Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • When I was a kid,

    私が子供の頃

  • I experienced something so powerful,

    ある強烈な体験をした事が きっかけとなり

  • I spent the rest of my life searching for it,

    その日から同じ体験を ずっと探し求めてきましたが

  • and in all the wrong places.

    間違った場所ばかり 探っていました。

  • What I experienced wasn't virtual reality.

    そのある体験とは バーチャルリアリティー(VR)ではなく

  • It was music.

    音楽でした。

  • And this is where the story begins.

    本日の話はそこから始まります。

  • That's me,

    この子供は私です

  • listening to the Beatles' "White Album."

    『ザ・ビートルズ』に 聴き入ってますが

  • And the look on my face is the feeling

    この表情を見れば

  • that I've been searching for ever since.

    私がずっと探し求めている体験が 何なのか分かると思います。

  • Music goes straight to the emotional vein,

    音楽は真っ直ぐに感情の脈を刺激し、

  • into your bloodstream

    血管に入り込み

  • and right into your heart.

    ハートを打ちます。

  • It deepens every experience.

    全ての体験を深化させます。

  • Fellas?

    音楽を?

  • (Music)

    (音楽)

  • This is the amazing McKenzie Stubbert

    絶妙な2人 マッケンジー・スタバートと

  • and Joshua Roman.

    ジョシュア・ローマンです

  • Music --

    音楽とはー

  • (Applause)

    (拍手)

  • Yeah.

    ええ

  • Music makes everything have more emotional resonance.

    音楽は全ての事に 感動の響きを加えます。

  • Let's see how it does for this talk.

    このトークにも 効果があるでしょうか。

  • The right piece of music at the right time fuses with us

    ある音楽がある瞬間と 交わることにより

  • on a cellular level.

    細胞で感じる衝撃を与えます。

  • When I hear that one song

    ある歌を耳にすると

  • from that one summer

    あのひと夏 共に過ごした

  • with that one girl,

    ある1人の女性の記憶が

  • I'm instantly transported back there again.

    一瞬にして戻ってきます。

  • Hey, Stacey.

    ステーシー しばらくだね

  • Here's a part of the story, though, where I got a little greedy.

    そんな体験をすると 余計に欲がでてきて

  • I thought if I added more layers on top of the music,

    音楽以外の効果を 更に加えることにより

  • I could make the feelings even more powerful.

    もっと強烈な感情を 生み出せないものかと考えました。

  • So I got into directing music videos.

    それがミュージック・ビデオ 制作活動の始まりとなりました。

  • This is what they looked like.

    初めはこんな感じでした

  • That's my brother, Jeff.

    これは兄弟のジェフです。

  • Sorry about this, Jeff.

    ジェフ 悪いね

  • (Laughter)

    (笑)

  • Here's me, just so we're even.

    この私の様子も同様に笑えます

  • Incredible moves.

    凄い動きですよね。

  • Should've been a dancer.

    ダンサーになればよかった

  • (Laughter)

    (笑)

  • These experiments grew,

    このような実験が更に続き、

  • and in time, started to look more like this.

    そのうち こう変わっていきました。

  • In both, I'm searching for the same thing, though,

    いずれも同じ体験を探し求めて 到達した結果です、

  • to capture that lightning in a bottle.

    あの衝撃を作品に封じ込めるためにです。

  • Except, I'm not.

    それでも満足はできませんでした。

  • Adding moving pictures over the music added narrative dimension, yes,

    音楽に映像を加えることにより 確かに物語を伝えていますが

  • but never quite equated the power

    生の音楽がもたらす感動は

  • that just raw music had for me on its own.

    再現できませんでした。

  • This is not a great thing to realize when you've devoted your life

    自分の人生とプロとしてのキャリアを

  • and professional career to becoming a music video director.

    ミュージック・ビデオ制作に 捧げた者には納得できない結論です。

  • I kept asking myself, did I take the wrong path?

    道を間違えたのだろうか?と 自問し続けました。

  • So I started thinking: if I could involve you, the audience, more,

    ここにいる皆さん 聴衆の皆さんを もっと引き込むことにより、

  • I might be able to make you feel something more as well.

