Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Design Thinking is a 5-step process to come up with...

    デザインの思考は5つのステップで構成されています

  • Meaningful ideas that solve real problems.

    有意義なアイデアが浮かび上がってくると

  • For a particular group of people.

    そのアイデアはいとも簡単に不特定多数の人の問題を解決してしまいます。

  • The process is taught in top design...

    この過程は世界中のトップクラスのデザインスクールや

  • And business schools around the world.

    ビジネススクールにおいて教授されています。

  • It has brought many businesses lots of happy customers.

    そういったアイデアは沢山のビジネスに多くの顧客をもたらし、

  • And helped entrepreneurs from all around the world...

    世界中の起業家の助けとなってきました、

  • To solve problems with innovative new solutions.

    新しい革新的な解決方法によって問題を解決してきたのです。

  • Step 1: Empathize.

    ステップ1:共感して理解する

  • The purpose of step one is to conduct interviews.

    ステップ1の目的は現場に赴き、

  • That give you an idea about...

    実際に現場の声を聴いて

  • What people really care about.

    本当に人々が必要としているものを調査します。

  • We need to empathize with their situation.

    私たちは彼らの状況を理解して共感をする必要があるのです。

  • For example, if you want to help old people...

    例えば、あなたが年配の人の助けになりたいならば、

  • You might find that they want to keep...

    彼らは年を取ってからも昔のように

  • The ability to walk around.

    歩き回りたいと思っていることに気付くでしょう。

  • In your conversations, they might share with you different ways they can do that.

    年配の方との対話で、彼らはあなたに様々な視点から各々の状況を報告するでしょう。

  • Later into the interview, you'll want to dig a little deeper.

    そしてあなたはインタビューを続けていくうちにもっと探りたいと思うようになり、

  • Look for personal stories.

    個人のより具体的な実証例について調べたり、

  • Or situations where things became difficult.

    生活において困難に直面する状況について考え始めるでしょう。

  • Ideally, you redo the process with many people...

    理想的なものとしては多くの

  • With the same problem.

    同じような状況を抱える人を訪問して現場の声を集めることです。

  • Step 2: Define the Problem.

    ステップ2:問題を定義する

  • Looking at the interviews, you can now understand...

    インタビューをまとめていくにつれて、あなたは

  • The actual needs that people are trying to fulfill with certain activities.

    実際に人々が日々の生活で必要としているものについて理解することができます。

  • One way to do that is to underline the verbs.

    一つの方法としてはは

  • Or activities that the people mentioned...

    彼らに調査している時に、人々が言及した動作や活動に

  • When talking about their problems.

    注目することです:

  • Like going for a walk, meeting old friends for tea.

    例えば散歩に行く、昔馴染みとお茶をする

  • Or simply going grocery shopping around the corner store.

    もしくはただ単にすぐ近くの食料雑貨店へ買い物に行く、など。

  • You might realize it's not so much about going out.

    彼らは”お出かけ”というよりは

  • But more about staying in touch.

    ”連絡を取り合う”ことに意識を向けているのがわかります。

  • After your analysis, formulate a problem statement.

    分析に基づくとこのような実態が浮かび上がってきました。

  • Some elderly are afraid to be lonely.

    ”年配の人は孤独になることを恐れており、

  • They want to stay connected.

    連絡を取り合い他者と繋がっていることを望んでいる”

  • Step 3: Ideate.

    ステップ3:観念化する

  • Now focus only on the problem statement.

    ここでは問題の要素にだけ焦点を当てて、

  • And come up with ideas that solve the problem.

    問題を解決するアイデアを呼び起こします。

  • The point is not to get a perfect idea.

    重要なことは完璧なアイデアを得ることではなく、

  • But rather to come up with as many ideas.

    たくさんのアイデアを考え出すということです:

  • Like unique virtual reality experiences.

    例えば、珍しいバーチャル世界の体験や、

  • Senior friendly hover boards or a modified pushcart.

    年配向けの簡単なホバーボード、手押し車の改良、など。

  • Whatever it is, sketch up your best ideas.

    とにかく何であれ、あなたのもっともよいアイデアを描き上げて

  • And show them to the people you are trying to help.

    あなたが手伝おうとしている人々に見せてください、

  • So you get their feedback.

    そうすればあなたはフィードバックを得られます。

  • Step 4: Prototype.

    ステップ4:模型の製作

  • Now take a moment to reflect on what you have learned...

    それでは少し時間をとってあなたが

  • From your conversations about the different ideas.

    対話で学んだそれぞれの異なったアイデアについて見返してみてください。

  • Ask yourself, how does your idea...

    自分自身に、アイデアが

  • Fit in the context of people's actual lives.

    人々の実生活にどのように適合しているのか、問いかけてください。

  • Your solution could be a combination of a new idea...

    新しいアイデアと

  • And what is already being used.

    すでに使われているものとを融合させて、あなたなりの解決策を打ち出し得ます。

  • Then connect the dots, sketch up your final solution.

    それではそれぞれのアイデアを結んで、最後の解決策を描いてください、

  • And go build a real prototype...

    そして実際の模型を作ってみてください。

  • That's just good enough to be tested.

    模型は実際に試作品程度のもので十分です。

  • Step 5: Test.

    ステップ5:テスト

  • Now test your prototype with actual users.

    実際の利用者にあなたの試作品をためしてもらいます。

  • Don't defend your idea in case people don't like it.

    人々があなたのアイデアを気に入らないかもしれないからと言って、守りに入らないでください。

  • The point is to learn what works and what didn't.

    重要なのは何が効果的で、何がダメであったかを学ぶことです、

  • So any feedback is great.

    だからどんな反応でも価値のあるものです。

  • Then go back to ideation or prototyping.

    それからアイデアの草案や模型の製造過程に戻ってみて

  • And apply your learning.

    あなたが新しく得たアイデアを取り込んでください。

  • Repeat the process until you have a prototype...

    あなたが模範を創造するまでこの過程を繰り返してください、

  • That works and solves the real problem.

    そうすれば一連の工程が機能して本当の意味で問題が解決します。

  • Now you are ready to change the world or open shop.

    もうあなたは世界を変えたり自分の店を構える準備ができました。

  • To experience design thinking first hand...

    直接デザイン思考を体験したいならば、

  • Do the free virtual design thinking crash course...

    スタンフォードのDスクールプログラムの

  • From Stanford's D-School right now.

    無料の virtual design thinking crash course を受講してみてください。

  • You will learn to design a new gift giving experience.

    あなたは新しい経験を得ながらものを作り出すことを学べるでしょう。

  • Find the link and a guide for facilitators in the description below.

    下にあるリンクをクリックして詳細説明をご覧ください。

  • After you are done, share your experience...

    このコースを受講し終わったら、ぜひあなたの経験や

  • And gift idea in the comments.

    新しいアイデアをコメントで共有してください。

  • To learn more about creative and critical thinking.

    もっと創造的で批判的なものを学びたいのなら、

  • Check out our other Sprouts videos.

    わたしたちのsprouts videosを参考にしてみてください。

  • And if you want to support our channel...

    私たちのチャンネル

  • Visit patreon.com/sprouts.

    patreon.com/sprouts を訪問するのを忘れないでね!

Design Thinking is a 5-step process to come up with...

デザインの思考は5つのステップで構成されています

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 アイデア ステップ 年配 解決 スクール 現場

デザイン思考とは?(Design Thinking)

  • 8436 1462
    Tina Hsu に公開 2017 年 12 月 22 日
動画の中の単語