Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • Thank you to Squarespace for sponsoring this video.

    Squarespace様にスポンサーとしてご協力いただきました。 ビデオを見ることができます。

  • At the end we're gonna tell you how to get 10% and show you

    最後には、以下の方法をお伝えします。 10%と表示されます。

  • some of the really cool things you can do with the Squarespace website.

    かっこいいものをいくつか Squarespaceのウェブサイトを使って

  • "Friends" is a show with six main characters,

    "フレンズ "は、6人のメインキャラクターが登場する番組です。

  • but if you had to pick one protagonist --

    主人公を一人選ぶとしたら...

  • the one who really takes the biggest journey over the ten seasons,

    いちばんのびのびとしたもの 10シーズンに渡って

  • you'd probably choose Rachel.

    レイチェルを選ぶだろう

  • The series starts with Rachel Green making a choice that will define her entire life.

    シリーズは、レイチェル・グリーンが作ることから始まります。 彼女の人生を決定づける選択だ

  • Welcome to the real world!

    "現実世界へようこそ!

  • It sucks -- you're gonna love it.”

    最悪だな...きっと気に入るよ"

  • She runs away from the wealthy but passionless existence she could have had with her orthodontist

    裕福だけど情熱のない彼女は逃げ出す。 矯正歯科医のもとにあった生活

  • fiancé, Barry.

    婚約している、バリー。

  • And she seeks out a life of uncertainty.

    そして、彼女は不確かな人生を模索している。

  • She embraces being a regular twenty-something.

    彼女は普通の20代であることを受け入れています。

  • "Oh, and wish me luck!"

    "幸運を祈って!"

  • "What for?"

    "何のために?"

  • “I'm gonna go get one of those job things.”

    "仕事の一つを取ってくる"

  • This down-on-your-luck, no-frills lifestyle is a given for the other friends,

    このダウン・オン・ユア・ラック、ノー・フリルのライフスタイル は他の友人にも与えられています。

  • and they're sometimes disenchanted with it.

    と嫌気がさしていることがあります。 それを

  • They're starting to feel that longing for marriage, children, having a bit more money

    憧れを感じ始めています 結婚子持ち

  • and the end of this unpredictable stage.

    と、この予測不能なステージの結末。

  • Rachel certainly struggles with whether she could have made a mistake.

    レイチェルは確かに彼女がかどうかで悩んでいます。 を間違える可能性がありました。

  • Everyone I know is either getting married or getting pregnant or getting promoted, and

    "私の知っている人はみんな結婚している または妊娠したり、昇進したりして

  • I'm getting coffee!

    コーヒーを飲むぞ!

  • And it's not even for me.”

    "私のためでもない"

  • But she chooses this life because she doesn't want to live some numb, lukewarm life in the

    しかし、彼女はこの人生を選んだ。 でしびれるような生ぬるい生活をしたい。

  • suburbs,

    郊外の

  • even if that means she has to brave a lot of new lows.

    勇気があっても 新安値の

  • It's like there's rock bottom, 50 feet of crap, then me.”

    "50フィートの岩盤があるようなものだ くだらないことを言っているのではなく、私のことを言っているのです。"

  • So more than any other character, Rachel embodies the value of experimenting, failing, and striving

    だから、他のどのキャラクターよりも、レイチェルは体現しています。 試行錯誤努力の価値

  • in your twenties.

    20代で

  • Mom, I realize you and daddy were upset when I didn't marry Barry and get the big

    "ママ、パパとママが動揺していたのを知っています バリーと結婚しなかった時は

  • house in the suburbs

    郊外の家

  • with all the security and everything, but God, this is just so much better for me.”

    セキュリティも何もかも完備されていますが "神様、私にはこれでいいのよ"

  • Slowly but surely, she finds her feet in her career,

    ゆっくりと、しかし確実に、彼女は彼女の足元を見つけます。 のキャリア。

  • falls in and out of love -- mostly with Ross,

    主にロスと - 恋に落ち、恋に落ちます。

  • and gains independence.

    と独立性を獲得します。

  • Rachel proves that the choices we make at this age can completely transform us.

    レイチェルが証明しているのは この時代は完全に私たちを変えることができます。

  • She changes from spoiled princess to savvy executive and put-together mom.

