Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • I'm here to give you

    翻訳: Yasushi Aoki 校正: Sawa Horibe

  • your recommended dietary allowance

    私は皆さんに 本日分の

  • of poetry.

    推奨摂取量の詩を

  • And the way I'm going to do that

    お届けに上がりました

  • is present to you

    その方法として

  • five animations

    私の5つの詩の

  • of five of my poems.

    アニメーションを

  • And let me just tell you a little bit of how that came about.

    お見せしようと思います

  • Because the mixing of those two media

    まずはその経緯を 少しお話ししましょう

  • is a sort of unnatural or unnecessary act.

    この2つのメディアを 組み合わせるのは

  • But when I was United States Poet Laureate --

    ある種不自然で 不必要な行為だからです

  • and I love saying that.

    私が米国桂冠詩人だったとき・・・

  • (Laughter)

    この響きが 何とも言えませんね

  • It's a great way to start sentences.

    (笑)

  • When I was him back then,

    話の出だしとして 申し分ないと思います

  • I was approached by J. Walter Thompson, the ad company,

    その桂冠詩人だったときに

  • and they were hired

    広告代理店の J・ウォルター・トンプソンが

  • sort of by the Sundance Channel.

    サンダンスチャンネルのための

  • And the idea was to have me record some of my poems

    企画を持ってきました

  • and then they would find animators

    私が詩を朗読し

  • to animate them.

    それにアニメーションを 付けるという

  • And I was initially resistant,

    コンセプトでした

  • because I always think

    最初私は抵抗を感じました

  • poetry can stand alone by itself.

    詩というのは 単独で成立するものだと

  • Attempts to put my poems to music

    いつも思っていたからです

  • have had disastrous results,

    私の詩に音楽を 付けようという試みは

  • in all cases.

    例外なく

  • And the poem, if it's written with the ear,

    ひどい結果に 終わっていました

  • already has been set to its own verbal music

    音を意識して 書かれた詩には

  • as it was composed.

    作る時点で既に

  • And surely, if you're reading a poem

    独自の言葉の音楽が 与えられています

  • that mentions a cow,

    それにまた 牛について

  • you don't need on the facing page

    書いた詩を読むとき

  • a drawing of a cow.

    向かいのページにまさか

  • I mean, let's let the reader do a little work.

    牛の絵は 必要ないでしよう

  • But I relented because it seemed like an interesting possibility,

    少しは読者に想像の余地を 残してあげないと

  • and also I'm like a total cartoon junkie

    それでも私が考えを変えたのは そこに興味深い可能性があったのと

  • since childhood.

    私自身が子ども時代以来の

  • I think more influential

    アニメ好きだったからです

  • than Emily Dickinson or Coleridge or Wordsworth

    私の想像力に 影響を与えたのは

  • on my imagination

    エミリー・ディキンソンや コールリッジや ワーズワースよりむしろ

  • were Warner Brothers, Merrie Melodies

    ワーナー・ブラザーズや

  • and Loony Tunes cartoons.

    メリー・メロディーズや ルーニー・テューンズだったのです

  • Bugs Bunny is my muse.

    バッグス・バニーが 私のインスピレーションの源です

  • And this way poetry could find its way onto television of all places.

    それにまた テレビに詩が 登場する道を開くことにもなります

  • And I'm pretty much all for poetry in public places --

    私は詩を公共の場に 出すことには大賛成です

  • poetry on buses, poetry on subways,

    バスで 地下鉄で 広告板で

  • on billboards, on cereal boxes.

    シリアルの箱で 詩を見るのです

  • When I was Poet Laureate, there I go again --

    私が桂冠詩人だったときのことですが・・・ また言ってしまいましたね

  • I can't help it, it's true --

    ついついや ってしまうんです・・・

  • (Laughter)

    (笑)

  • I created a poetry channel on Delta Airlines

    私はデルタ航空のための 詩の番組を作っていて

  • that lasted for a couple of years.

    それは2年ほど 続きました

  • So you could tune into poetry as you were flying.

    飛んでいる間 詩のチャンネルを 楽しめるわけです

  • And my sense is,

    私の感覚からするなら

  • it's a good thing to get poetry off the shelves

    詩を本棚から取り出して

  • and more into public life.

