Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • JON: Hello my name is Jon Olson, Welcome to "Next Stop" from the bike capital of the world.

    JON: こんにちは、私の名前はJon Olsonです。世界の自転車の首都から "Next Stop "へようこそ。

  • JON: Welcome to wonderful Copenhagen. On this

    素晴らしいコペンハーゲンへようこそこの日は

  • episode. well explore this incredible city by canal, well tour one of the most beautiful

    この街を運河で探検して、最も美しい街の一つを見学します。

  • castles in Europe, and we visit world renowned Tivoli Gardens. Well also discover a cafe

    ヨーロッパのお城、世界的に有名なチボリ庭園を訪れます。また、カフェ

  • breaking all sorts of norms, specializing in Smushi. Stick around and find out, all

    スムシに特化して いろんな規範を破ってきました周りに張り付いて、すべての

  • this and more on Next Stop Copenhagen. The fun starts now!

    Next Stop Copenhagenではこのような情報が掲載されています。楽しみは今から始まる!

  • Next Stop rolls JON: We have toured cities all over the world

    Next Stop rolls JON:世界中の都市を巡ってきました。

  • by bus, by car, by bike, by foot, never by canal...until today!

    バスで、車で、自転車で、徒歩で、決して運河ではなく、今日までは

  • GUILIA: Hi to all and welcome, my name is Gulia, and I will be your guide for all this

    こんにちは、皆さん、ようこそ、私の名前はGuliaです、そして私はこのすべてのためにあなたのガイドになります。

  • tour. We are now in the canal of Nyhavn, and this canal was excavated between 1671 and

    を見学します。今はナイハヴンの運河に入っていますが、この運河は1671年に発掘されてから

  • 1673. The purpose was that the ships could sail all the way into the cities new center

    1673.目的は、船が都市の新しい中心部へのすべての方法を航海することができるということでした。

  • where the Kings new square is, with their goods. You can now see the royal theaters

    王様の新広場があるところに 彼らのグッズが飾られていますこれで王室の劇場を見ることができます

  • playhouse. The playhouse opened in 2008 with Shakespeare’s Hamlet. It was designed by

    プレイハウス。2008年にシェイクスピアの『ハムレット』でオープンしたプレイハウスです。設計は

  • 2 danish architects called Lundgaard and Tranberg. The opera house here on the right in 2005,

    ルンドガードとトランベルグというデンマークの建築家2人。右側のオペラハウスは 2005年に建てられました

  • it was designed by a danish architect that is called Henning Larsen. Ship you see on

    ヘニング・ラーセンというデンマークの建築家によって 設計されましたあなたが見ている船は

  • the right side is a royal yacht that is called Dannebrog.It was built in 1931 and it is the

    右側はDannebrog.Itと呼ばれる王室御用達のヨットで、1931年に建造されたもので

  • oldest royal yacht in the whole world that is still in use today. You can now also see

    現在も使用されている世界最古のロイヤルヨットも見ることができるようになりました。

  • two identical buildings on the right hand side, there are actually 4 of these buildings

    右手に同じ建物が2つありますが、実際には4つの建物があります。

  • and this is Amalienborg, Amalienborg is the royal residence since 1794. We are now in

    これはアマリエンボーグです アマリエンボーグは1794年からの王宮です私たちは今

  • Gammel Strand which means the old beach, it was here the modern city of Copenhagen was

    ガンメル・ストランドは古いビーチを意味し、コペンハーゲンの近代都市はここにありました。

  • founded in 1167 by the bishop Absalon. You can see a statue of him on the left hand side,

    1167年にアブサロン司教によって設立されました。左手に彼の像が見えます。

  • he is on his horse. On the right side you can now see the most modern castle of Christiansborg

    彼は彼の馬に乗っています。右側にはクリスティアンズボーグの最も近代的な城を見ることができます

  • it is the third castle with this name in this spot and it is from 1928. The building on

    この名前の城はこの場所で3番目のもので、1928年に建てられたものです。上の建物は

  • the right hand side is the old stock exchange, it was built between 1620 and 1640. The tower

    右手に見えるのは古い証券取引所で、1620年から1640年の間に建てられました。塔

  • is made of 4 intertwined dragon tails and on the top there is 3 crowns that symbolize

    は、4つの絡み合った龍の尾でできていて、上部には3つの王冠があります。

  • the Kalmar Union. We are now back to where we started, so the tour is over. Me and Jens

    カルマールユニオンのスタート地点に戻ってきたので ツアーは終了です私とイェンス

  • hope you enjoyed it, have a nice day and thank you for a nice tour.

