Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • This is Charley Williams.

    翻訳: Reiko Bovee 校正: Mari Arimitsu

  • He was 94 when this photograph was taken.

    これはチャーリー・ウイリアムズです

  • In the 1930s, Roosevelt put

    この写真が撮られた時 94歳でした

  • thousands and thousands of Americans back to work

    1930年代にルーズベルト大統領が

  • by building bridges and infrastructure and tunnels,

    橋やインフラやトンネルの建設で

  • but he also did something interesting,

    多くのアメリカ人の 雇用回復をさせ ―

  • which was to hire a few hundred writers

    その一方 アメリカ一般市民の話を

  • to scour America to capture the stories of ordinary Americans.

    記録するため 数百人の

  • Charley Williams, a poor sharecropper,

    記録者を雇うという 面白い事もしたのです

  • wouldn't ordinarily be the subject of a big interview,

    貧しい小作人の チャーリー・ウイリアムズは

  • but Charley had actually been a slave

    普通なら 重要なインタビューの 対象にはならないでしょうが

  • until he was 22 years old.

    実は チャーリーは22歳までは

  • And the stories that were captured of his life

    奴隷だったのです

  • make up one of the crown jewels

    彼の人生について記録された 物語は

  • of histories, of human-lived experiences

    元奴隷の実体験を紡いだ

  • filled with ex-slaves.

    歴史上 最も貴重な

  • Anna Deavere Smith famously said that

    記録の1つです

  • there's a literature inside of each of us,

    アンナ・ディーヴァー・スミスの 有名な言葉ですが

  • and three generations later, I was part of a project

    “ 私たち一人一人に文学があります ”

  • called StoryCorps,

    三世代を経て 私は あるプロジェクトに参加しました

  • which set out to capture

    『StoryCrops』は

  • the stories of ordinary Americans

    一般のアメリカ人の

  • by setting up a soundproof booth in public spaces.

    話を聞き集めるもので

  • The idea is very, very simple.

    公の場に 防音の ブースを設置しました

  • You go into these booths, you interview your grandmother

    このアイデアは とてもシンプルで

  • or relative, you leave with a copy of the interview

    ブースに入り 自分の祖母や親戚を

  • and an interview goes into the Library of Congress.

    インタビューするというものです

  • It's essentially a way to make a national oral histories archive

    インタビューの記録は 米国議会図書館へ送られます

  • one conversation at a time.

    1つのインタビューごとに 国の口頭歴史記録となるのです

  • And the question is, who do you want to remember --

    1つのインタビューごとに 国の口頭歴史記録となるのです

  • if you had just 45 minutes with your grandmother?

    ここで質問ですが 皆さんの祖母と

  • What's interesting, in conversations with the founder, Dave Isay,

    45分だけ一緒に居れたなら 誰を思い出したいですか?

  • we always actually talked about this

    創始者のデイヴィッド・イサイとの 会話で面白いのは

  • as a little bit of a subversive project,

    このプロジェクトは少し危険だと

  • because when you think about it,

    いつも話していました

  • it's actually not really about the stories that are being told,

    というのは 考えてみると

  • it's about listening,

    実際 話される内容が どうのというのでなく

  • and it's about the questions that you get to ask,

    聞き方がキーなのです

  • questions that you may not have permission to

    そこで尋ねられる質問は

  • on any other day.

    他では聞けない様な 質問であったりするのです

  • I'm going to play you just a couple of quick excerpts from the project.

    他では聞けない様な 質問であったりするのです

  • [Jesus Melendez talking about poet Pedro Pietri's final moments]

    このプロジェクトの 一部をお見せしましょう

  • Jesus Melendez: We took off, and as we were ascending,

    [ ヘスス・メレンデスが語る 詩人ペドロ・ピエトリの最後 ]

  • before we had leveled off,

    ヘスス・メレンデス:私たちの飛行機は飛び立ち

  • our level-off point was 45,000 feet,

    水平飛行になる

  • so before we had leveled off,

    1万4千メートル上空に到達する前から

  • Pedro began leaving us,

    1万4千メートル上空に到達する前から

  • and the beauty about it

    ペドロは少しずつ この世を去って行ったのです

  • is that I believe that there's something after life.