    日常の場面に配する というのは良いことです

  • Start a meeting with a poem. That would be an idea you might take with you.

    詩との出会いを作れます これは取り入れたいアイデアです

  • When you get a poem on a billboard or on the radio

    広告板やラジオ番組や シリアルの箱などに

  • or on a cereal box or whatever,

    詩が出てくれば

  • it happens to you so suddenly

    不意に接することになって

  • that you don't have time

    多くの人が 高校の時に身に付ける

  • to deploy your anti-poetry deflector shields

    対詩回避シールドを 展開する

  • that were installed in high school.

    間がありません

  • So let us start with the first one.

    それでは最初のを 見ることにしましょう

  • It's a little poem called "Budapest,"

    『ブダペスト』という題の 短い詩です

  • and in it I reveal,

    この中で私は 創作プロセスの

  • or pretend to reveal,

    秘密を明かすというか

  • the secrets of the creative process.

    明かすような ふりをしています

  • (Video) Narration: "Budapest."

    『ブダペスト』

  • My pen moves along the page

    私のペンはページの上を

  • like the snout of a strange animal

    奇妙な動物の鼻のように 動き回る

  • shaped like a human arm

    人の腕のような姿をし

  • and dressed in the sleeve

    ゆったりした 緑のセーターの

  • of a loose green sweater.

    袖を身に纏っている

  • I watch it sniffing the paper ceaselessly,

    それが紙の上を 休みなく嗅ぎまわり

  • intent as any forager

    今日の糧となる

  • that has nothing on its mind

    地虫や昆虫しか

  • but the grubs and insects

    頭にない狩人のように

  • that will allow it to live another day.

    一心な様子を 眺めている

  • It wants only to be here tomorrow,

    明日もここにいるのが 唯一の望み

  • dressed perhaps

    格子縞のシャツの袖でも

  • in the sleeve of a plaid shirt,

    纏えれば言うことはなく

  • nose pressed against the page,

    鼻を紙の上に押しつけ

  • writing a few more dutiful lines

    任務のように 線をさらに書きつける

  • while I gaze out the window

    その間私と言えば 窓の外を眺め

  • and imagine Budapest

    ブダペストや

  • or some other city

    その他の

  • where I have never been.

    行ったこともない 街のことを思っている

  • BC: So that makes it seem a little easier.

    少し簡単そうに 見せていますが

  • (Applause)

    (拍手)

  • Writing is not actually as easy as that for me.

    書くというのは 私にとって そこまで簡単ではありません

  • But I like to pretend that it comes with ease.

    でも簡単にできるように 見せたいのです

  • One of my students came up after class, an introductory class,

    入門的な詩の授業の後 学生がやってきて言ったんです

  • and she said, "You know, poetry is harder than writing,"

    「詩は文章より 難しいですよね」と

  • which I found both erroneous and profound.

    これは間違ってますが 鋭いものがあります

  • (Laughter)

    (笑)

  • So I like to at least pretend it just flows out.

    だから少なくとも ただ流れ出てくる かのように見せたいのです

  • A friend of mine has a slogan; he's another poet.

    詩人でもある友人が よく言うのは

  • He says that, "If at first you don't succeed,

    「最初うまくいかなかったら

  • hide all evidence you ever tried."

    試みた痕跡をみんな隠せ」 ということです

  • (Laughter)

    (笑)

  • The next poem is also rather short.

    次の詩も短いものです

  • Poetry just says a few things in different ways.

    詩というのはちょっとしたことを 違ったように言っているだけです

  • And I think you could boil this poem down to saying,

    この詩は煎じ詰めると 「クマを食べる身になることもあれば

  • "Some days you eat the bear, other days the bear eats you."

    クマに食べられる身になることもある」 ということです

  • And it uses the imagery

    そしてここでは

  • of dollhouse furniture.

    人形の家の家具のイメージを 使っています

  • (Video) Narration: "Some Days."