    楽しんでいただけたでしょうか、素敵な一日をお過ごしください。

  • JON: What are the highlights for you on the tour?

    JON:ツアーでの見どころは?

  • GUILIA: The royal residence and the canal of Christianborg which for me is breathtaking

    ギリア:王宮とクリスチャンボルグの運河は、私にとっては息をのむような美しさです。

  • and the oldest part of the cities. JON: Now we also sailed by the most popular

    と古い街並みの部分を見てきました。JON: 今、私たちはまた、最も人気のある

  • number one restaurant in the world, Noma. Have you been there?

    世界一のレストラン「野間」。行ったことありますか?

  • GUILIA: No, I haven’t. There is a 3 month waiting list right now, and the top waiting

    GUILIA:いいえ、していません。今、3ヶ月のウェイティングリストがありますが、トップウェイティングの

  • time was 1 year I think, in the beginning, now it is 3 months.

    時間は1年だったと思いますが、最初は1年、今は3ヶ月です。

  • JON: I think we will dine right over there at the local polsevogn.

    すぐそこの地元のポルセヴォググンで食事をすると思います。

  • GUILIA: Yes, that is a great idea. JON: Thank you for your time today.

    GUILIA: そうですね。JON: 今日はありがとうございました。

  • GUILIA: Yep, no problem hi hi.

    ギリア:うん、問題ないハイハイ。

  • JON: The changing of the guard takes place every day at noon at the royal palace. The

    JON:衛兵交代は毎日正午に王宮で行われます。衛兵交代は毎日正午に王宮で行われます。

  • purpose of the royal guard is to protect Denmarks royalty, especially Queen Margaret the second,

    王室警備隊の目的は、デンマークの王族、特にマーガレット2世女王を守ることです。

  • the first female monarch in Denmark since the 15th century. This is sometimes accompanied

    15世紀以来のデンマーク初の女性君主。これには時々

  • by music IF the Queen is residence, but if you take a look at that building over there,

    by 音楽 IF女王はレジデンスですが、あなたがあそこの建物を見てみましょう。

  • the only one with 5 chimneys, there is no flag flying. No flag, no Queen. For more information

    唯一、5本の煙突を持つものは、旗が飛んでいません。旗もないし、女王もいない。詳細はこちらをご覧ください。

  • on this and other fun activities in Denmark, go to visit denmark.com

    デンマークでのこの他の楽しい活動については、訪問denmark.comに行きましょう

  • JON: Frederiksborg Slott, or castle, located

    JON: Frederiksborg Slott(フレデリクスボーグ・スロット)、またはお城にある

  • in Hillerod a town about 42 kilometers north of Copenhagen is the oldest renaissance in

    コペンハーゲンの北42キロにある町ヒレロドでは、最古のルネッサンスが行われています。

  • Scandanavia, dating back to the early 17th century, it also houses the museum of natural

    スカンダナヴィアは、17世紀初頭にさかのぼり、それはまた、自然の博物館を収容しています。

  • history. Hello Soren, I’m Jon. SOREN: Hello Jon, my name is Soren, welcome

    歴史の中でこんにちは ソーレン 私はジョンですこんにちは ジョン ソーレンです ようこそ

  • to Frederiksborg. JON: Thank you for inviting us to your home.

    フレデリクスボーにJON: ご自宅にお招きいただきありがとうございます。

  • SOREN: Oh you are welcome. JON: This is a nice place you live!

    SOREN: ああ、どういたしまして。JON: いいところに住んでますね。

  • SOREN: Oh, it is a very nice place. JON: OK, you don’t live here.

    SOREN: ああ、とてもいいところですね。JON: OK、ここには住んでないんだね。

  • SOREN: No, I don’t live here JON: Who did?

    SOREN: いや、ここには住んでいません JON: 誰が?

