Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • The things we make

    翻訳: Takahito Sugeno 校正: Akira Kan

  • have one supreme quality --

    人が創る もの には

  • they live longer than us.

    ある優れた特性があります

  • We perish, they survive;

    もの は人より長生きします

  • we have one life, they have many lives,

    人は死んでも もの は生き延びる

  • and in each life they can mean different things.

    人の命はひとつですが  もの にはたくさんの命があります

  • Which means that, while we all have one biography,

    そして それぞれに違う意味があります

  • they have many.

    つまり 人の伝記は みんなひとつですが

  • I want this morning to talk

    もの にはたくさんあります

  • about the story, the biography -- or rather the biographies --

    私が今日 お話しする

  • of one particular object,

    物語 伝記は

  • one remarkable thing.

    特異な運命をたどり続ける

  • It doesn't, I agree,

    ある もの についてです

  • look very much.

    見た目は

  • It's about the size of a rugby ball.

    たいしたものではありません

  • It's made of clay,

    ラグビーボールくらいの大きさで

  • and it's been fashioned

    粘土でできています

  • into a cylinder shape,

    円筒型に

  • covered with close writing

    成形されています

  • and then baked dry in the sun.

    びっしりと文章が書かれ

  • And as you can see,

    日干しされました

  • it's been knocked about a bit,

    見てのとおり

  • which is not surprising

    少し欠けています

  • because it was made two and a half thousand years ago

    2500 年前に作られたのですから

  • and was dug up

    驚くことではありません

  • in 1879.

    発掘されたのは

  • But today,

    1879年です

  • this thing is, I believe,

    この物体は

  • a major player

    中東の政治を

  • in the politics of the Middle East.

    動かす

  • And it's an object

    力を秘めています

  • with fascinating stories

    魅力的で

  • and stories that are by no means over yet.

    まだ終わりがない

  • The story begins

    物語に包まれています

  • in the Iran-Iraq war

    物語のはじまりは

  • and that series of events

    イラン・イラク戦争と

  • that culminated

    その一連の出来事により

  • in the invasion of Iraq

    外国の勢力が

  • by foreign forces,

    イラクに侵攻し

  • the removal of a despotic ruler

    独裁者が排除され

  • and instant regime change.

    政権があっという間に

  • And I want to begin

    交代したことです

  • with one episode from that sequence of events

    物語は

  • that most of you would be very familiar with,

    皆様がよくご存じの

  • Belshazzar's feast --

    ベルシャザルの饗宴

  • because we're talking about the Iran-Iraq war

    にも関係あります

  • of 539 BC.

    実は このイラン・イラク戦争は

  • And the parallels

    紀元前539年に勃発しました

  • between the events

    紀元前539年と2003年

  • of 539 BC and 2003 and in between

    そしてその間の出来事には

  • are startling.

    驚くべき

  • What you're looking at is Rembrandt's painting,

    共通点があります

  • now in the National Gallery in London,

    これはレンブラントの作品です

  • illustrating the text from the prophet Daniel

    ロンドン ナショナル・ギャラリー所蔵です

  • in the Hebrew scriptures.

    ヘブライ語聖書 ダニエル書の一節が

  • And you all know roughly the story.

    描かれています

  • Belshazzar, the son of Nebuchadnezzar,

    物語は ご存知のとおり

  • Nebuchadnezzar who'd conquered Israel, sacked Jerusalem

    ネブカドネザル2世の息子 ベルシャザル

  • and captured the people

    ネブカドネザル2世が  イスラエルを征服し

  • and taken the Jews back to Babylon.

    エルサレムを破壊し

  • Not only the Jews, he'd taken the temple vessels.

    バビロン捕囚を断行しました

  • He'd ransacked, desecrated the temple.

    神殿から神聖な器を持ち出しました

  • And the great gold vessels of the temple in Jerusalem

    神殿を荒らし汚しました

  • had been taken to Babylon.

    そしてエルサレム神殿からは黄金の器を

  • Belshazzar, his son,

    バビロンに持ち帰りました

  • decides to have a feast.

    彼の息子ベルシャザルは

  • And in order to make it even more exciting,

    宴を開きました

  • he added a bit of sacrilege to the rest of the fun,

    そして宴を一層面白くするために

  • and he brings out the temple vessels.

    ちょっとした冒とくに走ろうと

  • He's already at war with the Iranians,

    神聖な器を持出してきました

  • with the king of Persia.

