Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Basking sharks are awesome creatures.

    翻訳: Maiko Nishi 校正: Masaki Yanagishita

  • They are just magnificent.

    ウバザメは素晴らしい生き物です ただただ素晴らしいです

  • They grow 10 meters long; some say bigger.

    ウバザメは10メートルにも成長します

  • They might weigh up to two tons.

    もっと大きくなるという人もいます

  • Some say up to five tons.

    そして最大で2トンにまでなります

  • They're the second-largest fish in the world.

    5トンにまでなるという人もいますけどね

  • They're also harmless plankton-feeding animals.

    世界で2番目に大きい魚です

  • And they are thought to be able to filter a cubic kilometer of water every hour

    ウバザメはプランクトンを食べる害のない動物です

  • and can feed on 30 kilos of zoo plankton a day to survive.

    そしてウバザメは毎時1キロ立方メートルの水を

  • They're fantastic creatures.

    ろ過することができると考えられています

  • We're very lucky in Ireland,

    一日30キロの動物プランクトンを食べます

  • we have plenty of basking sharks and plenty of opportunities to study them.

    ウバザメは本当に素晴らしいのです

  • They were very important to coastal communities,

    アイルランドでは幸運なことに たくさんのウバザメが生息していて

  • going back hundreds of years,

    それらを研究する多くの機会があります

  • especially around the Claddaghduff, Connemara region

    また何百年も前から 沿岸地域の住民にとって

  • where subsistence farmers used to sail out on their hookers and open boats,

    重要な魚でした

  • sometimes way offshore to a place called the Sunfish Bank,

    特にクラダ、ダフ、コンネマラの 沿岸では

  • about 30 miles west of Achill Island,

    自給農民が 帆船や無甲版船で

  • to kill the basking sharks.

    沖合や 時にはアキル島の30マイル西にある

  • This is a woodcut from about the 1800s.

    サンフィッシュバンクと呼ばれる場所まで

  • They were very important, for the oil out of their liver.

    ウバザメ漁に出かけており

  • A third of the basking shark's size is their liver,

    とても大切なものでした

  • and it's full of oil, gallons of oil.

    これは1700年代1800年代の古い木版画です

  • That oil was used especially for lighting,

    ウバザメはとても大切でした 肝臓から油が取れたからです

  • but also for dressing wounds and other things.

    体の1/3は油がたっぷりつまった肝臓で

  • In fact, the streetlights in 1742,

    肝臓から何ガロンもの油が得られます

  • of Galway, Dublin and Waterford,

    その油は主に照明のために使われましたが

  • were lit with sunfish oil.

    傷の手当やそのほかの目的にも使われました

  • "Sunfish" is one of the words for basking sharks.

    実際 1742年の

  • So they were incredibly important animals.

    ゴールウェイ、ダブリン、ウォーターフォードの街灯は

  • They've been around a long time, very important to coastal communities.

    サンフィッシュの油で灯されていました

  • Probably the best-documented basking shark fishery in the world

    サンフィッシュというのはウバザメを示す単語の1つです

  • is that from Achill Island.

    つまりウバザメは本当に大切な動物だったのです

  • This is Keem Bay up in Achill Island.

    ウバザメは長い間重宝されてきて 沿岸地域のコミュニティーには欠かせない存在でした

  • Sharks used to come into the bay,

    おそらく世界中で最もよく記録されているウバザメ漁は

  • and the fishermen would tie a net off the headland,

    アキル島のものでしょう

  • string it out, an old Manila net,

    これはアキル島にあるキーム湾です

  • and as the shark came round, it would hit the net,

    サメは以前この湾の中まで来ていました

  • the net would collapse on it.

    漁師は岬に網を張って

  • It would often drown and suffocate.

    他の網に沿うように引き伸ばしました

  • Or at times, they would row out in their small curraghs

    サメは近くにやってくると網にぶつかり 網がサメの上にかぶさります

  • and kill it with a lance through the back of the neck.