  • SOREN: Well in the 17th century the danish king lived here, his name was Christian the

    17世紀にはデンマークの王様がここに住んでいました 彼の名前はキリスト教の王様でした

  • Fourth, and he was one of the wealthiest persons in northern Europe, and when you are wealthy

    第四に、彼は北欧で最も裕福な人の一人であり、裕福になると

  • you need of course a grand house. JON: I’m dying to see the inside.

    もちろん豪邸も必要です中が見たくてたまらないわ

  • SOREN: Well let’s go inside then. JON: Let’s do it.

    SOREN: じゃあ、中に入りましょう。JON: そうしよう。

  • JON: This is an absolutely gorgeous room. SOREN: It is one of the favorite spots in

    JON: めちゃくちゃゴージャスな部屋ですね。SOREN: ここは、私たちのお気に入りの場所の一つです。

  • the museum. It’s also the spot you can see the kind of decoration the old castle were

    博物館。古城がどのような装飾をしていたのかを見ることができるスポットでもあります。

  • made with. It is again made to impress, it is what renaissance was about, you have to

    で作られています。それは再び感動させるために作られています、それはルネッサンスが何であったか、あなたがしなければならないことです。

  • be dazzled. JON: Let’s talk about the shields on the

    目がくらむJON: シールドの話をしましょう。

  • wall, this is impressive,they must have deep meaning.

    壁、これは印象的で、深い意味を持っているに違いありません。

  • SOREN: It is going back to when Denmark was an absolute monarchy. Whenever a person gets

    SOREN:デンマークが絶対王政だった頃にさかのぼります。人が

  • one of these shields he will have his coat of arms made and painted and had the shield

    これらの盾の一つは、彼は彼の紋章が作られ、塗装され、シールドを持っていました。

  • put on here. Well, you remember when I told you the danish king was very wealthy?

    ここに置いてデニッシュの王様はとても裕福だったと 言ったのを覚えていますか?

  • JON: Yes. SOREN: He was also very practical. So you

    JON: はい。SOREN: 彼はとても現実的でした。だから、あなたは

  • are now in the basement of the castle, it is his treasury. Instead of walking down the

    今や城の地下にあるのは彼の宝庫です。を歩くのではなく

  • stairs with his money he would slide the coins through the slide down into this large chest.

    階段を滑らせてコインをこの大きな箪笥の中に入れたのです。

  • JON: Soren, this is one impressive display of art. How many pieces are here?

    ソーレン 印象的な美術品の展示だなここには何個あるの?

  • SOREN: Well we say we have approximately 10,000 paintings, but apart from paintings we have

    絵画は1万点ほどありますが、絵画の他には

  • engraving, we have etchings, we have furniture, we have chairs, we have cupboards.

    彫り物もあるし、エッチングもあるし、家具もあるし、椅子もあるし、食器棚もある。

  • JON: So earlier today Soren promised us he would show is where he had his wedding reception.

    今日ソーレンは結婚披露宴の場所を 教えてくれると約束しました

  • Wow, this is pretty cool Soren SOREN: It is, no wonder it’s called the

    うわー、これはかなりかっこいいソーレンソーレン:そうですね、不思議とそう呼ばれています。

  • great room. JON: You didn’t have a wedding reception

    グレートルームJON:結婚披露宴をしなかったんですね。

  • here, but this is a great room. SOREN: It is, I wish I had, but it is a great

    ここですが、ここは素晴らしい部屋です。そうですね、あればよかったのですが、素晴らしい部屋です。

  • room and it was built by Christian the Fourth for having parties and functions.

    この部屋は、クリスチャン4世がパーティーや行事を行うために建てたものです。

  • JON: I can only imagine, you have a nice office, Thanks for having us.

    想像できるのは、素敵なオフィスをお持ちだということだけです。

  • SOREN: Thanks.

    蒼蓮:ありがとうございます。

  • JON: Coming up, Denmarks knowledge center for design, and the historic Admiral Hotel.

    JON: 来ました、デザインのためのデンマークスの知識センター、そして歴史あるアドミラルホテル。

  • JON: Danish design is well respected throughout

    JON: デンマークのデザインは、世界中で高く評価されています。

  • the world. To learn more, we visit the Danish Design Center. We begin our tour through history

    の世界を紹介します。さらに詳しく知るために、デンマークデザインセンターを訪れます。歴史の旅を始めます。

  • of the danish design in the 1950’s. What was going on in the 1950’s?

