Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • The moment I say "school,"

    翻訳: Sawako Higuchi 校正: Misaki Sato

  • so many memories come back to me.

    「学校」と言った瞬間に

  • It's like after every exam, when I walk out,

    様々な思い出が蘇ってきます

  • the teacher would say, "Hey, come.

    試験の後で教室から出ると

  • How did you do?"

    いつも先生が「ちょっとお前

  • I would say with a great smile, "I will definitely pass."

    試験はどうだった?」って聞くんです

  • And I didn't understand why,

    満面の笑みで「ばっちりです」と答えました

  • in one hand they say, "Speak the truth,"

    でも私はどうして

  • in the other hand, when you say the truth, they hated you.

    人は「真実を言え」と言いながら

  • So it went on like that,

    本当の事を言うと嫌がるのか 理解できませんでした

  • and I didn't know where else to find myself.

    学校生活はこうやって過ぎていきましたが

  • So I remember those nights

    その生活にも馴染むことができずにいました

  • I used to go to sleep

    それでよく夜になると

  • with asking help from [the] Unknown

    眠りにつくまで

  • because, for some reason,

    未知の存在に助けを求めました

  • I couldn't believe what my father and mother

    それはどういう訳か

  • hanged in the Puja room as a god,

    両親が祭壇に祭っていた神様を

  • because my friend's family

    信じることができなかったからです

  • had something else as a god.

    もちろん 友達の家では違う神様を

  • So I thought, "I guess I'll pray to [the] Unknown

    祭っていたからということもありました

  • and ask help,"

    だから「それなら未知の存在に

  • and started getting help from everywhere,

    助けを求めよう」と思ったんです

  • each and every corner of my life at that time.

    すると人生のあらゆる場面で

  • My brothers started giving me a few tips about drawing and painting.

    救いの手が現れ始めたんです

  • Then, when I was in eighth standard

    兄弟は絵の描き方を教えてくれました

  • around 13 years old,

    そして私が8年生[中学2年]

  • I started working in a part-time job

    13歳くらいの時に

  • in one of the signboard artists called Putu.

    アルバイトを始めました

  • And then school also started supporting me.

    プトゥという看板画家の所でです

  • "Oh, he's bad at studies,

    やがて学校も私を支援し始めました

  • but let him send to the drawing competitions."

    「この子は勉強はできないが

  • So it was good to survive with that little tool

    絵のコンテストに参加させよう」 という具合にです

  • that I found to find my own place in school.

    ちょっとした特技でなんとかやっていけたのです

  • And one of those competitions,

    それで学校で自分の居場所も見つけられました

  • I just won a small, little transistor Philips radio.

    参加したあるコンテストで賞をとり

  • And I didn't have the patience to wait

    小さなトランジスタラジオを貰いました

  • until I reached home.

    でも家に着くまで

  • So I just switched on in the train, loudly.

    待てなかったので

  • If you travel in Indian trains,

    電車の中で大きな音で聞いたんです

  • you can see people listening to radio

    インドで電車に乗ると

  • and, you know, even from their mobiles.

    車内でラジオを聴く人をよく見かけます

  • So at that time -- and I was 13 --

    携帯電話で聴く人もいます

  • and I was listening to just radio,

    当時私は13歳でした

  • and someone happened to sit next to me,

    ただラジオを聴いていただけなんですが

  • like these three people are sitting here.

    偶然隣に座っていた人がいたんですが

  • You know, like just adjacent to me.

    そこに3人並んで座っている様に

  • He just started asking, "Where did you buy the radio? How much is it?"

    隣にいたっていうだけです

  • I said, "It's a prize from [an] art competition."

    彼が「そのラジオはどこで買ったんだ? 値段は?」と尋ねたので

  • And he said, "Oh, I teach at a college of arts.

    「美術のコンテストの賞品なんです」と言ったら

  • I think

    彼は「私は美大で教えているんだが

  • you should study in a school of art.

    私が思うに

  • You just quit school and come there."

    君は芸術学校で学んだほうがいい

  • So, why I'm telling you this,

    学校をやめて美大に来なさい」って言うんです

  • you know, maybe, you know,

    なぜこの話をしているかというと

  • whoever is sitting next to you can change your whole life -- it's possible.

    もしかしたら

  • It is that we need we need to be open and fine-tuned.

    隣リ合わせた人が 人生を変えてしまうかもしれないからです

  • So that's what made me enter

    そういったことに意識を 向けているかどうかで決まってきます

  • [the] college of arts after three attempts

    その出来事があったからこそ私は

  • and just continue to inquire

    二浪しても美大に入学した訳です

  • what I really want to do with art work, or art

    そして今も問い続けているのが

  • and finally I'm here in front of you.

