Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Now, Hegel -- he very famously said

    翻訳: Masako Fukutani 校正: Masaki Yanagishita

  • that Africa was a place without history,

    ヘーゲルはかの有名な言葉を残しました

  • without past, without narrative.

    アフリカには歴史がない—

  • Yet, I'd argue that no other continent has nurtured, has fought for,

    過去 そして物語のない場所である と

  • has celebrated its history more concertedly.

    しかしここまで歴史を大切に育て 歴史のために戦い

  • The struggle to keep African narrative alive

    一体となって歴史を祝福した大陸は 他にないと思います

  • has been one of the most consistent

    アフリカの物語を保つための苦闘は

  • and hard-fought endeavors of African peoples,

    アフリカの人々にとって

  • and it continues to be so.

    最も首尾一貫した 苦労した企ての一つであり

  • The struggles endured and the sacrifices made to hold onto narrative

    これからもそうあり続けます

  • in the face of enslavement, colonialism, racism, wars and so much else

    奴隷制度 被植民地化 人種差別 戦争などを 物ともせず

  • has been the underpinning narrative

    物語をつなぎとめるため 耐え忍んだ苦闘と捧げられた犠牲こそ

  • of our history.

    私たちの歴史の

  • And our narrative has not just survived the assaults

    底流にある物語です

  • that history has thrown at it.

    そして私たちの物語は 歴史から浴びせられた侮蔑の中を

  • We've left a body of material culture,

    生き抜いただけではありません

  • artistic magistery and intellectual output.

    多数の物質文化を

  • We've mapped and we've charted and we've captured our histories

    芸術的威厳を 知の産物を残しました

  • in ways that are the measure of anywhere else on earth.

    世界のどこでも基準となっている方法で

  • Long before the meaningful arrival of Europeans --

    地図を作り 海図を作り 歴史の記録を残しました

  • indeed, whilst Europe was still mired in its Dark Age --

    重大な影響を与えた ヨーロッパ人の到来より遥か昔

  • Africans were pioneering techniques in recording, in nurturing history,

    ヨーロッパが未だ 暗黒時代のさ中であった頃

  • forging revolutionary methods for keeping their story alive.

    アフリカの人々は 記録技術の先駆けとなり 歴史を育み

  • And living history, dynamic heritage --

    物語を継承してゆくために 革命的な方法を生み出していました

  • it remains important to us.

    そして躍動する遺産である 命を持つ歴史は

  • We see that manifest in so many ways.

    私たちにとって重要なものであり続けます

  • I'm reminded of how, just last year -- you might remember it --

    これは様々な形で現れます

  • the first members

    皆さんご記憶かもしれません つい昨年

  • of the al Qaeda-affiliated Ansar Dine

    アルカイダ系組織の

  • were indicted for war crimes and sent to the Hague.

    アンサール・ディーンのメンバーが

  • And one of the most notorious was Ahmad al-Faqi,

    初めて戦争犯罪者として ハーグに送られました

  • who was a young Malian,

    その中でも最も悪名高い一人が 若いマリ人の

  • and he was charged, not with genocide,

    アフマド・アルファーキです

  • not with ethnic cleansing,

    彼が告発されたのは集団虐殺の疑いでも

  • but with being one of the instigators of a campaign

    民族浄化でもありませんでした

  • to destroy some of Mali's most important cultural heritage.

    マリの最重要文化遺産の 破壊工作を

  • This wasn't vandalism;

    扇動したとして捕まったのです

  • these weren't thoughtless acts.

    これは単なる破壊行為でも

  • One of the things that al-Faqi said

    浅はかな考えによる行動でもありません

  • when he was asked to identify himself in court

    アルファーキは裁判所で

  • was that he was a graduate, that he was a teacher.

    人定質問の時 こう言いました

  • Over the course of 2012, they engaged in a systematic campaign

    「私は大学を出ており 教師として働いていた」と

  • to destroy Mali's cultural heritage.

    2012年を通して 彼らはマリの文化遺産を

  • This was a deeply considered waging of war

    次々と破壊する運動に関与していました

  • in the most powerful way that could be envisaged:

    これは想像しうる最も強力な 熟慮の上で行った

  • in destroying narrative, in destroying stories.

    戦争行為です

  • The attempted destruction of nine shrines,

    物語を破壊することです

  • the central mosque

    ターゲットとしては 9つの霊廟

  • and perhaps as many as 4,000 manuscripts

    中央モスク

  • was a considered act.