    『ある時には』

  • Some days

    ある時には

  • I put the people in their places at the table,

    私は人々をテーブルに付かせる

  • bend their legs at the knees,

    関節が曲げられるなら

  • if they come with that feature,

    彼らの脚を 膝のところで折り曲げ

  • and fix them into the tiny wooden chairs.

    小さな木の椅子に据える

  • All afternoon they face one another,

    午後の間中 顔を見合わせたまま

  • the man in the brown suit,

    茶色いスーツの男や

  • the woman in the blue dress --

    青いドレスの女が

  • perfectly motionless, perfectly behaved.

    身じろぎもせず 行儀良くしている

  • But other days I am the one

    別な時には

  • who is lifted up by the ribs

    私の方が 体をつまみ上げられ

  • then lowered into the dining room of a dollhouse

    人形の家の食堂に 下ろされて

  • to sit with the others at the long table.

    他の人たちと共に 長テーブルにつく

  • Very funny.

    まったくお笑いだ

  • But how would you like it

    しかしその日その日を

  • if you never knew from one day to the next

    どう過ごすことになるのか 分からなかったとしたら

  • if you were going to spend it

    どう思うだろうか?

  • striding around like a vivid god,

    肩が雲に達する 躍動的な神のように

  • your shoulders in the clouds,

    大股で歩き回って 過ごすことになるのか

  • or sitting down there

    それとも壁紙に 取り囲まれて

  • amidst the wallpaper

    席につき

  • staring straight ahead

    小さな作り物の顔で

  • with your little plastic face?

    正面を見つめて過ごすことになるのか 分からなかったとしたら?

  • (Applause)

    (拍手)

  • BC: There's a horror movie in there somewhere.

    これにはどこか恐怖映画のような 趣があります

  • The next poem is called forgetfulness,

    次の詩は『忘却』という作品で

  • and it's really just a kind of poetic essay

    記憶の低下を題材にした

  • on the subject of mental slippage.

    詩的なエッセイのようなものです

  • And the poem begins

    この詩は ある種の

  • with a certain species of forgetfulness

    忘却性ではじまります

  • that someone called

    文芸的健忘と

  • literary amnesia,

    呼ぶ人もいますが

  • in other words, forgetting the things that you have read.

    つまりは 読んだことを 忘れるということです

  • (Video) Narration: "Forgetfulness."

    『忘却』

  • The name of the author is the first to go,

    最初に失われるのが 著者の名前で

  • followed obediently

    それに続いて いつの間にか

  • by the title, the plot,

    書名 筋書き

  • the heartbreaking conclusion,

    悲痛な結末

  • the entire novel,

    小説の全体が消え

  • which suddenly becomes one you have never read,

    突然 読んだことが ないものになり

  • never even heard of.

    聞いたことも ないものになる

  • It is as if, one by one,

    かつては宿していた

  • the memories you used to harbor

    記憶が1つひとつ

  • decided to retire to the southern hemisphere of the brain

    南脳半球にある

  • to a little fishing village

    電話も通じない 小さな漁村へと

  • where there are no phones.

    引っ込むことに 決めたかのようだ

  • Long ago,

    だいぶ以前に

  • you kissed the names of the nine muses good-bye

    9人のミューズの名前に お別れのキスをし

  • and you watched the quadratic equation

    二次方程式が荷物を

  • pack its bag.

    まとめるのを見た

  • And even now,

    今でさえ

  • as you memorize the order of the planets,

    惑星の順番を 覚えるはなから

  • something else is slipping away,

    別なものが 抜け落ちていく

  • a state flower perhaps,

    州の花だったり

  • the address of an uncle,

    叔父の住所や

  • the capital of Paraguay.

    パラグアイの首都

  • Whatever it is

    思い出そうと

  • you are struggling to remember,

    あがいているものが 何であれ

  • it is not poised on the tip of your tongue,

    喉に出かかるどころか

  • not even lurking

    脾臓の

  • in some obscure corner

    目立たない片隅に

  • of your spleen.

    隠れてさえいない

  • It has floated away

    神話上の暗い川に乗って

  • down a dark mythological river

    流れていって しまったのだ

  • whose name begins with an L

    その川の名前は 覚えている限りでは

  • as far as you can recall,

    Lで始まるのだが