    1950年代のデニッシュデザインの1950年代には何が起こっていたのでしょうか?

  • NILLE: 1950 was just after the war, so there was not that much money, but there was a huge

    NILLE:1950年は戦後間もない頃だったので、そんなにお金はなかったのですが、巨大な

  • power to create something so a lot of the things you see here was created at that time,

    作る力があるので、ここにあるものの多くはその時に作られたものです。

  • and the thing was, there were new materials. Lego is there, Lego started in 1952. Denmark

    とのことでしたが 新しい素材がありましたレゴがあります 1952年に始まったレゴですデンマーク

  • is a nation of play, we like to work hard but we also like to play, and lego is just

    は遊びの国です。私たちは一生懸命働くのが好きですが、遊ぶのも好きです。

  • the thing where you can build. You are not supposed to do whatever you were told by your

    建てられるもの。に言われたことを何でもかんでもやってはいけないというわけではありません。

  • parents, you can just dream away. JON: That is the great thing about legos,

    親は夢を見ていいんだよJON:それがレゴの素晴らしいところですね。

  • and that hasn’t changed. NILLE: It is, it hasn’t changed. And you

    そしてそれは変わっていませんNILLE: そうですね 変わっていませんそして、あなたは

  • see even adults playing with legos now, they put a lot of computers in them now so you

    今は大人もレゴで遊んでいるのを見て、今はコンピュータがたくさん入っているので

  • can do things like robots. JON: The psychedelic 60’s.

    ロボットのようなことができるJON:サイケデリックな60年代。

  • NILLE: It is, yes, what we call the hippy thing, the flower power of things, and what

    NILLE:それは、そう、私たちがヒッピーと呼んでいるもの、物事の花の力、そして

  • happened was when we look at the 50’s it was all natural materials, so plastic was

    50年代を見ると自然素材ばかりだったのでプラスチックは

  • introduced, and we had this fantastic designer called Verner Panton and he did this chair

    ヴァーナー・パントンという素晴らしいデザイナーが この椅子を作ってくれました

  • and all these environments sort of psychedelic things and at the same time getting back to

    サイケデリックなことをしているような環境にいると同時に

  • your roots, he also had these television things that were a bit spacey, it was modern, they

    彼はテレビにも出ていました 少し宇宙的な感じで モダンな感じでした

  • were in my home when I was a kid. JON: really?

    は子供の頃に家にいました。JON: 本当に?

  • NILLE: Yeah. JON: Now we are in the 70’s when I was a

    NILLE:そうですね。JON: 今は70年代に入って、私が

  • kid, I would have liked this thing. NILLE: Oh you should have one. The 70’s

    坊や、私もこれが欲しかったなNILLE: ああ、持っていた方がいいよ。70年代の

  • were you know, like systems, and the 80’s was about systems, how we can get systems

    80年代はシステムの話だったシステムをどうやって手に入れるか?

  • to work. The whole idea wasn’t, it wasn’t just one thing, it was everything.

    仕事をするために考え方は一つではなく、全てがそうでした。

  • JON: A lot of that is still true today to though, because these are the same taps as

    JON: 今でもその多くが当てはまります。

  • in our hotel room. NILLE: Yes. I have them at home, and I think

    ホテルの部屋ではい家に置いてあります

  • my kids will always have them at home. So they are here.

    私の子供たちは必ず家に置いていますいるのですね。

  • JON: If it ain’t broke, why fix it? So now we arrive at the 90’s.

    壊れていないなら、なぜ直さない?90年代に到着しました。

  • NILLE: Yeah, but let’s skip the 90’s, we didn’t do much cool design in the 90’s,

    NILLE:そうですね、でも90年代は省きましょう、90年代はあまりかっこいいデザインをしていませんでしたから。

  • let’s go to the next. JON: So now we are in the new millenium, and

    次へ行きましょうJON: さて、今、私たちは新千年紀に入っています。

  • I love this, that is super cool. NILLE: That is fantastic, it is a one of.