    そして4千に及ぶ書物が

  • They understood the power of narrative to hold communities together,

    狙われていたそうです

  • and they conversely understood that in destroying stories,

    物語がコミュニティをひとつにする力を理解し

  • they hoped they would destroy a people.

    逆にその物語を破壊することで

  • But just as Ansar Dine and their insurgency

    1つの民族を破壊しようとしました

  • were driven by powerful narratives,

    しかしアンサール・ディーンとその暴動の

  • so was the local population's defense of Timbuktu and its libraries.

    原動力となった物語が強力だったように

  • These were communities who've grown up with stories of the Mali Empire;

    地元の人々のティンブクトゥとその図書館を 守る力も 同様に強力でした

  • lived in the shadow of Timbuktu's great libraries.

    これらのコミュニティは マリ帝国の物語とともに発展し

  • They'd listened to songs of its origin from their childhood,

    ティンブクトゥの偉大な図書館の 恩恵を受けて生き

  • and they weren't about to give up on that

    子供の頃からティンブクトゥの 起源に関する歌を聴いてきました

  • without a fight.

    そして戦わずして

  • Over difficult months of 2012,

    ティンブクトゥを諦めることはしませんでした

  • during the Ansar Dine invasion,

    アンサール・ディーンに侵略された

  • Malians, ordinary people, risked their lives

    2012年の困難な期間を通じて

  • to secrete and smuggle documents to safety,

    マリの庶民は 命をかけて

  • doing what they could to protect historic buildings

    書物を安全な場所に 隠したり持ち出したりしました

  • and defend their ancient libraries.

    歴史的建造物や 古代の図書館を守るために

  • And although they weren't always successful,

    できることをしたのです

  • many of the most important manuscripts were thankfully saved,

    常にうまくいったわけではありませんが

  • and today each one of the shrines that was damaged during that uprising

    重要な書物の多くは 幸運にも守りぬかれました

  • have been rebuilt,

    そしてその暴動で損害を受けた 霊廟のすべてが

  • including the 14th-century mosque that is the symbolic heart of the city.

    今では再建されました

  • It's been fully restored.

    町の象徴的中心である 14世紀建築のモスクもそのひとつですが

  • But even in the bleakest periods of the occupation,

    完全に修復されました

  • enough of the population of Timbuktu simply would not bow

    占領下 最も希望の失われた時期でさえ

  • to men like al-Faqi.

    ティンブクトゥの多くの人々は アルファーキのような男に

  • They wouldn't allow their history to be wiped away,

    屈しませんでした

  • and anyone who has visited that part of the world,

    歴史を消されることを許さなかったのです

  • they will understand why,

    その地を訪れれば

  • why stories, why narrative, why histories are of such importance.

    誰もが理解できます

  • History matters.

    なぜ物語が 歴史が それほど大切なのかということを

  • History really matters.

    歴史はとても大切です

  • And for peoples of African descent,

    その価値は計り知れません

  • who have seen their narrative systematically assaulted over centuries,

    何世紀にもわたって 彼ら自身の物語が

  • this is critically important.

    何度も傷つけられるのを見た アフリカの血を継ぐ人々にとって

  • This is part of a recurrent echo across our history

    これは極めて重要です

  • of ordinary people making a stand for their story, for their history.

    このように庶民による 物語と歴史を守る戦いが

  • Just as in the 19th century,

    歴史にわたり繰り返されました

  • enslaved peoples of African descent in the Caribbean

    19世紀

  • fought under threat of punishment,

    カリブ地方のアフリカ系の奴隷たちが

  • fought to practice their religions, to celebrate Carnival,

    処罰のリスクがありながら

  • to keep their history alive.

    自分たちの宗教を信仰し 謝肉祭を祝い

  • Ordinary people were prepared to make great sacrifices,

    歴史を絶やさぬため 戦ったようにです

  • some even the ultimate sacrifice,

    庶民は歴史のために 大きな犠牲を払う覚悟がありました

  • for their history.

    そのために究極の犠牲を

  • And it was through control of narrative

    払った人もいます

  • that some of the most devastating colonial campaigns were crystallized.

    最も破壊的な植民政策は

  • It was through the dominance of one narrative over another

    物語をコントロールすることで 実行されました

  • that the worst manifestations of colonialism became palpable.

    植民政策の最悪の影響が 感じられるようになったのは

  • When, in 1874, the British attacked the Ashanti,

    一つの物語が他の物語を 支配することによってです

  • they overran Kumasi and captured the Asantehene.