    甘やかされたお姫様から、経験豊富なお姫様へと変化していきます。 幹部にしてママにしても

  • The person she's become is thanks to the many missteps and lessons learned,

    彼女が今の自分になれたのは 多くの失敗と教訓

  • and even more than that, thanks to the friends she found.

    それ以上に、友人たちのおかげで 彼女は見つけた

  • So we can say that Rachel is the true protagonist of Friends

    ということは、レイチェルが真の主人公だと言えるのではないでしょうか。 友だちの

  • because she most demonstrates the message of the show --

    なぜなら、彼女が最もメッセージ性が高いからだ ショーの

  • that we grow into our best selves by investing in our friends

    己を投じて己を成長させる 仲間内で

  • and accepting the messiness of our young adult lives.

    と、私たちの若い大人のめちゃくちゃさを受け入れて の生活をしています。

  • Besides being the missing piece of the friend group at the beginning,

    友人の欠落した部分であることに加えて 冒頭のグループ。

  • Rachel is also our proxy -- we enter the world of the show through her.

    レイチェルは私たちの代理人でもある -- 私たちは世界に入る 彼女を介してショーの

  • The pilot is framed around her personal journey as she moves in with Monica,

    パイロットは、彼女の個人的な旅を中心に構成されています。 モニカと同居することになった。

  • finds a job at Central Perk, and cuts herself off from her family's financial support.

    セントラルパークに就職して自腹を切る 彼女の家族の経済的な支援から切り離された

  • In fact the whole first season is focused more on Rachel than any other individual,

    実際、第1シーズンは全体的に集中しています。 レイチェルは他のどの個人よりも

  • as she adjusts to this new way of life.

    彼女はこの新しい生活に適応するために

  • "It was totally...not worth it.

    "全く...割に合わなかった。

  • Who's FICA?

    FICAって誰?

  • Why is he getting all my money?"

    "なぜ彼は私のお金を全部もらっているの?"

  • So from the get-go, it is a story about Rachel finding herself and coming of age.

    なので、最初からレイチェルの話になっています。 自分探しと大人になるために

  • "Gunther, I quit."

    "グンタ、私は辞めた"

  • "Friends" can get criticized for offering a sugarcoated, lillywhite vision of twenty-something

    "友達」は提供することで批判を浴びることがある 二十代の甘酸っぱい百合の花のようなビジョン

  • life.

    の生活を送ることができます。

  • But Rachel does face a lot of classic universal problems, from financial strain --

    しかし、レイチェルは、古典的な普遍的な多くの顔をしています。 問題は、財政難から--。

  • "I will have the side salad."

    "サイドサラダを食べます"

  • "And what will that be on the side of?"

    "そして、それは何の側にあるのか?"

  • to dead-end jobs --

    行き止まりの仕事に

  • Bloomingdale's eliminated my department.”

    "ブルーミングデールは 私の部署を廃止した"

  • to the trials of apartment hunting.

    アパート探しの試練に

  • And we see how invested the other friends are in her progress.

    そして、私たちは、他の友人がどのように投資されているかを参照してください。 は彼女の進歩の中にあります。

  • "Wow."

    "ワオ"

  • The reason they -- and we -- care so much is that everything feels like a bigfirst

    彼らと私たちがそこまで気にしているのは 何もかもが大きな「最初」のように感じるということです。

  • in Rachel's adult life.

    レイチェルの大人の生活の中で

  • Look!

    "見て!

  • I cleaned!

    掃除したよ!

  • I did the windows, I did the floors, I even used all those attachments on the vacuum

    窓も床もやったし 掃除機のアタッチメントを全部使って

  • except for that little round one with the bristles.”

    その小さな丸いものを除いては "毛"

  • She seems to see everything with new eyes.

    彼女は新しい目ですべてを見ているようです。

  • She's earnest and enthusiastic even as she experiences things like doing laundry for

    彼女は真面目で熱心なので、自分のことのように 洗濯物をするなどの体験をする

  • the first time.

    初めてのことです。

  • "If I can actually do my own laundry, there isn't anything I can't do."

    "実際に自分の洗濯ができれば、そこには "私にできないことはない"

  • Even as the show goes on and Rachel becomes less of an ingenue,

    番組が進み、レイチェルが 純情な少女ではない

  • she maintains this lovable, sometimes clueless streak.

