Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Chapter one

    第一章

  • Prince Zigfried

    ジグフリード王子

  • Once upon a time, in a faraway land, there lived a Prince. His name was Zigfried, and

    むかしむかし、遠くの国で 王子が住んでいた彼の名前はジグフリートで

  • he was very unhappy. His father, the King, had died, and since then, everyone in the

    彼はとても不幸だった彼の父である国王は が死んでしまったので、それ以来、全員の

  • palace had forgotten how to smile. Without his father, Zigfried thought he would never

    宮殿は笑顔を忘れていた笑顔がなければ 父親のジグフリードは、自分は絶対にしないと思っていた。

  • feel happy again.

    再び幸せを感じる

  • Every day, Zigfried sat at the window in his room in the palace, looking at the birds in

    毎日、ジグフリードは窓際に座っていた。 殿中の鳥を見ながら

  • the trees.

    木です。

  • "How can they sing and fly so free?

    "どうやったらあんなに自由に歌って飛べるんだろう?

  • They must not feel like me."

    "彼らは私のようには感じないに違いない"

  • His servant, Ozlowe, tried to make the prince smile by telling him jokes or doing funny

    下僕のオズロウェが王子にさせようとした。 笑う

  • tricks for him. But the Prince would not smile.

    彼のためにトリックをしました。しかし、王子は微笑まなかった。

  • "I know you love me Ozlowe, but I cannot smile. My heart is broken."

    "愛してるのは分かってるけど 笑えない "心が折れそうだ"

  • Ozlowe would not give up.

    オズロウは諦めなかった。

  • "Let's go for a walk, good Prince. Maybe we can find something outside which will make

    "散歩に行こうよ、いい王子様。多分、私たちは 外にあるものは外にある

  • you happy."

    "お前は幸せだ"

  • "If you wish Ozlowe, but I don't think there's anything that can make me happy."

    "オズロー "を希望するならば、ですが "私を幸せにしてくれるものなら何でも"

  • Ozlowe put on his hunting cap, and he took his crossbow. He enjoyed hunting and he hoped

    オズロウは狩猟帽を被って 彼のクロスボウを彼は狩りを楽しんでいて

  • to catch a bird or a rabbit for the Prince.

    王子のために鳥やうさぎを捕まえる。

  • They walked through the forest until they came to a lake. On the lake there was a beautiful

    二人は森の中を歩いていた は湖にやってきました。湖の上には、美しい

  • white swan. It had a gold crown on its head, that only Princesses wear. The swan swam towards

    白鳥頭に金の冠をつけていました。 お姫様だけが身につけるもの白鳥は泳いで行きました

  • the prince and looked into his eyes. The swan's eyes were so sad that Prince Zigfried felt

    と王子の目を覗き込んだ。白鳥の ジグフリート王子の目が悲しそうだった。

  • sorry for it.

    申し訳ありませんでした。

  • "Here is a creature which feels worse than I do. But why do you have that crown on your

    "ここには、より悪いと感じる生き物がいる そうだよでも、なぜその王冠をつけているの?

  • head?"

    頭は?

  • The swan opened its wings and cried out.

    白鳥は羽を開いて泣き叫んだ。

  • "I think it's trying to tell me something."

    "何かを伝えようとしていると思う"

  • Ozlowe had his crossbow in his hands. He wanted to shoot the swan.

    オズロウは手にクロスボウを持っていた。彼は 白鳥を撃つために

  • "I'll get that swan for you. Prince. Just one minute."

    "あの白鳥は私が取ってくる王子様ただ... "1分"

  • "Ozlowe, no!"

    "オズロウ ダメだ!"

  • Before Ozlowe could shoot, a magic owl flew from a tree and took Ozlowe's cap off his

    オズロウが撃つ前に魔法のフクロウが飛んできた。 木の上からオズロウの帽子を取って

  • head. This cast a spell on him, and he was turned to stone. The Prince did not understand.

    頭部に魔法をかけた。これが彼に魔法をかけて、彼は 石になってしまった王子は理解していませんでした。

  • "Ozlowe, what has happened to you?