    その美しさとは

  • You can see it in Pedro.

    この世を去っても 何かあるのだと信じさせられた事です

  • [Danny Perasa to his wife Annie Perasa married 26 years]

    それをペドロに見出しました

  • Danny Perasa: See, the thing of it is,

    [ ダニー・ペラサから結婚26年になる アニー・ペラサへ ]

  • I always feel guilty when I say "I love you" to you,

    ダニー・ペラサ:実は

  • and I say it so often. I say it to remind you

    いつも「愛してるよ」と 君に言うのは 悪い気がするけど

  • that as dumpy as I am, it's coming from me,

    いつも忘れないで欲しいからなんだ

  • it's like hearing a beautiful song from a busted old radio,

    こんなに くたびれた私から 出てくる言葉だから

  • and it's nice of you to keep the radio around the house.

    壊れたラジオから綺麗な歌が 聞こえてくる様なものだ

  • (Laughter)

    でも そんなラジオを家に 置いていてくれるなんて優しいね

  • [Michael Wolmetz with his girlfriend Debora Brakarz]

    (笑)

  • Michael Wolmetz: So this is the ring that my father gave to my mother,

    [ マイケル・ウォルメッツと 彼女のデボラ・ブラカーズ ]

  • and we can leave it there.

    マイケル・ウォルメッツ:これは父が母に あげた指輪なんだ

  • And he saved up and he purchased this,

    今は ここに置いておこう

  • and he proposed to my mother with this,

    父はこれを買うために お金を貯めて

  • and so I thought that I would give it to you

    この指輪で 母にプロポーズしたんだ

  • so that he could be with us for this also.

    これを君にあげたいと思う

  • So I'm going to share a mic with you right now, Debora.

    これで父も僕達と一緒に居れるから

  • Where's the right finger?

    君もマイクに出てごらん デボラ

  • Debora Brakarz: (Crying)

    どの指に着けたらいい?

  • MW: Debora, will you please marry me?

    デボラ・ブラカーズ:(涙)

  • DB: Yes. Of course. I love you.

    デボラ結婚してくれる?

  • (Kissing)

    ええ勿論よ 愛してるわ

  • MW: So kids, this is how your mother and I got married,

    (キス)

  • in a booth in Grand Central Station with my father's ring.

    子供達よ こうやって 君達のお母さんと結婚したんだよ

  • My grandfather was a cab driver for 40 years.

    グランド・セントラル駅のブースで おじいちゃんの指輪を持ってね

  • He used to pick people up here every day.

    僕の祖父は40年間タクシーの運転手で

  • So it seems right.

    毎日ここで人を乗せていたので

  • Jake Barton: So I have to say

    ここが ふさわしい気がしてね

  • I did not actually choose those individual samples to make you cry

    断っておきますが

  • because they all make you cry.

    何もお涙頂戴の話ばかりを 選んだのではありません

  • The entire project is predicated on this act of love

    どれも感動的なんです

  • which is listening itself.

    このプロジェクトは「聞く」という 愛の行動に

  • And that motion of building an institution

    基づいています

  • out of a moment of conversation and listening

    会話の ある部分を取り出して

  • is actually a lot of what my firm, Local Projects,

    聞くという行為を作品にするのは 私の会社である

  • is doing with our engagements in general.

    『Local Projects』が

  • So we're a media design firm, and we're working

    実際に良くやっている事です

  • with a broad array of different institutions

    メディア・デザインの会社で

  • building media installations for museums and public spaces.

    様々な機関と一緒に 博物館や公共の場所で

  • Our latest engagement is the Cleveland Museum of Art,

    メディア・インスタレーションを行っています

  • which we've created an engagement called Gallery One for.

    最近の仕事はクリーブランド美術館で

  • And Gallery One is an interesting project

    『Gallery One』というものを作りました

  • because it started with this massive, $350 million expansion

    『Gallery One』は面白いプロジェクトで

  • for the Cleveland Museum of Art,

    クリーブランド美術館の 3億5千万ドルをもかけた

  • and we actually brought in this piece

    拡張事業と共に始めたので

  • specifically to grow new capacity, new audiences,

    私たちのプロジェクトで

  • at the same time that the museum itself is growing.