    さらに強烈な体験を与えられないかと 考えるようになりました。

  • So Aaron Koblin and I began auditioning new technologies

    そこでアーロン・コブリンと 新しい技術を試し始めました

  • that could put more of you inside of the work,

    皆さんをもっと映像の中に 引き込む事が可能な技術です、

  • like your childhood home in "The Wilderness Downtown,"

    例えば『The Wilderness Downtown』では 幼少期を過ごした家を、

  • your hand-drawn portraits, in "The Johnny Cash Project,"

    『The Johnny Cash Project』では 手書きの自画像を

  • and your interactive dreams

    『3 Dreams of Black』では

  • in "3 Dreams of Black."

    インタラクティブな夢を体験できます。

  • We were pushing beyond the screen,

    スクリーンに映し出される 映像を超え、

  • trying to connect more deeply

    もっと深く

  • to people's hearts and imaginations.

    人間のハートと想像力に 近づく事を試みてみました。

  • But it wasn't quite enough.

    それでも何かが欠けていました。

  • It still didn't have the raw experiential power of pure music for me.

    ピュアな音楽が生み出す 純粋な感動は再現できませんでした。

  • So I started chasing a new technology

    そこでSF小説の中でしか

  • that I only had read about in science fiction.

    読んだことのないような 新しい技術を探し始めました。

  • And after years of searching, I found a prototype.

    そして数年経ち巡り合ったのが ある技術の原型です。

  • It was a project from Nonny de la Peña in Mark Bolas's lab in USC.

    南カリフォルニア大のマーク・ボラス研究室の ノニー・デラ・ペーニャの研究です。

  • And when I tried it, I knew I'd found it.

    体験して直感したのです これだ!と。

  • I could taste the lightning.

    雷を味わうような衝撃でした。

  • It was called virtual reality.

    それがバーチャルリアリティーでした

  • This was it five years ago when I ran into it.

    これが5年前に初めて 出会った時の原型です。

  • This is what it looks like now.

    そして今です。

  • I quickly started building things in this new medium,

    この新しい媒体を使った作品に すぐに取りかかり、

  • and through that process we realized something:

    その過程であることに 気がついたのです

  • that VR is going to play an incredibly important role

    VRは媒体の歴史の上で

  • in the history of mediums.

    非常に重要な役割を果たすことです。

  • In fact, it's going to be the last one.

    VRは媒体の最終形態だと確信しました

  • I mean this because it's the first medium that actually makes the jump

    本気でそう言えるのは VRでは制作者が映像で表現した体験を

  • from our internalization of an author's expression

    聴衆が作品を見ることによって

  • of an experience,

    感じ取る過程から

  • to our experiencing it firsthand.

    直接体験する過程へ 一気に超える事が可能だからです。

  • You look confused. I'll explain. Don't worry.

    腑に落ちない様子ですね ご心配なく 説明します。

  • (Laughter)

    (笑)

  • If we go back to the origins of mediums,

    媒体の原点にもどり、

  • by all best guesses,

    分かる範囲で推測すると、

  • it starts around a fire, with a good story.

    焚き火を囲みながら 物語を語り継ぐことに遡ります。

  • Our clan leader is telling us

    我々の先祖である酋長がその日

  • about how he hunted the woolly mammoth on the tundra that day.

    ツンドラで毛に覆われたマンモスを 狩りに出た話をしています。

  • We hear his words

    彼の言葉を聞き

  • and translate them into our own internal truths.

    自らの体験へと解釈します。

  • The same thing happens

    同じような解釈を

  • when we look at the cave painting version of the story,

    洞窟の壁画でも

  • the book about the mammoth hunt,

    マンモス狩りの話の本でも

  • the play,

    演劇でも

  • the radio broadcast,

    ラジオの放送でも

  • the television show

    テレビの番組や

  • or the movie.

    映画でも行います。

  • All of these mediums require what we call "suspension of disbelief,"

    これらの媒体には「不信の一時的停止」 と呼ばれる過程が必要です、

  • because there's a translation gap between the reality of the story

    なぜなら 物語における現実と

  • and our consciousness interpreting the story

    我々が自分の体験として 物語を理解する自己意識の間に

  • into our reality.