    惚れ惚れしながらも 筋がある。

  • So we can relate to her drive to try new things as well as her tendency to stumble.

    だから新しいことに挑戦する彼女の意欲に共感できます。 彼女のつまずきやすい傾向と同様に。

  • "I wasn't supposed to put beef in the trifle!"

    "トリフルに牛肉を入れるはずじゃなかったのに!"

  • Rachel's oblivious parents and vain sisters represent what she could have become

    レイチェルの知らない親とうぬぼれた姉妹 なりうる姿を表す

  • if she'd stayed in her bubble of privilege and security.

    もし彼女が特権の泡の中にいたら とセキュリティを確保しています。

  • You didn't marry your Barry, honey, but I married mine.”

    "バリーとは結婚しなかったけど "私は私と結婚した"

  • We also get the alternate reality where we see

    我々はまた、我々がどこにいるかの代替現実を取得します。 みる

  • the bored, dissatisfied housewife version of Rachel who did marry Barry.

    飽きっぽい主婦版 バリーと結婚したレイチェルの

  • She's an altogether shallower and less interesting person.

    彼女はもっと浅はかで面白くない 人の人になります。

  • Hi, I love you on that show.

    "ハイ、あの番組大好きです。

  • I watch you every day.

    毎日見ています。

  • I mean when you took out your own kidney to save your ex-wife even though she tried to

    つまり、自分の腎臓を取り出して 元嫁を助けようとしたのに、元嫁を助けようとする

  • kill you…”

    殺せ...

  • Sometimes we do see the aftereffects of Rachel's upbringing sometimes,

    時々、レイチェルの後遺症を見ることがあります。 たまに育てる

  • when she acts entitled or self-involved.

    彼女が権利を与えられているか、自分自身が関与しているように振る舞っているとき。

  • But ultimately she's rejected that life path.

    しかし、最終的に彼女はその人生を拒絶した のパスを使用しています。

  • And we recognize that it takes guts to let go of everything you know

    そして、私たちは、それが 知る由もない

  • and face the judgement of your peers.

    と仲間の判断に向き合う。

  • While Rachel's new life delights us, it doesn't always look great to outsiders.

    レイチェルの新しい生活が私たちを喜ばせている間、それは 部外者にはいい顔をされるとは限らない。

  • What that Rachel did to her life.

    "あのレイチェルが彼女の人生にしたこと

  • We ran into her parents at the club.

    クラブで彼女の両親に遭遇しました。

  • They were not playing very well.”

    彼らのプレーはあまり良くなかった。"

  • “I'm not going to tell you what they spent on that wedding.”

    "彼らが何に使ったかは言わない "その結婚式で"

  • Still, we see from her mother's envy that Rachel escaped a deeply unfulfilling life.

    それでも、母親の羨望の眼差しからは レイチェルは深く満たされない人生から逃れた。

  • In the long run, she dodged a bullet.

    長い目で見れば、彼女は弾丸をかわした。

  • You know, I never worked.

    "私は働いたことがない

  • I went straight from my father's house to the sorority house to my husband's house.

    父の家から直行して 寮生の家から夫の家へ。

  • I am just so proud of you.”

    "あなたを誇りに思うわ"

  • So Rachel's plots are a stand-in for us and the trials we experience,

    レイチェルの陰謀は私たちの代弁者なんですね。 そして、私たちが経験する試練。

  • but Rachel the character, played by Jennifer Aniston, is also the most aspirational Friend.

    しかし、レイチェルは、ジェニファーによって演じられた文字 アニストンは、また、最も向上心のある友人です。

  • Her story is a classic upward arc: young woman comes to the big city, works hard, and makes

    彼女の物語は古典的な上昇気流の弧を描いています。 大都会に出てきて頑張る

  • a name for herself.

    自分の名前を

  • And then there's her wonderfully '90s fashion andthe Rachelhaircut which

    そして、彼女の素晴らしい90年代の ファッションと "レイチェル "の髪型

  • shaped a generation.

    世代を形成した。

  • She's beautiful, sweet, and sometimes scatterbrained --

    彼女は美しくて、甘くて、時に散らかった頭脳を持っている。 --

  • a lot like the heroine of a romantic comedy.

