Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • [Dripping tap, buzzing sound]

    [ドリップタップ、ブザー音]

  • When I got pregnant, I was young, broke and dating this guy that we'll call Dick.

    妊娠した時は若くて無一文で ディックという男と付き合ってた

  • [Sound of him patting her thigh, white noise]

    [彼が彼女の太ももを撫でる音、ホワイトノイズ]

  • I met Dick while working on a TV show. I was a background artist,

    ディックとはテレビ番組の仕事をしていた時に出会った。バックグラウンドアーティストをしていました。

  • and I remember walking on to the studio lot and feeling awestruck.

    とスタジオの敷地内を歩いていて、畏敬の念を感じたのを覚えています。

  • I'd watch actors take their mark, and directors call "action."

    俳優がマークを取るのを見て、監督が "アクション "と呼ぶのを見る。

  • I had left the soul-sucking classrooms of Community College behind, and walked onto a living, breathing, filming set.

    私はコミュニティ・カレッジの魂のこもった教室を後にして、生きている、息をしている、撮影現場へと歩いていった。

  • A: Hi, hi. I'm here for background. I'm so sorry I'm late.

    A: こんにちは、背景のために来ました。遅くなってごめんなさい。

  • D: All good. I'm Dick.

    D: いいだろう。私はディックです。

  • A: Oh, hi. Anna.

    A:あ、こんにちは。アンナだよ。

  • [Harp glissando, romantic music]

    [ハープ・グリッサンド,ロマンティック・ミュージック]

  • A: Nice to meet you.

    A: はじめまして。

  • D: Uh, if you could just hang out here, uh, we're gonna get to you in a second.

    D: あー、ここで待っていてくれたら、あー、すぐに連絡するから。

  • A: Okcool D: Alright

    A: わかった...かっこいいD。よし

  • [Sexy music as she checks out his butt]

    [お尻をチェックするセクシーな音楽]

  • D: All good, I'm on my way

    D: いいですよ、今から行きます

  • -Good night! -Bye, thank you.

    -おやすみなさい!-(アルマン)バイバイ (政子)ありがとうございます

  • D: Oh, by- hey!

    D:あ、バイバイ、ヘイ!(笑)。

  • -Great job today. -Thank you!

    -今日はお疲れ様でした -(達也)ありがとうございます

  • Do you think you might want to work the show again?

    また番組の仕事をしたいと思いますか?

  • I loved working background.

    仕事の背景が好きでした。

  • I was buying my groceries at the 99-cent store to supplement Costco mac and cheese packs my parents had bought me.

    親が買ってきてくれたコストコのマックとチーズのパックを補うために、99セントストアで食料品を買っていました。

  • I wanted all the work and free hot meals I could get.

    仕事と無料の温かい食事が全部欲しかった。

  • Dick asked for my number so he could book me directly, and every week, he called me in for work.

    ディックは私の電話番号を聞いて直接予約してくれたし、毎週仕事のために電話をかけてきてくれた。

  • I loved it. And then one day, when I was signing out

    気に入っていました。そして、ある日、サインを出している時に

  • [Sparks sound]

    [火花の音]

  • I hadn't known this was on the table; if he was flirting that meant I could now relentlessly pursue him.

    もし彼がいちゃついていたのなら、私は執拗に彼を追いかけてもいいということになる。

  • It didn't take long before I was bombarding Dick with messages.

    ディックにメッセージを 送るまでに時間はかからなかった

  • [Message sending sound]

    [メッセージ送信音]

  • And imagining what his butt looked like underneath those baggy cargo pants.

    カーゴパンツの下の彼のお尻を想像してみたの

  • -And then I found out... - "My brother died."

    -弟が死んだと知ったんだ

  • -I'm sorry. -And since I had lost a sister as well, my delusional self

    -(理子)ごめんね -私も妹を亡くしていたので 妄想の中の自分が

  • immediately created an entire romance novel starring us.