    隔たりがあるからです。

  • I'm using the word "consciousness" as a feeling of reality that we get

    ここで「自己意識」と表現するのは 我々が周りを体験し

  • from our senses experiencing the world around us.

    実際に感じ取ることで生まれる 意識を表現しているからです。

  • Virtual reality bridges that gap.

    VRはその隔たりの橋渡しをします。

  • Now, you are on the tundra hunting with the clan leader.

    そうする事であなたはツンドラで 一族の酋長と狩りをしたり

  • Or you are the clan leader.

    あるいは あなた自身が酋長になったり

  • Or maybe you're even the woolly mammoth.

    もしかしたら毛に覆われた マンモスだったり。

  • (Laughter)

    (笑)

  • So here's what special about VR.

    VRがなぜ画期的なのかと言うと

  • In all other mediums,

    他の媒体では、

  • your consciousness interprets the medium.

    あなたの意識が 媒体を解釈するのですが

  • In VR, your consciousness is the medium.

    しかしVRではあなたの意識自体が 媒体だと言えるのです。

  • So the potential for VR is enormous.

    VRは無限の可能性を秘めていますが

  • But where are we now?

    今どこまで進化しているのでしょう?

  • What is the current state of the art?

    この媒体の最新技術は どのようなものでしょうか?

  • Well,

    ええ、

  • we are here.

    私たちは今 ここにいます。

  • We are the equivalent of year one of cinema.

    映画技術の初年度と 同じ時点です

  • This is the Lumière Brothers film

    これはリュミエール兄弟の映画ですが

  • that allegedly sent a theater full of people running for their lives

    この映画を初めて見た観客は 映像の中の汽車に轢かれると錯覚し

  • as they thought a train was coming toward them.

    あわてて逃げ出したそうでした。

  • Similar to this early stage of this medium,

    この媒体の初期に 起きた事と同じように、

  • in VR, we also have to move past the spectacle

    VRも単なる娯楽という枠を超え

  • and into the storytelling.

    ストーリーを伝える媒体へと 進化するべきです。

  • It took this medium decades

    映像という媒体でも

  • to figure out its preferred language of storytelling,

    映画という形が 物語を語るために 最も有効な言語なのだと、

  • in the form of a feature film.

    悟るまで長い年月を要しました。

  • In VR today, we're more learning grammar

    今のVRでは 言語を書いているどころか まだ文法を

  • than writing language.

    勉強しているようなものです。

  • We've made 15 films in the last year at our VR company, Vrse,

    我々のVR会社Vrse(ヴァース)では 昨年15本のフィルムを作り

  • and we've learned a few things.

    その過程で 色々な事を学びました。

  • We found that we have a unique, direct path into your senses,

    例えば 聴衆の感覚に直接入り込み、

  • your emotions, even your body.

    皆さんの感情や体感にも 入り込む事が可能なこと

  • So let me show you some things.

    ここで実際体験してみてください。

  • For the purpose of this demo,

    このデモンストレーションでは、

  • we're going to take every direction that you could possibly look,

    可能な限り見渡せる範囲を

  • and stretch it into this giant rectangle.

    この巨大な長方形に引き伸ばします

  • OK, here we go.

    それでは出発します

  • So, first: camera movement is tricky in VR.

    まず VRにおいて カメラの動きには工夫が必要です。

  • Done wrong, it can actually make you sick.

    これを誤ると 気分が悪くなることもあります

  • We found if you move the camera at a constant speed in a straight line,

    カメラを一定の速度で 一直線上に動かすと

  • you can actually get away with it, though.

    その現象を免れられることを 発見しました。

  • The first day in film school,

    映像学校の初日に教えられるのは、

  • they told me you have to learn every single rule

    すべての手法を 習得してからでないと

  • before you can break one.

    手法に反したことはできないという事です。

  • We have not learned every single rule.

    我々はVRの手法を

  • We've barely learned any at all,

    学び始めたばかりの段階ですが

  • but we're already trying to break them

    手法に反した事を 実験することで

  • to see what kind of creative things we can accomplish.

    クリエイティブな効果を 生み出す試みをしています。

  • In this shot here, where we're moving up off the ground, I added acceleration.

    ここ 地面を飛び立つ段階で 速度をあげてみました

  • I did that because I wanted to give you a physical sensation

    そうすることにより実際に 地面を離れる感覚を

  • of moving up off the ground.

