Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • What if William Shakespeare had a sister who matched his imagination,

    ウィリアム・シェイクスピアに彼の想像力にマッチした妹がいたとしたら。

  • his wit, and his way with words?

    彼の機知と言葉遣いは?

  • Would she have gone to school and set the stage alight?

    彼女は学校に行って舞台に火をつけたのだろうか?

  • In her essay "A Room of One's Own,"

    エッセイ「自分の部屋」では

  • Virginia Woolf argues that this would have been impossible.

    バージニア・ウールフは、これは不可能だっただろうと主張しています。

  • She concocts a fictional sister who's stuck at home,

    家に閉じこもっている架空の妹を考案している。

  • snatching time to scribble a few pages

    らくがき

  • before she finds herself betrothed and runs away.

    彼女が婚約して逃げ出す前に

  • While her brother finds fame and fortune, she remains abandoned and anonymous.

    弟が名声と富を得る一方で、彼女は見捨てられて匿名のまま。

  • In this thought experiment,

    この思考実験では

  • Woolf demonstrates the tragedy of genius restricted,

    ウルフは、天才が制限された悲劇を実証する。

  • and looks back through time for hints of these hidden histories.

    と、これらの隠された歴史のヒントを求めて時間を振り返っています。

  • She wrote, "When one reads of a witch being ducked,

    彼女は「魔女がカモにされているのを読むと

  • of a woman possessed by devils,

    悪魔に取り憑かれた女の

  • of a wise woman selling herbs,

    ハーブを売っている賢者の女性の

  • or even a very remarkable man who had a mother,

    とか、母親を持っていた非常に注目すべき人物でもある。

  • then I think we're on the track of a lost novelist,

    ならば、失われた小説家の軌跡を辿ることになると思います。

  • a suppressed poet,

    抑圧された詩人

  • of some mute and inglorious Jane Austen."

    "無口で無名のジェーン・オースティンの"

  • "A Room of One's Own" considers a world denied great works of art

    "自分の部屋 "は、偉大な芸術作品が否定された世界を考える

  • due to exclusion and inequality.

    排除と不平等に起因する。

  • How best can we understand the internal experience of alienation?

    疎外の内的体験をどのように理解するのが一番良いのでしょうか?

  • In both her essays and fiction,

    エッセイでも小説でも

  • Virginia Woolf shapes the slippery nature of subjective experience into words.

    ヴァージニア・ウールフは、主観的経験の滑りやすい性質を言葉に形作っています。

  • Her characters frequently lead inner lives that are deeply at odds

    彼女の登場人物は、しばしば深く対立する内面の生活を送っています。

  • with their external existence.

    彼らの外的な存在と一緒に。

  • To help make sense of these disparities, the next time you read Woolf,

    これらの格差の意味を理解するために、次はウーフを読んでみましょう。

  • here are some aspects of her life and work to consider.

    ここでは、彼女の人生と仕事について考えてみましょう。

  • She was born Adeline Virginia Stephen in 1882 to a large and wealthy family,

    彼女は1882年に大金持ちの大家族のもとにアデリーヌ・ヴァージニア・スティーブンとして生まれました。

  • which enabled her to pursue a life in the arts.

    その結果、彼女は芸術の道に進むことができました。

  • The death of her mother in 1895 was followed by that of her half-sister,

    1895年に母親が亡くなり、その後、異母姉が亡くなりました。

  • father, and brother within the next ten years.

    今後10年以内に父と兄。

  • These losses led to Woolf's first depressive episode

    これらの損失がウルフの最初の鬱病エピソードにつながっています。

  • and subsequent institutionalization.

    とその後の制度化。

  • As a young woman, she purchased a house

    若い頃、家を購入し

  • in the Bloomsbury area of London with her siblings.

    ロンドンのブルームズベリー地区に兄弟と一緒に住んでいます。

  • This brought her into contact with a circle of creatives,

    それがきっかけで、彼女はクリエーターの輪に触れることになった。

  • including E.M. Forster,

    E.M.フォースターを含む。

  • Clive Bell,

    クライヴ・ベル

  • Roger Fry,

    ロジャー・フライ

  • and Leonard Woolf.

    とレナード・ウルフ。

  • These friends became known as the Bloomsbury Group,

    これらの友人はブルームズベリーグループとして知られるようになりました。

  • and Virginia and Leonard married in 1912.

    とバージニアとレナードは1912年に結婚。

  • The members of this group were prominent figures in Modernism,

    このグループのメンバーはモダニズムの著名な人物であった。

  • a cultural movement that sought to push the boundaries

    限界突破

  • of how reality is represented.

    現実がどのように表現されているかの

  • Key features of Modernist writing include the use of stream of consciousness,

    モダニズムの文章の主な特徴は、意識の流れの使用を含む。

  • interior monologue,

    インテリア・モノローグ。

  • distortions in time,

    時間の歪み。

  • and multiple or shifting perspectives.

    と複数の視点、または視点をずらすことができます。

  • These appear in the work of Ezra Pound,

    これらはエズラ・パウンドの作品に登場します。

  • Gertrude Stein,

    ガートルード・スタイン

  • James Joyce,

    ジェームズ・ジョイス

  • and Woolf herself.

    とウルフ自身が言っています。

  • While reading Joyce's "Ulysses," Woolf began writing "Mrs. Dalloway."