    ラブコメのヒロインに似ている

  • Her relationship with Ross is one of the most hyped TV pairings ever.

    彼女とロスとの関係は、最も重要なものの一つです。 史上最高のテレビのペアリング

  • Ross and Rachel.

    "ロスとレイチェル

  • Rachel and Ross.

    レイチェルとロス

  • That's been one heck of a seesaw, hasn't it?”

    とんでもないシーソーだな それは?

  • What?”

    "何?"

  • "Friends" proved there's something satisfying about the pairing of the stylish girl next

    "フレンズ "は何か満足できるものがあることを証明した おしゃれ女子の次のペアリングについて

  • door

  • with the good-hearted, nerdy guy.

    気心の知れたオタクと一緒に

  • The long buildup starts with Ross pining after Rachel,

    長いビルドアップは、ロスが後にピニングから始まります。 レイチェル

  • then her falling in love with him when he's seeing someone else.

    惚れた時に 誰かを見ている

  • Rachel's discovering her new attraction to Ross shows how much she's matured.

    レイチェルの新しい魅力を発見 ロスには、彼女がどれだけ成長したかを示しています。

  • In high school, she looked right through him.

    高校時代、彼女は彼を見抜いていた。

  • So being able to see the value of Ross' love is a sign that she's become a deeper,

    だから、ロスの価値を見ることができるのは 恋愛は、彼女がより深くなった証。

  • more genuine human being.

    より本物の人間

  • But even after Ross finds out about her feelings, they don't get together

    しかし、ロスが彼女の気持ちを知った後も。 噛み合わない

  • because Ross makes a list of her bad qualities to help him choose between her and Julie.

    ロスは彼女の悪いところをリストアップしているから 彼が彼女とジュリーのどちらかを選ぶのを助けるために

  • Kind of ditzy?

    "子供かおぼっちゃま "か?

  • Too into her looks?

    ルックスが気になりすぎ?

  • spoiled --

    駄々っ子

  • "Now that's a little spoiled.

    "今のは甘え "ですね。

  • He was supposed to type 'little,' the idiot."

    "少しと打つはずだったバカ"

  • "Just a waitress?”

    "ただのウェイトレス?"

  • At first we -- and Ross -- think that this is just a fight that she'll get over.

    最初は...ロスも...これは... は、彼女が乗り越えるための戦いに過ぎません。

  • But Rachel is dead serious because her whole new life is about the conscious choice

    しかし、レイチェルは死んだような真剣さを持っています。 新生活は意識的な選択である

  • not to be the spoiled, shallow rich girl others see her as.

    駄々っ子浅はかな金持ちのお嬢様にはなれない 彼女を見て

  • She refuses to be with someone who doesn't see her true potential.

    彼女は誰かと一緒にいることを拒否している 彼女の本当の可能性を見てみましょう。

  • "How would you feel if the one person that you trusted the most in the world not only

    "もしも、その一人が 世界で一番信頼されているのは

  • thinks them too,

    と思っています。

  • but actually uses them as reasons not to be with you?"

    をしない理由として利用しています。 "あなたと一緒に?"

  • It's only six episodes later -- which is long in "Friends" time -- that the prom video

    たった6話後の話なんですが... フレンズ時代の長いプロムビデオ

  • gets Ross another chance

    ロスに別のチャンスを与える

  • because it helps her realizes how true his love is.

    それは彼女が彼の真実を理解するのに役立つからです。 愛は

  • See?

    "ほら?

  • He's her lobster.”

    "彼は彼女のロブスターだ"

  • Briefly, in parts of Season 2 and 3 we actually get to see the couple happy together, which

    簡潔に言うと、シーズン2と3の一部では、実際に 二人の幸せな姿を見ることができる

  • is great for a bit.

    はちょっとしたことで素晴らしいです。

  • "Do I look fat?

    "太って見える?

  • No."

    "いいえ"

  • But at this point Rachel still doesn't have the rest of her life together at all.

    しかし、この時点ではまだレイチェルには 残りの人生を一緒に過ごした

  • "Ross, you have planned out the next 20 years of our lives, we've been dating for six weeks."