    作品やアートで 自分が何をしたいのかということで

  • When I look back, you know,

    こうして皆さんの前にいるという訳です

  • on what happened between that time

    過去を振り返ると

  • and now here --

    あの時の出来事と

  • the last 10/15 years --

    そして今

  • I can see that most of the works

    過去10年から15年間

  • revolve around three subjects,

    ほとんどの作品は

  • but it was not intentional.

    3つの事柄を軸に展開していきました

  • And I just start out with a trace because I was thinking,

    でもそれは意図的ではなかったんです

  • "What really makes us?" -- you know,

    自分の過去の話から始めた理由は

  • it's actually [the] past, what makes a person.

    「自分が自分である要素は何か?」と考えた時

  • So I was thinking,

    その人の過去だと思うからです

  • but when you look at the past,

    そういうわけで

  • the way to understand the past

    それで過去を振り返った時

  • is only by the traces available,

    過去を理解するには

  • because we cannot go back [to] the past.

    その跡をたどるしかないと考える訳です

  • It can be ruins, or it can be music,

    過去に戻ることはできませんから

  • or it can be painting or drawing or writing, whatever it is.

    それが遺跡や音楽

  • But it is just a kind of trace of that time.

    絵画や文章でも何でもそうですが

  • And that fascinated me,

    それはその時点の形跡です

  • to explore that territory.

    そしてそれを模索することに

  • So I was working on the line,

    私は夢中になりました

  • but instead of working about traces,

    この考えに沿って作品を創っていましたが

  • I started capturing traces.

    形跡とは何かという探索ではなく

  • So here are some of the works I would like to show you.

    形跡を捕らえることを始めました

  • So this is called "Self In Progress."

    いくつかの作品をお見せします

  • It's just a trace of being in this body.

    これは『Self In Progress 進化する自身』という作品で

  • So here, what happened then,

    正にこの体にいたという跡です

  • you know -- what I really enjoyed the most

    その過程で

  • is that this sculpture

    一番興味深かったことは

  • is nothing but a trace of myself.

    この彫刻はただ単に

  • It's almost like a 3D photograph.

    私自身の跡だということです

  • So there is an element of performance,

    3次元の写真のようでもあります

  • and there is an element of sculpture,

    ここにはパフォーマンスの要素

  • and there is an element of feeling one's self, so close to one's self.

    彫刻の要素

  • So it's almost like fossils for the future.

    そして自分をごく近くに感じる という要素があります

  • And then moved slowly

    いわば未来への化石です

  • to explore the other possibilities of capturing traces.

    その後徐々に

  • So this is what I was talking about, while molding,

    形跡を捕らえる為に 様々な方法を探索し始めました

  • it's such a great experience,

    先ほど言ったように

  • because we have freedom of like walking,

    その型を取る過程は実にいい経験でした

  • or moving my hand or, moving around in the space,

    私たちは普段歩いたり

  • but the moment this becomes solid,

    手や体を動かす自由がありますが

  • when you cannot move even an inch,

    それが固まった途端

  • because this is plaster of Paris, so the moment you pour it it's like liquid;

    1ミリも動けなくなり―

  • but after 20 minutes, it's almost like a hard stone.

    何せ石膏ですから 石膏を流し込む時は液体ですが

  • So this is capturing the trace of a thumbprint

    20分もすれば石の様に硬くなります

  • because, knowingly or unknowingly,

    これは親指の指紋の跡です

  • whatever we do, you know, we leave our traces here.

    意識しようとしまいと

  • So I just thought, "I'm going to capture

    どんな行動でも 私たちは跡を残します

  • thumbprint, footprint,

    そこで「指紋や足跡などの―

  • or whatever traces we leave as humans."

    人間としての跡を留めよう」

  • This is the trace of fire,

    と考えました

  • this is the trace of sun.

    これは火の跡です

  • Because when I was capturing traces, you know,

    これは太陽の跡です

  • this thought comes to me always:

    形跡をとらえる時に

  • is it, only when the object touches the thing and it leaves the trace,

    いつも考えていた事があります

  • or is there other ways to capture it?"

    物が何かに触れた時だけ跡は残るのだろうか?

  • So this work is nothing but like --

    他の方法で 捕らえられないだろうか?

  • because of the focal length of the lens,

    この作品はただ単に

  • it just shows what is on the other side.

    レンズの焦点距離があって

  • So I just put the paper on the focal length,

    反対側にあるものを映しているだけです

  • which was an etching print,

    それは紙をその焦点距離に置いただけです

  • then I got the portrait of [the] sun from sunlight.

    それはエッチングプリントでしたが

  • This is called "Dawn to Dawn."