    すぐに私たちを主演にした恋愛小説を作ってくれました。

  • Two survivors, we were meant to be together. We would

    二人の生存者、私たちは一緒にいることになっていた。私たちは

  • Help each other heal.

    助け合って癒されましょう。

  • In my head, we had an insanely deep connection.

    私の頭の中では、私たちは非常に深いつながりを持っていました。

  • that no one else could comprehend.

    誰にも理解できないことを

  • We shared a mutual grief

    悲しみを分かち合った

  • and understanding of mortality and

    と死亡率の理解と...

  • [Romantic strings]

    [ロマンティック・ストリングス]

  • death.

    ...死

  • I was an insane person. From that point on I bugged Dick a lot.

    私は非常識な人間だった。その時から私はディックを困らせていました。

  • [Voices offscreen]

    [Voice offscreen]

  • Finally, he caved.

    最終的には屈した。

  • Over dinner, I learned he liked to meditate, loved the outdoors

    夕食を食べながら、彼が瞑想が好きで、アウトドアを愛していたことを知りました。

  • -and he said, - "I don't believe in monogamy."

    -"一夫一婦制は信じない "と言った

  • I asked him to elaborate...

    詳しく聞いてみましたが...。

  • It's an outdated concept that no man could possibly uphold.

    誰にも支持されない時代遅れの概念だ。

  • I, like most hopelessly infatuated idiots, just figured; he hadn't met the right person yet.

    私は絶望的に夢中になっている馬鹿者と同じように 彼はまだ適切な人に出会っていないと思っていた

  • Dick and I dated for a year and a half, and every three months, he would cheat on me.

    ディックと私は1年半デートして、3ヶ月ごとに浮気をしていました。

  • [Knocking on door]

    [ドアをノック]

  • Every three months, he would admit his infidelity, and say he was sorry.

    3ヶ月に1度は不倫を認め、謝罪の言葉を口にしていた。

  • He blamed his behaviour on his brother's suicide, saying it had left him broken and damaged.

    弟の自殺のせいにしたのは、弟が壊れて傷ついたままになっていたからだと。

  • I told myself I understood the whole self sabotage thing, and instead of walking away

    自分に言い聞かせたんだ 自己破壊行為を理解したと そして 立ち去る代わりに...

  • …I found out his phone's passcode. I would wait until he fell asleep and whore over his messages.

    ...彼の携帯のパスコードを見つけたの彼が眠りにつくまで待ってメッセージを見ていました。

  • He would get mad that I violated his privacy, and the cycle would repeat.

    私が彼のプライバシーを侵害したと怒るだろうし、また同じことが繰り返される。

  • Despite these very clear red flags, we stayed together,

    これらの非常に明確な赤旗にもかかわらず、私たちは一緒にいました。

  • during which time

    その間

  • I got pregnant.

    妊娠したんだ

  • I wasn't great at taking the pill.

    私は薬を飲むのが苦手でした。

  • I was working four jobs, attending comedy, and acting classes and filming videos every week.

    4つの仕事をして、お笑いに通って、演技教室に通って、毎週のように動画を撮っていました。

  • I would go to sleep late and wake up early, often forgetting to take the pill. But whatever, right?

    寝るのが遅くなったり、早く目が覚めたりして、薬を飲むのを忘れてしまうことが多かったです。でも、まあいいか。

  • I wasn't going to get pregnant. I'd already lost my sister; surely the universe would give me a break.

    妊娠するつもりはなかった妹をすでに亡くしていたので、宇宙は私に休息を与えてくれたのでしょう。

  • Then one morning, my nipples felt weird.

    そしてある朝、乳首が変な感じになった。

  • [Shower turns on]

    [シャワー点灯]

  • I knew instantly.

    瞬時にわかった。

  • [Upbeat music]

    [アップビートな音楽]

  • Smiley face? Smiley face. Smiley fucking face.

