Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Glucose is a good example.

    ブドウ糖が良い例です。

  • Glucose is a critical product of digestion.

    ブドウ糖は消化の重要な産物です。

  • It is an essential energy source for cellular metabolism.

    細胞の代謝に欠かせないエネルギー源です。

  • This energy is produced

    このエネルギーは

  • when glucose is used as a substrate for glycolysis

    ブドウ糖が解糖の基質となっている場合

  • and then the Krebs or Citric Acid Cycle.

    そして、クレブスまたはクエン酸サイクル。

  • Following the digestion of food,

    食べ物の消化に続いて

  • higher levels of glucose circulate through the blood stream

    血糖値が高いと血糖値が高くなる

  • where it enters different cell types.

    ここでは、それが異なるセルタイプに入る。

  • In muscle cells

    筋細胞では

  • glucose is readily used to produce energy

    ブドウ糖はエネルギーを作るために使われる

  • and is also stored as glycogen,

    とグリコーゲンとしても保存されます。

  • a secondary short term energy source.

    第二の短期エネルギー源。

  • In fat cells, glucose is used for Triglyceride production,

    脂肪細胞では、トリグリセリドの生成にブドウ糖が使われています。

  • and acts as an important energy reserve molecule.

    であり、重要なエネルギー予備分子として機能します。

  • Here we will illustrate the signaling pathway that occurs

    ここでは、発生するシグナル伝達経路を例示します。

  • when glucose is at high levels.

    ブドウ糖が多いとき

  • This pathway involves multiple proteins and signaling events.

    この経路には、複数のタンパク質とシグナル伝達イベントが関与しています。

  • This is termed cytoplasmic signaling.

    これは、細胞質シグナル伝達と呼ばれています。

  • Different types of cells

    細胞の種類が違う

  • perform similar signaling steps

    同様のシグナリングステップを実行する

  • in response to changes in their environment.

    環境の変化に応じて

  • In the Protein Recycling animation

    プロテインリサイクルの動画では

  • we see a group of storage vesicles enriched with GLUT4 proteins

    GLUT4タンパク質で濃縮された貯蔵小胞のグループを見ます。

  • continuously recycling from the cell membrane

    細胞膜からの再利用を続けている

  • to an inactive location in the cytosol.

    を細胞質内の不活性な場所に移動させます。

  • GLUT4 is a protein that facilitates the movement of glucose into the cell.

    GLUT4は、グルコースの細胞内への移動を促進するタンパク質です。

  • When high levels of glucose are detected by beta cells in the pancreas,

    膵臓のβ細胞によってブドウ糖の高濃度が検出されると

  • insulin is released by the cells.

    インスリンは細胞から放出されます。

  • The insulin circulates through the blood stream

    インスリンは血液の流れの中を循環する

  • until it binds to an insulin receptor embedded in the cell membrane

    細胞膜に埋め込まれたインスリン受容体と結合するまで

  • of a muscle, fat, or brain cell.

    筋肉、脂肪、脳細胞の

  • Once the insulin binds to the receptor,

    インスリンが受容体に結合すると

  • phosphate groups are added

    リン酸基が付加されている

  • to the intracellular domain of the receptor.

    を受容体の細胞内ドメインに結合させます。

  • Since the receptor itself

    受容体自体が

  • adds the phosphate groups,

    はリン酸基を付加する。

  • the process is called autophosphorylation.

    このプロセスはオートリン酸化と呼ばれています。

  • This phosphorylation event

    このリン酸化イベント

  • sets off a cascade of molecular events.

    分子イベントのカスケードを起こします。

  • The activated receptor protein

    活性化された受容体タンパク質

  • then adds a phosphate group to another closely associated protein.

    は、別の密接に関連したタンパク質にリン酸基を付加します。

  • This effectively passes the signal from the receptor

    これは効果的に受容体からの信号を

  • to the next step in the signal pathway.

    信号経路の次のステップに移動します。

  • Proteins that add phosphate groups to another protein

    他のタンパク質にリン酸基を付加するタンパク質

  • are called kinases.

    をキナーゼと呼びます。

  • Kinases are often components of signal pathways,

    キナーゼはシグナル経路の構成要素であることが多い。

  • and phosphorylation is an important component

    とリン酸化は重要な構成要素である

  • in the transmission of a signal from one compartment to another.

    1つのコンパートメントから別のコンパートメントへの信号の伝送において。

  • In this system,

    このシステムでは

  • the signal corresponds to the level of blood glucose

    信号は血糖値に対応しています。

  • and is transmitted from outside to inside the cell.

    と細胞外から細胞内に伝達されます。

  • Next we see a large pool of molecules that are embedded in the membrane

    次に、膜に埋め込まれた分子の大きなプールを見てみましょう。

  • also being phosphorylated.

    もリン酸化されています。

  • Other proteins are then in turn phosphorylated,

    その後、他のタンパク質は順番にリン酸化されます。

  • further transmitting the first extracellular signal

    前記第1の細胞外信号を送信することをさらに含む

  • that was originally sent from outside the cell membrane.

    もともと細胞膜の外から送られてきたものを

  • So how does this affect the uptake of glucose?

    では、これがブドウ糖の取り込みにどのような影響を与えるのでしょうか?

  • As we mentioned before,

    前述したように

  • Glut4 is a glucose transporter,

    Glut4はグルコーストランスポーターです。

  • and Glut4 Storage Vesicles are held in a recycling state near the cell membrane.

    およびGlut4貯蔵ベシクルは、細胞膜の近くでリサイクル状態で保持されています。

  • The vesicles are held mostly in this region

    小胞は主にこの領域に保持されています。

  • because the RAB proteins that interact

    なぜなら、相互作用するRABタンパク質が

  • with the motor proteins necessary to move the vesicles to the membrane

    小胞を膜に移動させるために必要なモータータンパク質と

  • are in an inactive state.

    が非アクティブ状態になっていることを示しています。

  • The final step in the signal pathway

    シグナル経路の最終段階

  • involves the phosphorylation of a protein

    蛋白質のリン酸化を伴う

  • that prevents the RAB proteins from interacting with the vesicles.

    RABタンパク質が小胞と相互作用するのを防ぐ。

  • When the RAB proteins are no longer inhibited,

    RABタンパク質が阻害されなくなったとき。

  • the storage vesicles can freely merge with the membrane.

    貯蔵小胞は膜と自由に合体することができます。

  • Once the vesicles have merged

    小胞が合体したら

  • many Glut4 proteins are embedded in the membrane

    多くのGlut4タンパク質が膜に埋め込まれている

  • and large quantities of glucose can move into the cell.

    と大量のグルコースが細胞内に移動することができます。

  • It is the signaling pathway

    それは、シグナル伝達経路である

  • that insures only the correct molecules will be allowed to enter the target cell.

    これは、正しい分子だけが標的細胞に入ることを保証するものです。

Glucose is a good example.

ブドウ糖が良い例です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 細胞 リン酸 タンパク ブドウ シグナル 受容

インスリンシグナル伝達(シグナル経路

  • 24 8
    rink_katon に公開 2017 年 10 月 09 日
動画の中の単語