    1874年に英国がアシャンティを攻撃した時

  • They knew that controlling territory and subjugating the head of state --

    クマシは占領され 王は捕虜となりました

  • it wasn't enough.

    しかし彼らは 領地の支配や国王の拘束が

  • They recognized that the emotional authority of state

    十分ではないことを知っていました

  • lay in its narrative

    国の感情的な権威は

  • and the symbols that represented it,

    その物語と

  • like the Golden Stool.

    それを表す象徴にあると 理解していました

  • They understood that control of story was absolutely critical

    黄金の床几のようにです

  • to truly controlling a people.

    人々を支配するのに本当に不可欠なのは

  • And the Ashanti understood, too,

    物語の支配だということを知っていたのです

  • and they never were to relinquish the precious Golden Stool,

    アシャンティもそれを理解していたため

  • never to completely capitulate to the British.

    黄金の床几を手放すことはしませんでした

  • Narrative matters.

    完全に英国に屈することもしませんでした

  • In 1871, Karl Mauch, a German geologist working in Southern Africa,

    物語は大切なのです

  • he stumbled across an extraordinary complex,

    1871年 南アフリカを研究していた ドイツの地質学者カール・マウフは

  • a complex of abandoned stone buildings.

    驚くべき石造建築群に

  • And he never quite recovered from what he saw:

    遭遇しました

  • a granite, drystone city,

    そして彼はそれを 忘れることができませんでした

  • stranded on an outcrop above an empty savannah:

    花崗岩の石組みで 作られた都市—

  • Great Zimbabwe.

    何もないサバンナの上に露出して 置き去りにされた

  • And Mauch had no idea who was responsible

    グレート・ジンバブエ遺跡でした

  • for what was obviously an astonishing feat of architecture,

    マウフはその明らかに傑出した建築物が

  • but he felt sure of one single thing:

    誰によって作られたのか 全くわかりませんでしたが

  • this narrative needed to be claimed.

    ある一つのことを確信しました

  • He later wrote that the wrought architecture of Great Zimbabwe

    この物語の所有者は誰か ということです

  • was simply too sophisticated,

    のちに彼は グレート・ジンバブエの精巧な建築が

  • too special to have been built by Africans.

    アフリカ人が作ったにしては

  • Mauch, like dozens of Europeans that followed in his footsteps,

    あまりに洗練され 特別なものであると 記述しました

  • speculated on who might have built the city.

    マウフは 後に続いた何十人もの ヨーロッパ人と同じように

  • And one went as far as to posit,

    その都市を誰が作ったのか推測しました

  • "I do not think that I am far wrong if I suppose that that ruin on the hill

    その内のある一人は 次のような仮定を立てました

  • is a copy of King Solomon's Temple."

    「この丘の上の遺跡を ソロモン神殿の複製であると仮定しても

  • And as I'm sure you know, Mauch,

    見当はずれではないだろう」

  • he hadn't stumbled upon King Solomon's Temple,

    しかし皆さんご承知のように

  • but upon a purely African complex of buildings

    マウフが発見したのは ソロモン神殿ではなく

  • constructed by a purely African civilization

    11世紀以後 アフリカの人々自身によって

  • from the 11th century onward.

    建設された まさにアフリカの精巧な

  • But like Leo Frobenius, a fellow German anthropologist

    建築物でした

  • who speculated some years later,

    しかし ドイツの人類学者である レオ・フロベニウスは

  • upon seeing the Nigerian Ife Heads for the very first time,

    数年後にナイジェリアの

  • that they must have been artifacts from the long-lost kingdom of Atlantis.

    イフェの頭像を初めて見た時 それらが長い間見つかっていなかった

  • He felt, just like Hegel,

    アトランティス王国の遺産に違いないと 推測しました

  • an almost instinctive need to rob Africa of its history.

    ヘーゲルと同じように

  • These ideas are so irrational,

    ほとんど本能的にアフリカから 歴史を奪い取る必要性を感じたのです

  • so deeply held,

    このような考えは とても非合理的であり

  • that even when faced with the physical archaeology,

    とても深く根付いているため

  • they couldn't think rationally.

    自然考古学の視点からでさえ

  • They could no longer see.

    彼らは合理的に考えられないのです

  • And like so much of Africa's relationship with Enlightenment Europe,

    もはや真実が見えないのです

  • it involved appropriation, denigration and control of the continent.

    あまりに多くの啓蒙主義ヨーロッパと アフリカの関係がそうであったように

  • It involved an attempt to bend narrative to Europe's ends.