    彼は既に イラン人 ペルシャ王と

  • And that night, Daniel tells us,

    戦争中でした

  • at the height of the festivities

    その夜 ダニエルが預言します

  • a hand appeared and wrote on the wall,

    宴が盛り上るさなか

  • "You are weighed in the balance and found wanting,

    手が現れて 壁に書込みます

  • and your kingdom is handed over

    "おまえは天秤にかけられ 失格者となった

  • to the Medes and the Persians."

    おまえの王国は メディア人と

  • And that very night

    ペルシャ人に 征服される"

  • Cyrus, king of the Persians, entered Babylon

    そして まさにその夜

  • and the whole regime of Belshazzar fell.

    ペルシャ王キュロスが バビロンに侵攻し

  • It is, of course, a great moment

    ベルシャザル体制は崩壊するのです

  • in the history

    ユダヤ人の歴史において

  • of the Jewish people.

    きわめて重要な

  • It's a great story. It's story we all know.

    出来事です

  • "The writing on the wall"

    偉大な物語 ご存知のとおりです

  • is part of our everyday language.

    "不吉な前兆" は

  • What happened next

    慣用句になりました

  • was remarkable,

    次に起きたことは

  • and it's where our cylinder

    驚くべきことです

  • enters the story.

    この円筒印章が

  • Cyrus, king of the Persians,

    物語に登場します

  • has entered Babylon without a fight --

    ペルシャ王キュロスが

  • the great empire of Babylon,

    戦わずしてバビロン入城し

  • which ran from central southern Iraq

    巨大なバビロン帝国 ―

  • to the Mediterranean,

    イラク中南部から

  • falls to Cyrus.

    地中海まで至った ―

  • And Cyrus makes a declaration.

    が陥落したのです

  • And that is what this cylinder is,

    キュロスは宣言します

  • the declaration made by the ruler guided by God

    それがこの円筒印章です

  • who had toppled the Iraqi despot

    神に導かれた統治者の宣言は

  • and was going to bring freedom to the people.

    イラクの専制君主を倒し

  • In ringing Babylonian --

    人々に自由をもたらしました

  • it was written in Babylonian --

    バビロニア人あて

  • he says, "I am Cyrus, king of all the universe,

    バビロニア語で宣言しました

  • the great king, the powerful king,

    "余はキュロス 全宇宙の王

  • king of Babylon, king of the four quarters of the world."

    偉大な王 強大な王

  • They're not shy of hyperbole as you can see.

    バビロンの王 世界四方の王だ"

  • This is probably

    まさに誇大広告そのものです

  • the first real press release

    これはおそらく

  • by a victorious army

    現存する 最古の

  • that we've got.

    勝利軍発

  • And it's written, as we'll see in due course,

    プレス・リリースでしょう

  • by very skilled P.R. consultants.

    この後 見ていきますが

  • So the hyperbole is not actually surprising.

    専門の広報担当が書きました

  • And what is the great king, the powerful king,

    誇張表現は驚くことではありません

  • the king of the four quarters of the world going to do?

    いったい 偉大で強大な

  • He goes on to say that, having conquered Babylon,

    世界四方の王は 何をするというのでしょう

  • he will at once let all the peoples

    バビロンを征服した 王は続けます

  • that the Babylonians -- Nebuchadnezzar and Belshazzar --

    ネブカドネザルと  ベルシャザルに

  • have captured and enslaved

    捕えられ奴隷となった 全てのバビロニア人を

  • go free.

    すぐに解放すると

  • He'll let them return to their countries.

    宣言しました

  • And more important,

    人々は祖国に帰ることが許され

  • he will let them all recover

    さらに重要なことに

  • the gods, the statues,

    没収された

  • the temple vessels

    神々 像

  • that had been confiscated.

    神聖な器

  • All the peoples that the Babylonians had repressed and removed

    を人々に返しました

  • will go home,

    抑圧され 連行されたすべての民族は

  • and they'll take with them their gods.

    神々と共に

  • And they'll be able to restore their altars

    帰郷するのです

  • and to worship their gods

    人々は祭壇を修復し

  • in their own way, in their own place.