    するとサメは溺れるか窒息死します

  • And then they'd tow the sharks back to Purteen Harbour,

    時に漁師は小さなカラックで漕ぎ出し

  • boil them up, use the oil.

    ウバザメを首の後ろを槍でついて殺します

  • They also used the flesh as well, for fertilizer

    そして網で引いてサメをパーティーン港まで持ち帰り

  • and also would fin the sharks.

    煮出して油を使うのです

  • This is probably the biggest threat to sharks worldwide --

    ウバザメの身は

  • the finning of sharks.

    飼料として使い ヒレも利用されました

  • We're often frightened of sharks, thanks to "Jaws."

    世界中のサメにとって最大の脅威は

  • Maybe five or six people get killed by sharks every year.

    フカヒレにされることです

  • There was someone recently, wasn't there? Just a couple weeks ago.

    私たちはしばしば「ジョーズ」の影響でサメを恐れます

  • We kill about 100 million sharks a year.

    おそらく毎年5-6人が

  • So I don't know what the balance is,

    サメに殺されています

  • but I think sharks have more right to be fearful of us than we have of them.

    最近も誰かが殺されましたよね ほんの数週間前のことです

  • It was a well-documented fishery.

    人間は年間1億頭ものサメを殺します

  • As you can see here, it peaked in the '50s,

    ですから 私にはそのつり合いがわかりません

  • where they were killing 1,500 sharks a year.

    人間がサメを恐れるよりも サメが人間を恐れていると思うのです

  • And it declined very fast -- a classic boom-and-bust fishery,

    その漁場の良い記録が残っています

  • which suggests that a stock has been depleted

    みなさんがご覧になっている通り 1950年代にピークを迎え

  • or there's low reproductive rates.

    年間1500頭のサメを漁獲していました

  • They killed about 12,000 sharks within this period,

    その後急速に衰えました 典型的な乱獲で

  • literally just by stringing a Manila rope

    ストックを枯渇させたか

  • off the tip of Keem Bay up in Achill Island.

    繁殖のペースが低かったのでしょう

  • Sharks were still killed up into the mid-80s,

    漁師たちはこの期間に

  • especially out of places like Dunmore East in County Waterford.

    アキル島のキーム湾の突端部に

  • About two and a half, 3,000 sharks were killed up till '85,

    麻のロープを張って

  • mainly by Norwegian vessels.

    12000頭のサメを漁獲したのです

  • You can't really see,

    サメは1980年代の中ごろ

  • but these are Norwegian basking shark hunting vessels.

    特にウォーターフォード州の東ダンモアで獲れました

  • The black line in the crow's nest signifies this is a shark vessel,

    そして2500から3000頭のサメが1985年までに

  • rather than a whaling vessel.

    多くはノルウェー船によって殺されました

  • The importance of basking sharks to the coast communities

    よく見えないですが ウバザメ漁のノルウェー船です

  • is recognized through the language.

    見張り座にある黒いロープは

  • I don't pretend to [know many Irish words],

    この船がクジラ漁のためではなく

  • but in Kerry they were often known as "ainmhide Na seolta,"

    サメ漁のためであることを示しています

  • "the monster with the sails."

    沿岸地域のコミュニティーにとってのウバザメの大切さは

  • Another title would be "liop anlapa,"

    言語を通してもうかがえます

  • "the unwieldy beast with two fins."

    私はアイルランド語をあまりよく話せません

  • "Liabhán mór," suggesting a big animal.

    ケリー語でウバザメは”Ainmhide na seolta""

  • Or my favorite, "liabhán chor gréine," "the great fish of the sun."

    「羽の生えた怪物」として知られています

  • That's a lovely, evocative name.

    また ""Liop an da lapa""

  • On Tory Island -- a strange place anyway -- they were known as "muldoons."

    「2枚のヒレを持つ重く大きな動物」とも呼ばれます

  • (Laughter)

    ""Liabhan mor""は「大きな動物」という意味です

  • No one seems to know why.