    体感してもらいたいのです。

  • In VR, I can give that to you.

    VRではそれが可能なのです

  • (Music)

    (音楽)

  • Not surprisingly, music matters a lot in this medium as well.

    もちろんこの媒体でも音楽は 大きな役割を果たします。

  • It guides us how to feel.

    音楽が我々の感情を導きます

  • In this project we made with the New York Times, Zach Richter

    NYタイムズ紙と ザック・リヒターと

  • and our friend, JR,

    友人のJRと共同製作の撮影では、

  • we take you up in a helicopter,

    ヘリコプターに乗りました。

  • and even though you're flying 2,000 feet above Manhattan,

    マンハッタンの上空2000フィートに いるのにもかかわらず、

  • you don't feel afraid.

    恐怖は感じませんでした。

  • You feel triumphant for JR's character.

    JRの根性を称えたい そう感じます。

  • The music guides you there.

    音楽がそこで導いてくれます。

  • (Music)

    (音楽)

  • Contrary to popular belief,

    一般の考えとは反対で、

  • there is composition in virtual reality,

    実はVRも構成から 出来上がっていきます

  • but it's completely different than in film,

    映画は長方形の枠から 構成されますが

  • where you have a rectangular frame.

    それとは全く違うもので

  • Composition is now where your consciousness exists

    VRの構成は 意識が存在するところにあり

  • and how the world moves around you.

    自分を中心に 周りが動くことにあります。

  • In this film, "Waves of Grace," which was a collaboration between Vrse,

    この短編映画『Waves of Grace』は Vrse、国連

  • the United Nations, Gabo Arora, and Imraan Ismail,

    ガボ・アローラと イムラーン・イシュマルの共同製作ですが、

  • we also see the changing role of the close-up in virtual reality.

    VRの中では クローズアップの役割も変化します。

  • A close-up in VR means you're actually close up to someone.

    VR空間でクローズアップすると あなたは本当にその人に接近します。

  • It brings that character inside of your personal space,

    あなたのパーソナルスペースに 人物が入り込みます

  • a space that we'd usually reserve for the people that we love.

    通常親密な相手だけに 入ることを許すスペースです。

  • And you feel an emotional closeness to the character

    そうするとその登場人物に 親近感を感じます

  • because of what you feel to be a physical closeness.

    相手との距離が近づくことにより 生まれる感覚です。

  • Directing VR is not like directing for the rectangle.

    VRを監督するのは映画で 長方形の構成を考えるのとは違い

  • It's more of a choreography of the viewer's attention.

    どちらかというと視聴者の注目を 引くための振付といえます。

  • One tool we can use to guide your attention

    注目を導くのに使う手法を

  • is called "spatialized sound."

    「spatialized sound (三次元音響)」 と呼びます。

  • I can put a sound anywhere in front of you, to left or right,

    音の位置を変えることにより 例えば前、左、右、

  • even behind you,

    後ろだったり

  • and when you turn your head, the sound will rotate accordingly.

    振り向くと 音も同時に回転します

  • So I can use that to direct your attention to where I want you to see.

    その手法を使い視聴者の注目を 導くことができるのです。

  • Next time you hear someone singing over your shoulder,

    だからあなたの後ろか 歌声が聞こえたら、

  • it might be Bono.

    ボノかもしれません。

  • (Laughter)

    (笑)

  • VR makes us feel like we are part of something.

    VRは自分が何かの一部に なったような感覚を与えます

  • For most of human history, we lived in small family units.

    人間は歴史のほとんどの時間を 小さな家族の一員として過ごしてきました。

  • We started in caves,

    それは洞窟の中で始まり

  • then moved to clans and tribes, then villages and towns,

    そこから氏族の一員になり 村民 町民となり

  • and now we're all global citizens.

    今はグローバル市民と言えます。

  • But I believe that we are still hardwired to care the most

    ただ人間の本能としては

  • about the things that are local to us.

    ローカルな身の回りに 強いつながりを感じます。

  • And VR makes anywhere and anyone feel local.

    VRはどんな場所もどの人とでも ローカルな体験を可能にします。

  • That's why it works as an empathy machine.