    各々の方法

  • This is the decree,

    各々の場所で 神々を崇拝できるのです

  • this object is the evidence

    これが布告であり

  • for the fact that the Jews,

    この物体が その証拠です

  • after the exile in Babylon,

    ユダヤ人がバビロンに

  • the years they'd spent sitting by the waters of Babylon,

    追放された後

  • weeping when they remembered Jerusalem,

    何年もの間バビロンの水辺で

  • those Jews were allowed to go home.

    エルサレムを思い出しては涙したのが

  • They were allowed to return to Jerusalem

    ついに帰還できることになったのです

  • and to rebuild the temple.

    彼らはエルサレムに戻り

  • It's a central document

    神殿を再建するのです

  • in Jewish history.

    ユダヤ人の歴史上

  • And the Book of Chronicles, the Book of Ezra in the Hebrew scriptures

    中核をなす文献です

  • reported in ringing terms.

    ヘブライ語聖書 エズラ書 歴代志 にも

  • This is the Jewish version

    明確に同様の記述があります

  • of the same story.

    ユダヤ教版では

  • "Thus said Cyrus, king of Persia,

    次のとおりです

  • 'All the kingdoms of the earth have the Lord God of heaven given thee,

    "ペルシャ王キュロス曰く

  • and he has charged me

    「天の神 主は地上の国々をことごとく 私にくださって

  • to build him a house in Jerusalem.

    主の宮をユダにあるエルサレムに

  • Who is there among you of his people?

    建てることを私に命じられた

  • The Lord God be with him,

    あなたがたのうち その民である者は誰だ

  • and let him go up.'"

    彼はエルサレムにいます神である

  • "Go up" -- aaleh.

    エルサレムに向かわせよ」'

  • The central element, still,

    「向かわせよ」

  • of the notion of return,

    帰郷という

  • a central part

    中心的テーマは

  • of the life of Judaism.

    ユダヤ教の

  • As you all know, that return from exile,

    本質をなしています

  • the second temple,

    ご存知のとおり 捕囚からの帰還

  • reshaped Judaism.

    第二神殿の時期

  • And that change,

    ユダヤ教は大きく発展しました

  • that great historic moment,

    この変化

  • was made possible by Cyrus, the king of Persia,

    大きな歴史的瞬間こそ

  • reported for us in Hebrew in scripture

    ペルシャ王キュロスがもたらした と

  • and in Babylonian in clay.

    ヘブライ語聖書 および

  • Two great texts,

    円筒印章のバビロニア語が示しています

  • what about the politics?

    まさにふたつの偉大な文言

  • What was going on

    では 政治はどうだったのでしょう

  • was the fundamental shift in Middle Eastern history.

    起こっていたのは

  • The empire of Iran, the Medes and the Persians,

    中東史における重大な変化です

  • united under Cyrus,

    キュロス配下 メディア人とペルシャ人が結託した

  • became the first great world empire.

    イラン王国は

  • Cyrus begins in the 530s BC.

    世界初の巨大帝国になりました

  • And by the time of his son Darius,

    キュロスが紀元前530年に興し

  • the whole of the eastern Mediterranean

    息子 ダリウス1世に至るまで

  • is under Persian control.

    地中海東岸全体は

  • This empire is, in fact,

    ペルシャ人支配下におかれました

  • the Middle East as we now know it,

    この帝国は 今日

  • and it's what shapes the Middle East as we now know it.

    我々が認識する中東であり

  • It was the largest empire the world had known until then.

    我々が認識する中東を形作る原型なのです

  • Much more important,

    ペルシャは当時 世界最大の帝国でした

  • it was the first

    さらに重要なことに

  • multicultural, multifaith state

    ペルシャは初の

  • on a huge scale.

    多文化 多宗教の

  • And it had to be run in a quite new way.

    大規模国家でした

  • It had to be run in different languages.

    全く新しい行政が施行されました

  • The fact that this decree is in Babylonian says one thing.

    しかも異なる言語で

  • And it had to recognize their different habits,

    バビロニア語の布告が示すのは

  • different peoples, different religions, different faiths.

    異なる習慣 異なる民族

  • All of those are respected by Cyrus.

    異なる宗教 異なる信仰 を容認するということです

  • Cyrus sets up a model

    キュロスはそれらを尊重し

  • of how you run

    モデルを構築したのです ―

  • a great multinational, multifaith, multicultural society.