    "オズロウ、何があったの?

  • Speak to me!"

    話してくれ!

  • He looked back at the lake. The swan was gone.

    彼は湖を振り返った。白鳥はいなくなっていた。

  • "Everything I do goes wrong. This must have happened because of me!"

    "何をやってもうまくいかないこれはきっと 私のせいで起きたことだ!」と

  • The Prince returned to the palace sadder than before, thinking to himself:

    王子は宮殿に戻りました と自分に言い聞かせながら、前に

  • "If only Ozlowe were here!

    "オズローがいてくれれば!

  • There is nothing good in my life any more".

    私の人生にはもう何もいいことはない」と。

  • Zigfried's mother came to see him that night. She had something important to say.

    ジグフリードの母親がその夜 彼に会いに来た 彼女は重要な話をしたいと言っていた

  • "Zigfried, soon you will be eighteen years old. You must take your father's place as

    "ジグフリード もうすぐ18歳になる 年老いたあなたは父親の代わりに

  • King. I am having a ball on your birthday so that you may choose a wife, and I will

    王様私はあなたの誕生日にボールを持っています あなたが妻を選ぶことができるように、私は

  • invite all the princesses from the other kingdoms."

    "他の王国の王女を招待する"

  • "But I do not wish to marry, Mother. I do not love anyone."

    "でも私は結婚したくありません、母上私は "誰も愛していない"

  • "You will learn to love someone. First, you must stop thinking of yourself."

    "人を愛することを学ぶまず、あなたは "自分のことを考えるのはやめろ"

  • "If this will make you happy, I'll do it, Mother."

    "これであなたが幸せになれるなら、私はそうします。 "お母さん"

  • "It is not for my happiness that I am doing this. It is for yours, and all the other people

    "私がしていることは私の幸せのためではない これはそれはあなたと他のすべての人のためのものです。

  • in this land. You see, love is more powerful than we know. Without it, you will not be

    この土地では愛はより強力なものだ 私たちが知っているよりもそれがなければ、あなたは

  • a great King."

    "偉大な王"

  • His mother left him. He sat at the window, thinking of what she had said. He wanted to

    母親が出て行った彼は窓辺に座っていました。 彼女が言ったことを考えて彼は望んでいた

  • love someone with all his heart, but he didn't know who it would be.

    惚れても惚れない それが誰であるかを知っている。

  • Chapter two

    第二章

  • The Beautiful Princess

    美しき姫君

  • On the morning of the Royal Ball, everybody was very busy in the palace. The Queen's maids

    王室の舞踏会の朝、みんな 宮殿内は大忙しでした女王のメイドたちは

  • were preparing the Queen's dress. The servants cleaned the floors and windows, and the cooks

    女王のドレスを準備していた召使たちは 床や窓を掃除したり、料理人が

  • were cooking enough food for a thousand people.

    千人分の料理を作っていた

  • The prince looked handsome in his red outfit. But he was still not happy. He left the palace

    王子は赤い服を着てハンサムに見えた。 しかし、彼はまだ満足していませんでした。彼は宮殿を後にした

  • to be alone and think, and went to the stone statue of Ozlowe.

    一人になって考え、石のところに行きました。 オズロウェの像。

  • "It's my birthday today Ozlowe. I'm eighteen. That means that I must marry someone and become

    "今日はオズロウの誕生日なんだ。私は18歳。 ということは、誰かと結婚して

  • King. The problem is I don't want to get married; I don't love anyone."

    王様問題は結婚したくないこと。 "誰も愛していない"

  • There was a quiet splashing in the lake. Zigfried looked and saw the beautiful swan with the

    湖には静かな水しぶきが響いていました。ジグフリード を持った美しい白鳥を見て

  • gold crown.

    金の冠。

  • "There it is!

    "あった!

  • The beautiful swan has come back."

