Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Some months back, I was visiting this East African city,

    翻訳: Tomoyuki Suzuki 校正: Masaki Yanagishita

  • and we were stuck in traffic.

    数か月前のことです 東アフリカのこの都市を訪れた時

  • And this vendor suddenly approaches my window

    交通渋滞に巻き込まれました

  • with a half-opened alphabet sheet.

    半分ほど見えるようにしながら アルファベット表をもった売り子が

  • I took a quick look at the alphabet sheet,

    突然 車窓に寄ってきました

  • and I thought of my daughter,

    アルファベット表に目をやると

  • how it would be nice to spread it on the floor

    自分の娘のことが頭に浮かび

  • and just play all over it with her

    これを床に広げてみたら いいだろうなと思いました

  • while getting her to learn the alphabet.

    私と一緒に遊びながら

  • So the traffic moved a bit, and I quickly grabbed a copy,

    娘はアルファベットを学べるのです

  • and we moved on.

    車が少し動き始めた時 私はさっと一部を買い

  • When I had time to fully open the alphabet sheet

    そして車は先へと進んでいきました

  • and take a more detailed look at it,

    アルファベット表を 広げてみた時に

  • I knew I was not going to use that to teach my daughter.

    細部まで見てみると

  • I regretted my purchase.

    これは娘の学習には使えない しろものと気づきました

  • Why so?

    買ったことを後悔しました

  • Looking at the alphabet sheet reminded me of the fact

    なぜかって?

  • that not much has changed

    アルファベット表を見ていたら

  • in the education curricula in Africa.

    アフリカの教育課程は

  • Some decades back, I was taught out of a similar alphabet sheet.

    ずっと変わっていないという事実に 気づいたのです

  • And because of that, I struggled for years.

    私も 数十年前に 同じようなアルファベット表で学びました

  • I struggled to reconcile my reality with the formal education I received

    おかげで何年も苦労しました

  • in school, in the schools I attended.

    身の回りの現実と 私が通った学校で公式に学んだこととの

  • I had identity crises.

    つじつまを合わせる悩みです

  • I looked down on my reality.

    アイデンティティの危機に陥りました

  • I looked at my ancestry, I looked at my lineage with disrespect.

    自分の回りの現実を見下し

  • I had very little patience for what my life had to offer around me.

    祖先を振り返れば 自分の家系さえも 軽んじて見ていました

  • Why?

    人生で身辺から差し出されるものが 我慢ならないものと感じたのです

  • "A is for apple."

    なぜかって?

  • "A is for apple."

    「Aはリンゴ(apple)のA」

  • "A is for apple" is for that child in that part of the world

    「A は Apple の A」

  • where apples grow out;

    「A は Apple の A」

  • who has an apple in her lunch bag;

    リンゴが豊富に実り

  • who goes to the grocery store with her mom and sees red,

    お弁当箱に入っていて

  • green, yellow -- apples of all shapes and colors and sizes.

    母親と食料品店に行けば 赤、緑、黄色など

  • And so, introducing education to this child

    さまざまな色、形、大きさのリンゴが目に入る そんな国の子供のためのものです

  • with an alphabet sheet like this

    そこでは このようなアルファベット表を

  • fulfills one of the major functions of education,

    子供の教育に導入することで

  • which is to introduce the learner

    主な役割の一つを 満たすことになるのです

  • to an appreciation of the learner's environment

    それは 学ぶ者たちが

  • and a curiosity to explore more in order to add value.

    身の回りにあるものを理解し

  • In my own case,

    さらなる価値を付加するための 好奇心を育てるという役割です

  • when and where I grew up in Africa,

    私は

  • apple was an exotic fruit.

    アフリカで育ちましたが

  • Two or three times a year,

    リンゴは異国の果物でした

  • I could get some yellowish apples with brown dots, you know,

    年に2、3度

  • signifying thousands of miles traveled -- warehouses storing --

    食べることができましたが それは褐色の斑点がついた黄色っぽいものでした

  • to get to me.

    つまり 何千キロもの距離を運送され 倉庫に保管されたことを

  • I grew up in the city

    意味しています

  • to very financially comfortable parents,

    私は都市部で

  • so it was my dignified reality,

    とても経済的に恵まれた両親の元で 育てられたので

  • exactly the same way

    私の日々の実状は品格あるものですが

  • cassava fufu or ugali would not regularly feature

    リンゴがその一部とは みなされないことは

  • in an American, Chinese or Indian diet,

    キャッサバ・フフやウガリが 普段の食事として

  • apples didn't count as part of my reality.

    アメリカ、中国、インドの 食卓を飾らないのと同じことでした

  • So what this did to me,

    アメリカ、中国、インドの 食卓を飾らないのと同じことでした

  • introducing education to me with "A is for apple,"

    ですから「A は Apple の A」を 教育の場に持ち込むことで

  • made education an abstraction.