    いかに大規模な

  • And the result of that

    多民族 多宗教 多文化の社会をまとめるか

  • was an empire that included the areas you see on the screen,

    そして その結果は

  • and which survived for 200 years of stability

    ご覧のとおりの 領土を持つ帝国であり

  • until it was shattered by Alexander.

    200年間余りの安定を築きました

  • It left a dream of the Middle East as a unit,

    アレキサンダーに破壊されるまで

  • and a unit where people of different faiths

    中東が一体化できるという夢 ―

  • could live together.

    異なる信仰をもつ人々が一緒に暮らせる共同体

  • The Greek invasions ended that.

    を実現したのです

  • And of course, Alexander couldn't sustain a government

    ギリシャの侵略が終わりを告げました

  • and it fragmented.

    もちろんアレキサンダーは政府を維持できず

  • But what Cyrus represented

    帝国は崩壊します

  • remained absolutely central.

    しかしキュロスが描いたことは

  • The Greek historian Xenophon

    中核として残りました

  • wrote his book "Cyropaedia"

    ギリシャ人の歴史家 クセノフォンが

  • promoting Cyrus as the great ruler.

    『キュロスの教育』で

  • And throughout European culture afterward,

    キュロスを偉大な統治者と述べました

  • Cyrus remained the model.

    それ以降のヨーロッパ文化を通して

  • This is a 16th century image

    キュロスは模範であり続けました。

  • to show you how widespread

    これは16世紀の絵です

  • his veneration actually was.

    彼への畏敬の念が

  • And Xenophon's book on Cyrus

    いかに深いか わかります

  • on how you ran a diverse society

    クセノフォンが記述した キュロスの

  • was one of the great textbooks

    多様社会のまとめる手法は

  • that inspired the Founding Fathers

    素晴らしい教科書として

  • of the American Revolution.

    アメリカ革命の建国の父たちを

  • Jefferson was a great admirer --

    触発したのです

  • the ideals of Cyrus

    ジェファソンは キュロスを

  • obviously speaking to those 18th century ideals

    熱心に信奉しました

  • of how you create religious tolerance

    18世紀の理想として 新しい国家において

  • in a new state.

    いかにして宗教的寛容を生み出すか

  • Meanwhile, back in Babylon,

    述べています

  • things had not been going well.

    一方 バビロンに話を戻すと

  • After Alexander, the other empires,

    物事はうまく進んでいませんでした

  • Babylon declines, falls into ruins,

    アレキサンダー以後 他の帝国も

  • and all the traces of the great Babylonian empire are lost --

    バビロンも衰退し  破滅に向かいました

  • until 1879

    そして 大バビロン帝国の全ての 軌跡は失われつつありました ―

  • when the cylinder is discovered

    ところが 1879年

  • by a British Museum exhibition digging in Babylon.

    大英博物館 バビロン調査隊が

  • And it enters now another story.

    円筒印章を発見するのです

  • It enters that great debate

    そして 次の物語が始まります

  • in the middle of the 19th century:

    19世紀半ばになると円筒印章は

  • Are the scriptures reliable? Can we trust them?

    大きな論争の的になりました

  • We only knew

    その聖典は信頼できるのか  信じてもよいのか

  • about the return of the Jews and the decree of Cyrus

    当時

  • from the Hebrew scriptures.

    ユダヤ人の帰還とキュロスの布告を記述したのは

  • No other evidence.

    ヘブライ語聖書だけでした

  • Suddenly, this appeared.

    他に証拠はありません

  • And great excitement

    突然 これが現れたのです

  • to a world where those who believed in the scriptures

    聖書を信じる者にとっては

  • had had their faith in creation shaken

    進化論と地質学の台頭により

  • by evolution, by geology,

    創造への信頼が揺らいでいた最中に

  • here was evidence

    発見された 円筒印章は

  • that the scriptures were historically true.

    聖書が

  • It's a great 19th century moment.

    歴史的に正しいという証拠になりました

  • But -- and this, of course, is where it becomes complicated --

    19世紀の決定的出来事です

  • the facts were true,

    しかし 当然のように複雑な問題が発生します

  • hurrah for archeology,

    史実は正しく

  • but the interpretation was rather more complicated.

    考古学にとっては万歳です

  • Because the cylinder account and the Hebrew Bible account

    しかし その解釈はかなり複雑でした

  • differ in one key respect.

    円筒印章とヘブライ語聖書の記述には

  • The Babylonian cylinder

    ひとつ大きな違いがあったのです