Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Welcome back to The Gentleman's Gazette! Today's video is all about oxfords,

    The Gentleman's Gazetteへようこそ!今日の動画はオックスフォードについてです。

  • one of the most classic, timeless and versatile shoes a man can have.

    1 つの最も古典的な時代を超越した汎用性の高い靴は、男が持つことができます。

  • What exactly is an oxford shoe?

    オックスフォードシューズとは一体何なのか?

  • Its history dates back centuries and if you want to learn all the details about it,

    その歴史は何世紀にもさかのぼり、あなたがそれについてのすべての詳細を学びたい場合。

  • please check out our in-depth guide on our website, here.

    詳細なガイドはこちらをご覧ください。

  • So what exactly is an oxford?

    では、オックスフォードとは何なのか?

  • First, it's defined by its quarters which are closed unlike a derby where they're open.

    第一に、ダービーと違って閉じている宿舎があることで定義されています。

  • Then we have a vamp like here, the ankle is exposed.

    ここのように足首を露出させたヴァンプがあるんだ

  • Usually have a cap-toe and a center seam.

    通常はキャップトゥとセンターシームがあります。

  • To learn more about the details of an oxford and how it differs from a derby or a blucher, please check out this video.

    オックスフォードの詳細や、ダービーやブルーチャーとの違いについては、こちらの動画をご覧ください。

  • As explained, the oxford is just defined by these few characteristics and as such,

    説明されているように、オックスフォードはこれらのいくつかの特徴によって定義されているだけであり、そのようなものです。

  • there are many different kinds out there.

    にはいろいろな種類があります。

  • Let's do a run through so you know exactly what is what.

    何が何であるかを正確に把握できるように 駆け足でやってみましょう。

  • The first and most important oxford you should have is the so-called cap-toe oxford,

    まず最初に持っておくべきオックスフォードは、いわゆるキャップトゥのオックスフォードです。

  • and it's called that way because it has the cap-toe.

    と、キャップトゥがついているので、そのように呼ばれています。

  • Basically, what you're looking for is a shoe with a cap-toe,

    基本的に探しているのは、キャップトゥの靴です。

  • no broguing which means no hole perforations that's all black with neat lines and elegant last.

    端正なラインとエレガントな最後のすべての黒の穴のミシン目を意味しない broguing。

  • This is in fact, the very first black oxford I bought as a teenager

    これは私が10代の頃に買った最初の黒のオックスフォードです。

  • and I still have it today simply because it's so timeless and versatile.

    それはとても時代を超越した汎用性の高いものなので、私は今でもそれを持っています。

  • The second shoe you can have is the plain oxford. Basically, it's like a cap-toe oxford,

    2つ目の靴は、プレーンなオックスフォードです。基本的には、キャップトゥのオックスフォードのようなものです。

  • it just lacks the cap-toe and sometimes you can see a medallion on them but then it's not a plain oxford anymore.

    キャップトゥが欠けているだけで、時々メダリオンが見えることがありますが、それはもうプレーンなオックスフォードではありません。

  • Usually, the plain oxford is favored in patent leather for evening shoes so you can wear it with a tuxedo.

    通常、夜の靴はパテントレザーのプレーンなオックスフォードが好まれているので、タキシードと一緒に履くことができます。

  • So, how should you wear these oxfords? Like I said, first one should be in black.

    では、このオックスフォードはどうやって履くのがいいのでしょうか?先ほども言いましたが、最初の一足目は黒にしましょう。

  • If you have another cap-toe oxford, you can go with a solid, dark brown one that's going to be versatile, or burgundy.

    他にもキャップトゥのオックスフォードを持っている場合は、汎用性の高いダークブラウンやバーガンディなどのソリッドなもので行くことができます。

  • Plain oxfords are best in patent leathers for evening wear and nothing else.

    無地のオックスフォードは、夜の装いにはパテントレザーが最適で、それ以外は何もありません。

  • The third oxford on our list is the so-called wingtip oxford or brogue.

    3つ目のオックスフォードは、いわゆるウィングチップオックスフォードやブローグです。

  • Basically, what that means, it has a wingtip in front that is like a W,

    基本的にどういうことかというと、前にWのような翼端を持っています。

  • and we did an entire video just about this kind of style so, take a look at it, here.

