Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Reviewer: Queenie Lee

    レビュアー:クイニー・リー

  • Host: Please welcome to the TEDxSonomaCounty stage,

    ホストです。TEDxSonomaCountyのステージにようこそ。

  • Todd Rose.

    トッド・ローズ

  • (Applause)

    (拍手)

  • Todd Rose: It's 1952, and the Air Force has a problem.

    トッド・ローズ1952年、空軍は問題を抱えています。

  • They've got good pilots flying better planes,

    彼らは良いパイロットが良い飛行機に乗っています。

  • but they're getting worse results.

    しかし、彼らはより悪い結果を得ています。

  • And they don't know why.

    そして、彼らは理由を知りません。

  • For a while, they blamed the pilots.

    しばらくの間、彼らはパイロットを非難した。

  • They even blamed the technology.

    技術のせいにさえしていた。

  • They eventually got around to blaming the flight instructors.

    彼らは最終的にフライトインストラクターを非難するようになった。

  • But it turned out that the problem was actually with the cockpit.

    しかし、問題は実際にはコックピットにあったことが判明した。

  • Let me explain.

    説明させてください。

  • Imagine you're a fighter pilot.

    あなたが戦闘機のパイロットであることを想像してみてください。

  • You're operating a machine

    あなたは機械を操作している

  • that in some cases can travel faster than the speed of sound,

    場合によっては音速よりも速い速度で移動できることもあります。

  • and where issues between success and failure,

    とどこで成功と失敗の間の問題。

  • sometimes life and death,

    時には生死に関わることもあります。

  • can be measured in split seconds.

    を秒単位で測定することができます。

  • If you're a fighter pilot,

    戦闘機のパイロットであれば

  • you know that your performance

    ご存知の通り

  • depends fundamentally on the fit between you and your cockpit.

    根本的には自分とコックピットの適合性にかかっています。

  • Because after all, what good is the best technology in the world,

    なぜなら、結局のところ、世界最高の技術とは何かということだからです。

  • if you can't reach the critical instruments

    肝心の道具に手が届かなければ

  • when you need them the most?

    一番必要な時に?

  • But this presents a challenge for the Air Force.

    しかし、これは空軍にとっての課題です。

  • Because obviously, pilots are not the same size.

    明らかにパイロットはサイズが違いますから。

  • So, the issue is:

    だから、問題は

  • how do you design one cockpit that can fit the most individuals?

    一人でも多くの人にフィットするコックピットをどのようにデザインするのか?

  • For a long time,

    長い間

  • it was assumed that you could do this by designing for the average pilot.

    平均的なパイロットのために設計することでできることを前提としていました。

  • That almost seems intuitively right.

    それはほとんど直感的に正しいと思われます。

  • If you design something that's fit for the average sized person,

    平均的なサイズの人に合うようにデザインしてくれれば

  • wouldn't it fit most people?

    ほとんどの人には合わないのではないでしょうか?

  • It seems right but it's actually wrong.

    正しいようで実は間違っている。

  • And 60 years ago,

    そして60年前。

  • an Air Force researcher, Gilbert Daniels,

    空軍の研究者 ギルバート・ダニエルズ

  • proved to the world just how wrong this really is,

    これがいかに間違っているかを世界に証明しました。

  • and what it was costing us.

    そして、それが何を犠牲にしていたのか。

  • Here's how he did it.

    彼がどうやってやったかを紹介します。

  • He studied over 4,000 pilots

    彼は4,000人以上のパイロットを研究しました。

  • and he measured them on ten dimensions of size,

    と言って、10の寸法で測ってくれました。

  • and he asked a very simple question:

    と、非常にシンプルな質問をしてきました。

  • how many of these pilots are average on all ten dimensions?

    これらのパイロットのうち何人が10の次元で平均的なのでしょうか?

  • (Laughter)

    (笑)

  • The assumption was that most of them would be.

    大半がそうであることが前提でした。

  • Do you know how many really were?

    本当に何人いたか知ってますか?

  • Zero.

    ゼロだ

  • Gilbert Daniels proved

    ギルバート・ダニエルズが証明した

  • there was no such thing as an average pilot.