    これには 大陸の私物化 侮辱 支配が関わり

  • And if Mauch had really wanted to find an answer to his question,

    ヨーロッパの目的に沿って 物語を歪曲しようとの企図がありました

  • "Where did Great Zimbabwe or that great stone building come from?"

    「グレート・ジンバブエや偉大な石造建築は どこからやってきたのだろう?」という

  • he would have needed to begin his quest

    疑問に対して もしマウフが 本気で答えを探し求めていたなら

  • a thousand miles away from Great Zimbabwe,

    グレート・ジンバブエから1,600キロ—

  • at the eastern edge of the continent, where Africa meets the Indian Ocean.

    インド洋に面するアフリカ大陸の東端から

  • He would have needed to trace the gold and the goods

    探求を始める 必要があったはずです

  • from some of the great trading emporia of the Swahili coast to Great Zimbabwe,

    スワヒリ沿岸部の大きな商業中心地から

  • to gain a sense of the scale and influence

    グレート・ジンバブエまで 金や物品を辿って

  • of that mysterious culture,

    この神秘的な文化の 規模と影響力を

  • to get a picture of Great Zimbabwe as a political, cultural entity

    感じる必要があったでしょうし

  • through the kingdoms and the civilizations

    統治下にあった王国や文明を通して

  • that were drawn under its control.

    政治的・文化的な存在としての グレート・ジンバブエを

  • For centuries, traders have been drawn to that bit of the coast

    捉える必要があったはずです

  • from as far away as India and China and the Middle East.

    何世紀もの間 商人は インドや中国 中東など遠方から

  • And it might be tempting to interpret,

    この小さな沿岸に 引きつけられました

  • because it's exquisitely beautiful, that building,

    その非常に精巧で美しい建物のためだと

  • it might be tempting to interpret it

    解釈したくなるかもしれません

  • as just an exquisite, symbolic jewel,

    この場所は 単なる美しく 象徴的な存在であり

  • a vast ceremonial sculpture in stone.

    巨大な儀式用の石像彫刻だと

  • But the site must have been a complex

    解釈したくなるかもしれません

  • at the center of a significant nexus of economies

    しかしこの遺跡は間違いなく

  • that defined this region for a millennium.

    この地域を千年に渡って 特徴付けた—

  • This matters.

    重要な経済圏の集合体の核となる 複合施設でした

  • These narratives matter.

    これは大事なことです

  • Even today, the fight to tell our story is not just against time.

    これらの物語は大事なのです

  • It's not just against organizations like Ansar Dine.

    現在でさえ 私たちの物語を伝える戦いは 単なる時間との競争ではなく

  • It's also in establishing a truly African voice

    アンサール・ディーンのような 組織との 単なる戦いでもありません

  • after centuries of imposed histories.

    何世紀にもわたる強いられた歴史の後

  • We don't just have to recolonize our history,

    真のアフリカの声を確立することです

  • but we have to find ways to build back the intellectual underpinning

    歴史を取り戻すだけでなく

  • that Hegel denied was there at all.

    ヘーゲルが存在を否定した 知的基盤を取り戻す方法を

  • We have to rediscover African philosophy,

    見つけなければいけません

  • African perspectives, African history.

    アフリカの哲学を 視点を

  • The flowering of Great Zimbabwe -- it wasn't a freak moment.

    歴史を再発見しなければいけません

  • It was part of a burgeoning change across the whole of the continent.

    グレート・ジンバブエの興隆は 気まぐれで起きたことではありません

  • Perhaps the great exemplification of that was Sundiata Keita,

    大陸全体における劇的な変化の一部を 表したものです

  • the founder of the Mali Empire,

    その最も顕著な例は スンジャタ・ケイタでしょう

  • probably the greatest empire that West Africa has ever seen.

    おそらく西アフリカにおいて

  • Sundiata Keita was born about 1235,

    史上最も壮大な帝国 マリ帝国の創設者です

  • growing up in a time of profound flux.

    スンジャタ・ケイタは1235年頃生まれ

  • He was seeing the transition between the Berber dynasties to the north,

    激動の時代に育ちました

  • he may have heard about the rise of the Ife to the south

    北にはベルベル人王朝の変遷を見

  • and perhaps even the dominance of the Solomaic Dynasty

    南にイフェ王国の台頭を

  • in Ethiopia to the east.