    ジョイスの「ユリシーズ」を読んでいる間に ウルフは「ダロウェイ夫人」を書き始めました。

  • Like "Ulysses," the text takes place over the course of a single day

    ユリシーズのように、一日の流れの中で書かれています。

  • and opens under seemingly mundane circumstances.

    と一見平凡な状況下で開きます。

  • "Mrs. Dalloway said she would buy the flowers herself."

    "ダロウェイ夫人は 自分で花を買うと言っていた"

  • But the novel dives deeply into the characters' traumatic pasts,

    しかし、この小説は登場人物たちのトラウマ的な過去に深く潜っていく。

  • weaving the inner world of numbed socialite Clarissa Dalloway,

    痺れた社交界のクラリッサ・ダロウェイの内面を紡ぐ

  • with that of the shell-shocked veteran Septimus Warren Smith.

    砲弾に倒れた退役軍人セプティマス・ウォーレン・スミスのそれと一緒に

  • Woolf uses interior monologue to contrast the rich world of the mind

    ウルフはインテリア・モノローグを用いて豊かな心の世界を対比させる

  • against her characters' external existences.

    登場人物の外面的な存在に対して

  • In her novel "To the Lighthouse,"

    小説「灯台へ」では

  • mundane moments, like a dinner party, or losing a necklace

    ばんざらし

  • trigger psychological revelations in the lives of the Ramsay's,

    ラムジー夫妻の人生に心理的な啓示をもたらす。

  • a fictionalized version of Woolf's family growing up.

    ウルフの家族が成長していく様子をフィクション化したもの。

  • "To the Lighthouse" also contains one of the most famous examples

    "To the Lighthouse "にも有名な例があります。

  • of Woolf's radical representation of time.

    ウルフの時間の過激な表現について。

  • In the Time Passes section,

    時間の経過」の項目で

  • ten years are distilled into about 20 pages.

    10年の歳月が約20ページに蒸留されています。

  • Here, the lack of human presence in the Ramsays' beach house

    ここでは、ラムゼイの海の家に人間がいないことが

  • allows Woolf to reimagine time in flashes and fragments of prose.

    ウルフは散文の閃光や断片の中で時間を再想像することを可能にしている。

  • "The house was left. The house was deserted.

    "家は放置されていた。 家はさびれていました。

  • It was left like a shell on a sand hill to fill with dry salt grains

    砂丘の上に貝殻のように放置され、乾燥した塩の粒で埋め尽くされた

  • now that life had left it."

    "人生が終わった今"

  • In her novel "The Waves,"

    小説「波」では

  • there is little distinction between the narratives of the six main characters.

    6人の主人公の物語の間には、ほとんど区別がありません。

  • Woolf experiments with collective consciousness,

    ウルフは集団意識の実験をする。

  • at times collapsing the six voices into one.

    時に6つの声を1つに折りたたむ。

  • "It is not one life that I look back upon:

    "人生を振り返るのは一つの人生ではありません。

  • I am not one person: I am many people:

    私は一人の人間ではない。 私は多くの人です。

  • I do not altogether know who I am,

    自分が何者なのか完全にはわからない。

  • Jinny, Susan, Neville, Rhoda or Louis,

    ジニー、スーザン、ネビル、ローダ、またはルイス

  • or how to distinguish my life from their's."

    "私の人生と彼らの人生を見分ける方法を"

  • In "The Waves," six become one, but in the gender-bending "Orlando,"

    波」では6人が1人になるが、ジェンダーベンディングな「オーランド」では

  • a single character inhabits multiple identities.

    一人のキャラクターが複数の人格を持っている。

  • The protagonist is a poet who switches between genders and lives for 300 years.

    主人公は性別を入れ替えて300年生きる詩人。

  • With its fluid language and approach to identity,

    流動的な言語とアイデンティティへのアプローチで

  • "Orlando" is considered a key text in gender studies.

    "Orlando "はジェンダー研究の重要なテキストとされています。

  • The mind can only fly so far from the body

    心は体から離れては飛べない

  • before it returns to the constraints of life.

    生活の制約に戻る前に

  • Like many of her characters, Woolf's life ended in tragedy

    彼女の登場人物の多くと同様に、ウールフの人生は悲劇で終わった。

  • when she drowned herself at the age of 59.

    59歳で溺死した時のことです。

  • Yet, she expressed hope beyond suffering.

    しかし、彼女は苦しみを超えた希望を表現していた。

  • Through deep thought, Woolf's characters are shown

    深い考察を通して、ウルフの登場人物たちは

  • to temporarily transcend their material reality,

    物質的な現実を一時的に超越するために

  • and in its careful consideration of the complexity of the mind,

    そして、心の複雑さを慎重に考慮した上で。

  • her work charts the importance of making our inner lives known to each other.

    彼女の作品は、私たちの内面をお互いに知ってもらうことの大切さを描いています。

What if William Shakespeare had a sister who matched his imagination,

ウィリアム・シェイクスピアに彼の想像力にマッチした妹がいたとしたら。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed ウルフ 人物 小説 登場 人生

TED-ED】なぜあなたはヴァージニア・ウールフを読むべきなのか - イゼルト・ガレスピー

  • 8017 832
    Jamie 榕 に公開 2017 年 10 月 14 日
動画の中の単語