    平均的なパイロットなんていなかったんだ

  • Instead, what he found

    その代わり、彼が見つけたのは

  • was that every single pilot had what we call a jagged size profile.

    パイロットは皆、ギザギザと呼ばれるサイズのプロファイルを持っていました。

  • Right?

    だろ?

  • It means no one is the same on every dimension.

    どの次元でも同じ人はいないということです。

  • And this makes sense.

    そして、これは理にかなっている。

  • Just because you're the tallest person

    あなたが一番背が高いからといって

  • doesn't mean you're the heaviest,

    は、あなたが一番重いという意味ではありません。

  • doesn't mean you have the broadest shoulders,

    と言っても、肩幅が広いわけではありません。

  • or the longest torso.

    または胴体の長い方。

  • But this is tricky because if every pilot has a jagged size profile

    しかし、すべてのパイロットがギザギザのサイズプロファイルを持っている場合、これは厄介です。

  • and you design a cockpit on average,

    と、平均的にコックピットを設計していますね。

  • you've literally designed it for nobody.

    あなたは文字通り誰のためにも設計していません。

  • So, the Air Force realized they had a problem.

    それで、空軍は問題があることに気付いた。

  • And their response was bold.

    そして、彼らの反応は大胆だった。

  • They banned the average.

    平均値を禁止したんだよ

  • (Laughter)

    (笑)

  • Meaning that moving forward,

    前に進むという意味。

  • they refused to buy fighter jets

    戦闘機の購入を拒否した

  • where the cockpit was designed for an average sized pilot.

    コックピットは平均的なサイズのパイロット向けに設計されています。

  • And instead, they demanded that the companies who built these planes

    その代わりに、これらの飛行機を作った会社に

  • designed them to the edges of dimensions of size.

    寸法の縁に合わせてデザインされています。

  • Meaning that rather than design for, say, the average height,

    つまり、平均的な身長に合わせて設計するのではなく、平均的な身長に合わせて設計するということです。

  • they wanted a cockpit that could accommodate

    コックピットが必要だった

  • as close to the shortest pilot and the tallest pilot

    最短パイロットにも最長パイロットにも劣らない

  • as the technology would allow.

    技術が許す限り

  • Now, the companies that made these planes, as you could imagine,

    さて、これらの飛行機を作っていた企業は、ご想像の通りです。

  • weren't happy, right?

    嬉しくなかったのかな?

  • They argued, and lobbied, and they said,

    議論したり、陳情したりしていた。

  • it's going to be impossible or at least impossibly expensive

    かねがねがね

  • to build a flexible cockpit.

    を使用して、フレキシブルなコックピットを構築することができます。

  • But once they realized that the Air Force wasn't going to budge,

    しかし、いったん空軍が動かないことに気付いたときには、空軍は動かないだろうと思っていました。

  • suddenly, it was possible.

    急に可能になりました。

  • And it turned out it wasn't that expensive.

    そして、それはそれほど高価ではないことが判明した。

  • And in fact, they made great strides

    そして、実際、彼らは大きな進歩を遂げました。

  • leveraging simple solutions

    シンプルなソリューションの活用

  • that we all take for granted in our everyday life,

    私たちが日常生活で当たり前にしていることを

  • like adjustable seats.

    調節可能なシートのような

  • And as a result,

    そして結果的に

  • the Air Force not only

    空軍だけでなく

  • improved the performance of the pilots that they already had,

    すでに持っていたパイロットのパフォーマンスを向上させた。

  • but they dramatically expanded their talent pool.

    しかし、彼らは劇的に才能を拡大しました。

  • And today, we have the most diverse pool of fighter pilots ever.

    そして今日、我々はこれまでで最も多様な戦闘機パイロットのプールを持っています。

  • But here's the thing,

    しかし、ここからが本題です。

  • many of our top pilots would have never fit in a cockpit designed on average.

    トップパイロットの多くは、平均的に設計されたコックピットには収まらないでしょう。

  • So, most of us have never sat

    だから、私たちのほとんどは、座ったことがありません。

  • in the cockpit of a $150 million fighter jet, right?