    "ロス、あなたは次の20年を計画していた "付き合って6週間になる"

  • They break up after the infamousWe Were on a Breakfiasco --

    悪名高い "We Were "の後、彼らは解散します。 オン・ア・ブレイク」騒動

  • "I thought we were broken up!"

    "別れたと思ってたのに!"

  • "We were on a break."

    "休憩中だった"

  • And we'll never all be able to agree on whether this counted as cheating or not, but

    そして、全員が同意することはできないだろう これが浮気にあたるかどうかは別として

  • Rachel can't forgive him.

    レイチェルは彼を許せない

  • You're a totally different person to me now.

    "あなたは私とは全く別人です 今すぐに

  • I used to think of you as somebody that would never, ever hurt me, ever.”

    私はあなたのことを誰かのように思っていました "私を傷つけないでくれ"

  • When you rewatch this season, though,

    今シーズンの再視聴の際には

  • it's clear that this event is the symptom and not the real cause of their separation.

    今回の出来事は明らかに そして、二人の別離の本当の原因ではありません。

  • Just before this, Rachel has finally started making a little progress in her fashion career,

    この直前になって、レイチェルはついに 彼女のファッションのキャリアを少しずつ前進させています。

  • and Ross really isn't handling it well.

    ロスは本当にうまく処理できていません。

  • His misguided jealousy drives them apart,

    彼の見当違いの嫉妬が二人を引き離してしまう。

  • and we wonder if his jealousy is less about Mark and more an immature reaction

    彼の嫉妬心は マークともっと未熟な反応

  • to the fact that she now has something substantive in her life besides him.

    彼女は今、実質的な何かを持っているという事実に 彼の他に彼女の人生の中で

  • As much as we'd like Ross and Rachel to be together,

    ロスとレイチェルには と一緒に。

  • at this moment they are not in the same place.

    この瞬間、彼らは同じ場所にはいません。

  • Their breakup is a defining moment for Rachel, because up to this point

    彼らの別れはレイチェルにとって決定的な瞬間です。 今までは

  • it seemed like she was on track to having it all.

    順調に進んでいるように見えました。 全部だ

  • So this step backward is a reminder that her journey is more about learning to assert herself

    だから、この一歩後退は、彼女の 旅は自己主張を学ぶことよりも

  • rather than having her needs taken care of by someone else.

    世話をしてもらうよりも 誰かによって。

  • "You looked fat in an X-ray."

    "レントゲンでは太って見えた"

  • Over the following 7 seasons, the show teases us with false starts and restarts

    次の7シーズンにわたって、ショーは、イジる 誤起動と再起動で

  • and the constant will-they-or-won't-they dynamic.

    絶え間ない意志の強弱 ダイナミック。

  • “I just don't see why those two can't work things out.”

    "あの二人がなぜできないのかがわからない "何とかなる"

  • The timing is always off.

    タイミングがいつもずれている。

  • With us, it's never off the table.”

    "私たちと一緒に、それは決して外せない"

  • "I'm still in love with you."

    "私はまだあなたを愛している"

  • They can't quit but they can't commit.

    辞めることはできないが、コミットすることはできない。

  • "He's going in."

    "彼が入る"

  • “I don't know if anything is ever going to happen with us again ever.

    "何かが起こるかどうかは分からない 私たちに起こることはありません。

  • But I don't want to know that it never could.”

    でも、それができなかったことを知りたくない。"

  • Ultimately it's no accident that they need all of this time apart.

    結局のところ、彼らが必要としているのは偶然ではありません。 今までの時間は全てバラバラだった

  • Their years as friends rather than lovers turn out to be crucial.

    恋人というよりも友人としての年月 肝心なことが判明しました。

  • Rachel needs to build a truly independent identity and a great career.

    レイチェルは、本当に独立した人を構築する必要があります。 アイデンティティと素晴らしいキャリア。

  • And Ross needs to see Rachel in a more balanced way

    そして、ロスは、よりバランスのとれたレイチェルを見る必要があります。 遣り方

  • that's free from the obsessive, possessive feelings that were left over from his high

    驕りがない 高嶺の花

  • school crush.

    スクールクラッシュ。

  • “I can't believe I'm in Rachel Green's room.”

    "私がレイチェル・グリーンの中にいるなんて信じられない 部屋

  • Both Ross and Rachel come into their own as individuals before they can make it work as

    ロスもレイチェルも自分の中に入ってきて として機能させる前に、個人

  • a couple.