    私の好きな ""Liabhan chor greine""は

  • Hope there's no one from Tory here. Lovely place.

    「偉大なる太陽の魚」を意味します

  • But more commonly all around the island, they were known as the sunfish.

    素晴らしくて印象深い名前でしょう

  • And this represents their habit of basking on the surface

    トーリー島はとても変わった場所で 「マルドゥーン」と呼びます

  • when the sun is out.

    誰もその理由は知りませんが

  • There's great concern that basking sharks are depleted

    この場にトーリー島出身の方がいないことを願います トーリー島は素晴らしいところです

  • all throughout the world.

    しかしそれ以上に島全体で

  • Some say it's not population decline,

    「太陽魚」として知られています

  • it might be a change in the distribution of plankton.

    というのも 日が上ると日向ぼっこをするという習性によるものでしょう

  • It's been suggested

    ウバザメが世界中で激減してしまったのではないかと

  • that these sharks would make fantastic indicators of climate change,

    心配されています

  • as they're basically continuous plankton recorders,

    ウバザメの数は減少していないと言う人もいます

  • swimming around with their mouth open.

    単にプランクトンの分布の変化なのかもしれません

  • They're now listed as vulnerable under the IUCN.

    ウバザメは気候変動の 素晴らしい指標になるかもしれないと

  • There's movements in Europe to try and stop catching them.

    言われています

  • There's now a ban on catching and even landing them,

    なぜならウバザメは口を開けたまま泳ぎ回る

  • even landing ones caught accidentally.

    継続的なプランクトン記録装置だからです

  • They're not protected in Ireland;

    現在ウバザメはIUCNで絶滅危惧種とされています

  • in fact, they have no legislative status in Ireland whatsoever,

    ヨーロッパでは ウバザメの捕獲をやめようとする動きもあります

  • despite our importance for the species

    ウバザメを捕獲することや 水揚げは禁止されており

  • and also the historical context within which basking sharks reside.

    偶然捕まったウバザメでさえ水揚げできません

  • We know very little about them.

    アイルランドではウバザメは保護されていません

  • And most of what we do know

    実際アイルランドでは 大変重要な種で

  • is based on their habit of coming to the surface --

    歴史的に見ても ウバザメとの関わりがあるのに

  • we try and guess what they're doing from their behavior on the surface.

    法的規制が一切ありません

  • I only found out last year, at a conference on the Isle of Man,

    私たちはウバザメについてほとんど知らないのです

  • just how unusual it is to live somewhere

    私たちが知っているのは

  • where basking sharks regularly, frequently and predictably

    ウバザメは水面に上がってくるということくらいのものです

  • come to the surface to "bask."

    そして私たちはその水面に上がってくるという習性から

  • It's a fantastic opportunity for a scientist

    ウバザメが何をしているのかを推測するのです

  • to see and experience basking sharks.

    マン島で開かれた会議で 昨年はじめて気付きました

  • They are awesome creatures.

    ウバザメが定期的に頻繁にそして予想通りに

  • It gives us a fantastic opportunity to study them, to get access to them.

    水面へ日光浴をしに上がってくる地域に 暮らすことは

  • What we've been doing for a couple years -- last year was a big year --

    いかに素晴らしいことでしょうか

  • is we started tagging sharks,

    ウバザメを見て研究することができるというのが

  • so we could try to get some idea of sight fidelity and movement

    科学の分野で見ても素晴らしい機会であり

  • and things like that.

    ウバザメは驚くべき生物なのです

  • So we concentrated mainly in North Donegal and West Kerry

    ウバザメがいる環境は ウバザメを研究する素晴らしい機会を与えてくれます

  • as the two areas where I was mainly active.

    私たちがこの数年やっていて 昨年特に大きな変化があったのは

  • And we tagged them very simply, not very high-tech,

    サメにタグをつけて

  • with a big, long pole.

    サメの視覚や動きなどについての情報を

  • This is a beachcaster rod with a tag on the end.

    得たことでした

  • You go up in your boat and tag the shark.

    私たちは

  • And we were very effective.