    このようなスタイルについてのビデオを作ったので、それを見てみましょう、ここに。

  • The fourth kind of oxford is the so-called saddle oxford or saddle shoe.

    4種類目のオックスフォードは、いわゆるサドルオックスフォードやサドルシューズです。

  • It has the same closed lacing system but it has a middle strip of leather which is called a saddle.

    同じクローズドレーシングシステムを採用していますが、サドルと呼ばれる真ん中の帯状の革を使用しています。

  • It's particularly popular in the US, and outside the US, it never really caught on.

    特にアメリカでは人気がありますが、アメリカ以外ではあまり流行らなかったですね。

  • It's a more casual style, and I suggest you only wear it if you're big into Americana,

    どちらかというとカジュアルなスタイルなので、アメリカーナにこだわる方にだけ着ていただくのがおすすめです。

  • or you just want to create a preppy outfit. Otherwise, it looks out of place.

    それともプレッピーな服を作りたいだけなのか。そうでないと、場違いな感じがします。

  • The next oxford is the so-called kiltie oxford.

    次のオックスフォードは、いわゆるキルティオックスフォードです。

  • It's very rare and it actually has an additional tongue on the outside

    非常に珍しく、実際には外側に舌が追加されています。

  • which looks a little bit like a kilt hence the name and it's sometimes seen on golf shoes.

    これは少しキルトに似ているので名前の由来になっていて、ゴルフシューズで見られることもあります。

  • Other than that, I really don't suggest you wear the kiltie unless you have a very specific look in mind

    それ以外では、よっぽど具体的なルックがない限り、キルタイを着ることは本当にお勧めしません。

  • but it looks very special and unique and people will definitely ask you about it.

    しかし、それは非常に特別でユニークに見え、人々は間違いなくあなたにそれについて尋ねてくるでしょう。

  • A very elegant form of the oxford is the so-called whole cut.

    オックスフォードの非常にエレガントな形は、いわゆるホールカットです。

  • It's called that way because it is cut from one whole piece of leather.

    丸ごと一枚の革から裁断されているので、そのように呼ばれています。

  • Generally, it has just one center seam in the back and it's very popular these days.

    一般的には後ろにセンターシームが1本だけ入っているものが多く、最近ではとても人気があります。

  • The only problem with the whole cut is that if it's made out of a ready to wear shoe oftentimes,

    全体のカットの唯一の問題は、それが準備ができてから作られている場合は、靴の oftentimes を着用することです。

  • it wrinkles more easily simply because it's one piece of leather that is shaped to your last

    それはあなたの最後に形づくられている革の一枚であるため、より簡単にしわを寄せます。

  • so keep that in mind when you invest in one.

    だから、あなたが1つに投資するときにそれを心に留めておいてください。

  • The next step up from the whole cut is the so-called seamless oxford,

    全体のカットから次にステップアップしたのが、いわゆるシームレスオックスフォードです。

  • and all that means is that there's actually not a single seam

    縫い目が一つもないということは

  • so you have to get a very good hide that adjusts to the entire last,

    なので、ラスト全体に合わせた非常に良いhideを手に入れる必要があります。

  • and that's why it's only something you often see in bespoke shoes.

    と、オーダーメイドの靴でよく見かけるものばかりです。

  • Seamless and whole cuts are very sleek and elegant shoes that sometimes,

    シームレスで全体のカットは非常になめらかでエレガントな靴であることがあります。

  • they have a medallion on top and you can wear them with suits

    彼らは上にメダリオンを持っており、あなたはスーツと一緒にそれらを着用することができます

  • but if you have them in brown and burgundy colors, also with sportcoat combinations.

    しかし、あなたがそれらを持っている場合は、茶色とバーガンディ色で、また、スポーツコートの組み合わせで。

  • Overall though, I'd say it's more in the formal end of things

    でも、全体的には、よりフォーマルなものになっていると思います。

  • just because of the clean line and the lack of seams.

    綺麗なラインと縫い目がないだけで

  • Another type of Oxford is the so-called U tip and it's similar to a wing tip

    オックスフォードのもう一つのタイプは、いわゆるUチップで、ウイングチップに似ています。

  • but it has that U shape when you look at it from the top.