    太陽の光からその像をとらえたのです

  • What I did here, I just put like 10 feet [of] paper

    この作品は『Dawn to Dawn 夜明けから夜明け』です

  • then put a coconut rope,

    ここでは3メートルの紙に

  • and just burnt it.

    ココナッツのロープを置き

  • So it took about 24 hours to get this line.

    燃やしました

  • So wherever the fire is eating the paper,

    この線を作るのに24時間程かかりました

  • that's what becomes the work --

    火が紙を浸食する箇所が

  • detail.

    作品となりました

  • Even though we have traces

    ディテールはこんな感じです

  • when we try to understand them,

    軌跡は存在しますが

  • the perception and context

    それを理解するためには

  • play a major role to understand it.

    認識と前後関係が

  • So do we really understand what it is,

    重要な役割を果たします

  • or are we trying to get

    私たちはその実体を理解しているのか

  • what we think it is?

    それとも自分達の思い込みを

  • Then move towards questioning the perception

    理解しようとしているのか?

  • because, even though there are traces,

    次に認識について考えたいと思います

  • when you try to understand them, you know you play a major role.

    なぜなら形跡は存在しますが

  • So like let's say even a simple act.

    それを理解する時にあなた自身が 重要な役割を果たすからです

  • How many of you saw a cow crossing in India

    例えば何でもない出来事なんですが

  • while you were coming from Bangalore to Mysore?

    バンガロールからマイソールへ向かう途中

  • Can you just raise the hand?

    道を渡る牛を見た方はどのくらいいますか?

  • If you just ask an opinion

    手を挙げてください

  • of how, everyone can interpret it.

    ある物事の原因に関する意見を求めれば

  • Like, let's say, if a schoolteacher says,

    皆それぞれに解釈します

  • she'll simply say, "To get to the other side."

    例えば学校の先生は

  • Why the cow was crossing the road, you know.

    「反対側へ渡るため」と答えるでしょう

  • The answer can be so different if Potter said it.

    牛が道路を渡っていた理由についてです

  • He would say, "For the greater good."

    答えは人それぞれ違うでしょう

  • Martin Luther King would say,

    例えばハリー・ポッターなら 「大いなる善のために」と言うでしょう

  • "I imagine a world where all cows will be free

    マーティン・ルーサー・キングなら

  • to cross the road,

    「その動機を問われることなく

  • without having their motives called into question."

    全ての牛が自由に道路を渡る

  • (Laughter)

    世界が来るだろう」と言うでしょう

  • Imagine Moses comes now, and he sees

    (笑)

  • the same cow walking around the street.

    モーセが現れて

  • He would definitely say,

    同じ牛が道路を歩いているのを見たならば

  • "God came down from heaven,

    間違いなく こう言うでしょう

  • and he said unto the cow,

    「神が天から降りて

  • 'Thou shalt cross the road.'

    その牛にこう告げた

  • And cow crossed the road,

    汝は道を渡るがよい―

  • and there was much rejoicing as a holy cow."

    すると 牛は道路を渡り

  • (Laughter)

    holy cow (すごい!) と 歓びに満ち溢れた」

  • Freud would say,

    (笑)

  • "The fact that you're at all concerned

    フロイトならばこう言うでしょう

  • reveals your underlying sexual insecurity."

    「憂慮している事自体が

  • (Laughter)

    あなたの性的な不安を表している」

  • If we ask Einstein,

    (笑)

  • he would say, "Whether the cow crossed the road,

    アインシュタインに聞いたならば

  • or the road moved underneath the cow,

    「牛が道路を渡るのか

  • depends on your frame of reference."

    牛の足元の道路が動いているのかは

  • (Laughter)

    何を基準にするかによる」と言うでしょう

  • Or Buddha --

    (笑)

  • if he saw the same cow, he would say,

    ブッダが

  • "Asking this question denies your own nature [as a] cow."

    同じ牛を見たならこう言うでしょう

  • (Laughter)

    「この質問自体が牛であるという 自己の本質を否定している」

  • So, what we see

    (笑)

  • is just what we think often,

    私達の目に映るものは

  • and most of the time, we don't see what it is.

    普段考えていることを 投影しているだけに過ぎません

  • It just all depends on one's perception.

    ほとんどの場合その実体を見ていないのです

  • And context, what is really context?

    個人の認識に左右されているのです

  • You know, I could just show you this little piece of paper.

    そして前後関係 これは一体何なのか?

  • Because I always think meaning doesn't really exist.

    この小さな紙切れを見せるだけで 十分かもしれません

  • The meaning of what we create in this world doesn't exist.

    本当は意義は存在しないと私は考えています

  • It's just created by the mind.

    私達が創る物の意味は存在しないのです

  • If you look at this piece of paper,

    それは頭の中で創り出されるのです

  • this is the breadth

    この紙を見てください

  • and this is called length.