    私が主に活動していた

  • We tagged 105 sharks last summer.

    北ドネガルと西ケリーの2つの地域に集中しました

  • We got 50 in three days off Inishowen Peninsula.

    ハイテクなものは使わずに

  • Half the challenge to get access

    とてもシンプルに太くて長い棒でタグを付けました

  • is to be in the right place at the right time.

    これは先端にタグが付いた

  • But it's a very simple, easy technique; I'll show you what it looks like.

    釣竿のようなものです

  • We use a pole camera on the boat to actually film the shark.

    ボートの上からサメにタグをつけます

  • One, it's to try and work out the gender of the shark.

    これは大変に効果的でした

  • We also deployed some satellite tags, so we did use high-tech stuff as well.

    私たちは去年の夏105頭のサメにタグをつけ

  • These are archival tags.

    イニショーエン半島の沖では

  • What they do is store the data.

    3日間に50頭のサメをタグ付けしました

  • A satellite tag only works when the air is clear of the water

    問題は接近すること 正しい時と場所にいるということでした

  • and can send a signal to the satellite.

    しかしこれはとても単純で簡単でした

  • And sharks and fish are underwater most of the time,

    それがどんなものだったか皆さんにお見せしましょう

  • so this tag actually works out the locations of shark,

    実際にサメを録画するために

  • depending on the timing and the setting of the sun,

    棒に付けたカメラをボートの上から使いました

  • plus water temperature and depth.

    1人がサメの性別を見極めました

  • And you have to kind of reconstruct the path.

    いくつかの ハイテクの人工衛星タグも使いました

  • What happens is,

    これがそのタグです

  • you set the tag to detach from the shark after a fixed period --

    タグからのデータを保存します

  • in this case, eight months --

    人工衛星タグは雲や降水がなく

  • and literally to the day, the tag popped off,

    シグナルが人工衛星に送れる時だけ機能します

  • drifted up, said hello to the satellite

    そしてもちろん サメ や魚はほとんどの時間水面下にいます

  • and sent, not all the data, but enough data for us to use.

    つまりこのタグはサメのいる場所

  • This is the only way to really work out their behavior and movements

    タイミングと太陽の位置

  • when they're underwater.

    さらに水温と水深も記録しました

  • And here's a couple of maps that we've done.

    そこから経路を再構成すればよいのです

  • In that one, you can see that we tagged both off Kerry.

    何が起きるのかというと タグを一定の期間が経つとサメから外れるようにします

  • Basically, it spent all its time, the last eight months, in Irish waters.

    その期間とは8か月でした

  • On Christmas, it was out on the shelf edge.

    タグが外れ漂着し人工衛星と通信し

  • Here's one we haven't ground-truthed yet

    全てのデータではありませんが 私たちにとって十分なデータを送ります

  • with sea-surface temperature and water depth,

    ウバザメが水面下にいるときの行動と生態を知るための

  • but again, the second shark spent most of its time

    唯一の方法でした

  • in and around the Irish Sea.

    ここに私たちが行ったいくつかの地図があります

  • Colleagues from the Isle of Man last year actually tagged one shark

    この地図で私たちがケリー沖でタグ付けをしたことが お分かりいただけます

  • that went from the Isle of Man to Nova Scotia in about 90 days.

    8か月間アイルランドの海で過ごしていました

  • Nine and a half thousand kilometers -- we never thought that happened.

    クリスマスの日には大陸棚の外側でした

  • Another colleague in the States tagged about 20 sharks off Massachusetts.

    こちらはまだ私たちが海水面の温度と水深とをあわせた

  • His tags didn't really work.

    現地調査を行っていないものです

  • All he knows is where he tagged them,

    もう一頭のサメもほとんどの時間を

  • and where they popped off.

    アイルランドの海の中あるいはその周辺で過ごしました

  • His tags popped off in the Caribbean,

    去年マン島にいる同僚が

  • and even in Brazil.

    タグ付けしたサメは マン島からノバスコシアまで