Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Before the creation of humanity, the Greek gods won a great battle against a race of giants called the Titans.

    人類が創造される前、ギリシャの神々は巨人と呼ばれる種族との戦いに勝利しました。

  • Most Titans were destroyed or driven to the eternal hell of Tartarus.

    ほとんどの巨人は滅ぼされるか、タルタロスの永遠の地獄に追いやられた。

  • But the Titan Prometheus, whose name means foresight, persuaded his brother Epimetheus to fight with him on the side of the gods.

    しかし、先見の明を意味する巨人のプロメテウスは、兄のエピメテウスを説得して、神々の側で共に戦うように説得した。

  • As thanks, Zeus entrusted the brothers with the task of creating all living things.

    感謝の意を込めて、ゼウスは兄弟にすべての生物を創造する仕事を託しました。

  • Epimetheus was to distribute the gifts of the gods among the creatures.

    エピメテウスは神々の贈り物を被造物の間で分配することになっていました。

  • To some, he gave flight; to others, the ability to move through water or race through grass.

    ある者には飛翔力を、またある者には水の中を移動したり、草の中を走ったりする能力を与えた。

  • He gave the beasts glittering scales, soft fur, and sharp claws.

    彼は獣にきらびやかな鱗、柔らかい毛皮、鋭い爪を与えた。

  • Meanwhile, Prometheus shaped the first humans out of mud.

    一方、プロメテウスは泥から最初の人間を作った。

  • He formed them in the image of the gods, but Zeus decreed they were to remain mortal and worship the inhabitants of Mount Olympus from below.

    彼は彼らを神々のイメージで形成したが、ゼウスは彼らを死すべき存在にとどめ、オリンポス山の住人を下から崇拝するように命じた。

  • Zeus deemed humans subservient creatures vulnerable to the elements and dependent on the gods for protection.

    ゼウスは、人間を神々の保護のために従属的な生き物と考えていました。

  • However, Prometheus envisioned his crude creations with a greater purpose.

    しかし、プロメテウスはより大きな目的を持った粗野な創造物を思い描いていた。

  • So when Zeus asked him to decide how sacrifices would be made, the wily Prometheus planned a trick that would give humans some advantage.

    そこで、ゼウスが生け贄をどうするかを決めるように頼んだとき、狡猾なプロメテウスは人間に有利になるようなトリックを計画した。

  • He killed a bull and divided it into two parts to present to Zeus.

    彼は雄牛を殺し、それを2つの部分に分けてゼウスに贈った。

  • On one side, he concealed the succulent flesh and skin under the unappealing belly of the animal.

    片側では、魅力のない動物の腹の下にある多肉質な肉と皮を隠していた。

  • On the other, he hid the bones under a thick layer of fat.

    もう一方では、骨を厚い脂肪の層の下に隠していた。

  • When Zeus chose the seemingly best portion for himself, he was outraged at Prometheus's deception.

    ゼウスが自分のために最善と思われる部分を選んだとき、彼はプロメテウスの欺瞞に激怒した。

  • Fuming, Zeus forbade the use of fire on Earth, whether to cook meat or for any other purpose, but Prometheus refused to see his creations denied this resource.

    ゼウスは激怒し、肉を調理するためであれ、他の目的のためであれ、地球上で火を使うことを禁じましたが、プロメテウスは自分の創造物がこの資源を否定されるのを見たくありませんでした。

  • And so, he scaled Mount Olympus to steal fire from the workshop of Hephaestus and Athena.

    そして、彼はオリンポス山に登り、ヘファエスタスとアテナの工房から火を盗みました。

  • He hid the flames in a hollow fennel stalk and brought it safely down to the people.

    中空のフェンネルの茎の中に炎を隠し、無事に人々の元へと降りてきた。

  • This gave them the power to harness nature for their own benefit and ultimately dominate the natural order.

    これにより、彼らは自分たちの利益のために自然を利用し、最終的には自然の秩序を支配する力を得たのです。

  • With fire, humans could care for themselves with food and warmth.