    新しい可能性を広げて 利用者を増やし

  • Glenn Lowry, the head of MoMA, put it best when he said,

    同時に 美術館も発展してくれればと考えました

  • "We want visitors to actually cease being visitors.

    ニューヨーク近代美術館(MoMA)館長 グレン・ローリーが うまく表現しています

  • Visitors are transient. We want people who live here,

    「来館者は お客さんに 留まって欲しくありません

  • people who have ownership."

    その場限りの訪問者でなく 住人になって自分の場所だと

  • And so what we're doing is making a broad array

    感じて欲しいのです」

  • of different ways for people to actually engage

    私たちがやっていることは

  • with the material inside of these galleries,

    人々が 実際にギャラリー内の

  • so you can still have a traditional gallery experience,

    作品にかかわれるよう 様々な方法を提供します

  • but if you're interested, you can actually engage

    昔ながらのギャラリーもありますが

  • with any individual artwork and see the original context

    もし興味があれば 1つの芸術品に的を絞って

  • from where it's from, or manipulate the work itself.

    どのような所で使われたか その背景を見たり

  • So, for example, you can click on this individual lion head,

    作品で遊んだりできます

  • and this is where it originated from, 1300 B.C.

    例えば このライオンの頭は クリックできます

  • Or this individual piece here,

    ここは紀元前1,300年前を 再現したもので

  • you can see the actual bedroom. It really changes the way

    こちらの作品は

  • you think about this type of a tempera painting.

    寝室を覗いてテンペラ絵画についての

  • This is one of my favorites because you see the studio itself.

    考えを 大きく変えてくれます

  • This is Rodin's bust. You get the sense

    これはアトリエが見れるので 私のお気に入りの1つ

  • of this incredible factory for creativity.

    ロダンの胸像です

  • And it makes you think about literally the hundreds

    素晴らしい工房を感じ取れます

  • or thousands of years of human creativity and how

    文字通り 人類の何百何千年もの

  • each individual artwork stands in for part of that story.

    創造の歴史について考えさせて その作品が

  • This is Picasso,

    どうやって その物語の一部になったか 教えてくれます

  • of course embodying so much of it from the 20th century.

    これはピカソです

  • And so our next interface, which I'll show you,

    20世紀芸術を まさに体現しています

  • actually leverages that idea of this lineage of creativity.

    次にお見せするインターフェースは

  • It's an algorithm that actually allows you to browse

    この種の創造性を利用したものです

  • the actual museum's collection using facial recognition.

    顔認識で博物館の貯蔵品を 閲覧できるのは

  • So this person's making different faces,

    アルゴリズムのお陰です

  • and it's actually drawing forth different objects

    この人は色々な表情を作っていますが

  • from the collection that connect with exactly how she's looking.

    その表情に繋がる 様々な作品を

  • And so you can imagine that, as people are performing

    美術館の所蔵品から 見せてくれます

  • inside of the museum itself, you get this sense

    皆さんご想像のとおり 来館者が博物館内で演じ

  • of this emotional connection,

    感情の繋がりを感じとることができます

  • this way in which our face connects with the thousands

    感情の繋がりを感じとることができます

  • and tens of thousands of years.

    この様にして 私たちの顔が 数千 数万年の

  • This is an interface that actually allows you to draw

    歴史と繋がるのです

  • and then draws forth objects using those same shapes.

    このインターフェースは 描いた形から

  • So more and more we're trying to find ways

    同じ形を持つ作品を 見つけてくれます

  • for people to actually author things inside of the museums themselves,

    私たちは人々が館内で

  • to be creative even as they're looking

    お互いのしている事を見て理解し

  • at other people's creativity and understanding them.

    創造的に何かを生み出せる

  • So in this wall, the collections wall,

    そんな方法を 増やそうとしています

  • you can actually see all 3,000 artworks all at the same time,

    この展示品の壁には

  • and you can actually author your own

    3千もの作品を 全て同時に見ることができます

  • individual walking tours of the museum, so you can share them,

    自分で館内のツアーをデザインし

  • and someone can take a tour with the museum director

    他の人とシェアする事が出来るので

  • or a tour with their little cousin.