    1億5千万ドルの戦闘機のコックピットにいるんだろ?

  • But we've all sat in the classroom.

    でも、私たちはみんな教室に座ったことがあります。

  • And I would argue

    そして、私が主張するのは

  • (Laghter)

    (ラグター)

  • (Applause)

    (拍手)

  • I would argue that these are the cockpits of our economy,

    これが経済のコックピットだと主張したい。

  • and I think we all know that we have some problems.

    と、問題があることは誰もが知っていることだと思います。

  • We're spending more money than ever before,

    今まで以上にお金を使っています。

  • but we're getting worse results.

    しかし、結果は悪くなっています。

  • Whether we're talking about declining test scores in math and science

    数学と理科のテストの点数の低下について話しているのかどうか。

  • or our dropout crisis.

    落ちこぼれの危機も

  • You probably know,

    あなたは知っているでしょう。

  • that we have over 1.2 million dropouts

    120万人以上の中退者がいることを

  • every single year in high school in this country.

    この国の高校では毎年のように

  • What you may not know

    あなたが知らないかもしれないこと

  • is that at least 4% of those dropouts are known to be intellectually gifted.

    落ちこぼれのうち少なくとも4%は知的才能があることが知られています。

  • That means we're losing over 50,000 of our brightest minds every single year.

    つまり、毎年5万人以上の優秀な人材を失っているということです。

  • So, we know we have a problem.

    だから、問題があるのはわかっている。

  • But do we know why?

    でも、理由はわかっているのか?

  • So far, we've been content to blame the students.

    これまでは、生徒を責めることで満足してきました。

  • We blame the teachers.

    教師のせいにする。

  • We even blame the parents.

    親のせいにすることすらある。

  • But here's the thing ...

    しかし、ここからが本題です。

  • I think back to the Air Force example,

    空軍の例を思い出す。

  • and I can't help but wonder:

    と疑問に思わずにはいられません。

  • how much of this problem is just bad design?

    この問題のどこまでがデザインの悪さなのか?

  • Here's what I mean.

    これが私の言いたいことです。

  • Even though we have one of the most diverse countries

    最も多様性に富んだ国の一つであるにもかかわらず

  • in the history of the world,

    の歴史の中で

  • and even though it's the 21st century,

    21世紀なのに。

  • we still design our learning environments,

    私たちは今でも学習環境を設計しています。

  • like textbooks, for the average student.

    教科書のように、一般の学生にとっては

  • No kidding.

    冗談ではありません。

  • We call it age-appropriate.

    私たちはそれを年齢相応と呼んでいます。

  • And we think it's good enough.

    そして、私たちはそれで十分だと考えています。

  • But of course, it's not.

    しかし、もちろんそうではありません。

  • I mean, think about it.

    つまり、考えてみてください。

  • What does it even mean to design for an average student?

    普通の学生がデザインする意味ってなんだろう?

  • Because a student is not one-dimensional,

    学生は一寸法師ではないからです。

  • like struggling to gifted.

    ギフテッドに苦労しているような

  • Students vary on many dimensions of learning,

    生徒は学習の様々な次元で変化します。

  • just like they vary on dimensions of size.

    彼らはサイズの寸法が異なるのと同じように。

  • Here are a few obvious ones.

    わかりやすいものをいくつかご紹介します。

  • And just like size,

    そして、サイズ感もちょうどいい。

  • each student, every single one of them,

    生徒一人一人が

  • has a jagged learning profile.

    はギザギザの学習プロファイルを持っています。

  • Meaning, they have strengths,

    つまり、強みを持っているということです。

  • they're average at some things,

    彼らはいくつかのことでは平均的です。

  • and they have weaknesses.

    と弱点があります。

  • We all do.

    私たちは皆そうしています。

  • Even geniuses have weaknesses.

    天才でも弱点はある。

  • But ...

    しかし...

  • if the fighter pilot example has taught us anything,

    戦闘機パイロットの例が何かを教えてくれたならば

  • it's this.

    これだよ

  • If you design those learning environments on average,

    それらの学習環境を平均的に設計すれば

  • odds are you've designed them for nobody.

    誰のために設計したのか?