    "美しい白鳥が帰ってきた"

  • He went closer to the water to look at it. Its eyes had the same sadness in them, but

    彼はそれを見るために水に近づいた。 その目には同じような悲しみがあったが

  • it was happy to see Zigfried and it swam close to him. Zigfried looked into its eyes and

    ジグフリードを見て喜んで近くを泳いでいた と言っていました。ジグフリードはその目を見て

  • talked to it.

    と話していました。

  • "I think you understand me. I think you know how people feel."

    "私のことを理解してくれていると思います。"あなたは私を理解していると思います "人の気持ち"

  • A tear fell from the swan's eye.

    白鳥の目から涙が落ちた。

  • "Don't cry. You should be happy that you are a swan. You will never have to marry someone

    "泣くな。と喜ぶべきです。 白鳥が結婚する必要はありません

  • you do not love. You will never feel sad when someone dies." The swan made a loud cry. Its

    あなたが愛していないあなたは決して悲しい思いをすることはありません。 "誰かが死ぬ"白鳥は大きな鳴き声をあげましたその

  • wings moved back and forth at its sides. Suddenly, an owl appeared as if from nowhere and flew

    翼が左右に前後に動いた。突然のことだ。 ふくろうが飛んできた

  • at Zigfried's head, but it missed. The owl flew off, and the swan began to swim away.

    ジグフリードの頭を狙ったが 失敗したフクロウは 飛んで行き、白鳥は泳ぎ去っていきました。

  • "Wait. Don't leave."

    "待って"行かないで"

  • Zigfried ran round the edge of the lake, following the swan. He had to run fast to see where

    ジグフリードは湖の端を走り回り、それに続いて 白鳥だ白鳥がどこにいるのかを確認するために 速く走らなければならなかった

  • it went. Soon, he was in a part of the forest he did not know. Tall trees blocked out the

    行ってしまいました。すぐに、彼は森の一角にいました。 彼は知らなかった背の高い木々が

  • sun. It was very dark.

    太陽の下でとても暗かったです。

  • The swan swam to an ugly old castle. When it left the water, something magical happened;

    白鳥は醜い古城に泳いだ。醜い古城に泳いだ白鳥は 水から出た時、何か不思議なことが起きました。

  • the swan turned into a beautiful Princess. She had long blonde hair and she wore a long

    白鳥は美しい王女に変身しました。 彼女は長いブロンドの髪をしていました。

  • white dress. The crown was still on her head. Zigfried ran to where she stood at the castle

    白いドレス。王冠はまだ彼女の頭の上にあった。 ジグフリードは、彼女が城に立っているところまで走って行きました。

  • door.

    によって。

  • "Wait!

    "待って!

  • Where are you going?"

    どこに行くの?"

  • The Princess stopped, but she did not look at him.

    姫は立ち止まりましたが、見向きもしませんでした。 彼に向かって

  • "Look at me, please. My name is Prince Zigfried and I want to know who you are."

    "私を見てください。私の名前はジグフリード王子 あなたが誰なのか知りたい"

  • The Princess turned to look at the Prince. She had the same dark, sad eyes of the swan.

    姫は王子を見るように振り向いた。 姫は白鳥と同じように暗く悲しい目をしていました。

  • "My name is Princess Odile."

    "私の名前はオディール姫です"

  • "But why were you a swan?

    "でも、なんで白鳥だったの?

  • Why do you look so sad?"

    "何でそんなに悲しそうな顔をしてるの?"

  • "An evil wizard called Rocford cast a spell on me. I may only leave the castle during

    "ロクフォードと呼ばれる邪悪な魔法使いが魔法をかけた 私の上に私が城を出られるのは

  • the day as a swan."

    "白鳥のような日"

  • "Where is this wizard?

    "彡(゚)(゚)「この魔法使いはどこにいるの?

  • I will talk to him. I will tell him this is wrong."

    彼と話すわこれは 間違っている

  • "No, you mustn't. He will hurt you, I know. He does not want me to see another man."

    "いいえ、してはいけません。彼はあなたを傷つけるでしょう、私は知っています。 彼は私に他の男に会って欲しくないのよ"

  • "Tell me where this man is!

    "この男の居場所を教えてくれ!