    スマイリーフェイス?スマイリーフェイススマイリー・フェイス

  • -What is this?

    -これは何だ?

  • This is not a great time for me to have kids, right, and you should be older,

    こんなんじゃ子供産めないよね、もっと年上になればいいのに。

  • you don't wanna have a baby! You should be much older.

    子供を産みたくないんだろ!もっと年をとった方がいい

  • Hey, look. You should probably have a baby with another guy.

    ねえ、見て。他の男と子供を産んだ方がいいよ

  • Seriously. He told me I should probably have a baby with another guy.

    真面目な話他の男と子供を産めって言われたの

  • You have to get an abortion.

    中絶しないといけない。

  • Are we not even gonna have a conversation about this?

    この件についての会話もしないのか?

  • What conversation?

    何の会話?

  • I'm not gonna go have an abortion without at least, like, talking thr-

    中絶するにしても、少なくとも...

  • [Abrupt silence, then sad music which continues under this section]

    [突然の沈黙、そしてこのセクションの下に続く悲しい音楽]

  • I had spent years secretly judging my friends for getting abortions.

    私は何年も密かに友人を中絶させていると判断していました。

  • How could they destroy a life like that?

    よくもまあ、そんな人生を壊すことができたものだ。

  • I thought of them as selfish human beings who killed something that never stood a chance.

    私は、彼らを自分勝手な人間だと思っていました......何の見込みもないものを殺してしまった。

  • The view was great from that high ass horse.

    あの高ケツ馬からの眺めは最高でした。

  • But of course, when it happens to you, you go through the same reality check.

    でも、もちろん、自分の身に起こったときには、同じようにリアリティチェックをします。

  • Am I ready to be a mom? No.

    ママになる準備はできてる?まだよ

  • Is Dick ready to be a dad? No.

    ディックは父親になる準備ができてるの?いや

  • Do I have the financial means to support a child?

    子供を養うための経済的な手段はあるのでしょうか?

  • No, I can barely afford to feed my three cats.

    いや、3匹の猫を養うのがやっとだ。

  • I eventually came to the same conclusion as Dick.

    最終的にはディックと同じ結論に達した。

  • They told me I was only seven days pregnant.

    妊娠7日しかないと言われました。

  • The doctor was very impressed when I told him my clairvoyant nipples story.

    千里眼の乳首の話をしたら、先生が感動してくれました。

  • I am very impressed with your clairvoyant nipples story.

    千里眼の乳首の話には感心しました。

  • Thank you.

    ありがとうございます。

  • You're welcome.

    どういたしまして

  • And I was given an abortion pill.

    そして、中絶薬を処方されました。

  • What the doctor didn't tell me about the pill, is that it makes you nauseous.

    医者がピルについて教えてくれなかったのは、吐き気を催すということです。

  • [Sound of Anna throwing up]

    [アンナが吐く音]

  • It's okay, um, I'm pregnant.

    いいのよ 妊娠してるから

  • [Piano music, gasps]

    [Piano music, gasps]

  • I'll admit that I liked being thought of as pregnant.

    妊娠していると思われるのが好きだったのは認める。

  • It made me want to walk around with a pregnant belly and see how I would be treated.

    妊娠中のお腹を抱えて歩き回り、どのような対応をされるのか見てみたいと思わせてくれました。

  • All the doors that would be opened for me.

    私のために開かれるであろうすべてのドア。

  • Perhaps, people would even offer to buy me something to eat.

    もしかしたら、「何か食べたい」とおごってくれる人もいるかもしれません。

  • I imagined being nine months pregnant and raising a child.

    妊娠9ヶ月で子育てをしている姿を想像していました。

  • But, there was one thing I wanted in order to go down that path.

    でも、その道を行くためには、一つだけ欲しいものがありました。

  • Someone who truly loved me.

    本当に私を愛してくれた人

  • I knew then that I wanted to be a mom, but this wasn't the time.