    ここが幅で

  • This is how we've been taught in school.

    こっちが長さだと言うでしょう

  • But if you tear it in the middle --

    私達はこう学校で教わっています

  • now, I didn't touch this breadth,

    しかし真ん中で紙を破ると―

  • but still, the meaning of this changes.

    こっちの幅は変えてないのに

  • So what we conceive as a meaning

    その意味が変わります

  • is always not there;

    ですから 我々が意味として捉えるものは

  • it's on the other side,

    そこには存在しません

  • even when we say dark, light,

    それは反対側にあるのです

  • good, bad, tall, short --

    闇と光 善と悪

  • all meaning it doesn't exist in reality.

    長短というのも―

  • It's just that being a human,

    意味など現実には存在しないのです

  • the way we train to perceive the reality

    ただ人間の性質として

  • creates this meaning.

    現実を認識するためにそのような意味を

  • So this work from this period

    見出すように訓練されてきただけなのです

  • is mostly like --

    これはその頃の作品で

  • you know, this is a work called "Light Makes Dark."

    ほとんどの作品はこんな感じで

  • It's just captured through from the lamp.

    この作品は『Light Makes Dark 光が創る闇』と言います

  • So the lamp is not just giving a light, it's also giving a darkness.

    ランプを使って捕えています

  • So this is a work of art, which is just trying to explore that.

    ランプは光だけではなく暗闇も 作り出しているのです

  • This is called "Limit Out."

    これはその事を探求している作品です

  • This shows how limited our eye or hearing sense or touch --

    これは『Limit Out リミットアウト』と言います

  • do we really see?

    人間の視覚や聴覚または触覚に いかに限界があるかを表しています

  • This is an exact negative.

    私達は本当に見えているのだろうか?

  • It's about six inches deep in the wall,

    これは真のネガで

  • but it just appears like it's coming out of the wall.

    壁にある15センチ程の深さのくぼみなんですが

  • You know the wall is almost like --

    むしろ壁から突出しているように見えるんです

  • this is the first skin, and this is the second,

    壁は皮のように ―

  • and there's a third, and each creates a meaning.

    これが第一の皮 そしてこれが第二の皮

  • And we're just pulling the wall off the gallery.

    そしてそれが第三 それぞれが意味を構成する

  • Again, "Inward Out."

    そしてギャラリーの壁を 引っ張っているだけです

  • It's a full-figure cast from myself.

    『Inward Out 内面のあらわれ』」といいます

  • It's about eight inches deep.

    等身大の私の型で

  • When I was doing that, I always wondered since I've worked with creators --

    20センチ程度のくぼみです

  • and now you know, I've moved to questioning the perception --

    クリエイターとの製作過程で いつも疑問に思ったことがありました

  • whenever I see the bird flying in the sky,

    ここから認識に対する問いかけに移行しますが

  • it just makes me feel like:

    鳥が飛んでいるのを見る度に

  • is there anything behind, are there any traces up there,

    こう思うのですが

  • which as a human, we don't see them?

    その裏に何かあるのか 何らかの形跡があるのだろうか

  • Is there any way to capture the thought

    人間だから見えないのだろうか?

  • into visual art?

    そういう概念をビジュアルアートとして

  • I couldn't find it.

    捕らえる方法はないのだろうか?

  • But a solution arrived

    その方法は見つかりませんでした

  • after being quiet and not working for about six, seven months,

    でも その解決策が浮かびました

  • in the restroom,

    それは6~7ヶ月間ほど活動せずにいた後でした

  • when I was changing the air freshener

    トイレで

  • that goes from solid substance to vapor.

    芳香剤を取り替えていた時に

  • It's called Odonil.

    固形の物質が蒸気に変わるやつです

  • This is the work I made out of that material.

    オドニルって言うんですが

  • The process to get to make the sculpture was interesting,

    これがその材質で作った作品です

  • because I wrote to Balsara,

    この彫刻を作るまでの過程が面白かったんです

  • who produces that air freshener called Odonil,

    このオドニルという芳香剤を製造する

  • saying, "Dear Sir, I am an artist. This is my catalogue.

    バルサラという会社にこんな手紙を送ったんです

  • Will you help me to make this sculpture?"

    「拝啓 私は芸術家で同封は私の作品集です

  • They never wrote back to me.

    この彫刻を作る支援をお願いできませんか?」

  • Then I thought, "I will go to the Small Scale Industries

    返事は来ませんでした

  • Facilitating Unit and ask help."

    それで考えたのが「中小企業の

  • So I told them, "I'd like to start an air freshener company."

    経営支援課にお願いしたらどうだろう」

  • They said, "Of course.

    それでこう言ったんです 「芳香剤の会社を始めたいんですが」