Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • You are watching ColdFusion TV.

    ColdFusion TVをご覧になっています。

  • We're not gonna get home tonight

    ♪今夜は家に帰れないよ

  • [music continues]

    [音楽は続く]

  • Hi. Welcome to another ColdFusion video.

    こんにちは、またまたColdFusionのビデオにようこそ。

  • The future is now.

    未来は今です。

  • Just in my last video we talked about how Stanford researchers are making people speak again, move limbs again, and even walk again,

    前回のビデオでは スタンフォード大学の研究者が 人を再び喋らせ 手足を動かし 歩くようにしていることを話しました

  • after injecting adult stem cells directly into the brain.

    成体幹細胞を脳に直接注入した後に

  • In this video we'll be talking about going to Mars

    このビデオでは、火星に行くことについて話します。

  • From Doom to The Martian and Total Recall

    ドゥームから火星人とトータルリコールまで

  • It's been the stuff of science fiction for the longest time

    昔からSFのネタになっている

  • But now, going to the red planet is getting some serious thought by Elon Musk.

    しかし、今、赤い惑星に行くことは、エロン・ムスクによっていくつかの深刻な考えを得ています。

  • So what exactly is going on?

    で、具体的にはどうなっているの?

  • Elon Musk just announced his plans to begin colonizing Mars.

    エロン・ムスクは火星の植民地化を始める計画を発表したばかり。

  • He proposes that he could have humans on Mars by 2024

    彼は2024年までに火星に人類を住まわせることを提案している。

  • and use the same tech to get people to travel anywhere around the world in under one hour

    と同じ技術を使用して、1時間以内に世界中のどこでも旅行するために人々を得るために

  • This is all going to be done using a spacecraft codenamed the BFR [Big Falcon Rocket].

    これはすべてBFR[ビッグファルコンロケット]というコードネームの宇宙船を使って行われます。

  • In a presentation at the International Astronautical Congress [IAC] in Adelaide, Australia,

    オーストラリアのアデレードで開催された国際宇宙会議(IAC)での発表で。

  • Musk outlined his plan.

    ムスクは計画の概要を説明した。

  • It's not the first time that he's talked about Mars.

    火星の話は今に始まったことではない。

  • His first public interest in the red planet was expressed back in 2001,

    彼が赤い惑星に初めて関心を持ったのは2001年のことでした。

  • and last year he claimed that a million people could be on Mars by the 2060s.

    そして昨年、彼は2060年代までに100万人が火星に行けると主張していました。

  • This latest announcement was more of a fine-tuning of that plan.

    今回の発表は、そのプランの微調整というよりも

  • So here's the rundown:

    さて、ここからが本題です。

  • The BFR will stand 100 metres tall, with 31 engines

    BFRは高さ100メートル、31基のエンジンを搭載しています。

  • to lift a payload of more than 4,000 tons into space. [correction: 150 tons into LEO]

    4,000トン以上のペイロードを 宇宙に持ち上げることができます [訂正:LEOに150トン]

  • Each of these engines will have multiple redundancies built in,

    これらのエンジンには、それぞれ複数の冗長性が組み込まれています。

  • in an attempt to bring the probability of failure towards zero.

    失敗の確率をゼロに近づけようとしています。

  • The BFR is slightly larger than a Saturn V rocket, which propelled astronauts to the moon during the Apollo missions.

    BFRは、アポロ計画で宇宙飛行士を月に運んだサターンV型ロケットよりも少し大きめのロケットです。

  • To give you an idea, it can carry a cargo payload with a living space that's eight stories tall,

    案の定、8階建ての居住空間に貨物を積むことができます。

  • and holds more volume than an Airbus A380's passenger cabin.

    エアバスA380の客室よりも多くの容積を持っています。

  • It also has a fin, so that it could be more easily controllable in any atmosphere that it comes across.

    また、フィンが付いているので、どんな雰囲気の中に入ってきても、よりコントロールしやすくなっているかもしれません。

  • The payload section, or the part that's the interplanetary ship, will be 48 metres long and feature 40 cabins, each capable of carrying three people.

    ペイロード部分、つまり惑星間航行船の部分の長さは48メートルで、40室のキャビンがあり、それぞれに3人が乗れるようになっています。

  • Despite this, Musk claims that the overall cost will be much cheaper than other launch vehicles currently available,

    にもかかわらず、ムスクは、全体のコストは、現在利用可能な他のロケットよりもはるかに安いだろうと主張しています。

  • because it can safely return to Earth and be reused.