    私はこれが大好きです、それは超クールです。NILLE:それは素晴らしいですね、ワンオブです。

  • The lamp is telling you that now materials can do, and that technology is going into

    ランプは、材料ができるようになったことを伝えており、その技術が入っている

  • design. JON: Nille, I am impressed, thank you very

    をデザインしています。JON: Nille、感銘を受けました、ありがとうございます。

  • much for the tour and your time, and I can see why danish architecture and danish design

    ツアーとお時間をありがとうございました。そして、なぜデンマークの建築とデンマークのデザインを見ることができます。

  • has been so relevant for so many decades and for decades to come.

    は、何十年も何十年も前から、そしてこれからも何十年も前から、これほどまでに関連性のあるものだったのです。

  • NILLE: Yeah, come back in 10 years and we will show you the next part.

    NILLE: ええ、10年後にまた来て、次のパートをお見せしましょう。

  • JON: I’d love to. NILLE: See you. Thanks.

    JON:是非とも。NILLE: またね。ありがとうございます。

  • JON: Copenhagen is one of the most ambitious

    JON: コペンハーゲンは最も野心的な街の一つです。

  • cities of the world when it comes to sustainable lifestyle. By the year 2025 Copenhagen plans

    持続可能なライフスタイルといえば、世界の都市である。2025年までにコペンハーゲンは

  • to be the worlds first capital cities that is CO2 neutral. Bikes are just one of the

    世界初のCO2ニュートラルな首都になることを目指しています。自転車は

  • ways Copenhagen tries to stay green, they are by far the fastest and least expensive

    コペンハーゲンが環境に配慮した滞在をしようとする方法は、彼らが最も速く、最も高価ではありません。

  • way to get around, and of course they emit no CO2. Copenhagen is truly a green city.

    もちろんCO2を排出しません。コペンハーゲンは本当に緑豊かな街です。

  • JON: We are staying at the very lovely and

    JON: 私たちが滞在しているのは、とても素敵で

  • very historic Admiral Hotel in Copenhagen. Jesper, thanks for having us.

    コペンハーゲンの歴史あるアドミラルホテルジェスパー、お招きいただきありがとうございます。

  • JESPER: Thank you, and your welcome. JON: This is a gorgeous property, and I love

    JESPER: ありがとうございます。JON: 豪華な物件ですね。

  • the history of it. Take us back to 1787. JESPER: This used to be a storage place for

    その歴史を1787年に戻ろうここはかつて

  • corn and grain. We have a lounge with part of our banqueting department that used to

    とうもろこしと穀物。宴会部門の一部を利用したラウンジがあります。

  • be the oven, drying out most of the grainery. JON: So all the floors housed the grain and

    穀物工場の大部分を乾燥させていましたJON: 全てのフロアに穀物と

  • corn? JESPER: Yeah, exactly, yeah.

    とうもろこし?JESPER: ええ、正確には、ええ。

  • JON: And there were very historic events that happened, that this hotel was very key in.

    非常に歴史的な出来事がありました このホテルは非常に重要な鍵を握っていました

  • 1801? What happened then? JESPER: We had the bombardment of Copenhagen,

    1801?その時に何があったのですか?コペンハーゲンへの砲撃があった

  • but we survived, most of the buildings around the hotel were on fire, a big part of Copenhagen

    でも私たちは生き残ったわ ホテルの周りの建物が 火事になったのよ コペンハーゲンの大部分がね

  • history. JON: Your location is spectacular, right on

    歴史に名を残すことができます。あなたの場所は素晴らしいですね。

  • the water. JESPER: Of course with a hotel that’s it

    水の中でもちろんホテルではそれだけです

  • location, everything is close by, the Queen is living right down the road.

    場所、すべてが近くにあります、女王は道路のすぐ下に住んでいます。

  • JON: The Queen is your neighbor. JESPER: Yeah, yes she is., and of course weve

    女王はあなたの隣人ですね。ええ、そうですね、もちろん私たちは

  • got the view of the water. JON: One think that is unique I think is the

    水辺の景色が見えるようになりました。JON: 私が思うに、ユニークなのは

  • hallway, when you walk down, the woodwork on the ceiling.