  • So, no wonder we have a problem.

    だから、問題があっても不思議ではありません。

  • We've created learning environments that because they are designed on average,

    私たちは、平均的に設計されているので、学習環境を作ってきました。

  • cannot possibly do what we expected them to do,

    私たちが期待していたことができるはずがありません。

  • which is to nurture individual potential.

    それは、個人の可能性を育てることです。

  • But think about what that could really costs us.

    しかし、それが本当に私たちに何をもたらすかを考えてみてください。

  • Because every single student has a jagged learning profile,

    生徒一人一人がギザギザの学習プロファイルを持っているからです。

  • it means that the average hurts everyone,

    平均がみんなを傷つけるということです。

  • even our best and brightest.

    私たちの最高で聡明な人たちでさえも

  • Even for them,

    彼らのためにも

  • designing on average destroys talent in at least two ways.

    平均的なデザインは、少なくとも2つの方法で才能を破壊します。

  • First, it makes your talent a liability.

    まず、それはあなたの才能を負債にします。

  • We all know kids like this.

    子供はみんな知っている

  • So unbelievably gifted in one area

    ある分野では信じられないほどの才能がある

  • that their educational environment can't challenge them.

    彼らの教育環境は、彼らに挑戦することができません。

  • We also know what happens.

    何が起こるかもわかっています。

  • They get bored, and a shockingly high number of them drop out.

    飽きられて中退する人が驚くほど多いのです。

  • The second way

    第二の方法

  • that designing on average destroys talent

    デザインの才能を削ぐ

  • is that it means your weakness will make it hard for us to see,

    それは、あなたの弱点が見えにくくなるということです。

  • let alone nurture, your talent.

    才能を育てることはおろか

  • We all know kids like this as well.

    子供もこういうのが好きなのはみんな知っています。

  • Like the kid who's gifted in science but who is a below average reader.

    科学の才能があっても、平均以下の読解力を持つ子供のように。

  • Because our science textbooks

    なぜなら、私たちの理科の教科書が

  • assume that every kid is reading at grade level,

    すべての子供が学年レベルの読書をしていると仮定します。

  • this kid's in trouble.

    この子は困ってる

  • Because for her,

    彼女のために

  • science class is first and foremost a reading test.

    理科の授業は、まず第一に読書テストです。

  • And it's doubtful that we will ever see what she's truly capable of.

    そして、彼女の真の能力を見ることができるかどうかは疑わしい。

  • Now, it's one thing when our technology

    さて、私たちの技術が

  • does not allow us to do anything other than average.

    は平均値以外のことはできません。

  • But it is a whole other thing

    しかし、それは全くの別物である

  • when the technology changes and we can do more,

    技術が変わってもっとできるようになったら

  • but we don't realize it.

    しかし、私たちはそれに気づいていません。

  • That's where we are today.

    それが今の私たちの状況です。

  • In the last few years, education, just like the rest of society,

    ここ数年の教育は、他の社会と同じように

  • has gone digital.

    がデジタル化しました。

  • If you don't believe me, just consider this fact:

    もし私を信じていないのであれば、この事実を考えてみてください。

  • U.S. public schools are one of the largest buyers of iPads in the world.

    米国の公立学校は、世界最大級のiPad購入者数を誇る。

  • Right? So, the question isn't do you want the technology?

    だろう?問題は技術が欲しいかどうかではないんですね。

  • It's already here. You've already paid for it.

    それはすでにここにある。もうお金を払ったんですね。

  • The question is: what do you want it to be?

    問題は、それをどうしたいのかということです。

  • And this is where it really gets exciting.

    そして、ここからが本当に盛り上がるところです。

  • We have a chance, right now,

    今ならチャンスはある

  • to use this technology to create learning environments

    この技術を使って学習環境を作るために

  • that are so flexible

    しなやかに

  • that they truly can nurture the potential of every single individual.

    一人ひとりの可能性を本当に育むことができるのです。

  • Now, you might think that sounds expensive, right?

    さて、高そうだなと思うかもしれませんが?

  • Doesn't have to be.