    夫婦で

  • Rachel's story is about doing the scary thing, and letting go of the safety net.

    レイチェルの話は、怖いことをしていると セーフティーネットを手放すこと。

  • "You need the fear!"

    "恐怖が必要なんだ!"

  • She strikes out on her own and pushes herself to take risks.

    彼女は自分で三振して、自分を追い込む。 リスクを取るために

  • “I just don't want to be 30 and still work here.”

    "30歳になっても、まだやりたくないだけ "ここで働く"

  • Yeah, that'd be much worse than being 28 and still working here.”

    "そうだな、それはされるよりもずっと悪いことだ 28歳で今もここで働いている。"

  • When she realizes her job at the coffee house is going nowhere,

    喫茶店での自分の仕事に気付いたとき はどこにも行きません。

  • she decides to quit, even though she has no backup plan and no other real work experience.

    がないのに、辞めることにしました。 バックアッププランとそれ以外の実働経験はありません。

  • “I just don't care.

    "気にしてないだけ

  • The is not what I want to do.

    私がやりたいことではありません。

  • So I don't think I should do it anymore.”

    だからもうやめようかなと思っています。"

  • She goes after her career in fashion even though it seems like a long shot.

    彼女はファッションのキャリアを追求しています。 望みは薄いようですが

  • "Waitress at a coffee house and cheer squad co-captain only took up so much room."

    "喫茶店のウェイトレスと応援団 "副船長だけが部屋を占領していた"

  • "You're funny Chandler!

    "チャンドラーって面白いね!

  • You're a funny guy!"

    面白い奴だな!"

  • And we see her gradually climb, from her first dud of a job

    そして、私たちは、彼女が最初の彼女から徐々に上昇していくのを見ています。 しごとのふしだら

  • "You got the job."

    "君は仕事を得た"

  • to a better position at Bloomingdale's and to major success at Ralph Lauren.

    ブルーミングデールズと ラルフローレンで大成功へ。

  • She's gone from being lost and unsure to getting real joy out of her work.

    彼女は迷子で自信がない状態から 彼女の仕事に喜びを感じている

  • My work is for me, you know?

    "私の仕事は私のためにあるんだよ。

  • I'm out there on my own and I'm doing it.

    一人で外に出て、自分がやっていることは それを

  • And it's scary but I love it because it's mine.”

    そして、怖いけど大好きなのは、それが "私の"

  • We wouldn't have guessed that the Rachel we knew in season one had the ambition and skill

    私たちが想像していたレイチェルは シーズン1では野心と技術を持っていた

  • to reach this level.

    このレベルに到達するために

  • And that's what makes her achievement so fun to watch --

    それが彼女の功績だ 見ていて楽しい

  • she surpasses all our expectations.

    彼女は私たちの期待を超えています。

  • Rachel passed that first test of moving to the city with no husband, no money and no

    レイチェルは引っ越しの最初のテストに合格した 亭主関白

  • job,

    仕事をしています。

  • so after that nothing can really be too scary again.

    怖いものなし をもう一度。

  • And this doing what scares her is what leads her to a fulfilling life.

    "彼女を怖がらせることは""何を導くのか 充実した人生を送るために

  • There's an important lesson for all of us --

    みんなに大切な教訓がある --

  • that if we commit to what we want and decide that we're really more than others see in

    欲しいものにコミットして決めれば 私たちは本当に他の人が見ている以上のものであることを

  • us,

    私たち。

  • in the end, we can get there.

    結局は、そこにたどり着くことができる。

  • Rachel pushes herself to do scary things in her personal life, too.

    レイチェルは、自分自身を押して怖いことをするために 彼女の私生活も

  • You know what, I'm gonna do that.

    "そうしたい "と思っています。

  • I'm gonna call him up and I'm gonna ask him out.

    彼に電話して聞いてみる。 彼を追い出す

  • I can do that.”

    "私はそれができる"

  • When Monica and Chandler move in together,

    モニカとチャンドラーが一緒に引っ越してきたら

  • She has to leave Monica's protective care and the only New York apartment she's ever

    彼女はモニカの保護を離れなければならない 彼女の唯一のニューヨークのアパートは

  • known --

    承知の上で