    母親になりたいと思っていたが、今はその時ではなかった。

  • If I bring a child into the world,

    子供を連れてきたら

  • I want to be able to give him or her all of my love and attention.

    彼にも彼女にも、自分の愛情を全て注いであげられるようになりたいです。

  • I want to be in a relationship where the child is wanted.

    子供が欲しがるような関係になりたい。

  • [Water running]

    [Water Running]

  • I bled and cried and cramped for three hours.

    血を流して泣いて3時間痙攣しました。

  • I wondered if I was doing the right thing, if this was murder.

    これが殺人なのか、正しいことをしているのかと。

  • If I was a bad person.

    自分が悪者だったら

  • I vowed I would never go through that shit again.

    二度とあんなことはしないと誓ったんだ

  • The next time I got pregnant, it would be when I was ready.

    次に妊娠した時には、その時になっていたと思います。

  • [Anna sighs, bell sound]

    [アンナはため息をつく ベルの音]

  • [Message sound]

    [メッセージ音]

  • Baby, have you thought about how you want to pay me back for your half of the abortion?

    ベイビー、中絶した分をどうやって返すか考えてくれた?

  • I wish I could say that Dick and I broke up after this, but we didn't.

    この後、ディックと私は別れたと言いたいけど、別れなかった。

  • I still thought Dick was my spiritual soulmate;

    ディックは私の精神的なソウルメイトだと思っていた

  • that he was the only person who could possibly understand what I had been through, and vice versa.

    私が経験したことを理解できるのは彼だけだと思っていたし、その逆もまた然りだ。

  • I liked the way he smelled, and the color of his eyes, and that he took me to Buddhist meditation sessions.

    匂いや目の色も良かったし、仏教の瞑想会に連れて行ってくれたのも良かったです。

  • He's the reason I went on a week-long silent meditation retreat.

    彼のおかげで、私は一週間の沈黙の瞑想のリトリートに行ってきました。

  • I spent seven grueling days sitting with myself, walking with myself, and living with myself.

    自分で座って、自分で歩いて、自分で生きていく、そんな過酷な7日間を過ごしました。

  • On the last day of the retreat, we all had to go around and say one word that summed up our experience.

    リトリートの最終日には、みんなで一回りして、自分たちの経験をまとめた一言を言わなければなりませんでした。

  • Love.

    愛だよ

  • Whole.

    全体的に。

  • Discovery.

    ディスカバリー

  • Super-cali-fragilistic-expialidocious.

    スーパーカリフラギリスティックエクシアード。

  • [Laughter]

    [笑]

  • And it clicked.

    そして、クリックしました。

  • This is me,

    これが私です。

  • I'm a person who makes other people laugh.

    他人を笑わせる人です。

  • I felt peaceful, and I loved myself without shame, or neuroses, or arrogance.

    穏やかな気持ちになり、羞恥心もノイローゼも傲慢もなく自分を愛していました。

  • And when I was having the most revealing, vulnerable, self-loving moment of my life,

    そして、人生で一番自分をさらけ出して、傷つきやすく、自己愛に満ちた瞬間を過ごしていた時。

  • Dick was sticking his dick in someone else.

    ディックは誰かにペニスを突っ込んでいた。

  • So when he showed up at my door crying and begging for forgiveness,

    泣きながら許しを請いに来た時は

  • I finally thought, fuck this guy.

    やっとこさ、こいつはクソだと思った。

  • Out in the desert, I'd finally found some self-respect.

    砂漠の外でやっと自尊心を見つけた

  • And I haven't been pregnant since.

    それ以来、妊娠していません。

[Dripping tap, buzzing sound]

[ドリップタップ、ブザー音]

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ディック 中絶 乳首 子供 アンナ フェイス

避妊手術を受ける

  • 3699 465
    Howard Lin に公開 2018 年 03 月 20 日
動画の中の単語