    そして東はエチオピアにおける ソロモン朝の支配について

  • And he must have been aware that he was living through a moment

    聞いたかもしれません

  • of quickening change,

    加速する変化の真っ只中 アフリカに自信が成長する時代に

  • of growing confidence in our continent.

    生きていたことを

  • He must have been aware of new states

    自覚していたに違いありません

  • that were building their influence

    遠くは グレート・ジンバブエや

  • from as far afield as Great Zimbabwe and the Swahili sultanates,

    サルタン統治下のスワヒリなどの

  • each engaged directly or indirectly beyond the continent itself,

    新しい国家が影響力を増すのに 気づいていたはずです

  • each driven also to invest in securing their intellectual and cultural legacy.

    それぞれの国家が 直接ないし間接的に 大陸を越え

  • He probably would have engaged in trade with these peer nations

    知的・文化的遺産を守るため 活発に働いていたのです

  • as part of a massive continental nexus

    スンジャタ・ケイタは このような同列の国々と商取引し

  • of great medieval African economies.

    中世アフリカ経済という 巨大な集合体の一部に

  • And like all of those great empires,

    加わっていたかもしれません

  • Sundiata Keita invested in securing his legacy through history

    そしてこれらの偉大な帝国のように

  • by using story --

    スンジャタ・ケイタは 歴史を通して遺産を守ることに力を注ぎました

  • not just formalizing the idea of storytelling,

    物語を通してです

  • but in building a whole convention

    口承文学という概念に 形を与えただけでなく

  • of telling and retelling his story

    物語を伝え 語り継いでいく

  • as a key to founding a narrative

    習慣自体を確立し

  • for his empire.

    自身の帝国の物語を築く

  • And these stories, in musical form,

    鍵としたのです

  • are still sung today.

    このような物語は音楽の形をとって

  • Now, several decades after the death of Sundiata,

    現在も歌われています

  • a new king ascended the throne,

    スンジャタの死から数十年後

  • Mansa Musa, its most famous emperor.

    新しい王が王位を継ぎました

  • Now, Mansa Musa is famed for his vast gold reserves

    最も有名な皇帝である マンサ・ムーサです

  • and for sending envoys to the courts of Europe and the Middle East.

    マンサ・ムーサは莫大な金の貯蔵や

  • He was every bit as ambitious as his predecessors,

    ヨーロッパや中東の王宮に 使節団を送ったことで有名です

  • but saw a different kind of route of securing his place in history.

    あらゆる面で前王と同じくらい 野心に満ちていましたが

  • In 1324, Mansa Musa went on pilgrimage to Mecca,

    歴史上で自分の地位を確立するためには 異なる手段を使いました

  • and he traveled with a retinue of thousands.

    1324年 マンサ・ムーサは メッカ巡礼の旅へ出ました

  • It's been said that 100 camels each carried 100 pounds of gold.

    何千人もの従者を連れてです

  • It's been recorded that he built a fully functioning mosque

    100頭のラクダに100ポンドずつの金を 運ばせたと言われています

  • every Friday of his trip,

    記録によれば 道中 金曜日ごとに すぐに礼拝できるモスクを

  • and performed so many acts of kindness,

    建てていったとされます

  • that the great Berber chronicler, Ibn Battuta, wrote,

    実に様々な善行を施し

  • "He flooded Cairo with kindness,

    ベルベル人で偉大な旅行記作者 イブン・バットゥータはこう記しました

  • spending so much in the markets of North Africa and the Middle East

    「彼はカイロを善行で満たした

  • that it affected the price of gold into the next decade."

    北アフリカや中東の市場で あまりに大量の金を使ったため

  • And on his return,

    金の価格に その後十年影響が残った」

  • Mansa Musa memorialized his journey

    帰還すると

  • by building a mosque at the heart of his empire.

    マンサ・ムーサは巡礼を記念し

  • And the legacy of what he left behind,

    帝国の中心にモスクを建設しました

  • Timbuktu,

    これにより彼が残した遺産が

  • it represents one of the great bodies of written historical material

    ティンブクトゥです

  • produced by African scholars:

    これはアフリカの学者によって書かれた 歴史文書の総体を代表する

  • about 700,000 medieval documents,

    ひとつとなっています

  • ranging from scholarly works to letters,

    学術書から手紙にまで及ぶ

  • which have been preserved often by private households.

    約70万の中世文書が残っています

  • And at its peak, in the 15th and 16th centuries,

    これらは時に 個人の家庭で保管されました

  • the university there was as influential

    15世紀から16世紀の最盛期には

  • as