  • I will fight him and free you."

    私は彼と戦い、あなたを自由にします。"

  • "No, you must leave. He is dangerous."

    "いいえ、あなたは去らなければなりません。彼は危険だ"

  • "I won't leave until I see him; You must be set free."

    "私は彼に会うまでここを離れません。 解放された

  • "Please. You are very kind, but you must go away."

    "お願いします。あなたはとても親切ですが、あなたは行かなければなりません "離れて"

  • "I won't!"

    "しないよ!"

  • She looked into his eyes again.

    彼女は再び彼の目を覗き込んだ。

  • "If you want to do something for me, you will leave now."

    "私のために何かをしてあげたいと思ったら "今すぐ出て行け"

  • "Odile, I will leave if you want me to. But I want you to come to the ball tonight. I

    "オディール、あなたが望むなら私は出て行きます。しかし 今夜の舞踏会に来て欲しいI

  • must choose a wife and I want to choose you."

    "妻を選ばなければならない 私はあなたを選びたい"

  • "I can't. The wizard won't let me."

    "私はできない魔法使いはそうさせてくれない"

  • "Find a way. Promise me you'll try."

    "方法を見つけろやってみると約束してくれ

  • She spoke softly.

    彼女は優しく話してくれた。

  • "All right. I'll try."

    "わかったわ"やってみるよ"

  • Chapter three

    第三章

  • Odet

    オーデット

  • Zigfried left, and Odile went inside the castle. Odet, the wizard's evil daughter, was behind

    ジグフリートは去り、オディールは城の中に入った。 後ろには魔法使いの娘オデットがいました。

  • a tree. When she saw Odile talking to the Prince, she was jealous; she wanted to go

    一本の木。と話しているオディールを見て、彼女は 王子、彼女は嫉妬していた、彼女は行きたいと思っていた。

  • to the ball, and what was more, she wanted to marry the Prince. She didn't like Odile,

    舞踏会に行って、それ以上に、彼女が欲しがっていたのは 王子と結婚するために彼女はオディールが嫌いだった

  • because she was so beautiful and kind. But the wizard loved her, so Odet couldn't do

    美人で優しい人だったからでも 魔法使いは彼女を愛していたから オデットは何もできなかった

  • anything to hurt her... until now!

    彼女を傷つけるためなら何でも...今までは!

  • Odet went to the wizard's room, but he was not there. The room looked like a museum.

    オーデットは魔法使いの部屋に行ったが、彼は そこにはなかった。部屋は美術館のようになっていました。

  • There was an Egyptian statue against one wall, and large aquariums full of strange fish.

    一枚の壁を背にしたエジプト像がありました。 と大きな水槽には不思議な魚がいっぱい。

  • On a table stood many different coloured bottles. Odet opened one of the bottles. Smoke came

    テーブルの上には色とりどりの瓶が立っていました。 オデットはそのうちの一つを開けました。煙が出てきました。

  • out of it. It smelled of burning wood.

    それが出てきた燃える木の匂いがした

  • The magic owl flew into the open window, unseen by Odet, and changed back into the wizard.

    魔法のフクロウは、誰にも見られずに、開いた窓の中に飛んでいきました。 オーデットによって、魔法使いに乗り換えました。

  • "Do you like the smell?"

    "この匂いは好きか?"

  • "Oh, Father!

    "お父様!

  • You scared me."

    "怖かったよ"

  • "You wouldn't be afraid if you were not in my room when I wasn't here."

    "あなたは、あなたがいなければ怖くないでしょう。 "私がいない時は私の部屋にいた"

  • "I know father, but I have something very important to tell you. It's about Odile."

    "父上は知っていますが、私にはとても大切なものがあります 大事な話があるオディールのことだ

  • The wizard opened his eyes wide. He was a tall man, with a long, white beard and long,

    魔法使いは目を大きく見開いた。彼は 背の高い男で、白ひげが長くて長い。

  • white hair. He wore a big black hat and a long black robe with stars on it.