    館長に案内してもらう事も出来るし

  • But all the while that we've been working

    親戚の子と見て回る事も出来るのです

  • on this engagement for Cleveland,

    私たちはクリーブランドの

  • we've also been working in the background

    仕事をしている一方で

  • on really our largest engagement to date,

    これまでで一番大掛かりな

  • and that's the 9/11 Memorial and Museum.

    プロジェクトにも従事してきました

  • So we started in 2006

    それは9.11記念追悼博物館です

  • as part of a team with Thinc Design

    2006年に

  • to create the original master plan for the museum,

    Thinc デザインチームの一部として

  • and then we've done all the media design

    博物館の基本計画の原案を作り

  • both for the museum and the memorial and then the media production.

    博物館と記念碑の

  • So the memorial opened in 2011,

    全メディアデザインと メディア制作をしました

  • and the museum's going to open next year in 2014.

    記念碑は2011年

  • And you can see from these images,

    博物館は来年の2014年に開館します

  • the site is so raw and almost archaeological.

    この写真から見れるように

  • And of course the event itself is so recent,

    生々しく歴史を物語っています

  • somewhere between history and current events,

    もちろん この惨事は 最近のもので

  • it was a huge challenge to imagine

    歴史と現代の間の出来事です

  • how do you actually live up to a space like this,

    この空間にどうやって応えるか

  • an event like this, to actually tell that story.

    この様な惨事を どのように伝えるかは

  • And so what we started with

    想像するだけでも 大きなチャレンジでした

  • was really a new way of thinking about building an institution,

    それで2009年に始めた

  • through a project called Make History,

    『Make History』というプロジェクトをもとに

  • which we launched in 2009.

    記念館と それに関わるプロジェクトを立ち上げる

  • So it's estimated that a third of the world

    新しいアイデアから始めました

  • watched 9/11 live,

    世界の3分の1が

  • and a third of the world

    9.11を生放送で見て

  • heard about it within 24 hours,

    残りの 世界の3分の1が

  • making it really by nature of when it happened,

    24時間以内に事件を知りました

  • this unprecedented moment of global awareness.

    この事件によって 全世界の人々が

  • And so we launched this to capture the stories

    同じことを認識した 前代未聞の瞬間となりました

  • from all around the world,

    それで世界中から これに関する話を

  • through video, through photos,

    ビデオや写真や

  • through written history,

    記録文書を通して

  • and so people's experiences on that day,

    集め始めました

  • which was, in fact, this huge risk for the institution

    その日 人々が経験した事

  • to make its first move this open platform.

    つまり最初のステップを オープンフラットフォームにする事は

  • But that was coupled together with this oral histories booth,

    私たちにとって 実は大きなリスクだったのです

  • really the simplest we've ever made,

    しかし口頭歴史ブースと連結させて 自分の居場所を

  • where you locate yourself on a map.

    地図で確認出来る

  • It's in six languages, and you can tell your own story

    とてもシンプルなものにしました

  • about what happened to you on that day.

    6ヶ国語で あの日 自分に起こった出来事について

  • And when we started seeing the incredible images

    話すことができます

  • and stories that came forth

    世界中から 驚く様な写真や

  • from all around the world --

    ストーリーが

  • this is obviously part of the landing gear --

    集まって来た時

  • we really started to understand

    ― こちらは着陸装置の一部ですね ―

  • that there was this amazing symmetry

    私たちは 事件そのものと

  • between the event itself,

    人々の事件についての伝え方 そして そう伝えなければいけない

  • between the way that people were telling the stories of the event,

    人々の事件についての伝え方 そして そう伝えなければいけない

  • and how we ourselves needed to tell that story.

    必要性についての 驚くべき酷似点を

  • This image in particular really captured

    理解し始めていました

  • our attention at the time,

    特に この写真は その当時

  • because it so much sums up that event.

    私たちの注意を引きました

  • This is a shot from the Brooklyn-Battery Tunnel.