    安全に地球に戻って再利用できるから。

  • He gave the example of throwing away a $2 million Cessna light aircraft after every one-way trip

    200万ドルのセスナ軽飛行機を片道旅行のたびに捨ててしまう例を挙げています。

  • instead of investing in a large passenger jet and footing the bill for a half-million dollar return trip

    大型旅客機に投資して50万ドルの往復費用を負担する代わりに

  • the point being that although the initial capital is higher, in the long run the jet will turn out to be much cheaper.

    要は、初期の資本金は高くても、長期的にはジェット機の方がはるかに安くなるということです。

  • "In one case you have to build an entire aircraft, in the other case you just have to refuel something, so

    "ある場合は機体全体を作らなければならないし、別の場合は何かに燃料を補給するだけなので

  • "it's, it's really crazy that we build these sophisticated rockets and then crash them every time we fly

    "それは... こんなに洗練されたロケットを作って 飛ぶたびに墜落させるなんて...

  • This is mad!"

    狂ってる!"

  • Musk believes that he could send two BFR cargo ships to Mars by 2022,

    ムスクは、2022年までに2隻のBFR貨物船を火星に送ることができると考えている。

  • with the first two crewed crafts touching down just two years later.

    そのわずか2年後、最初の2つの乗組員によるクラフトが着陸しました。

  • In the presentation he went on to talk about how the BFR could be used in other ways:

    プレゼンの中では、BFRの他の使い方についてもお話がありました。

  • For example, the same technology could fly people anywhere in the world in less than one hour,

    例えば、同じ技術を使えば、1時間もかからずに世界中のどこへでも人を飛ばすことができる。

  • potentially revolutionising global transportation, with passengers paying essentially the same as they do now for a commercial airline ticket.

    世界の交通機関に革命を起こす可能性があり、乗客は現在の民間航空会社の航空券と実質的に同じ料金を支払うことになる。

  • Another use for the BFR was to help build an outpost on the Moon

    BFRのもう一つの用途は、月面への前哨基地建設を支援することでした。

  • "It's 2017. I mean we should have a lunar base by now.

    "2017年です。そろそろ月面基地があるはずなんですが

  • What the hell's going on?"

    何が起こっているんだ?"

  • Another brief suggestion was space services.

    もう一つの簡単な提案は、宇宙サービスでした。

  • This includes launching many satellites at once

    これには、多数の衛星を一度に打ち上げることも含まれます。

  • or just one large satellite with a surface area ten times that of the Hubble Space Telescope

    あるいは、ハッブル宇宙望遠鏡の10倍の表面積を持つ大型衛星1機だけでも

  • without a need for a complex unfolding procedure once released.

    解放された後の複雑な展開手順を必要とせずに

  • This is possible due to the large cargo area.

    荷室が広いからこそ可能なことです。

  • Taking the idea further, old satellites and space debris could be collected at much lower costs

    さらに考えれば、古い衛星やスペースデブリを低コストで回収できる可能性があります。

  • Construction of the BFR is set to start in 2018

    BFRの着工は2018年に決定

  • and the machinery for building the engines has already been ordered and is on its way.

    とエンジンを構築するための機械はすでに発注されており、現在進行中です。

  • The end goal is to have as many as a thousand ships in a holding pattern in orbit around Earth

    最終的な目標は、地球周回軌道上に1000隻もの船を保持することです。

  • Then every 26 months or so when Earth and Mars are aligned the ships would unravel their solar panels and leave for Mars.

    そして、26ヶ月ごとに地球と火星が一直線になると、船は太陽電池パネルを分解して火星に向けて出発します。

  • The journey would last three to six months and human cargo and suppliers will be dropped off every trip.

    旅は3~6ヶ月間続き、人間の貨物やサプライヤーは旅のたびに降ろされます。

  • So a lot of people are doubtful as if this timeline is realistic or even possible.

    だから、このタイムラインが現実的なのか、可能なのか、多くの人が疑っています。

  • Elon's company, SpaceX, has been late on their promise for the Falcon heavy rocket by at least five years, but still some experts are hopeful.