    廊下、降りていくと天井の木工細工。

  • JESPER; All the hallways, and all the wood and the walls, that is the original thing

    JESPER; すべての廊下、すべての木と壁、それは元々のものです。

  • from when it was built. JON: And when you walk in your lobby, it is

    建てられた時からJON: そしてロビーに入ると、それは

  • very impressive, It is very long, there is lots of depth to it, and your staff is so

    非常に印象的です、それは非常に長いです、それには多くの深みがあります、そして、あなたのスタッフは非常に

  • friendly, everybody has been so friendly the entire stay. And you have an award winning

    フレンドリーで、滞在中は皆とてもフレンドリーでした。そして、賞を受賞した

  • restaurant. JESPER: We do, yeah, the Salt restaurant has

    のレストランにもあります。そうですね、ソルトレストランには

  • been with us for quite a few years now. JON: There is something you have that is very

    もう数年になりますがJON: あなたが持っているものはとても

  • different than any hotel we have ever stayed at.

    今まで泊まったどのホテルとも違う。

  • JESPER: We do have the water, and together with the water, we do have the ships.

    JESPER: 水もありますし、水と一緒に船もあります。

  • JON: As you can see, this is a very impressive property, with a history dating back to the

    ご覧のように、この物件は非常に印象的な物件で、その歴史は昔からさかのぼります。

  • start of our country. On your next trip to Copenhagen, we recommend you stay at the Copenhagen

    私たちの国の始まりです。次のコペンハーゲンへのご旅行では、コペンハーゲンにご宿泊されることをお勧めします。

  • Admiral Hotel.

    アドミラルホテル。

  • JON: Up next, we learning about smushi, and a unique bar hopping experience including

    JON: 次はスムシについて学び、ユニークなバーホッピングを体験してみましょう。

  • an ice bar.

    アイスバーだ

  • JON; The food scene in Copenhagen is thriving, in fact, for the last 3 years running they

    JON; コペンハーゲンのフードシーンは盛り上がっています。

  • have the number 1 rated restaurant in the world. For our food feature today, we are

    は、世界で評価されたレストランのナンバーワンを持っています。今日の料理特集では

  • on the main walking street, the Stroll, to feature the Royal Cafe, which is anything

    何でもありのロイヤルカフェを特集するために、メインのウォーキングストリート、ストロールにある

  • but your average cafe. Let’s Smushi. I have been so excited to learn about your concept,

    でも普通のカフェ。レッツ・スムシ。あなたのコンセプトを教えていただきました。

  • not only about smushi, but cafe. You have taken it to a whole new level.

    スムシだけでなく、カフェも全く新しいレベルに持っていってくれましたね。

  • RUD: Our idea was to sort of emphasize everything that had been famous in the past, which was

    RUD.私たちのアイデアは、過去に有名になったものを強調するというものでした。

  • smorrebrod, open face sandwiches. JON: Which is very well known in Denmark.

    スモーブレッド オープン・フェイス・サンドイッチJON: デンマークではとても有名ですね。

  • RUD: Yes, so we thought why not do it in a modern, more up to date way, not have huge

    RUD.そうですね、だからこそ、現代的で、より現代的な方法で、巨大なものではなくてもいいのではないかと考えたのです。

  • open face sandwiches, but maybe have small tasty...

    オープンフェイスサンドイッチ、しかし、多分、小さなおいしいを持っています。

  • JON: You can try more things that way. RUD: Yeah. You know, as you can see in front

    JON: その方がいろいろ試せるよ。ラッド.RUD: そうですね。前に見えるように

  • of us we have 3 smushi standing here, this is the ox filet, beef filet, call it how you

    ここに立っているのは私たちの3人のスミです これは牛のフィレ、牛のフィレ、お好きなようにどうぞ

  • like with a good old danish tomato. This is new potatoes, new cucumber, what we would

    古き良きデニッシュトマトのようにこれは新しいじゃがいも、新しいきゅうりです。

  • call a vegetarian dish, with a little radish. The next one here is actually very interesting,

    大根を少し入れて精進料理と呼んでいますここの次のものは実はとても面白いのです

  • it is called a danish shooting star, and the way it is made, it looks like a star.