    私には教育が抽象的なものとなりました

  • It made it something out of my reach --

    それは何か 私には手の届かないものでした

  • a foreign concept,

    外来の概念であり

  • a phenomenon for which I would have to constantly and perpetually seek

    扱われる事象について 常時、継続的にその事象の帰属先に

  • the validation of those it belonged to

    合っているのかと確認しなければ

  • for me to make progress within it and with it.

    その題材を使って進歩することも おぼつかないのです

  • That was tough for a child; it would be tough for anyone.

    それは子供にとって辛いことでしたが 誰にとっても大変なことでしょう

  • As I grew up and I advanced academically,

    自分が成長し 学問を学ぶにつれて

  • my reality was further separated from my education.

    私の周りの現実は 受けている教育から まずます乖離していきました

  • In history, I was taught

    歴史の授業で スコットランド人の探検家

  • that the Scottish explorer Mungo Park discovered the Niger River.

    ムンゴ・パークがニジェール川を 発見したと教わりました

  • And so it bothered me.

    そのことが私をいらだたせました

  • My great-great-grandparents grew up

    私の祖祖祖父母は

  • quite close to the edge of the Niger River.

    ニジェール川の すぐそばで育ったのですから

  • (Laughter)

    (笑)

  • And it took someone to travel thousands of miles from Europe

    誰かがヨーロッパから 何千キロも旅して

  • to discover a river right under their nose?

    住民の目と鼻の先にある川を 発見しただって?

  • (Laughter)

    (笑)

  • No!

    違うわよ!

  • (Applause and cheers)

    (拍手、歓声)

  • What did they do with their time?

    先祖はその時何をしていたと 思っているの?

  • (Laughter)

    (笑)

  • Playing board games, roasting fresh yams,

    ボードゲームで遊び 山芋を焼き 部族間抗争でもしていたとでも?

  • fighting tribal wars?

    何が言いたいかというと 私が受けた教育の目的は他所へ行って

  • I mean, I just knew my education was preparing me to go somewhere else

    そこで経験を積み その地で役立てることに向けられていて

  • and practice and give to another environment that it belonged to.

    私が育った場所においては 役には立たないと気づいたのです

  • It was not for my environment, where and when I grew up.

    こんな状態が続きました

  • And this continued.

    アフリカで学んでいる間は

  • This philosophy undergirded my studies

    私の教育観はもっぱらこういうものでした

  • all through the time I studied in Africa.

    多くのことを経験し 学ぶことによって

  • It took a lot of experiences and some studies

    私の考え方に変化が起こり始めました

  • for me to begin to have a change of mindset.

    私が学んだ素晴らしいことを 2つほどご紹介します

  • I will share a couple of the remarkable ones with us.

    アメリカのワシントンで

  • I was in the United States in Washington, DC

    博士課程で学んでいた時のことです

  • studying towards my doctorate,

    世界銀行アフリカ地域担当の コンサルタントの仕事をしました

  • and I got this consultancy position with the World Bank Africa Region.

    ある日のこと

  • And so I remember one day,

    上司とあるプロジェクトについて 会話していたのですが

  • my boss -- we were having a conversation on some project,

    彼は世界銀行の あるプロジェクトに言及しました

  • and he mentioned a particular World Bank project,

    それは大規模で何百万ドルもかかる ニジェール共和国での

  • a large-scale irrigation project that cost millions of dollars

    失敗続きの

  • in Niger Republic

    灌漑プロジェクトについてでした

  • that was faltering sustainably.

    このプロジェクトは 継続困難で

  • He said this project wasn't so sustainable,

    計画全体を立案した人たちを 悩ませているのだと説明しました

  • and it bothered those that instituted the whole package.

    しかし それから彼は あるプロジェクトについて触れました

  • But then he mentioned a particular project,

    世界銀行のプロジェクトが失敗した 同じニジェール共和国内で

  • a particular traditional irrigation method that was hugely successful

    伝統的な灌漑手法を用いて 大成功を収めた事例もあるのです

  • in the same Niger Republic where the World Bank project was failing.

    これには考えさせられました

  • And that got me thinking.

    更に調査を進めてみると

  • So I did further research,

    タッサというものに 行き当たりました

  • and I found out about Tassa.

    タッサこそ伝統的な灌漑手法で

  • Tassa is a traditional irrigation method

    幅が20~30cm、深さ20~30㎝の穴を

  • where 20- to 30-centimeter-wide and 20- to 30-centimeter-deep holes

    耕作地一面に掘るというものです

  • are dug across a field to be cultivated.

    耕作地の周辺に小さなダムを建設し

  • Then, a small dam is constructed around the field,

    苗を耕作地の表面全体に植えます

  • and then crops are planted across the surface area.

    雨が降ると

  • What happens is that when rain falls,

    穴に水が蓄えられ

  • the holes are able to store the water

    作物が水を必要とする量を補給します

  • and appropriate it to the extent that the plant needs the water.

    作物は 収穫の時期になるまでの間 必要な量だけの水を

  • The plant can only assimilate as much water as needed

    吸収することができます

  • until harvest time.