    共感を感じさせる装置なのです。

  • Our film "Clouds Over Sidra" takes you to a Syrian refugee camp,

    映画 『Clouds Over Sidra』で シリアの難民キャンプへ行くと、

  • and instead of watching a story about people over there,

    ただ遠い場所を語った 物語を見ているだけではなく、

  • it's now a story about us here.

    実際にここにいる我々の物語となります。

  • But where do we go from here?

    これからどうなるのでしょう?

  • The tricky thing is that with all previous mediums,

    難しい点は 過去の媒体では、

  • the format is fixed at its birth.

    形式が誕生時に確定されたことです。

  • Film has been a sequence of rectangles,

    映画は長方形の映像という形式で、

  • from Muybridge and his horses to now.

    初期の映像作家マイブリッジの馬から 現在に至るまでです、

  • The format has never changed.

    この形式は変化していません。

  • But VR as a format, as a medium,

    しかしVRは形式として 媒体としては、

  • isn't complete yet.

    まだ完成していません。

  • It's not using physical celluloid or paper or TV signals.

    セル画や紙や テレビの信号を使うわけでもなく、

  • It actually employs what we use to make sense of the world.

    世の中を理解する上で 人間が使うものを使います。

  • We're using your senses as the paints on the canvas,

    私たちはみなさんの感覚を使い 絵を描いているようなものですが、

  • but only two right now.

    まだ2つしか使っていません。

  • Eventually, we can see if we will have all of our human senses employed,

    そのうち人間の全ての感覚を利用して、

  • and we will have agency to live the story in any path we choose.

    物語をどのように体験するかの選択も できるようになるかもしれません。

  • And we call it virtual reality right now,

    今はバーチャルリアリティーと 呼んでいますが、

  • but what happens when we move past simulated realities?

    いずれ これが仮想現実の枠を超えると

  • What do we call it then?

    それは何と呼ぶべきなのか?

  • What if instead of verbally telling you about a dream,

    例えば ある時見た夢を 言葉で伝えるのではなく

  • I could let you live inside that dream?

    その夢の中に実際入り込む事ができれば?

  • What if instead of just experiencing visiting some reality on Earth,

    地球で起きる現実を体験するだけでなく、

  • you could surf gravitational waves on the edge of a black hole,

    またはブラックホールの淵の 重力の波の上をサーフィンしたり、

  • or create galaxies from scratch,

    新しい星雲を誕生させてしまったり、

  • or communicate with each other not using words

    言葉を用いずに 頭の中のありのままの考えを

  • but using our raw thoughts?

    伝えることを可能にできたら?

  • That's not a virtual reality anymore.

    これらはVR(仮想現実)を超えてしまい

  • And honestly I don't know what that's called.

    そうなると正直 何と呼ぶべきかわかりません

  • But I hope you see where we're going.

    でも 方向性は お分かりになったと思います。

  • But here I am, intellectualizing a medium I'm saying is experiential.

    ここまでは体験型と呼んでいる媒体を 知的に表現しているだけですので

  • So let's experience it.

    実際に体験してみましょう。

  • In your hands, you hopefully hold a piece of cardboard.

    皆さんの手元の Google Cardboardの

  • Let's open the flap.

    フラップを開けてください

  • Tap on the power button to unlock the phone.

    電源ボタンをタップして 携帯のロックを外してください。

  • For the people watching at home,

    家から視聴している皆さんは、

  • we're going to put up a card right now

    今カードを表示しますので

  • to show you how to download this experience on your phone yourself,

    携帯電話にアプリを ダウンロードしてください

  • and even get a Google cardboard of your own to try it with.

    一緒にGoogle Cardboardも 入手できます

  • We played in cardboard boxes as kids,

    子供の頃ダンボール箱で 遊んだと思いますが

  • and as adults, I'm hoping we can all find a little bit of that lightning

    大人になった今でもあの時に感じた 雷の光を感じるような衝撃を

  • by sticking our head in one again.

    箱の中を覗いて体験してください。

  • You're about to participate

    これから皆さんは

  • in the largest collective VR viewing in history.

    史上最大の 合同VR体験に参加されます。

  • And in that classic old-timey style of yesteryear,

    古き良き時代と同じように