    白髪。大きな黒い帽子をかぶり 星のついた長い黒のローブ

  • "Tell me what you know!"

    "知っていることを教えてくれ!"

  • "First, you must promise to do something for me."

    "まず、あなたは何かをすることを約束しなければなりません "私を"

  • "What is it?"

    "どうしたの?"

  • "I can't tell you now. First, I must tell you about Odile, then I will ask for something.

    "今は言えない。まず、私が言わなければならないのは オディールのことでお聞きしたいことがあるのですが

  • Will you do it?"

    "やってくれるか?"

  • "Tell me, before I turn you into a frog!"

    "カエルになる前に教えてくれ!"

  • The wizard was very much in love with Odile. He would change his daughter into a frog because

    魔法使いはオディールをとても愛していました。 娘をカエルに変えようとしたのは

  • he wanted to know about Odile.

    オディールのことを知りたがっていた

  • "Today, I saw Odile talking to Prince Zigfried. The Prince asked Odile to go to the royal

    "今日、オディールがジグフリート王子と話しているのを見た。 王子はオディールに王室の

  • ball tonight. He wants to marry her and free her from your evil powers."

    今夜の舞踏会で彼は彼女と結婚して自由になることを望んでいる "あなたの邪悪な力から彼女を救う"

  • The wizard turned in a circle and pointed his hand at the floor. Fire came from his

    魔法使いは円を描くようにして指差し 彼の手が床に触れた彼の手から火が出た

  • fingers and hit the floor. The whole castle shook.

    指を立てて床を叩く。城全体の 揺れた。

  • "I should have destroyed the Prince today, when I saw him with Odile."

    "彡(゚)(゚)「今日は王子を滅ぼすべきだった "オディールと一緒にいるのを見た時"

  • "You saw him, too?"

    "あなたも見たの?"

  • "Yes, at the lake. I attacked him, but I was only an owl. Odile knew this and she left

    "そう、湖で。襲ったのですが、私は ただのフクロウだったオディールはそれを知って

  • him. He must have followed her here."

    彼の後を追っていた彼は彼女を尾行してここに来たに違いない"

  • "Oh yes Father, and he is so handsome!

    "そうそう、父上、そして彼はとてもハンサムです!

  • You should see his face!"

    "彼の顔を見るべきだ!"

  • "Silence!"

    "静粛に!"

  • The wizard turned himself into a large, stone ball. He threw himself against the walls,

    魔法使いは自分自身を大きな石のような大きなものに変えた。 ボール彼は壁に向かって身を投げた。

  • making the castle shake again. Alone in her room, Odile felt the castle shaking. She hid

    城を再び揺るがしたひとりで 部屋の中で、オディールは城が揺れているのを感じた。彼女は隠れて

  • her head under a pillow on her bed; she hated it when the wizard got angry.

    彼女はベッドの上で枕の下に頭を突っ込むのが嫌いだった。 魔法使いが怒った時に

  • The wizard changed back into himself in his room.

    魔法使いは、彼の中で自分自身に戻って変化しました。 の部屋。

  • "Now Father, you promised you'd do something for me."

    "さあ、お父さん、約束したことがあるでしょう? "私のために"

  • "I never promised you anything!"

    "私は何も約束していない!"

  • "Oh, Father. I want to go to the ball!

    "ああ、お父さん。舞踏会に行きたい!

  • I want to marry the prince."

    "王子様と結婚したい"

  • The wizard angrily raised his hand again. Then, he thought of something. Slowly, he

    魔法使いは怒って再び手を挙げた。 そして、彼は何かを考えた。ゆっくりと、彼は

  • lowered his hand.

    と手を下げた。

  • "You would like to go to the ball, wouldn't you?"

    "球場に行きたいですよね? あなたは?

  • "Oh yes, Father!"

    "そうだ お父さん!"

  • "And you would like to marry the prince?"

    "王子様と結婚したいのですか?"

  • "Yes, I would."

    "そうだな、そうしたい"

  • "Then you will, and he will think that you are Odile."

    "そうすれば、彼はあなたのことを "オディールだ"

  • "Oh Father, what a wonderful idea!"

