Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Today were going to analyze everything we hear in conversation in a Ben Franklin Exercise

    今日はベン・フランクリン・エクササイズで会話の中で聞いたことを全て分析する

  • everyone’s favorite way to improve listening comprehension

    - 垂涎の的

  • and understand how Americans talk.

    とアメリカ人の話し方を理解する。

  • This is an excerpt from a lesson in my online school, Rachel’s English Academy.

    これは、私のオンラインスクール「レイチェルの英語アカデミー」のレッスンからの抜粋です。

  • It is incredible to see how much there is to learn from a few short lines of American English.

    数行の短いアメリカ英語から学ぶことがどれだけあるのか、信じられないくらいです。

  • First, here's this snippet of conversation.

    まず、この会話のスニペットです。

  • We need to schedule a time to meet to plan the client presentation.

    クライアントのプレゼンを企画するために、打ち合わせの時間を決めておく必要があります。

  • Yeah. I'm ready.

    ああ 準備はできてる

  • Now, let’s analyze.

    では、分析してみましょう。

  • At the end of the video, there will be information on where to find more of these valuable

    ビデオの最後には、これらの貴重な情報の詳細を見つけるための情報があります。

  • Ben Franklin exercise videos.

    ベン・フランクリンのエクササイズ動画

  • We need to schedule a time to meet to plan the client presentation.

    クライアントのプレゼンを企画するために、打ち合わせの時間を決めておく必要があります。

  • Yeah. I'm ready.

    ああ 準備はできてる

  • We need to schedule a time--

    時間を決めないと...

  • Need.

    必要性。

  • The most stressed there, the longest, the clearest.

    そこに一番ストレスを感じているのが、一番長く、一番はっきりしている。

  • Also 'time'. We need to schedule a time-

    また、「時間」。 時間の予定を立てる必要があります

  • We need to schedule a time-- We need to schedule a time--

    時間を決めないと...時間を決めないと...

  • The intonation was a little different there. She's going to continue on for the rest of the sentence.

    そこではイントネーションが少し違っていた。彼女は文の続きを続ける。

  • 'Schedule', a content word but not quite as stressed as the words 'need' and 'time'.

    'Schedule'、内容語ではあるが、'need'や'time'ほど強調されていない。

  • Schedule-- Schedule-- Schedule--

    予定...予定...予定...予定...

  • So, not every content word has the exact same stress within a sentence.

    だから、すべてのコンテンツの単語が文章の中で全く同じストレスを持つわけではありません。

  • Within a sentence, the speaker is always choosing subconsciously the words to bring out.

    文章の中では、話し手は常に潜在意識の中で引き出す言葉を選んでいます。

  • So she brings out the word 'need'.

    だから、彼女は "必要 "という言葉を持ち出した。

  • The verb, what has to happen, we need to do this.

    動詞、何をしなければならないか、これをしなければならない。

  • And she brings out time

    そして、彼女は時間を引き出します。

  • which is on their calendar, the time they're going to block off for this meeting that they're going to have.

    彼らのカレンダーに載っているこの会議のために、彼らがブロックしようとしている時間です。

  • Let’s look at the wordto’, here, the first occurrence of it.

    ここでは、最初に出てきた「to」という言葉を見てみましょう。

  • We need to-- we need to-- we need to schedule a time

    必要なんだ...必要なんだ...必要なんだ...時間を決めたいんだ

  • Now we know that the wordtoreduces to have the schwa, and the T can either be a true T or a flap T.

    これで、'to'という単語が短縮してシュワを持つようになり、Tは真のTかフラップTのどちらかになることがわかりました。

  • Let's listen to what happens here:

    ここで何が起こるか聞いてみましょう。

  • We need to-- we need to-- we need to--

    必要なんだ...必要なんだ...必要なんだ...

  • So it's not really a flap and it's not really a true T.

    だからバタバタしていて本当の意味でのTではない。

  • Really she's just dropped the T altogether because it sound before is a D.

    本当に彼女はちょうどそれが前に音がDであるため、完全にTを落としています。

  • So the D between vowels is pronounced like a flap

    母音と母音の間のDはフラップのように発音するんですね。

  • and the T between vowels is pronounced like a flap, the same sound.

    と母音の間のTがフラップのように発音され、同じ音になります。

  • So here the D comes between two vowels. I don't think she does quite a flap,

    ここで母音の間にDが入るんですね。彼女はかなりバタバタはしないと思います。

  • I feel like I hear ddd--- some of that D sound

    私はDDDを聞いているような気がする...いくつかのそのDの音。

  • which is when the tongue is in position for the D but the air is stopped and we get that sound in the throat.

    これは、舌がDの位置にあるが、空気が停止しているときに、私たちは喉の中でその音を取得します。

  • Needddddwe need to--

    必要なのは...

