょっとした問題があります

  • Every time the cell divides and the DNA is copied,

    それは数ある生命の謎の一つですが

  • some of that DNA from the ends gets worn down and shortened,

    毎回細胞が分裂しDNAが複製されるたびに

  • some of that telomere DNA.

    いくらかのDNAが 端から擦り切れ 短くなっていくのです

  • And think about it

    この部分がテロメアDNAです

  • like the protective caps at the ends of your shoelace.

    靴ひもの先端についている

  • And those keep the shoelace, or the chromosome, from fraying,

    保護キャップのようなものを 想像してください

  • and when that tip gets too short, it falls off,

    そのキャップのようなものが 染色体の端を短縮から保護しています

  • and that worn down telomere sends a signal to the cells.

    しかし 先端が短くなりすぎると そのキャップが落ちてしまいます

  • "The DNA is no longer being protected."

    そして その擦り切れたテロメアが細胞に

  • It sends a signal. Time to die.

    「このDNAはもう保護されていないぞ」

  • So, end of story.

    「死ぬ時がきた」という信号です

  • Well, sorry, not so fast.

    これで話はおしまい

  • It can't be the end of the story,

    と言うわけにはいきません

  • because life hasn't died off the face of the earth.

    地球に生命が存在する限り

  • So I was curious:

    これで話を終えるわけにはいきません

  • if such wear and tear is inevitable,

    そんなわけで

  • how on earth does Mother Nature make sure

    もし 短縮が避けられないものだとしたら

  • we can keep our chromosomes intact?

    染色体を元のまま保つには いったい どのような自然の法則が働くものなのか

  • Now, remember that little pond scum critter Tetrahymena?

    好奇心がわきました

  • The craziest thing was, Tetrahymena cells never got old and died.

    初めにご紹介した テトラヒメラを覚えていますか

  • Their telomeres weren't shortening as time marched on.

    不思議なことにテトラヒメラの細胞は 年を取ることも死ぬこともありません

  • Sometimes they even got longer.

    テトラヒメラのテロメアは 時を経ても短くならないのです

  • Something else was at work,

    長くなることさえあります

  • and believe me, that something was not in any textbook.

    何かわからない力が働いていました

  • So working in my lab with my extraordinary student Carol Greider --

    そうです どの教科書にも書いてない 未知の力です

  • and Carol and I shared the Nobel Prize for this work --

    これは のちに 素晴らしい教え子でもある キャロル・グライダーと共に

  • we began running experiments

    ノーベル賞を受賞する きっかけとなった研究ですが

  • and we discovered cells do have something else.

    研究を始めて 私たちは

  • It was a previously undreamed-of enzyme

    細胞が確かに別のものを 持っていることを発見しました

  • that could replenish, make longer, telomeres,

    それまで考えもしなかった酵素でした

  • and we named it telomerase.

    それはテロメアを補充し 伸長を可能にしていたのです

  • And when we removed our pond scum's telomerase,

    私たちはその酵素を 「テロメレース」と名づけました

  • their telomeres ran down and they died.

    そのテロメレースを緑藻から取り去ると

  • So it was thanks to their plentiful telomerase

    テロメアは短縮し緑藻は死にました

  • that our pond scum critters never got old.

    その沢山のテロメレースのおかげで

  • OK, now, that's an incredibly hopeful message

    緑藻は決して年をとらないのです

  • for us humans to be receiving from pond scum,

    これは人類にとって 大変希望に満ちた

  • because it turns out

    緑藻からのメッセージでした

  • that as we humans age, our telomeres do shorten,

    なにせ 人は

  • and remarkably, that shortening is aging us.

    年をとるにつれて テロメアが短くなり

  • Generally speaking, the longer your telomeres,

    そして それがゆえに 年老いるのですから

  • the better off you are.

    一般的に テロメアが長ければ長いほど

  • It's the overshortening of telomeres

    その人は長生きです

  • that leads us to feel and see signs of aging.

    テロメアが短くなりすぎると

  • My skin cells start to die

    加齢を自覚し その兆候が現れ始めます

  • and I start to see fine lines, wrinkles.

    私の皮膚の細胞は死に始め

  • Hair pigment cells die.

    皺が見え始めました

  • You start to see gray.

    髪の毛の色素細胞が死ぬと

  • Immune system cells die.

    白髪が見え始めます

  • You increase your risks of getting sick.

    免疫系の細胞が死ぬと

  • In fact, the cumulative research from the last 20 years

    病気にかかる確率が高くなります

  • has made clear that telomere attrition

    実際 過去20年間に蓄積された研究から 明らかになったことですが

  • is contributing to our risks of getting cardiovascular diseases,

    現代人の主たる死亡原因である

  • Alzheimer's, some cancers and diabetes,

    心血管疾患やアルツハイマー病

  • the very conditions many of us die of.

    ある種のがん 及び 糖尿病の発症に

  • And so we have to think about this.

    テロメアの短縮が関与しているのです

  • What is going on?