    "お父様、素晴らしいアイデアだ!"

  • She put her arms around him. His body was cold as stone, and his eyes were filled with

    彼女は彼に腕を回した。彼の体は 石のように冷たく、彼の目は

  • fire.

    火事だ

  • Chapter four

    第四章

  • A bird in a cage

    檻の中の鳥

  • Odile's room was at the top of the castle tower. Rocford had put her there, after he

    オディールの部屋は城の最上階にあった 塔の上でロクフォードが彼女をそこに置いたんだ

  • had taken her from her parents. She was the most beautiful Princess in the land, and her

    彼女は両親から連れ去られた彼女は この国一美しい姫君と

  • parents were good and kind. Rocford had asked her father if he could marry Odile.

    両親は善良で親切だったロクフォードは オディールと結婚できるかどうか 彼女の父親に聞いてみた

  • "We must ask my daughter what she thinks."

    "娘の考えを聞かなければならない"

  • Odile was brought to the wizard.

    オディールは魔法使いに連れてこられた。

  • "Odile, this man lias asked to marry you. He says he is very rich and that he will make

    "オディール この人はあなたと結婚したいと言っている "彼はとても金持ちで

  • you the happiest princess in the world. What do you think?"

    世界一幸せなお姫様だ何が どう思う?

  • Odile looked into the wizard's eyes.

    オディールは魔法使いの目を覗き込んだ。

  • "Do you promise to love me forever, with all your heart?"

    "永遠に愛してくれると約束してくれますか? "あなたの心は?"

  • Will you love me so much that you will not think of what you want, even if it hurts you

    あなたは私を愛しているので、あなたはしないでしょう 痛くてもやりたいことを思い浮かべる

  • to do this?"

    "これをするために?"

  • The look in her eyes and her questions made Rocford uncomfortable.

    彼女の目を見て、彼女の質問は ロクフォードが不快。

  • "Why do you ask me such questions?

    "なぜ私にそのような質問をするのですか?

  • I told your father I could give you everything you could want."

    私はあなたのお父さんに言った 私はあなたにすべてを与えることができると "あなたが望むことができる"

  • The Princess smiled and turned her head away.

    姫は微笑んで顔を背けた。

  • "I'm sorry Father, but I will not marry this man. He does not know what love is."

    "申し訳ありませんが、父上、私はこの人とは結婚しません 男の人"彼は愛を知らない"

  • They did not know then that he was a wizard. Rocford had looked like a Prince. He wore

    その時は彼が魔法使いだとは知らなかった。 ロクフォードは王子のように見えた彼は身につけていた

  • beautiful clothes and looked very handsome. But, when he heard what Odile said to her

    綺麗な服を着ていて、とてもハンサムに見えた。 しかし、オディールが彼女に言ったことを聞くと

  • father, his face began to change. It became old and ugly. His clothes changed from blue

    父の顔が変わり始めましたそれは 老けて醜い彼の服は青から変わり

  • to black.

    黒に

  • "You do not know what you are saying, you silly girl. I do not have to ask for what

    "何を言っているのかわからない、あなたは おバカな女の子私は何を求めなくても

  • I want. I am a wizard, and I can do anything I please."

    欲しいです。私は魔法使いで、何でもできる。 "お願いします"

  • He waved his hands through the air, and a fire started in the castle where the Princess

    宙を舞う手を振って、彼は お城の火事

  • and her parents lived. He had turned Odile into a small bird in a cage, and carried her

    と彼女の両親が住んでいた。彼はオディールを 檻の中の小鳥にして、抱っこして

  • to his castle where he locked her up in a tower.

    彼は彼女を城に監禁した タワー。

  • The entire kingdom was destroyed by this fire, and her parents were killed.

    この火事で王国全体が破壊されました。 と彼女の両親が殺されました。

  • There was a real bird in a cage in Odile's room at the wizard's castle. The wizard had

    オディールの檻の中に本物の鳥がいました 魔法使いの城の部屋魔法使いが持っていたのは

  • put it there so that Odile would remember the power he had over her. He only let her

    オディールが覚えているように 彼が彼女に与えた力を彼は彼女に

  • leave the castle as a swan because he did not want other men to fall in love with her.