    そうである必要はない。

  • In fact, we can get a long way,

    実際、遠回りになることもあります。

  • we can make great strides with simple solutions

    簡明な解決策で大躍進できる

  • that we take for granted in our everyday digital lives.

    私たちが日々のデジタル生活の中で当たり前のようにしていることを

  • Here I am thinking about basic stuff

    ここでは基本的なことを考えています。

  • like language translation, support for reading, vocabulary,

    言語翻訳のような、読解のサポートのような、語彙のような。

  • you know, even the ability of a machine to pronounce a word for you,

    機械の能力でも単語を発音してくれるんだよね

  • or read a passage if you want.

    または、必要に応じて一節を読んでみてください。

  • Basic stuff.

    基本的なことだ

  • But while these are simple solutions,

    しかし、これらは簡単な解決策ではありますが

  • you'll be surprised

    びっくりするほど

  • at how big of an impact they actually have on the lives of individuals.

    実際に個人の生活にどれだけ大きな影響を与えているかを見てみましょう。

  • I know I was, the first time that I saw it happen.

    私もそうでしたよね、初めて見た時は。

  • I was observing a fourth-grade classroom

    小学4年生の教室を見学していて

  • a few years ago,

    数年前に

  • and they were participating in a study

    に参加していました。

  • where we were testing the effectiveness of a new digital science curriculum.

    新しいデジタル科学のカリキュラムの有効性をテストしていました。

  • Now, I'll be the first to say

    さて、私が最初に言いたいのは

  • this new digital version wasn't fancy.

    この新しいデジタル版は派手ではありませんでした。

  • In fact, it was pretty basic.

    実際はかなり基本的なことでした。

  • The thing that it had going for it though,

    しかし、それはそれのために持っていたもの。

  • was that it did not assume

    を想定していないということでした。

  • that every student in that classroom was reading at grade level.

    その教室の生徒は全員が学年レベルの読書をしていました。

  • Now, one of my favorite things about this particular classroom

    さて、この特定の教室についての私の好きなことの一つは

  • was the teacher.

    が先生でした。

  • Because she hated technology.

    彼女は技術が嫌いだったから

  • And I know this

    そして、私はこれを知っています。

  • because it's the first thing that she told me when I met her.

    彼女に会った時に最初に言われた言葉だから。

  • And my response was,

    そして、私の反応は

  • "OK, why did you sign up for a study that's about technology?"

    "わかったわ、なぜ技術の研究に参加したの?"

  • She told me

    彼女は私に言った

  • she was willing to go through this

    彼女はこのようなことがあっても

  • in the hopes that it might help one kid in her class.

    クラスの一人の子供の助けになるかもしれないと思って

  • His name was Billy.

    彼の名前はビリー

  • And Billy, as she told me, had a mind for science.

    ビリーは彼女が言っていたように 科学の心を持っていました

  • But he was one of those kids who was a below average reader.

    でも、彼は平均以下の読解力を持つ子供の一人だった。

  • And she was hoping this might reach him now

    彼女はこれが彼に届くことを望んでいた

  • while he's still learning to read.

    彼はまだ読書を習っている間に

  • Now, I have to say, that actually made me nervous.

    さて、私は実際に緊張したと言わざるを得ません。

  • Because as I said, the technology was pretty basic.

    なぜなら、私が言ったように、技術はかなり基本的なものだったからです。

  • And I didn't want to disappoint her.

    そして、彼女を失望させたくなかった。

  • So, you can imagine

    ということで、想像してみてください。

  • how pleasantly surprised I was about halfway through the study,

    勉強の途中でどれだけ喜んでいたことか。

  • the teacher reaches out to say, "Hey, guess what?"

    先生が手を差し伸べて言う "ねえ、何だと思う?"

  • Not only has Billy taken to the technology

    ビリーは技術だけでなく

  • but I'm starting to see improvement in his performance.

    が、彼のパフォーマンスに改善が見られるようになってきました。

  • So, that was nice.

    だから、それは良かった。

  • But nothing,

    しかし、何もない。

  • nothing prepared me for what I saw

    思わず見入ってしまった

  • when I went back to that classroom at the end of the study.

    勉強の最後にその教室に戻った時に