  • We need to-- we need to-- we need to schedule a time

    必要なんだ...必要なんだ...必要なんだ...時間を決めたいんだ

  • Needa-- so to me, it's more of a D than a flap. But I don't hear a T at all. Needa--

    ニーダ...私には、フラップというよりDのように聞こえる。でも、Tは全く聞こえない。ニーダ...

  • So when the word 'need' is followed by the word 'to',

    そのため、「必要」という言葉の後に「する」という言葉がつくと

  • you can just drop the T and attach a schwa to the end : needa--.

    Tを落として、最後にシュワを付ければいいのです。

  • We needaWe needa

    私たちが必要なのは...私たちが必要なのは...

  • We need to-- we need to-- we need to schedule a time

    必要なんだ...必要なんだ...必要なんだ...時間を決めたいんだ

  • We need to schedule-- We need to schedule--

    スケジュールが必要なんだ...スケジュールが必要なんだ...

  • The schwa is said so quickly there.

    そこではシュワが早口で言われています。

  • We need to schedule--

    予定を立てないと...

  • We need to schedule-- We need to schedule--

    スケジュールが必要なんだ...スケジュールが必要なんだ...

  • Schedule. Schedule.

    スケジュールスケジュール。

  • Notice the D makes the J sound: --dule, and we have a dark L here: --dule, --dule, --dule, --dule.

    DがJの音を作ることに注意してください: --dule そしてここには暗いLがあります。 --リスニング、リスニング、リスニング、リスニング、リスニング。

  • Schedule. Schedule. Schedule.

    スケジュールスケジュール予定。

  • Make that syllable as quickly as you can:

    できるだけ早くその音節を作ってください。

  • Schedule. Schedule. Schedule a-- Schedule a--

    スケジュールスケジュール予定...予定...予定...

  • Then link the L into the schwa through the word ‘a’.

    そして、Lを'a'という単語を通してシュワにつなげます。

  • Schedule a-- Schedule a—

    予定は...予定は...予定は...

  • We need to schedule a—

    スケジュールを組む必要があります

  • We need to schedule a— We need to schedule a— We need to schedule a time.

    スケジュールを組む必要があります。

  • So these things, this linking ending consonant to beginning vowel,

    だから、これらのことは、この終わりの子音と始まりの母音をリンクさせています。

  • dropping a T and linking it in these little things all help to make the line smooth, smooth, smooth.

    Tを落としたり、これらのちょっとしたことでリンクしたりすることで、すべてのラインが滑らかに、滑らかに、滑らかになります。

  • We need to schedule a— Ahhhhhh--

    予定を組まないと...あーあー...

  • There’s no break in the sound, there's no abrupt pitch change.

    音が途切れることもなく、急な音程の変化もありません。

  • The pitch is gliding up or gliding down.

    ピッチは上に滑空したり、下に滑空したりしています。

  • We need to schedule a— We need to schedule a—

    スケジュールが必要なんだ...

  • We need to schedule a— We need to schedule a— We need to schedule a time--

    スケジュールが必要なんです スケジュールが必要なんです スケジュールが必要なんです

  • We need to schedule a timetime--, True T there.

    時間の予定を立てないと...そこのトゥルーT。

  • The T is always a true T when it starts a stressed syllable.

    強調された音節を始めると必ず真のTになります。

  • Time-- time-- time to meet to plan the client presentation

    時間...時間...クライアントのプレゼンを企画するための打ち合わせの時間

  • to meet to plan-- to meet to plan--

    計画のために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うために会うため

  • Okay, two more wordto’, and this time they're both made with the true T and the schwa.

    さて、もう2つの単語「to」、今回は両方とも真のTとschwaで作られています。

  • Meet to-- and time to--, time to meet to-- time to meet to--

    出会いは...時間は...時間は...時間は...時間は....時間は....時間は....

  • time to meet to-- time to meet to-- time to meet to--

    待ち合わせの時間 -- 待ち合わせの時間 -- 待ち合わせの時間 -- 待ち合わせの時間 -- 待ち合わせの時間 -- 待ち合わせの時間 -- 待ち合わせの時間 -- 待ち合わせの時間 -- 待ち合わせの時間 -- 待ち合わせの時間 -- 待ち合わせの時間 -- 待ち合わせの時間 -- 待ち合わせの時間 -- 待ち合わせの時間 -- 待ち合わせの時間 -- 待ち合わせの時間 -- 待ち合わせの時間 -- 待ち合わせの時間 -- 待ち合わせの時間 -- 待ち合わせの時間 -- 待ち合わせの時間 -- 待ち合

  • So the T will always be a true T when it follows the T.

    なので、Tを追うと必ず真のTになります。

  • And actually again you can think of it as being dropped because there's really just one T sound.