    白鳥のように城を去る 他の男性が彼女を好きになるのを望まない。

  • At night, she stayed in her room talking to the bird, who was her only friend. She called

    夜は部屋にこもって話していた。 彼女の唯一の友人である鳥を彼女は

  • the bird Patrice, because it was her mother's name.

    鳥のパトリスは母親のものだったから という名前を付けています。

  • "Oh Patrice, what should I do?

    "パトリス、どうしようかな?

  • The ball is tonight, and I am a prisoner here. I believe the Prince loves me with all his

    舞踏会は今夜です 私はここの囚人です 王子は私を心から愛していると信じています

  • heart. I saw it in his eyes. He loved me even as a swan."

    心の中で彼の目にはそれが見えました彼は私を愛していた "白鳥のように"

  • The bird began moving its wings wildly. It always knew when something horrible was about

    鳥は乱暴に羽を動かし始めました。それは 雉も杓子も知らず

  • to happen.

    が起こるように。

  • "What is it Patrice, what are you afraid of?"

    "何を恐れているの?"

  • Odile heard keys in her locked door. She put the bird and its cage behind a curtain, because

    オディールは鍵のかかったドアの鍵の音を聞いた。彼女は 幕の内の鳥とその檻を

  • she did not want the bird to see what was about to happen.

    鳥には見てほしくなかったのでしょう 起こりそうです。

  • Chapter five

    第五章

  • Odet's New Voice

    オーデットの新しい声

  • The wizard entered Odile's room with Odet. Odet was the same age and height as Odile,

    魔法使いはオディールの部屋にオデットと共に入った。 オデットはオディールと同い年で身長も同じだった。

  • but she had dark hair. However, she wasn't as beautiful as Odile, and this made her very

    でも彼女は黒髪でしたしかし、彼女は オディールのように美しく、それが彼女をとても美しくしました。

  • jealous. The wizard spoke first.

    嫉妬しています。魔法使いが先に話した。

  • "Sit down, Odile. I would like to ask you something."

    "座れ オディール聞きたいことがある "何か"

  • The wizard waved his hand and a large and very comfortable pink chair appeared. Odile

    魔法使いが手を振ると、大きくて とても座り心地の良いピンクの椅子が登場しました。オディール

  • sat on it.

    その上に座っていた。

  • "Odet tells me that you would like to go to the ball tonight. Is that true?"

    "オデットが言ってたわ" "あなたが行きたいって 今夜のボールは本当か?"

  • "Yes."

    "はい"

  • "If I let you go to this ball, will you promise to marry me?"

    "この舞踏会に行かせたら約束してくれる? "私と結婚してくれないか?"

  • "I have told you, I will only marry a man who loves me and who I love."

    "私は男とだけ結婚すると言いました "私を愛している人、私を愛している人"

  • "But you know I love you."

    "でも愛してるのは分かってるでしょ?"

  • "If you loved me, you wouldn't keep me locked up in this castle. You wouldn't have killed

    "私を愛していたら、私を閉じ込めたりしないだろう この城の中であなたは殺さなかったでしょう

  • my parents."

    "私の両親"

  • "You are a fool!

    "お前はバカだ!

  • Would you like to marry the Prince?

    王子様と結婚したいですか?

  • Is that it?"

    "それだけか?"

  • "He loves me more than you do."

    "彼はあなたよりも私を愛している"

  • "How do you know?

    "どうやって知ったの?

  • He left you here with me. That shows you that you are wrong. He is afraid of me. He can't

    彼はあなたを私と一緒にここに置いてきたそれが示すのは あなたは間違っている彼は私を恐れている彼は

  • love you very much if he is afraid."

    "彼が恐れているならば、あなたをとても愛している"

  • "He did it for me!

    "私のためにやってくれたのよ!

  • I asked him to do it!"

    私が頼んだのよ!"