    それはデンマークの流れ星と呼ばれるもので、作り方を見ると星のように見えます。

  • JON: Now I feel like your cafe here, this room is beautiful, I feel like we are having

    JON: 今、私はあなたのカフェがここにあるような気がします、この部屋は美しいです、私たちが持っているような気がします。

  • afternoon high tea. RUD: You can see something there, a hand painted

    アフタヌーン・ハイ・ティーラッド。そこに何か見えるでしょう、手描きの

  • wall, or you can see one of these old paintings from the castle, why not give people that

    壁、またはあなたは城からこれらの古い絵画のいずれかを見ることができます、なぜ人々にそれを与えることはありません。

  • experience? JON: This is the most unique cafe weve

    を体験してみませんか?JON: 今までで一番ユニークなカフェです。

  • ever been to and this is absolutely a wonderful presentation, congratulations.

    これは絶対に素晴らしいプレゼンテーションです、おめでとうございます。

  • RUD: Thank you, thank you very much. JON: That is so awesome, you are redefining

    RUDさん。ありがとうございます、ありがとうございます。JON: それはとても素晴らしいですね。

  • it. Good job. RUD: Thank you for coming.

    それをいい仕事だラッド来てくれてありがとう

  • JON: We hear that Copenhagen has one of the

    コペンハーゲンには

  • most active nightlifes in Europe. Let’s find out for ourselves, we begin our night

    ヨーロッパで最も活発なナイトライフ自分自身のために見つけよう、私たちの夜を始めよう

  • at Icebar Copenhagen. It’s summertime in Copenhagen and we are in an ice bar. An actual

    アイスバー・コペンハーゲンにて。夏のコペンハーゲンでは アイスバーにいます実際の

  • ice bar. Now, I thought that there might just be a little ice around, but we are talking

    アイスバー。さて、周りにちょっとした氷があるだけかもしれないと思っていたのですが、話しているのは

  • full on ice here Pablo. PABLO: Yeah, it is 40 tons of natural ice

    ここには氷がいっぱいあるんだ パブロ40トンの天然氷です

  • brought up from northern Sweden. JON: So what is she making here behind us?

    スウェーデン北部で育った彼女はここで何を作ってるんだ?

  • PABLO: It is called construction. Our thing is factories, so we have all the names of

    PABLO: それは建設と呼ばれています。私たちがやっているのは工場なので、すべての名前の

  • our cocktail are related to those things. JON: So these glasses are all ice as well?

    私たちのカクテルはそれらに関係しています。JON: このグラスも全部氷なんですね?

  • PABLO: Exactly. JON: They are special, what does it take to

    PABLO: その通りです。JON: 彼らは特別な存在です。

  • keep these things in stock? PABLO: Well, we keep them in the bar.

    在庫はあるの?バーに保管しています。

  • JON: Because once I put my mouth to it, it starts melting, right?

    JON: だって、口に入れた途端に溶け始めるんだもんね。

  • PABLO: Exactly. Once you don’t drink in them, we have a slide, it’s there, where

    その通り飲まなくなったら 滑り台があります そこにあります

  • you throw them, and afterwards we will just get rid of them.

    あなたがそれらを投げて、後は私たちがそれらを処分するだけです。

  • JON: How cool is that? No pun intended. Next Stop, something equally unique, Ruby's .

    なんてクールなんだ?ダジャレではありません。次は、同じようにユニークなルビーの店です。

  • JON:I love your place, so quaint, so different, so unique.

    JON:私はあなたの場所が大好きです。

  • MORTEN: Yeah. I think it is a little but unique, a little bit intimate, and still extremely

    MORTEN: そうですね、ちょっとユニークで、ちょっと親密で、それでいて非常にユニークだと思います。

  • friendly and it’s really simple, just treat people with respect and try and try to have

    友好的で、とてもシンプルなことです。

  • fun while doing it. JON: I think that is a good philosophy.