    実際にはTの音が1つだけなので、ドロップされていると考えることができます。

  • Meet to-- Meet to-- Meet to--

    会って...会って...会って...会って...会って...

  • So just put a schwa sound at the end of the word 'meet'. Meet to--

    だから「会う」の語尾にシュワ音をつけるだけでいいんです。ミート・トゥ...

  • Time to-- Now, this could've been a Flap T. Time to-- Time to--

    時は...フラップTだったかもしれない 時は...時は...

  • But she made a True T: Time to-- Time to--

    しかし、彼女はトゥルーTを作った。Time to...Time to...Time to...

  • As long as the vowel is reduced and the word is said quickly, it sounds right.

    母音を小さくして早口で言っている限り、正しく聞こえます。

  • Both of flap T and a true T sound good and sound right.

    フラップTもトゥルーTも、どちらも音が良くて合っていると思います。

  • Time to meet to-- time to meet to-- time to meet to plan the client presentation

    打ち合わせの時間は...打ち合わせの時間は...クライアントのプレゼンを企画するための打ち合わせの時間

  • To plan the client presentation--

    クライアントのプレゼンテーションを企画するために--。

  • Okay, so cli-- client presentaaaa- tion.

    じゃあ、クライアントのプレゼンか?

  • The stressed syllable is a little clearer a little longer.

    強調された音節は少し長めにスッキリしています。

  • The pitch is gliding up and gliding down. no abrupt change in pitch.

    上に向かって滑空し、下に向かって滑空している。 急なピッチの変化はない。

  • To plan the client presentation-- To plan the client presentation--

    クライアントのプレゼンを企画するために...クライアントのプレゼンを企画するために...

  • To plan the client presentation--

    クライアントのプレゼンテーションを企画するために--。

  • So 'plan', again a content word, but it's not quite as long as 'client' and 'taaayy--'

    プラン」はまた内容的な言葉ですが、「クライアント」や「タエイエイ」ほど長くはありません。

  • Those two syllable to me are a little bit clearer a little bit more stressed.

    私にはその2つの音節の方が少しはっきりしていて、少し強調されています。

  • Plan-- plan-- plan the client presentation

    プラン...プラン...プラン...クライアントのプレゼンテーション

  • Plan-- plan--. This is one of the tough cases where we have the AH vowel followed by a nasal consonant.

    plan--計画--。これはAH母音の後に鼻声子音が続くというタフなケースの一つですね。

  • Plaaaaan

    プラアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア

  • So you want to go through an AH vowel.

    AH母音を通したいんですね。

  • You relax the back of the tongue before making the N and that gives us this UH vowel

    舌の後ろの力を抜いてからNを作ると、このUH母音ができます。

  • or you could think of it as a schwa before the end.

    とか、語尾の前のシュワと考えてもいいかもしれませんね。

  • Plaaan. Plan. We don't want plan.

    プラアン計画を計画は要らない

  • Plan. That's too bright. It's too much in the face.

    プランだよ。眩しすぎる。顔に出すぎ。

  • Plan. Allows the placement to be a little lower.

    計画を立てる。少し低めの配置を可能にします。

  • Meet to plan-- meet to plan the-- plan the--plan the-- plan the--

    計画を立てて...計画を立てて...計画を立てて...計画を立てて...

  • client presentation.

    クライアントのプレゼンテーション。

  • plan the-- plan the-- plan the client presentation

    計画を立てて...計画を立てて...計画を立てて...クライアントのプレゼンテーションを計画してください。

  • -tion ending, pronounced 'shun' here.

    -ここでは「シュン」と発音します。

  • Make it fast. Don't try to put an actual vowel sound in there.

    早くしてくれ。実際の母音を入れようとするなよ

  • Remember the N takes over the schwa, it's a syllabic consonant.

    Nがシュワを引き継ぎ、音節の子音であることを覚えておいてください。

  • That means there doesn't have to be a vowel sound in that syllable.

    つまり、その音節には母音は必要ないということです。

  • -tion -tion -tion. Presentation.

    ーション -tion -tion -tion.プレゼンテーション。

  • Presentation.

    プレゼン。

  • Presentation. Presentation. Presentation.

    プレゼン。プレゼンテーションプレゼン。

  • zun-- zun-- zun-- There's another case here.

    ズン...ズン...ズン...ズン...別の事件がある。

  • Z, schwa, N. Presen-- zun-- zun-- zun--

    Z、シュワ、N プレセン...ズン...ズン...ズン...ズン...

  • Where you don't need to try to make a vowel sound in that syllable. Zun-- zun--

    その音節で母音を作ろうとしなくてもいいところ。ズン...ズン...

  • Straight from Z to N, presentation, presentation.

    ZからNへのストレート、プレゼン、プレゼン。

  • Presentation, presentation, presentation.