    これについて 考えてみなければなりません

  • This attrition,

    いったい何が起きているのでしょうか

  • we look and we feel older, yeah.

    この短縮現象が

  • Our telomeres are losing the war of attrition faster.

    私たちを老け込ませる それは明らかです

  • And those of us who feel youthful longer,

    テロメアの修復速度が 短縮速度に負けてしまうからです

  • it turns out our telomeres are staying longer

    そして 年をとっても若さを保つ人は

  • for longer periods of time,

    長期間 テロメアが長いままなので

  • extending our feelings of youthfulness

    自分自身で若いと感じる期間が延び

  • and reducing the risks of all we most dread

    誕生日を迎えるたびに 皆が不安に感じる病気の

  • as the birthdays go by.

    リスクが下がることがわかりました

  • OK,

    単純明快だと思いますよね

  • seems like a no-brainer.

    単純明快だと思いますよね

  • Now, if my telomeres are connected

    では もし テロメアが

  • to how quickly I'm going to feel and get old,

    老化に関与しているとしたら

  • if my telomeres can be renewed by my telomerase,

    もし テロメレースによって 私のテロメアが再生するとしたら

  • then all I have to do to reverse the signs and symptoms of aging

    若さを取り戻すために必要なことは

  • is figure out where to buy that Costco-sized bottle

    良質かつ有機栽培の コストコサイズ大瓶テロメレースが

  • of grade A organic fair trade telomerase, right?

    どこで手に入るか調べるだけですよね?

  • Great! Problem solved.

    やった 問題解決!

  • (Applause)

    (拍手)

  • Not so fast, I'm sorry.

    いいえ 残念ですが

  • Alas, that's not the case.

    そんなに簡単ではありません

  • OK. And why?

    なぜでしょうか

  • It's because human genetics has taught us

    なぜならば 遺伝子研究から

  • that when it comes to our telomerase,

    ヒトのテロメレースの操作は

  • we humans live on a knife edge.

    諸刃の剣であると わかっているからです

  • OK, simply put,

    簡単に言うと

  • yes, nudging up telomerase does decrease the risks of some diseases,

    確かに テロメレースを操作することで ある種の疾患のリスクを減らすことができます

  • but it also increases the risks of certain and rather nasty cancers.

    しかし それと同時に たちの悪い他のがんのリスクが増します

  • So even if you could buy that Costco-sized bottle of telomerase,

    たとえコストコサイズの大瓶入り テロメレースを買うことができたとしても

  • and there are many websites marketing such dubious products,

    実際 そんな疑わしい商品が ネット販売されていますが

  • the problem is you could nudge up your risks of cancers.

    問題は がんになる確率が 高くなることです

  • And we don't want that.

    それはいやですよね

  • Now, don't worry,

    でも 心配しないでください

  • and because, while I think it's kind of funny that right now,

    今 皆さん ある意味面白いことに

  • you know, many of us may be thinking, well, I'd rather be like pond scum.

    緑藻に生まれていたら良かったと 思っているかもしれませんが

  • (Laughter)

    (笑)

  • There is something for us humans

    実は テロメアの話で

  • in the story of telomeres and their maintenance.

    人間に役立つものもあるからです

  • But I want to get one thing clear.

    しかし ひとつ断っておきたいのは

  • It isn't about enormously extending human lifespan

    それは人の寿命を はなはだしく伸ばすとか

  • or immortality.

    不老不死の話ではないということです

  • It's about health span.

    それは健康寿命についてです

  • Now, health span is the number of years of your life

    健康寿命とは 病気になることなく健康で生産的

  • when you're free of disease, you're healthy, you're productive,

    かつ 人生を楽しみながら

  • you're zestfully enjoying life.

    生活している年数を指します

  • Disease span, the opposite of health span,

    健康寿命に対して 疾病期間とは

  • is the time of your life spent feeling old and sick and dying.

    老いを実感し 病気になり 死にゆく期間をいいます

  • So the real question becomes,

    問題の核心は

  • OK, if I can't guzzle telomerase,

    テロメレースを がぶがぶ飲まなくても

  • do I have control over my telomeres' length

    テロメアの長さをコントロールし

  • and hence my well-being, my health,

    がんにかかる心配なしに

  • without those downsides of cancer risks?

    健康で幸福に暮らすことができるか

  • OK?

    ということですよね

  • So, it's the year 2000.

    さて 西暦2000年のことです

  • Now, I've been minutely scrutinizing little teeny tiny telomeres

    そのころ私は何年にもわたって このちっぽけなテロメアを

  • very happily for many years,

    詳しく研究して満足していましたが

  • when into my lab walks a psychologist named Elissa Epel.

    ある日 心理学者のエリサ・エペルが 訪ねて来たのです

  • Now, Elissa's expertise is in the effects of severe, chronic psychological stress

    重症の慢性的心理的ストレスが 人の心と体に与える影響についてを

  • on our mind's and our body's health.

    専門とする人ですが