    をしながら楽しんでいます。JON:それは良い哲学だと思います。

  • MORTEN: Upstairs is a little more happening, where as downstairs is a bit more quiet and

    MORTEN: 上の階は少しハプニングが多くて、下の階は少し静かで。

  • we try to do a bit more old school menu with forgotten classics and we sort of went through

    忘れ去られていた古典的なメニューをもう少し昔のメニューにしようとしています。

  • our cocktail literature and found these interesting drinks that we don’t see much anymore, and

    カクテルの文献を見て、今ではあまり見かけなくなった面白いお酒を見つけて

  • try to revive some of the old classics. JON: So visit Denmark told me that you guys

    古いクラシックを復活させようとしています。JON: デンマークに行った時に聞いたんだけど、君たちは

  • make some classic cocktails, and I have to come check it out.

    古典的なカクテルを作っていて、それを見に来なければならない。

  • MORTEN: Yeah, and have one of the signature twists we are doing for you in a minute, or

    そうですね、それと今からあなたのためにやっている特徴的なひねりの一つがあります。

  • we can go to the bar and have a drink called the rapscallion.

    バーに行ってラップスカリオンというお酒を飲もう

  • JON: SO the other night my camera guy Mike and I were rolling down the street looking

    先日の夜、カメラを持っていたマイクと私は通りを転がって見ていました

  • for a pub, just a place to have a beer and relax, and we came upon this place and we

    パブを探してたんだ ビールを飲んでくつろぐ場所を 探してたんだが ここにたどり着いて

  • loved it. Walking in here, seeing the art on the wall, this is my idea of a real neighborhood

    気に入った。ここに入って、壁のアートを見て、これは本当の近所の私の考えです。

  • pub. But it wasn’t always a pub? KENNETH: Actually is was a grocery store since

    パブだ元々はパブじゃなかったの?実は昔から食料品店だったんですよ

  • the 60’s. There was this old man down here selling mostly wine and liquor, and in the

    60年代ここにはワインと酒を売っていた老人がいて

  • back, in there, he also invited his customers on a schnaps, right? So already in the 60’s

    後ろの方では シュナップスにもお客さんを誘っていましたよね?60年代にはすでに

  • it was actually... JON: A bar!

    実は...バーだ!

  • KENNETH: A bar, yeah exactly. JON: Well you guys have a very special place,

    バーですね、その通りです。JON: あなたたちは特別な場所を持っているんですね。

  • we love it, and I would love to end our nightlife segment by taking our schnaps and having it

    私たちはそれを愛しています そして私たちのシュナップスを取って ナイトライフのセグメントを終わらせたいと思います

  • in the back room. KENNETH: Yes, let’s go.

    奥の部屋でそうだ、行こう。

  • JON: Coming up, learn where Walt Disney got

    ウォルト・ディズニーはどこで手に入れたのか?

  • his ideas, and one of the most unique music segments ever on Next Stop.

    彼のアイデアと、ネクストストップの中でも最もユニークな音楽シーンの一つです。

  • JON: Tivoli has been putting smiles on the

    JON: チボリが笑顔を

  • faces of Danes for over a century. Let’s have some fun. We have Disney, Denmark has

    100年以上もの間、デンマーク人の顔を見てきました。楽しみましょう私たちにはディズニーがありますし、デンマークには

  • Tivoli, a very, very magical place. it started with this guy right here. How did he even

    チボリはとても不思議な場所だ この男から始まったんだどうやって彼は

  • invent this place back in the day, 1843? ELLEN: He stole the idea actually, from a

    1843年にここを発明したのか?彼はアイデアを盗んだんです

  • park in Paris that was called Tivoli. But none of the original parks exist, it is only

    チボリと呼ばれていたパリの公園ですしかし、元々の公園はどれも存在せず、ただの

  • the Copenhagen one that has managed to survive through to today.

    今日まで生き残ってきたコペンハーゲンのもの。

  • JON: How many rides are there? ELLEN: Well at the moment we have 26, half

    JON: 乗り物はいくつあるの?ELLEN: 今のところ26台、半分の

  • kiddy rides, and half really wild, white knuckled type of rides.

    子供の乗り物、そして半分は本当にワイルドな、白いナックルタイプの乗り物です。

  • JON: White knuckle rides! This ride looks interesting.

    JON:ホワイトナックルの乗り物!?この乗り物は面白そうですね。

  • ELLEN: Yeah, it is probably our wildest ride, it is called the vertigo, would you believe

    ええ、それはおそらく最もワイルドな乗り物で、めまいと呼ばれています、信じられますか?