    あの事件を如実に物語っているから

  • There's a firefighter that's stuck, actually, in traffic,

    ブルックリン ・バッテリー・トンネルからの写真で

  • and so the firefighters themselves are running

    交通渋滞で立ち往生した 消防士は

  • a mile and a half to the site itself

    現場まで約2キロの

  • with upwards of 70 pounds of gear on their back.

    距離を走っています

  • And we got this amazing email that said,

    背中に30キロもの 装具を背負ってです

  • "While viewing the thousands of photos on the site,

    その後 驚くべき メールを受け取りました

  • I unexpectedly found a photo of my son.

    「このサイトで何千枚もの写真を見ていて

  • It was a shock emotionally, yet a blessing to find this photo,"

    思いがけず 息子の写真を見つけました

  • and he was writing because he said,

    胸が詰まりましたが 見つけられて幸運でした」

  • "I'd like to personally thank the photographer

    なぜなら彼は

  • for posting the photo,

    「これを投稿してくださった写真家に ―

  • as it meant more than words can describe to me

    感謝します

  • to have access to what is probably

    これが たぶん息子の 最後の写真だと思うと

  • the last photo ever taken of my son."

    言葉では とてもその気持ちを

  • And it really made us recognize

    言い表すことができません」と 書いていたからです

  • what this institution needed to be

    この歴史を伝えるには

  • in order to actually tell that story.

    私たちが設立するものは どうあるべきかを

  • We can't have just a historian or a curator narrating

    考えさせられました

  • objectively in the third person about an event like that,

    歴史の証人台に立たされる人が

  • when you have the witnesses to history

    実際に この博物館を訪れるのに

  • who are going to make their way

    この様な出来事を 第三者である

  • through the actual museum itself.

    歴史家や展示関係者だけが

  • And so we started imagining the museum,

    語ることはできません

  • along with the creative team at the museum and the curators,

    そこで 私たちは

  • thinking about how the first voice that you would hear

    クリエイティブ・チームメンバーと キュレーターと共に

  • inside the museum would actually be of other visitors.

    来館者が 館内で耳にする最初の声に

  • And so we created this idea of an opening gallery

    共鳴するという 構想を始めました

  • called We Remember.

    『私たちは覚えている』と言う オープニングギャラリーを

  • And I'll just play you part of a mockup of it,

    デザインしました

  • but you get a sense of what it's like to actually enter

    試作品を お聞かせしますが

  • into that moment in time

    実際に そこに足を踏み入れると

  • and be transported back in history.

    歴史のあの瞬間に引き戻される

  • (Video) Voice 1: I was in Honolulu, Hawaii. Voice 2: I was in Cairo, Egypt.

    感覚がお分かりになると思います

  • Voice 3: Sur les Champslysées, à Paris. Voice 4: In college, at U.C. Berkeley.

    (ビデオ)声1:ハワイのホノルルにいました 声2:エジプトのカイロにいました

  • Voice 5: I was in Times Square. Voice 6: São Paolo, Brazil.

    声3:パリのシャンゼリゼにいました 声4:カリフォルニア大学のバークレー校にいました

  • (Multiple voices)

    声5:タイムズスクエアにいました 声6:ブラジルのサンパウロにいました

  • Voice 7: It was probably about 11 o'clock at night.

    (複数の声)

  • Voice 8: I was driving to work at 5:45 local time in the morning.

    声7:多分 夜の11時頃でした

  • Voice 9: We were actually in a meeting

    声8:仕事に向かう車の中で 現地は朝の5時45分でした

  • when someone barged in and said,

    声9:会議中だったんですが

  • "Oh my God, a plane has just crashed into the World Trade Center."

    誰かが飛び込んで来て

  • Voice 10: Trying to frantically get to a radio.

    「大変だ! たった今旅客機が 世界貿易センターに突っ込んだぞ」

  • Voice 11: When I heard it over the radio --

    声10:慌ててラジオをつけようとしてました

  • Voice 12: Heard it on the radio.

    声11:ラジオで聞いて・・・

  • (Multiple voices)

    声12:ラジオで聞きました

  • Voice 13: I got a call from my father. Voice 14: The phone rang, it woke me up.

    (複数の声)

  • My business partner told me to turn on the television.

    声13:父からの電話で知りました 声14:電話で目が覚めました