    でも、上から見るとあのU字型になっています。

  • It often comes as a spectator, as you can see here, with two tones,

    ここにあるように、2つのトーンで観客として来ることが多いです。

  • and basically, it's a very loud shoe, it's unusual shoe and therefore,

    と基本的にはとてもうるさい靴で、珍しい靴であり、したがって

  • it's only suggested if you want to create an outfit that is defined and that catches people's eyes.

    それはあなたが定義され、人々の目をキャッチする服を作成したい場合にのみお勧めします。

  • That being said, one of the ways to get really a lot out of your oxfords is to change the color of your shoelaces.

    それは、あなたのオックスフォードの本当に多くを得るための方法の一つは、あなたの靴ひもの色を変更することです。

  • While a pair of shoes can cost you $200, $300 or $2000,

    靴のペアは、200ドル、300ドル、または2000ドルのコストがかかりますが。

  • a pair of shoelaces cost about ten bucks and it can really change the entire look.

    仝それにしても、このようなことをしているのか、と思っていたのですが、このようなことはありませんでした。

  • This brown shoe here looks very different with yellow laces.

    こちらの茶色の靴は、黄色の靴紐でかなり違った印象になります。

  • For example, you can add green or red or just brown laces and basically,

    例えば、緑や赤を入れてもいいし、茶色のレースだけ入れてもいいし、基本的には。

  • with a simple twist, you get an entirely different shoe and it makes the shoe more casual.

    シンプルなひねりを加えて、全く別の靴を取得し、それは靴をよりカジュアルになります。

  • If you want to invest in some oxfords to start,

    あなたが始めるためにいくつかのオックスフォードに投資したい場合。

  • I suggest you get a black cap toe oxford with black shoelaces and then a few other colors

    私はあなたが黒の靴ひもと黒のキャップトゥのオックスフォードを取得し、いくつかの他の色をお勧めします。

  • such as red or yellow or burgundy, and even purple works.

    赤や黄色、バーガンディなど、紫の作品まで。

  • As a second shoe, I suggest you get a half brogue or full brogue, mid brown oxford,

    セカンドシューズとしては、ハーフブローグかフルブローグ、ミッドブラウンのオックスフォードがオススメです。

  • and if you want to go a step further, you can get either a tan or a burgundy red one.

    そして、さらに一歩進んで行きたい場合は、日焼けやバーガンディレッドのいずれかを取得することができます。

  • For example, these two would be good options for first two shoes.

    例えば、この2つは、最初の2つの靴のための良い選択肢になるでしょう。

  • As you grow your shoe collection, you can expand in more unusual models

    あなたの靴のコレクションを成長させると、より多くの珍しいモデルで展開することができます。

  • such as this white, full brogue which is great in summer,

    夏にぴったりなこの白のフルブローグのような。

  • or this spectator shoe which looks great with a plain, navy suit, or striped suit.

    または、プレーン、ネイビースーツ、ストライプのスーツによく似合うこの観客の靴。

  • Of course, there are lots of other color combinations for oxfords,

    もちろん、オックスフォードの色の組み合わせは他にもたくさんあります。

  • and since it's such a classic, versatile, and timeless last and style,

    そして、それはそのような古典的な、汎用性の高い、時代を超越したラストとスタイルなので。

  • you will find basically anything under the sun.

    あなたは基本的に太陽の下で何でも見つけることができます。

  • If you want to find out what brands we recommend, please check out our in-depth guide,

    おすすめのブランドを知りたい方は、徹底ガイドをチェックしてみてくださいね。

  • and if you want to buy high-quality colorful shoelaces in round and flat and different shapes,

    と、丸くて平たくて形の違う高品質のカラフルな靴ひもを購入したい場合。

  • please check out our shop.

    是非、当店をチェックしてみてください。

  • Make sure to check out the article because no matter your budget,

    予算に関係なく記事にしているので、必ずチェックしておきましょう。

  • we have an option for low, middle, and high-end.

    低・中・高のオプションがあります。

Welcome back to The Gentleman's Gazette! Today's video is all about oxfords,

The Gentleman's Gazetteへようこそ!今日の動画はオックスフォードについてです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 オックスフォード シューズ 超越 カット 基本 場合

オックスフォードシューズガイド - メンズオックスフォードの履き方、買い方、組み合わせ方

  • 9580 808
    Lilian Chang に公開 2017 年 10 月 13 日
動画の中の単語