    エロン社のスペースX社は、ファルコン重ロケットの約束が少なくとも5年遅れているが、それでも一部の専門家は希望を持っている。

  • Bobby Braun, NASA's former chief technologist states, quote:

    ボビー・ブラウン、NASAの元最高技術責任者の状態は、引用します。

  • [speaking text in video]

    [ビデオのテキストを話す]

  • End quote.

    引用終了。

  • It's not just building the rocket though. Landing humans on Mars will be one of the biggest technical undertakings of all time.

    ロケットを作るだけではありません。火星に人類を着陸させることは、史上最大の技術的な仕事の一つになるでしょう。

  • That being said, the company has beaten the odds before,

    そう言われてみれば、この会社は以前にも勝負に勝ったことがある。

  • the main example being reusable rocket boosters.

    主な例は再利用可能なロケットブースターです。

  • As for paying for the project, Musk's plan is as follows:

    有料化に関しては、ムスクの計画は以下の通りです。

  • SpaceX will build a stockpile of their older Falcon 9 and Dragon capsules, and sell as many rides to space as possible for cargo missions.

    SpaceXは、彼らの古いファルコン9とドラゴンのカプセルの備蓄を作り、貨物ミッションのために可能な限り多くの宇宙への乗り物を販売する予定です。

  • The revenue from launching satellites and servicing the space station will go towards the BFR, which the company will now focus its attention on.

    人工衛星の打ち上げや宇宙ステーションのサービスで得た収益は、今後は同社が注力するBFRに充てられることになる。

  • As it stands right now, by human standards, Mars will kill you.

    今の状態では、人間の基準では、火星はあなたを殺すでしょう。

  • It has unbreathable air and most of its water is within subsurface ice deposits.

    それは呼吸できない空気を持っており、その水のほとんどは地下の氷の堆積物の中にあります。

  • There's certainly a lot of work ahead to make this a reality,

    これを実現するためには、確かに多くの仕事が待っています。

  • but it seems like it *just* could be possible.

    しかし、それはそれが*just*可能性があるように思えます。

  • A 2016 paper by NASA detailed exactly how to enable a Mars colony from their data received by the Mars rovers.

    NASAによる2016年の論文は、火星探査機が受信した彼らのデータから火星のコロニーを可能にする方法を正確に詳述しています。

  • According to NASA, quote:

    NASAによると、引用。

  • [speaking text in video]

    [ビデオのテキストを話す]

  • End quote.

    引用終了。

  • This all seems like a very long shot, but not so long ago, air travel was thought not to be possible.

    これだけ見るととても遠い話のように思えますが、少し前までは空の旅はありえないと思われていました。

  • So I'm interested to know what you guys think, do you think this is going to be possible,

    だから、皆さんがどう思うか興味があります。 これは可能だと思いますか?

  • or do you think unforeseen challenges will cripple the project?

    それとも不測の事態が発生したと思いますか? プロジェクトを潰してしまうのではないか?

  • For me personally, I think the BFR is a pretty good idea;

    個人的にはBFRはかなりいいと思います。

  • a standardised rocket to carry out many space services.

    多くの宇宙サービスを行うための標準化されたロケット。

  • And I think at least that part of the plan will go ahead.

    そして、少なくともその部分は計画通りに進むと思います。

  • So let's close out this video with some images of the alien planet in HD glory,

    だから、HDの栄光のエイリアンの惑星のいくつかの画像でこのビデオを閉じてみましょう。

  • brought to us by NASA and the Mars rovers.

    NASAと火星探査機によってもたらされた。

  • This has been Dagogo, you've been watching ColdFusion,

    これはダゴゴになってしまいました。 ColdFusionを見ていたんですね。

  • if you just stumbled across this channel feel free to subscribe

    もしあなたがこのチャンネルを偶然見つけたならば、気軽に購読してください。

  • Thanks for watching, and let's see what the future holds.

    ご覧いただきありがとうございました!今後の展開を見ていきましょう。

  • [outro music]

    [その他の音楽]

  • "Cold fusion. It's new thinking."

    "コールドフュージョン"新しい考え方だ"

You are watching ColdFusion TV.

ColdFusion TVをご覧になっています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 火星 ロケット ムスク 宇宙 貨物 nasa

エロン・ムスク「2024年までに火星に行く」とのこと

  • 145 9
    Ntiana に公開 2017 年 11 月 23 日
動画の中の単語