    ニジェールの75%は 灼熱の砂漠で覆われており

  • Niger is 75 percent scorched desert,

    植物にとっては 生か死かの際どい環境にありますが

  • so this is something that is a life-or-death situation,

    そんな場所が何百年もの間 利用されてきました

  • and it has been used for centuries.

    ある実験が行われました

  • In an experiment that was conducted,

    似たような2つの小区画を利用した 実験です

  • two similar plots of land were used in the experiment,

    1つの区画では

  • and one plot of land

    タッサの手法を用いません

  • did not have the Tassa technique on it.

    どちらも似たような区画ですが

  • Similar plots.

    他方の区画では タッサ手法を適用しました

  • The other one had Tassa technique constructed on it.

    そして同種のキビのタネを 両方の区画に蒔きました

  • Then similar grains of millet also were planted on both plots.

    収穫時には

  • During harvest time,

    タッサを適用していない方からは

  • the plot of land without Tassa technique

    1ヘクタール当たり 11kgの収穫があり

  • yielded 11 kilograms of millet per hectare.

    タッサを適用した方からは

  • The plot of land with Tassa technique

    1ヘクタール当たり553kgでした

  • yielded 553 kilograms of millet per hectare.

    (拍手)

  • (Applause)

    この研究と自分の過去を振り こう言いました

  • I looked at the research, and I looked at myself.

    「農業について 小学1年生から高校3年生まで―

  • I said, "I studied agriculture for 12 years,

    西アフリカではSS3とか 12年生といいますが―

  • from primary to Senior Six, as we say in East Africa,

    12年間学んできたのに

  • SS3 in West Africa or 12th grade.

    誰ひとりとして

  • No one ever taught me

    伝統的なアフリカの農耕法や 収穫方法といった知識を

  • of any form of traditional African knowledge of cultivation --

    教えてくれなかったんです

  • of harvesting, of anything --

    それは今の時代でもうまくいくはずで 西洋からもちこんだ技術が

  • that will work in modern times and actually succeed,

    苦戦するような場所でも 実際に上手く行くものです」

  • where something imported from the West would struggle to succeed.

    その時 アフリカの教育課程に 取り組むという挑戦に

  • That was when I knew the challenge,

    思い至りました

  • the challenge of Africa's curricula,

    こうして 私の人生を捧げる 探求が始まりました

  • And I thus began my quest to dedicate my life, concern my life work,

    アフリカ独自の知識体系の調査や研究を 私の生涯の仕事とするのです

  • to studying, conducting research on Africa's own knowledge system

    この知識体系を教育、研究、政策など 各分野、産業にわたって

  • and being able to advocate for its mainstreaming

    主流に据えられるようにするのです

  • in education, in research, policy

    世界銀行で別の話を 耳にしたことがありました

  • across sectors and industries.

    それこそが自分の進む方向を 決定づけたのではないかと思います

  • Another conversation and experience I had at the bank

    それはとても利益の出る研究とは いえませんでしたが

  • I guess made me take that final decision of where I was going to go,

    私がまさに信ずるものだったのです

  • even though it wasn't the most lucrative research to go into,

    ある日のこと 私の上司が 世界銀行からの貸付の交渉や

  • but it was just about what I believed in.

    世界銀行のプロジェクトの仕事をしに アフリカに行くのは好きだというのです

  • And so one day, my boss said that he likes to go to Africa

    私は興味をそそられ 彼に理由を尋ねました

  • to negotiate World Bank loans and to work on World Bank projects.

    彼はこう返事をしました 「アフリカなら

  • And I was intrigued. I asked him why.

    簡単にできるんだ

  • He said, "Oh, when I go to Africa,

    貸付のための書類とプロジェクト提案書を ワシントンで書き上げて

  • it's so easy.

    後はアフリカに行くだけで 全てすぐ契約できるんだ

  • I just write up my loan documents and my project proposal in Washington, DC,

    最も望ましい契約条件を勝ち取って ここに戻ってこられるし

  • I go to Africa, and they all just get signed.

    上司も褒めてくれるしね」

  • I get the best deal, and I'm back to base.

    一方 彼はこうも言っていました 「アジアに行くのは嫌なんだ」

  • My bosses are happy with me."

    アジアのある特定の国や いくつかの国を挙げました

  • But then he said, "I hate going to Asia or ..."

    「自国にとって最良の条件を 引き出そうと私を引き留めるんだ

  • and he mentioned a particular country, Asia and some of these countries.

    そしてそれを勝ち取ってしまう

  • "They keep me for this, trying to get the best deal for their countries.

    こう言うんだ 『この条項は我が国の環境には相応しくない

  • They get the best deal.

    そんなのは現実的でないし あまりに欧米的なやり方だ』

  • They tell me, 'Oh, that clause will not work for us

    こうも言うんだ 『我々には十分な人数の専門家がいて

  • in our environment.

    うまく実行できるけれど

  • It's not our reality. It's just so Western.'

    あなた方には専門家が足りない

  • And they tell me, 'Oh, we have enough experts

    我々は目的を理解している』

  • to take care of this.

    全てがこんな感じで進められていき