    プレゼン、プレゼン、プレゼン。

  • And remember it's all smooth: uuuhhhh.

    そして、それはすべての滑らかさを覚えています:ううううううう。

  • No breaks between syllables and no abrupt pitch changes.

    音節間の切れ目がなく、急激な音程の変化もありません。

  • Pitch either slides up or slides down, it doesn't jump.

    ピッチは上にスライドしても下にスライドしてもジャンプしません。

  • Presentation. We need to schedule a time to meet to plan the client presentation.

    プレゼンのこと。クライアントのプレゼンテーションを計画するために、会う時間を決めておく必要があります。

  • Yeah. I'm ready.

    ああ 準備はできてる

  • Yeah. Yeah. Yeah.

    そうなんだそうなんだそうなんだ

  • Quick but also a clear up-down shape of stress: Yeah. Yeah. Yeah.

    素早いですが、ストレスのアップダウンの形もスッキリしています。そうなんですよね。そうなんだそうなんだよね

  • Yeah. Yeah. Yeah. I'm ready.

    そうなんだいいわよ準備はできてる

  • I'm ready. I'm ready.

    準備はできてる準備はできてる

  • M connecting right into the R, there's no break: mmrrr-- mmrr--

    Mは右からRに接続し、ブレークはありません。

  • I'm ready. Uuhhhh uuhhh--

    覚悟はできている。ううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう

  • So even though it's a sentence with two different words, it's still very smooth, there's no abrupt pitch changes.

    なので、2つの単語が入った文章になっていても、急な音程の変化がなく、とてもスムーズです。

  • And all the sounds glide into each other, connected speech.

    そして、すべての音が互いに滑って、つながった言葉になる。

  • I'm ready. Yeah. I'm ready.

    準備はできてるああ 準備はできてる

  • 'Ready' has a flap T sound. Flap rr-- rr-- rr--

    'Ready'はフラップTの音がします。フラップ rr... rr... rr... rr...

  • Ready-- Ready-- It's not read-- dd-- dd-- with that real D sound in the throat

    レディ...レディ...レディ...読めない...ド...ド...ド...

  • It's ready. rr-- rr-- rr--

    準備ができたわ

  • Because the D comes between two vowels, flap the tongue.

    Dは2つの母音の間に来るので、舌をバタバタさせます。

  • Ready. Ready. I'm ready.

    用意できました。いいわよ準備はできてる

  • Let's listen to the whole dialogue one more time.

    もう一度全体の対話を聞いてみましょう。

  • We need to schedule a time to meet to plan the client presentation.

    クライアントのプレゼンを企画するために、打ち合わせの時間を決めておく必要があります。

  • Yeah. I'm ready.

    ああ 準備はできてる

  • So much analysis for so little conversation.

    会話が少ない割には分析が多いな

  • But when we pick it apart like that, we discover all of the habits of American pronunciation.

    しかし、このようにバラバラにしてみると、アメリカ人の発音の癖がすべて発見されます。

  • How wonderful.

    なんて素敵なんでしょう。

  • This is part of a larger lesson in my online school.

    これは、私のオンラインスクールでの大きな授業の一部です。

  • Each month there are three Ben Franklin analysis videos added,

    毎月3本のベン・フランクリンの分析動画が追加されています。

  • anywhere from 20 minutes to 35 minutes long.

    20分から35分の間であれば、どこでも可能です。

  • They come with lessons that will point out the phrasal verbs, idioms, and interesting vocabulary

    句動詞、熟語、面白い語彙を指摘してくれるレッスンが付いてきます。

  • that comes up in conversation.

    会話の中で出てくる

  • This is in addition to all the other lessons in the school.

    これに加えて、学校の他の授業の全てが含まれています。

  • My students love it, they love all the conversation analysis.

    私の生徒たちは、会話の分析をすべて気に入ってくれています。

  • If youre interested, please join there.

    興味のある方はそちらに参加してみてください。

  • Visit RachelsEnglishAcademy.com for more information.

    詳しくはRachelsEnglishAcademy.comをご覧ください。

  • To see all of my Ben Franklin videos here on YouTube, click here or in the description below.

    私のベン・フランクリンのすべての動画をYouTubeで見るには、ここをクリックするか、以下の説明を参照してください。

  • That’s it and thanks so much for using Rachel’s English!

    以上、レイチェルの英語を使っていただきありがとうございました

Today were going to analyze everything we hear in conversation in a Ben Franklin Exercise

今日はベン・フランクリン・エクササイズで会話の中で聞いたことを全て分析する

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 会う プレゼン 時間 スケジュール クライアント 母音

レイチェルの英語

  • 277 51
    科克库都克 に公開 2017 年 10 月 16 日
動画の中の単語