    火があれば、人間は食べ物と暖かさで自分の身を守ることができました。

  • But they could also forge weapons and wage war.

    しかし、彼らはまた、武器を鍛え、戦争をすることができます。

  • Prometheus's flames acted as a catalyst for the rapid progression of civilization.

    プロメテウスの炎は、文明の急速な発展の触媒として作用した。

  • When Zeus looked down at this scene, he realized what had happened.

    この光景を見下ろしたゼウスは、何が起こったのかを悟った。

  • Prometheus had once again wounded his pride and subverted his authority.

    プロメテウスはまたしてもプライドを傷つけ、権威を踏みにじった。

  • Furious, Zeus imposed a brutal punishment.

    激怒したゼウスは残忍な罰を与えた。

  • Prometheus was to be chained to a cliff for eternity.

    プロメテウスは永遠に崖に鎖でつながれることになっていた。

  • Each day, he would be visited by a vulture who would tear out his liver, and each night his liver would grow back to be attacked again in the morning.

    毎日のようにハゲタカに襲われて肝臓を切り裂かれ、毎晩のように肝臓が成長して朝にはまた襲われていました。

  • Although Prometheus remained in perpetual agony, he never expressed regret at his act of rebellion.

    プロメテウスは永遠の苦悩の中にあったが、反逆の行為に後悔の念を抱くことはなかった。

  • His resilience in the face of oppression made him a beloved figure in mythology.

    抑圧に直面しても、彼の回復力は神話の中で愛される人物となりました。

  • He was also celebrated for his mischievous and inquisitive spirit, and for the knowledge, progress, and power he brought to human hands.

    また、いたずら好きで探究心が強く、人間の手に知識や進歩、力をもたらしたことでも知られています。

  • He's also a recurring figure in art and literature.

    美術や文学の世界でも繰り返し活躍しています。

  • In Percy Bysshe Shelley's lyrical drama "Prometheus Unbound," the author imagines Prometheus as a romantic hero who escapes and continues to spread empathy and knowledge.

    パーシー・バイシェシェ・シェリーの叙情的なドラマ「プロメテウス・アンバウンド」で、著者はプロメテウスを逃亡し、共感と知識を広め続けるロマンティックなヒーローとしてイメージしている。

  • Of his protagonist, Shelley wrote, "Prometheus is the type of the highest perfection of moral and intellectual nature, impelled by the purest and the truest motives to the best and noblest ends."

    シェリーは彼の主人公について、「プロメテウスは、道徳的で知的な性質の最高に完璧なタイプであり、最も純粋で真実な動機によって、最高で高貴な目的に駆り立てられている」と書いている。

  • His wife Mary envisaged Prometheus as a more cautionary figure and subtitled her novel "Frankenstein: The Modern Prometheus."

    彼の妻メアリーは、プロメテウスをより警告的な人物として構想し、彼女の小説に「フランケンシュタイン」という副題をつけました。"現代のプロメテウス "と

  • This suggests the damage of corrupting the natural order and remains relevant to the ethical questions surrounding science and technology today.

    このことは、自然の秩序を破壊することの弊害を示唆しており、今日の科学技術を取り巻く倫理的な問いかけと関連している。

  • As hero, rebel, or trickster, Prometheus remains a symbol of our capacity to capture the powers of nature.

    英雄、反逆者、トリックスターとして、プロメテウスは、自然の力を捕らえる能力の象徴であり続けています。

  • And ultimately, he reminds us of the potential of individual acts to ignite the world.

    そして最終的には、個々の行為が世界に火をつける可能性を思い起こさせてくれる。

Before the creation of humanity, the Greek gods won a great battle against a race of giants called the Titans.

人類が創造される前、ギリシャの神々は巨人と呼ばれる種族との戦いに勝利しました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed ゼウス 神々 巨人 創造 隠し

TED-ED】プロメテウスの神話-イゼルト・ガレスピー

  • 9197 493
    詹士緯 に公開 2017 年 11 月 14 日
動画の中の単語